なん j まとめ。 なんJクエスト

まとめ太郎!

なん j まとめ

横浜港で南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が見つかった問題を巡り、 本牧ふ頭(横浜市中区)でヒアリが営巣している可能性があることが12日、分かった。 市が地中の穴を出入りしている複数のヒアリを確認。 環境省などと連携して調査と防除を徹底し、水際での定着を阻止する構えだ。 市環境創造局などによると、本牧ふ頭D突堤コンテナヤードの側溝内で10日、列をなした働きアリが土の中を出入りする様子を確認した。 側溝のふたは固定されており、 地中にいる集団の数量や構成、女王アリの有無は不明という。 市は環境省と協力し、ヒアリが確認された地点を中心に殺虫餌や粘着わなを設置。 地上の働きアリの動きから、地中にいる集団の規模を推定して防除する方針だ。 羽を持つ女王アリは繁殖力が強く、別の場所で新しい巣を作る可能性もあることから、女王アリの存在に備えて発見地点から半径2キロ内に範囲を広げて調査することも検討する。 🐜 ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の閉店ラッシュが止まらない。 この1年だけで34店減り、6年前と比べると134店が消えている。 業績も計画にとどかず、上向かない。 なぜ苦境から抜け出せないのか。 店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏は「モスの商品やキャンペーンには話題性が足りない。 3月末時点のモスバーガー事業 国内 の店舗数は1285店で、1年前からは34店減った。 当初の計画では12店減にとどまる見込みだったが、さらに増えて、最終的な閉店数は48店となった。 モスバーガーは店舗数の減少傾向が続いている。 6年前と比べると店舗数は134店減っている。 これは開店を差し引いているので、閉店した数だけでみれば251店になる。

次の

なんJ まとめアンテナ

なん j まとめ

京アニ放火犯・青葉真司容疑者の治療費「血税2億円」の内訳 2020年6月13日 10時0分 FRIDAYデジタル これほどの厳重な対応は、すべて事件の真相を聞き出すためだ。 しかし、一方で青葉容疑者を生かすために、多額の税金が投入されていたことも明らかになった。 やけど治療のエキスパートである、麹町皮ふ科・形成外科クリニックの苅部淳院長は話す。 「青葉容疑者に実施されたのは、自家培養皮膚移植と呼ばれる治療法です。 これは、損傷していない皮膚の細胞を採取して1ヵ月ほど培養し、完成したものを欠損箇所に移植する方法で、ハガキ大の皮膚を一枚つくるのに30万円ほどかかります。 今回の青葉容疑者のやけどの状態から推測するに、使用した培養皮膚は150~250枚ほど。 7500万円近くはかかっているはずです。 ほかに、人工真皮の貼り付けに5000万円、ICUでの10ヵ月の入院費用が5000万円、その他の医療機材や処置代を入れると、合計2億円はくだらないでしょう」 一般人には到底払えない高額医療費。 本来は自己負担だが、彼は違うようだ。 「生活保護受給者である青葉の治療費は全額保護費で賄われる。 基本的に、4分の3は国からの支出、残りの4分の1は青葉が住んでいた埼玉県やさいたま市の支出となります」(前出・社会部記者) 国民の血税で一命を取りとめた青葉容疑者。

次の

なんJ(まとめては)いかんのか?

なん j まとめ

京アニ放火犯・青葉真司容疑者の治療費「血税2億円」の内訳 2020年6月13日 10時0分 FRIDAYデジタル これほどの厳重な対応は、すべて事件の真相を聞き出すためだ。 しかし、一方で青葉容疑者を生かすために、多額の税金が投入されていたことも明らかになった。 やけど治療のエキスパートである、麹町皮ふ科・形成外科クリニックの苅部淳院長は話す。 「青葉容疑者に実施されたのは、自家培養皮膚移植と呼ばれる治療法です。 これは、損傷していない皮膚の細胞を採取して1ヵ月ほど培養し、完成したものを欠損箇所に移植する方法で、ハガキ大の皮膚を一枚つくるのに30万円ほどかかります。 今回の青葉容疑者のやけどの状態から推測するに、使用した培養皮膚は150~250枚ほど。 7500万円近くはかかっているはずです。 ほかに、人工真皮の貼り付けに5000万円、ICUでの10ヵ月の入院費用が5000万円、その他の医療機材や処置代を入れると、合計2億円はくだらないでしょう」 一般人には到底払えない高額医療費。 本来は自己負担だが、彼は違うようだ。 「生活保護受給者である青葉の治療費は全額保護費で賄われる。 基本的に、4分の3は国からの支出、残りの4分の1は青葉が住んでいた埼玉県やさいたま市の支出となります」(前出・社会部記者) 国民の血税で一命を取りとめた青葉容疑者。

次の