こう もん 日光浴。 ヌメ革のエイジングは汚い?!日光浴4ヶ月目にはこうなった!

インスタで謎のブーム「肛門日光浴」に効果はあるのか?

こう もん 日光浴

、肛門を直接太陽の光に当てるという日光浴だ。 30秒の肛門日光浴で、1日中全身で日光を浴びるのと同等のが吸収できると主張するグラマーが現れ、次々とこの日光浴を試す人が続出しているという。 太陽のとも呼ばれるは、皮膚が直射日光に当たることで体内で生成され、骨の生育に必須な血中の濃度を高める作用のほかに、免疫作用を高めたり、さまざまな病気の予防効果があることがわかっている。 だが本当に肛門日光浴で効率的にを吸収できるのだろうか?一連の投稿写真と共に、専門家の意見を見ていこう。 彼はで、自身が肛門日光浴実践していることを報告し、「肛門の粘膜に照射される30秒の日光浴は、服を着た状態で1日中太陽の下にいるのと同じ」と主張した。 - Oct 6, 9 at 5:44pm PDT 斜め上の健康法にネット上では様々な声 良い悪いは別として、この斜め上をいくには多くの人が注目し、様々な声を寄せた。 ・思り笑った。 ・まぁにはよさそうだけどね…。 ・別にここまでしなくても普通に日光浴でいいんじゃない? ・今まで見た中で、最も卑猥なヨガの姿だ。 ・隣人に見られたらどうすんの。 なんか近所同士の関係が悪くなりそう。 ・これって、うちの猫がよくやる…。 ・本当に効果的なの?誰か科学的に証明して。 「科学的根拠はない」と医療専門家ら警告 肛門日光浴がで拡散すればするほど、気になるのはやはりその効果だろう。 のー州にあるラトガース大学の栄養科学者・氏は、次のように説いている。 お尻に少し太陽を当てると思うこと自体は特に奇抜ではないでしょう。 日光に晒される皮膚領域が増えると、単位時間あたりに合成されるは増えます。 背中を太陽にあてると皮膚の表面積が比較的大きくなります。 従って、手と顔だけを日光に晒すよりも1分あたりの合成は多くなる可能性があります。 しかし、肛門日光浴が健康にいいことを示す科学的根拠はありません。 氏いわく、日光浴の効果というのは場所や時間、年齢や肌の色、季節などにより異なるため、どのような日光浴がを効率的に摂取することができるのかということは一概には言えないそうだ。 また別の医療専門家は、続々と肛門日光浴を投稿するグラマーらに対し、「真似をするのは危険」と警告を促している。 このような日光浴が体にいい効果をもたらすという証拠はありません。 確かに、と瞑想を実践し、を摂取することは精神的には有益でしょう。 しかし、日光に晒して皮膚を傷つける必要は全くないのです。 裸で大股開きして、30秒肛門を日光に当てても、睡眠改善や性欲増強、創造性向上といった医学的効果があることは、科学的には証明されていません。 何事も「ほどほど」という言葉があるが、専門家らによると、日光浴も週5分~30分程度で十分なのだそうだ。 それ以上の日光浴は、かえって皮膚がんのを高めることになるという。 によると、生成に要する日照時間地域によって異なり、冬の場合、札幌は筑波(つくば)の3倍以上の日光浴が必要になるという。

