ポケモン go ポリゴン z。 『ポリゴンZ』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

【GOバトルリーグ】ついにポリゴンZで4連勝!決めては初手での選出だったのか?まさかの色違いベロリンガ神引き!(前半パート)【ポケモンGO】

ポケモン go ポリゴン z

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 名前 ゲージ数 威力 DPS 硬直時間 発生時間 180 36. 73 4. 9 2. 7 180 47. 37 3. 8 3. 3 140 37. 84 3. 7 3 130 41. 94 3. 1 1. 00 0. 7 0. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 150 1. 88 80 - 180 2. 25 80 - 150 1. 88 80 - 130 1. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし ポリゴンZの進化系統.

次の

【ポケモンGO】ポリゴンZのおすすめ技と評価|ゲームエイト

ポケモン go ポリゴン z

1 0. 85 13. 64 7. 3 1. 2 0. 3 0. 17 20. 00 4 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 ゲージ技 名前 威力 時間 DPS 発動 発生 180 4. 9 2. 7 36. 7 180 3. 8 3. 3 47. 4 140 3. 7 3 37. 8 130 3. 1 1. 5 41. 7 0. 防衛時はわざを発動するタイミングが一定となるため、攻撃時よりもDPSが低下します。 11 51 7. 94 52 7. 94 53 7. 94 54 7. 94 55 7. 94 56 7. 94 57 7. 94 58 7. 94 59 7. 94 60 7. 94 61 7. 94 62 7. 94 63 7. 94 64 7. 94 65 7. 94 66 7. 15 84 6. 58 105 3. 5秒より遅い技 通常技 名前 威力 時間 DPT EPT 5 3 1. 67 3. 67 1. 2 1 1. 20 5. 00 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 ゲージ技 名前 威力 ゲージ量 DPE 150 80 1. 88 180 80 2. 25 150 80 1. 88 130 75 1.

次の

【ポケモンGO】ポリゴンZのおすすめ技と評価|ゲームエイト

ポケモン go ポリゴン z

なんらかのシャドウをフル強化したいとは思っていたものの、そのコストの高さからそう何匹も強化出来るわけではない。 自身初のフル強化シャドウとなる。 もちろんこの先もダークルギアを強化出来るようにリソースは蓄えておくが、かなりのリソースを費やしてしまった。 ポリゴンはなんといっても入手が難しい。 初代登場時からの継続したハイレアリティ、10kmタマゴから孵る確率の低さ、バレンタインイベントで増えた時もそうそう巡り会うことはなかったと感じる。 なによりアメが足りない。 進化分と、シャドウとしての強化に必要な995個のアメに対して、の投入数は500個に迫った。 ここからさらに技解放のコストが別途要求される。 は、第4世代が始まった時から手持ちに加えることが既定路線だった。 とはいえ手持ちに好ましい個体は恵まれていない。 フレンドとの交換で指定することも少なくなかったけど、フレンドとてそう何匹も持っているわけではなかったし、交換後の個体にも恵まれなかった。 取得難易度の高さから、ポリゴンは1匹フル強化する以上のアメは得られない。 1匹限りの勝負だと思っては妥協しないつもりでずっと保留を続けていたが、まさかシャドウで育てることになるとは思わなかった。 ポリゴンを作ったのはだというゲームの裏設定が決断を後押ししたが、だからといってわざわざアメ不足に悩むポリゴンをシャドウとして育てることになるとは。 を伝説以外に投入したのはこれが初めて。 それも500個も。 ニックネームは「」、 バブル君とでも呼ぼうか。 人口であること、バーチャルとかプログラムとかとか、一度は隆盛したものが失敗したこととか。 5文字で収まってるのが地味にポイント高い。 めざめるパワーは悪タイプ。 技解放コストは、のときは75個だったのにでは50個に減っていた。 どういうシステムなんだろう? 本日から新たにレイドバトルに追加されたので、アメの入手難易度は下がった。 あと7匹ゲットすれば技解放出来る。 を倒していけば、それは難しくないだろう。 バトルでの運用は無い。 ただ、ノーマルタイプで攻撃264もあるので、もしも悪タイプの技2が貰えれば、ゴーストタイプ相手に活躍できるかもしれない。 はバトルに有用なわけではないけど、デザインや裏設定から好きなのひとつ。 freedomtencho.

次の