中国 アメリカ 対立。 豪中、対立深みに コロナ国際調査に中国「報復」

東・南シナ海、対立の構図 6つのポイントで解読:日本経済新聞

中国 アメリカ 対立

WHOとは、 世界 せかい 保健 ほけん 機関 きかん といって、 世界 せかい 中 ちゅう の 人々 ひとびと の 健康 けんこう を 守 まも るために 活動 かつどう している 組織 そしき です。 日本 にほん を 含 ふく め 194の 国 くに が 参加 さんか しています。 会議 かいぎ の 中 なか で アメリカは、 「 中国 ちゅうごく は 新型 しんがた コロナウイルスの 発生 はっせい を 隠 かく そうとして、 世界 せかい に 大 おお きな 被害 ひがい をあたえた」 と 批判 ひはん しました。 さらに、WHOの 対応 たいおう についても 「WHOが 新型 しんがた コロナウイルスについて 必要 ひつよう な 情報 じょうほう を 得 え られなかったので、 世界 せかい 中 ちゅう で たくさんの 人 ひと が 亡 な くなった」 と 言 い いました。 一方 いっぽう 、 中国 ちゅうごく は アメリカの 批判 ひはん に 対 たい して、 「 中国 ちゅうごく は きちんと 情報 じょうほう を 提供 ていきょう してきた」と 言 い いました。 WHOについては、 「 感染症 かんせんしょう の 対策 たいさく を よく がんばっている」とほめました。 また、 台湾 たいわん が 今回 こんかい の 会議 かいぎ に 参加 さんか できなかったことについても 意見 いけん が わかれています。 台湾 たいわん は WHOには 参加 さんか できていません。 しかし、 今回 こんかい の 会議 かいぎ には 特別 とくべつ に 参加 さんか するのではないか と 言 い われていました。 台湾 たいわん の 新型 しんがた コロナウイルスへの 対策 たいさく を WHOが 参考 さんこう にするためです。 台湾 たいわん は 世界 せかい の 中 なか でもいちはやく、 新型 しんがた コロナウイルスが 広 ひろ がるのを おさえることが できました。 新型 しんがた コロナウイルスで 亡 な くなった 人 ひと も 少 すく ないです。 アメリカは 台湾 たいわん の 参加 さんか に 賛成 さんせい していました。 しかし、 中国 ちゅうごく が 反対 はんたい したため、 台湾 たいわん の 参加 さんか は 認 みと められませんでした。 中国 ちゅうごく が 反対 はんたい したのは、 「 台湾 たいわん は 一 ひと つの 国 くに ではなく 中国 ちゅうごく の 一部 いちぶ だ」 と 考 かんが えているからです。 今回 こんかい の 会議 かいぎ のなかで アメリカと 中国 ちゅうごく の 対立 たいりつ が はっきりと あらわれました。 新型 しんがた コロナウイルスの 広 ひろ がりを おさえるためには、 世界 せかい 中 ちゅう の 国 くに が 協力 きょうりょく して 対策 たいさく しなければなりません。 しかし、 アメリカと 中国 ちゅうごく の 対立 たいりつ のせいで 対策 たいさく が 遅 おく れるのではないか と 心配 しんぱい されています。

