スラムダンク 三井 クズ。 スラムダンク安西先生が無能なクズ監督である理由を徹底解説!

スラムダンクの三井はブランクさえなければ、仙道、牧と同等も...

スラムダンク 三井 クズ

もくじ• 三井がグレて腐った理由と安西先生の罪 三井がグレる最大のきっかけとなったのは練習中の膝の怪我だった。 退院後に遅れを取り戻すように焦って頑張ったが、膝の痛みがぶり返し、思うようにバスケができない状況に陥る。 そんな中ライバル視していた赤木が活躍していく様をみて、現実逃避をしてグレてしまった。 それっきり三井はバスケ部に帰ってこなかった・・・という流れが描かれていた。 三井の安西先生に対する気持ち 中学MVPという輝かしい実績を持ち、全国制覇の夢を抱いていた三井は多くの学校から誘われていたが、弱小の湘北高校に入学した。 普通に考えれば海南などの強豪校に入った方が全国制覇はしやすいことは明らかだ。 しかし、何の魅力もない湘北高校に安西先生がいるからという理由で入学している。 いかに安西先生を尊敬し崇拝していたかが分かる。 自分がいれば全国制覇は夢ではないと信じていたからとも言えるが、「諦めたらそこで試合終了だよ」に、圧倒的な力があったからこそだ。 バスケ部を去る三井を誰も引き留めなかったのか考察 作中では描かれていないが、赤木や小暮はバスケに対し熱い気持ちがあるわけだから三井を説得したり励ましたりしたことだろう。 なんといっても三井は全国制覇を夢見る中学MVPの男。 怪我をしたからと言って、まさかバスケ部に帰ってこないとは思わなかっただろう。 三井が戻ってこないことに気が付いた時点で、赤木・小暮なら確実に引き戻すために声をかけたはずだ。 三井がいなければ全国制覇がかなり難しくなるのだから。 おそらく、2人の熱意があっても三井の気持ちは変えられなかったということだろう。 三井がグレて腐るのを止められたのは安西先生だけ 上記の通り、おそらくチームメイトの力では三井の不良化を止めることができなかったことが分かる。 唯一止めることができたとすれば安西先生しかいない。 監督の立場からみても、中学MVPという圧倒的な実力がある選手には抜けてほしくないはずだ。 【普通にやる気がある監督であれば】 安西が監督として三井としっかり向き合っていたらグレて腐ることはなかっただろうと考えられる。 何と言っても安西は、かつて大学バスケ界の名将と言われた監督であり選手のモチベーションを管理することは得意である。 それは破天荒な桜木の扱い方や後半の山王戦直前で選手たちに声をかけている様子などから容易に想像がつく。 安西先生ならば、三井を容易に引き留めることができただろう。 しかも、辞めようとしていた魚住を見事に引き留めた綾南の田岡監督よりも容易に。 なぜなら、三井は安西監督が大好きで入学してきたほどの男なのだから。 では、そんな安西先生の言葉でも三井はバスケ部に戻らなかったのだろうか。 いや、それは違う。 安西先生が三井に対して何かをしたことは考えにくい。 コチラの記事で書いたように安西先生が監督として全然やる気がなかったことが明らかだからだ。 安西監督なら三井が湘北高校に来たのは自分がいるからだということくらい分かるだろう。 しかし、何もしないで放置した。 つまり、三井がグレて腐ってしまうのを黙ってみていたことが考えられる。 まさかそうなるとは思っていなかったのかもしれないが・・・ 一番の実力者を引き留めずに放置する行為は愚行としか言いようがない。 谷沢で失敗しておきながら・・・ 膝の怪我が長引いて焦っている三井に対し 「しっかり怪我を治してからやっていきましょう。 君の力は湘北にとって絶対に必要です」 このような言葉をかけてあげるだけで、自分が必要とされていることを実感した三井は時間をかけてでも復帰したことだろう。 三井は「安西先生がいる高校で全国制覇をしたい」わけだから。 つまり、三井がダメになってしまったのは安西監督が何もせずに放置したからに他ならない。 その結果が、長髪女男ミッチーの誕生である。 翔陽の長谷川ごときにバカにされることもなかっただろう。 三井がグレたことによる悪影響 湘北高校バスケ部の弱体化 中学MVPという最も戦力となる選手が離脱したことにより、ただでさえ弱小高校である湘北の戦力はガタ落ちとなった。 さらに言うと三井と同じ中学のチームメイト(県大会優勝のチームにいたメンバー)もかなり戦力になるはずだが、いつの間にか辞めてしまった。 彼らはもともと実力があり、三井とともに全国制覇を考えていたくらいだから武士である赤木についていけなくなったことは考えにくい。 つまり、三井がグレたことによって辞めてしまったことが考えられる。 そもそも、三井がいたから一緒についてきたようなものだ。 おそらく「三井がいなけりゃ、こんな学校で全国制覇は無理」という感じだろう。 実力者宮城が入院 2年生のグッドプレイヤーこと宮城は有能なポイントガードとして機能していた。 ところがグレた三井に標的にされた結果、リンチされ入院してしまう事態になった。 明らかに嫌がらせのレベルを超えている行動だ。 バスケ部が廃部になりかけた 鉄男とその仲間とともに、バスケ部を廃部に追い込むために殴り込みに来た女男ミッチー。 なんとかもみ消しが成功したから良かったものの下手したら廃部になっていた。 これだけの事実を見ても、安西先生が三井を放置してしまったことによる罪は重いと言える。 なぜ約2年も三井と安西先生が顔を合せなかったのか ふと思ったことがある。 感動の再会までの間、なぜ一度も顔を合わせていなかったのか。 1年の時にバスケ部から姿を消した三井。 そしてグレてバスケ部をツブしに来たのが3年の時。 2年弱ほどの期間があったことが考えられるが、その間、一度も安西先生と出くわすことがなかったのだろうか。 感動の再会時、三井は明らかにグレていた期間に安西先生を見ることすらなかったようなリアクションをしている。 なんだかんだ学校には登校していた三井なのだから一度くらい見かけていてもおかしくないと思うんだが・・・ この件に関しては、一応考えられることとして・・・ 湘北高校バスケ部には一応顧問の先生がいる。 といことは、安西先生は「先生」と言われているが、教師ではなく監督として雇われていることが分かる。 つまり、普段は授業を教えたり校内をウロウロしているわけではないから会わなかった可能性もある。 感動の再会? 結果的に、三井がグレて腐って不良になっても実はバスケや安西先生に対する気持ちが強く残っていたことで涙の感動シーンになった。 しかし、それは 三井側に立って物事を見ているから感動できるだけの話だ。 上記のように安西先生の監督としての行動を考えてみると決して感動できるシーンではないことが分かる。 まとめ 感動の名シーンをあえて安西先生が悪者という視点で見てみた結果として 【安西先生は、中学MVPの三井をグレて腐らせたクズ監督】という結論に至った。 本来、部活動は生徒の自由である以上、安西先生が辞めるなと止めるのは違うかもしれない。 しかし、監督として雇われている以上は仕事しろよケンタッキーの置物め!と言われても仕方ないだろう。 あまりにも安西先生が素晴らしい監督だという風潮があるのでね、闇の部分を掘り出してみましたよということでした。 ではまた!.