次の

日光浴、是か非か

こう もん 日光浴

もうすぐ海水浴の季節だけど、海のレジャーは楽しみたい、でも日焼けして肌にダメージを受けるのはイヤだ、という人は多いと思う。 植物にとって日光が必須であることに異論のある人はいないだろうが、人についてはどうなのか。 「皮膚ガンの原因だから極力避けたほうがいいよ」「シミになるよ、年取ってから悲惨だよ」という意見をよく耳にする一方、肯定的な意見もある。 「日光に当たることで、肌でビタミンDの生成が促される。 ビタミンDには抗アレルギー作用、抗うつ作用、骨粗鬆症予防作用、さらには抗ガン作用まであり、人の健康を高めてくれる重要なビタミンだ」 結局、日光はいいのか悪いのか。 これを考える上でヒントになるのが、SLEという病気。 この病気、自分の細胞内の核に対して抗体ができる免疫疾患なんだけど、SLEの人は日光に当たってはいけない、と指導される。 皮膚に発赤や水疱ができてしまうから。 要するに、SLEの人というのは、抗酸化力がすごく低下してるんだよね。 だから、普通の人なら浴びてもどうってことない程度の日光にも過敏に反応してしまう。 日光 紫外線 の悪影響として、体内で活性酸素が発生してしまうことは間違いない。 だからこそ、海や山のレジャーに行くことを事前に計画している人は、そのときのためにしっかり体の抗酸化力を高めておく必要がある。 そうすれば、太陽の悪影響はキャンセルできて、日光の恩恵 ビタミンDの効用 にだけあずかることができる。 具体的には、ビタミンE、ビタミンC、亜鉛、ビタミンB6、コエンザイムQ10、アルファリポ酸、あたりの摂取を勧めたい。 これらはそういうレジャー対策のためだけではなく、日々の健康維持のためにも有効だ。 つまり、日光を浴びるにはそれ相応の準備が必要で、その準備のない人では、日光の害が前面に出てしまうが、抗酸化力をしっかり高めた状態であれば、思いっきり太陽を満喫できる、ということだ。 抗酸化力のない人が日焼けをすると、黒くならずに赤くなる、というのは、みんな経験的に感じていることでもあるだろう。 日焼け対策は、事後でもいいよ。 思いのほか太陽にたくさん当たってしまったとき、その日の夕方には、ビタミンEの錠剤にハサミで切れ目を入れて、そこから中の液体を取り出し、肌に塗っておくといい、というのがソール先生のオススメ。 ソール先生が娘とその友達と海に遊びに行った後、娘さんは日焼けしたところにビタミンEをバッチリ塗ったから日焼けの後遺症はなかったけど、娘の友達は、くちびるの周りだけビタミンEを塗るのを忘れてしまった。 それで、翌日くちびるだけ腫れてしまった、っていうエピソードがソール先生の本にあったよ。 「オーストラリアでは皮膚ガンが増加しているというが、あれはどうなんだ。 それでも太陽は体にいい、とか言えるのか」と言われると、なるほど、鋭い指摘だ。 これに対する答えとしては、文化人類学的な方面からでは、伝統的な暮らしをいまだに営むアボリジニーでは皮膚ガンが増加しているという事実はない、ということを考えると、そもそもオーストラリアという土地は、白色人種には不向きな土地だった、と言えるのかもしれない。 500万年前にアフリカで発生した人類が、次第に北上するにつれ、白色人種となった。 ヨーロッパ大陸に進出するにあたって、最も適応に苦労したのは、日光照射量の乏しさである。 メラニン色素の豊富な黒い肌では、日光をブロックしてしまい、ビタミンDの生成ができない。 白い肌、金色の髪、青い目、これらはすべて、メラニン色素の生成量を抑えようとして生じた形質であり、これによって彼らは、北欧の少ない日光でも能率よく紫外線を吸収できるようになった。 寒さにも適応した。 冷たい空気を呼吸する際に少しでも加温するために鼻が大きくなり、体格はベルクマンの法則に従って巨大化した。 こうした進化には何万年という月日を要した。 ところが、大航海時代に入り、彼らヨーロッパ人は世界中に進出し始めた。 白い肌で、少ない太陽でも能率よくやっていこう、っていう省エネ型の肌の人種が、南半球の、カンカン照りの太陽の下で暮らすようになったわけ。 進化の歴史を考えれば、そりゃ不適応を起こしても当然だろう、皮膚ガンの増加はもっともなことだ、とも言える。 別の方面からの答えとしては、彼ら、お肌のケアとして日焼け止めを肌に塗ってるんだけど、それ自体が発ガン性があるんじゃないか、っていう話がある。 どのメーカーの製品か、っていうのも当然あるだろうけど、日焼け止めクリームに含まれているある種の成分が、ホルモンバランスの異常、皮膚ガンを引き起こす、ということがわかっている。 肌を守るつもりでやっていることが、肌を痛める原因になっている、という話。 こういうのってさ、イヤになるよね。 よかれと思ってやっていることが逆に害だったっていう。 精神的なダメージがきついよね。 だからみなさん、日焼け止めはメーカーにこだわったほうがいいよ。 ていうか、個人的には、一番簡単で一番効果的なのは、ビタミンEを塗っとくこと。 これが何よりの日焼け対策だと思う。

次の

【育児の新常識】赤ちゃんの日光浴は必要ない!?