次の

米中貿易戦争

中国 アメリカ 対立

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。 2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。 月曜から木曜の深夜1時にオープンする"ラジオの中のBAR"「TOKYO SPEAKEASY」。 各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」6月1日(月)のお客様は、ジャーナリストのさんとさん。 ジャーナリストのお2人ならではの熱い「政治」トークが展開されました。 田原さんは習近平と会ったことがあるんですよね? 田原:私はまったく気にならない。 習近平には会っていますよ。 堀:僕はその話を聞きたいんですよ。 田原:やっぱり今、米中が対立して。 でも激しく対立しているというのは、日本にとって実は大チャンス。 アメリカも中国も日本を仲間にしたいんだと思う。 習近平が日本で一番信頼しているのは二階(俊博・自民党幹事長)さんですよ。 堀:親密な関係ですね。 田原:具体的に言うと、習近平がアメリカへ行ったときに、トランプは習近平に取り込んで北朝鮮問題を習近平経由でやろうとした。 こんなことをやられたら日本の立場がない。 そこで安倍さんは二階さんを中国へやって、習近平と会わせた。 そうしたら習近平が、「日本はとても大事な立場だ。 特にアメリカなんかは日本を絶対味方にしたいんだ」と。 で、トランプも中国があるから日本と仲よくしたい。 堀:だから安倍さんはここまで頑なに、習近平氏を国賓として迎えるというプランを曲げないわけですね。 これはすごく外交政策にとって重要な要素なのだ、という認識で。 田原:自民党のなかでも、習近平を国賓で迎えることに反対が強いけど、僕は安倍さんにはやれ、と言いたい。 で、北京で30分ぐらい1対1で話をしたの。 堀:うわーっ! どんな話をされたんですか? 田原:面白かった! 彼はとてもジェントルマンで。 僕は習近平がもし経済がうまくいったら民主化するんじゃないかって思うんだけど。 で、今でも(彼は)本気で民主化したいと思っている。 だけどできない。 やろうとしたらきっと殺される、あの国では。 堀:田原さんが立ち上げて、この間までジャーナリストの田勢(康弘・日本経済新聞客員コラムニスト)さんが座長を務めていた「日中ジャーナリスト交流会議」。 僕も参加させていただいて、上海と東京でこの数年間、中国のメディアのジャーナリストたちと2日間缶詰で議論しましたけど、確かにこう言っていましたね。 「いつか民主主義というのがあるかもしれない」、と。 で、「ただそれは今じゃない」という話をしていて。 どこかに今の中国共産党一党独裁ではもう成り立たない、そういう未来のイメージがあるようですね。 田原:今、幸いにも中国はまだまだ経済が上向いている。 国民は生活がよくなっていると思っている。 経済が上向きになっているから、国民の判断がドーンと出てくる。 ではソ連がなぜ崩壊したか? それはソ連の経済が下向きになって国民の反発が大きくなって、ゴルバチョフ(元大統領)はペレストロイカ(ロシア語で「再構築(再革命)」を意味する政治体制の改革運動)と言わざるを得なかった。 だから中国は、当時のゴルバチョフのときのような状況を非常に怖がっている。 田原:実は問題は、習近平はまだ軍隊を抑えられてない。 抑えようとするとクーデターで殺される。 軍隊側はやっぱり拡張したいと思っている。 でも軍拡したらアメリカとぶつかることは習近平もわかっている。 だから将来なんとかして軍隊を抑えようと思っている。 北朝鮮で今、中距離ミサイルの発射を盛んにやっている。 なんのためにやっているか? これをやらないと、金正恩(朝鮮民主主義人民共和国最高指導者・朝鮮労働党委員長)は軍に殺される。 トランプはそのことをわかっているから、自国の国内問題に全然危機感を持っていない。 だからね、ああいう独裁国って国内問題が非常に難しいんですよね。 堀:そうですね。 確かに僕も平壌に去年と一昨年に訪ねてわかったのは、平壌市民も実を言うと「経済的な活動に参加して豊かになりたい」というのがすごく先行しているから、統治するリーダーはなかなか大変でしょうね。 そういうなかで橋本龍太郎さんは、今から20数年前にアジア諸国との関係をいろいろ変えて、関係を改善していかなきゃいけないんだ、と施政方針演説で言っていました。 gsj. 一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!.

次の

米中貿易戦争の本当の理由 ~資本主義と共産主義の必然~

中国 アメリカ 対立

米国の中国に対する認識は急激に、劇的に変わった(写真:Yuri Gripas/Reuters) 2017年12月に公表された国家安全保障戦略で、トランプ政権は「中国とロシアはアメリカの権力、影響力、利権に挑戦し、国家の安全と繁栄を侵害しようとしている。 経済をより不自由、不公平にし、軍隊を成長させ、情報とデータを制御して自らの社会を抑圧し、影響力を拡大する決意をしている」と言明した。 ところが、ドナルド・トランプ大統領はロシアのウラジミール・プーチン大統領と特別な関係を築いており、トランプはプーチンとの会談の内容を懸命に公から隠そうとするほどである。 2人の関係は従来の首脳同士の関係からかけ離れており、2017年、大統領としてのトランプがロシアの利権のために一端を担っていたのかを調べるために、アメリカ連邦捜査局(FBI)は前代未聞の捜査を行っている。 一方、トランプが中国に対して敵意を強めていることは、アメリカに輸入される中国製品に何千億ドルもの関税を課していることにも明確に現れている。 米中が互いに関税を課し合うという「貿易戦争」は世界の注目の的になっているが、これは米中間で白熱する対立の氷山の一角にすぎない。 アメリカの対中認識はどう変化したか 2018年10月4日、マイク・ペンス副大統領はアメリカのハドソン研究所で、中国版「鉄のカーテン・スピーチ」と呼ばれるスピーチを行った。 これは1946年3月5日にミズーリ州フルトンで、アメリカとソビエト連邦の冷戦を予告したウィンストン・チャーチルの歴史的演説を参照している。 ペンスによると、「中国は、その影響力を強め、国家の利権に益(えき)するために、政府全体が一体となったアプローチを採用している。 アメリカの国内政策を妨害し、アメリカの政治に干渉するために、より能動的かつ強制的な方法でその力を行使している」。 2000年に設立された与野党合同の「米国議会中国関係執行委員会」は、2018年10月10日に年次報告書を発行した。 曰(いわ)く「世界の中心的地位を確立しようと台頭するより強引な中国を、われわれは目の辺りにしている。 そのために中国は、開発、貿易、インターネット、さらには人権に関する新たな世界規範を構築しようとしている。 中国の独裁主義は、アメリカの自由、並びに最も重要な価値観および国益を直接脅かしている」。

次の