次の

【スラムダンク】三井がファンに大人気な理由と、伝説の名言10選

スラムダンク 三井 クズ

スラムダンク屈指のシューターの2人、神宗一郎と三井寿。 スラムダンクのシューターと言えば神と三井という感じですが、どっちが上なのかって気になりますよね? 同じシューターの2人ですがそのバックボーンは非常に対照的です。 努力の神vsセンスの三井といった構図になります。 はたしてどちらが優れているのか? 検証してみます。 スポンサーリンク 全くタイプの違う二人 同じシューターの神と三井ですが、タイプは全く違います。 それぞれのバックボーンを振り返ってみましょう。 神宗一郎 身長189cmもある高身長のシューター。 神奈川の強豪校・海南バスケット部に入部した当初の神は、サイズがあるためセンターをつとめていました。 しかし戦が細くパワーがないため練習では高砂や牧に何度も吹っ飛ばされていたようです。 高頭監督が当時を振り返りこう語っていました。 入部当初の神は何も持たない選手だった... 少なくとも私にはそう思えた。 特に足が速いわけでもない、ジャンプ力もふつう。 運動能力という点では牧や今年の清田などとは比べものにならなかった。 案の定練習で牧や高砂に何度も何度もふっとばされる神に、センターはとうていムリだと 私は言った... 高校生にはショックな言葉だ。 悔しくないのか... ? そうではなかった。 その日から練習が終わったあと一人残って黙々とアウトサイドシュートの練習をする神を見て、 神が何ももたない選手ではないことに私は気づいた。 あいつは内に秘めた闘志と.... きれいなシュートフォームを持っていた。 神はそれから一日500本のシューティングを欠かしたことがありません。 まさに努力で作りあげたシュート力ということです。 また、神が放ったシュートは外れた描写がありません。 だってシュートを打ちさえすれば入ってしまうわけですから。 三井寿 元中学MVPの3ポイントシューター。 三井は非凡なバスケットセンスを持っていて、武石中時代に神奈川を制してMVPに選ばれた男です。 湘北バスケ部に入った三井はたび重なるケガによりバスケットから離れて不良になってしまいますが、3年生になってからバスケ部に復帰。 二年間のブランクから復帰すると、早々に3ポイントシュートを決め周囲を驚かしました。 練習していないのに入るシュートは完全にセンスによるものです。 試合ではブランクの影響なのかシュートの好不調の波が激しいのが三井の弱点ですね。 シュートの好不調というよりは極端なスタミナ不足により活躍できずに終わる試合があると言った方が正しい気がしますが。 そんな三井が一番輝いた試合は何と言っても山王戦でしょう。 3ポイントシュート8本を含むチーム最高の25得点を叩き出しましたから。 ブランクがなければどれほどの選手になっていたのか。 恐ろしいセンスを持った選手なのは言うまでもありませんね。 努力の神の対極的なシューターなのが三井です。 スポンサーリンク 神vs三井プレー比較 努力の神とセンスの三井ですが、そのプレースタイルもまたかなり違います。 神はあくまでシュートだけに特化した選手で、シュート以外はそれほど上手くありません。 湘北戦ではボックスワンで桜木にフェイスガードされ止められていました。 桜木のアウトサイドのディフェンスはそれほど上手くありませんから、桜木に止められるようではオフェンス自体はそれほど上手くないでしょう。 一方の三井は3ポイントシュート以外の技術も高く、ドライブからの得点などもできます。 チームメイトの宮城リョータも 「3点だけじゃねーんだあの人は」 と言っていましたからね。 バスケット全般のスキルははるかに三井が神を上回ります。 神vs三井どっちが上 ここまで神と三井の違いについてかいてきましたが、結局どっちが上なのかって話ですよね。 結論から言いますと、 3ポイントシューターとしては神 バスケット選手としては三井 だと思います。 やはり3ポイントシューターとしては、コンスタントにシュートをきめる安定感が求められます。 なんせシュートを打てば入ってしまうわけですから、チート級の選手です。 ただ、 その能力はチームメイトに牧がいるから発揮されます。 牧がペネトレイトでディフェンスを引き付けて、神をフリーにさせてくれるからこそシュートチャンスが生まれるのです。 チームメイトありきのシューターという言い方もできるでしょう。 ある意味スラムダンクの中でも最強クラスの能力です。 スポンサーリンク 一方バスケット選手としては完全に三井が上です。 3ポイントシュート以外にも多彩な技術を持っている三井は、神よりもはるかに優れた選手といえます。 なんせ二年間のブランクがあるにもかかわらず、流川楓と互角の1on1対決をするくらいですから。 あの流川との1on1には驚かされたファンは多いのではないでしょうか? 三井もすごい選手ですが流川相手にあそこまでやれるとは思いませんでした。 もし神が流川と1on1をしたら流川にストレート負けするでしょう。 神は自らシュートチャンスをクリエイトすることができませんし、流川を止めるだけのディフェンス力もありませんから。 多彩な引き出しを持つセンス抜群の三井はバスケット選手としては神を上回るのは間違いありません。 まとめ スラムダンク屈指の3ポイントシューターの2人、神と三井はどっちが上なのかを検証してみました。 純粋にノーマークのシュートとディフェンスができる選手が欲しいなら神、引き出しの多い選手が欲しいなら三井を選ぶといった感じでしょう。 そう考えれば神も三井もチームにフィットしたプレースタイルと言えます。 チームによって求められる能力は変わってきますので、一概にどっちが上というのは決めづらい部分ではありますが、シューターとしては神、バスケット選手としては三井。 これで間違いないでしょう。