こう もん 日光浴

ヌメ革のエイジングは汚い?!日光浴4ヶ月してみた 革の中でも、経年変化を楽しめるといえばやっぱりヌメ革です。 ヌメ革を1度は育ててみたいと思っている人は結構多いです。 革の醍醐味を味わえるのは、ヌメ革の魅力の大きなポイントなのですが、 この経年変化=エイジングを汚いと思う人もやっぱりいるわけで。 実際に、3ヶ月目に突入したヌメ革の日光浴がどうなっているのかを見ながら、ヌメ革のエイジングについて書いていきます! ここまでどのように経年変化してきたか最初からみたい方はこちらから 関連記事 ヌメ革のエイジングの経過(3ヶ月1週間後) まずはエイジングの経過から見ていきましょう。 ヌメ革を日光浴し始めてから3ヶ月と1週間が経ちました。 トータルで13週間が経過したことになります。 4枚のヌメ革のハギレは、それぞれ違う条件でエイジング経過を見ています。 3ヶ月が経過したので、今回も日光浴をする前のヌメ革と見比べてみましょう。 自然に変わっていくだろうし、少しずつエイジングを楽しむめるから一番いいかな〜って。 もちろん、実際に使う財布とか小銭入れ・キーケースとか、手で触るのは当たり前の行為なので汚れていくのは当然なんです。 汚れには、とれる汚れととれない汚れがあります。 日常で使うときにも手の汚れや摩擦などで汚れてしまいますが、 キレイにエイジングさせたいなら「汚れを落とす」ということが必要かと思います。 ついてすぐなら取れる汚れも、年月が経つと取れなくなる場合もありますし。 スポンサーリンク ヌメ革のエイジングの経過(3ヶ月2週間後) さてさてヌメ革の日光浴開始から、14週が経過しました。 エイジングが汚いものだと思う人もいますが、キレイなエイジングを見たことがなかったりする人も結構いたりすると思うんです。 10年以上使っているという、どす黒くツヤピカに光っている長財布を自慢されても、エイジング通り越しちゃってるし… …と個人的に思ったことは何回もあります。 ヌメ革のエイジング=汚い ではなくて、 キレイにエイジングしていないヌメ革のエイジング=汚い のだとわたしは思っています。 日々使っている中で、汚れがつくのも、色が変わっていくのもその人の使い方によって変わります。 言ってしまえば「人それぞれの好み」によって 味と捉えるのか、汚いと捉えるのかは完全に分かれると思います。 ヌメ革のエイジングに正解や答えはなくて、使っている本人が「汚い」と思えば、その時点で買い替える時期なんでしょうし、「味」と思えば、そこには自分にしかない想いがあるのだと思います。 イルビゾンテなどのヌメ革でも、手入れしなくてもいいとは思いますが、多少の手入れはしておかないとやっぱり汚く経年変化していくことが多いのではないでしょうか。 ヌメ革のエイジングの経過(3ヶ月3週間後) さて、15週目が経過しました。 ただ日陰で日光浴させているのみで、週一回の撮影以外はほぼ触りません。 本来、実際に使っているようなヌメ革グッズだと、もっと柔らかくなっていると思います。 何も塗らなくてもレザーは使っていくと必ず柔らかくなっていくので、やはりニーフットオイルやお手入れ目的のクリームを塗りすぎるのは、あまり賛成できることではないなぁと個人的には思います。 キレイにエイジングさせたいなら、やりすぎは禁物です。 関連記事 では、キレイなエイジングってどんなのでしょうか? エイジング=経年変化は、時間が経つ事にその革ならではの表情の変化です。 ヌメ革のエイジングでは、飴色といわれるちょっと黄みがかった焦げ茶になるのが理想的だと個人的に思いますし、できれば、黒ずみや汚れはない方が美しい。 そのために、やはり日々のお手入れが大切なのだと思います。 お手入れといっても、たくさんクリームを塗ることだけを言っているのではなくて、布で乾拭きしたり、クリーナーで汚れをとったり、薄い傷を指先でこすって消したり。 そんな簡単で小さなことの積み重ねていくことで、時間を経て、綺麗な状態のエイジングになるのだと思っています。 人から見れば、ただ焦げ茶に変化しただけの汚い革に見えるかもしれません。 でも、自分と共に過ごした時間と、手入れしてきた時の思いがたくさんあればあるほど、自分にとってかけがえのない一品になります。 だから、 人がどう思うのか?が大切なのか。 それとも、 自分がそのヌメ革の良さをどこまで理解していればよしと思うのか? 個人個人で考え方は違うと思います。 今回はわたしの個人的な意見でブログを書いてみました。 革に関しては、色々な育て方・捉え方があるということを皆に知ってもらえたらと思います。

次の