次の

【スラムダンク】三井がファンに大人気な理由と、伝説の名言10選

スラムダンク 三井 クズ

1990年から週刊少年ジャンプで連載が始まり、空前のバスケブームを巻き起こした漫画『スラムダンク』。 当時のチビッコたちはこの漫画を読み、バスケ部の門を叩いたものである。 そんなスラムダンクといえば個性的なキャラクターが魅力のひとつで、その中でも人気なのが三井寿だ。 ミッチー、みっちゃんの愛称で親しまれる人物だが、彼の名前は日本酒が由来という説があることをご存知だろうか。 ・みいのことぶき ミッチーが生まれた日本酒の名前は『三井の寿』。 パッと見た感じからそのまま。 ファンであれば、「みついのひさし」と読んでしまう人もいるだろう。 だが、正確には 「みいのことぶき」と読む。 その『三井の寿』は、福岡県 三井郡大刀洗町の井上合名会社で製造されている。 大和屋酒舗によれば、原作者の井上雄彦先生が好きなお酒だったことから、登場人物の名前に取り入れたという。 また、井上先生と詩人の伊藤比呂美さんの対談をまとめた『漫画がはじまる』(スイッチバプリッシング)でも、登場人物の名前の由来を語るシーンで、井上先生は「ミッチーはお酒の名前(が由来)だったと思います」「日本酒で『三井の寿』というお酒があるんです」と語っているのだ。 しかし、驚くのはまだ早い。 ビンをよく見てみると……な、なんと! ・ダブルA面ラベル ビンの裏に貼られているラベルが、まるで湘北高校のようなのである! しかも度数は14度。 スラムダンクを読んだことのある人ならおわかりだろうが、三井寿の背番号と同じ。 こ、これはアツい!! 日本酒には珍しいダブルA面ラベルの『三井の寿』。 本来、試験醸造だったそうだが、これが大好評のため、定番アイテムとして造るようになったという。 確かにスラムダンクファンにとっては、たまらない一品である上、おいしいとなれば買ってしまうのも必然だ。 ・ミッチー同様にキレキレ辛口 ちなみに気になるお味は、ミッチー同様にキレキレの辛口。 それでいて、しっかりとお米の旨味も残っているのが特徴だ。 現在、スラムダンクファンのど真ん中世代は30〜40代。 この日本酒を飲みつつ、語り合ってみてはいかがだろう。 参照元:、 執筆: Photo:RocketNews24.

次の