アドビ 安く。 Photoshopを最安で購入して使用するまでの手順

イラストレーターcs6を一番安く使う方法は?Illustrator CS6/CCの違い!

アドビ 安く

わたしも仕事で毎日使っているAdobe Creative Cloud(Adobe CC)。 デザインや写真加工・印刷に必須のソフトで、使っている人も多いです。 このAdobe CC、とても便利なソフトなんですが、 価格がとっても高いんですよね! でも大丈夫! 社会人でも通常よりも安くAdobeCCを契約できる方法があります! それは、誰でも利用できる Adobe公認のオンラインスクールを受講すること! Adobe CCの学生版コンプリートプランを1年間使える上に、動画教材などで勉強できちゃうんです。 しかも、そのトータル金額は普通に個人プランを申し込むよりもずっと安くなるんですよ〜! スクールと言っても強制的なテストや提出物はありませんから、時間がない人やソフトだけ欲しい人も大丈夫! 学生じゃないために、AdobeCCが高すぎて苦しい思いをしていたあなた! ぜひこの記事を読んで、超節約しちゃいましょう! 年間プラン(一括払いの場合)• 学生版であれば、半額以下で使用することができますが、学生だった時代なんてとうの昔…なんて人のほうが多そうです。 Adobe公認のオンラインスクールなら安くなる 学生版は安くていいなあ…でも、わたしは社会人だし…と、高い料金を払ってきた人も多いかもしれません。 でも大丈夫! 社会人でもオンラインスクールに申し込めば、学生版が使えて、グッと安くすることができます。 危ないことをするわけでなく、Adobe公認ですから安心してくださいね。 受講料トータルがAdobeCCの通常版よりも安い!• Adobe CCの学生版を1年使うことができる• 動画教材を何度でも自分のペースで勉強できる• 社会人でも、何歳でも申し込める• 商用利用ができる• 強制的なテストや提出物がない• 何度でも申し込める 順に説明していきます。 具体的な金額や学校については下でご紹介しますが、ざっくり言うと、通常ソフトだけで7万程度のものが、教材付きで4万くらいになります。 いや、何これ! 知らないとすっごく損してるじゃないですか! もうこれ絶対に利用しないともったいないです。 Adobe CCの学生版を1年使うことができる オンラインスクール受講ということで、学生扱いになり、Adobe CCの学生版を使うことができます。 ソフトの中身は、 通常版となんら変わりはありません。 スクールはAdobe公認ですから、何ら怪しいことはありません。 ソフトももちろん正規に契約しています。 動画などの教材を何度でも自分のペースで勉強できる AdobeCCのソフトをしっかりとマスターできるように、 動画教材などの講座が用意されています。 決められた期間中は 見放題で、各自のペースで勉強することができるので安心ですね。 サポート機関なら質問もできますよ。 わたしは仕事でアドビのソフトを長年使っているのですが、長く使っている人ほど、あんがい決まった機能しか使っていないもので、便利な機能などを知るのにビデオが役に立ちました。 もちろん、Adobeソフトの初心者で頑張って勉強したい人にはおすすめです。 社会人でも、何歳でも申し込める 講座についてくるのは学生用のAdobeCCですが、一般に開かれた通信講座ですから、 何歳であっても申し込むことができます。 社会人であっても、おじいちゃんであってもOKです。 商用利用ができる また、 個人であればソフトの商用利用も可能なので、フリーランスのデザイナーさんも日々の仕事に利用できます。 わたし自身も、個人で受けた仕事をやるのにも利用しています。 全く問題ありません。 強制的なテストや提出物がない オンラインスクールですが、 基本的には強制的なテストや提出物はありません。 提出物などは、添削してもらいたい人はもちろん出して勉強できますが、絶対に出さないとソフトが使えないというものではありません。 ですから、社会人で時間がないという人や、講座はいらないけど、とにかくソフトを安く使いたいという人でも安心です。 何度でも申し込める 何度でも同じプランを繰り返して申し込むことができます。 オンラインスクール申込みのAdobeCCのメンバーシップ期間がすぎても、また同じようにオンライン講座に申し込めば、ソフトの使用+動画の視聴が可能です。 わたし自身、何度も同じオンライン講座を申し込むことで、継続的にAdobeCCソフトを使用しています。 現在わたしが契約しているのも、たのまなです。 現時点(2020年5月7日)で、39,980円(税込)となっています。 ) アドビの定価だとAdobe CCのソフト代だけで72,336円(税別)ですから、30,000円以上お得になります!! ソフトと講座込でこの値段はとってもお得ですね! たのまなのアドビオンライントレーニング通信講座は、ソフト1年版だけでなく2・3年版もありますし、サポート期間の長さ(1・3・12ヶ月)を選べたりと、あなたの状況にあわせたコースを選ぶことができますよ。 (講座の内容はどのコースも同じです。 ) ネットで申し込んだら、数日で納品メールがきます。 すぐには使えないので余裕をもって申し込みましょう。 こちらも有名ですよね。 わたしは現在は「たのまな」を使っていますが、その前はデジハリでした。 ここもたのまな同様、常に低価格の設定をしてくれていますし、もちろん講座の内容もしっかりしています。 ただ、デジハリの方は、たのまなのようにソフトを使える期間やサポートの期間の選択肢が複数なく、1種類だけです。 ネットで申し込んだらすぐに使用を開始できます。 現時点(2020年5月7日)で、39,980円(税込)となっていて、たのまなと同じです。 (ページの下の方に一覧があります。 ) 通信教育コースで、Adobe CCが安くなるのは、プラチナスクールパートナーのみですので、気をつけてくださいね。 オンラインスクールを選ぶ時の注意 Adobe CCを初めて使う人と、使ったことがある人とでは、すこし学校の選び方を変えたほうがいいかもしれません。 とはいえ、やってみないとよくわからないですよね。 基本的にはどのスクールもAdobe認定であれば、充実したところばかりですから、大きな差はないと思って大丈夫です。 たのまな・デジハリは、わたしを含め多くの人が使っているので間違いありませんよ。 すでにAdobeソフトを使いこなせる人は、価格重視で問題ありません。 わたしははじめの頃は、デジハリでその後たのまなに変えました。 違う会社を選んだほうが、教材内容も違って勉強できるからです。 でも、それ以降はずっと、たのまなで申し込んでいます。 なぜなら、両方のサポートに電話したことがあるのですが、たのまなのサポートの人がとっても親切だったからです。 会社として儲かる方をしつこく勧めたりせず、受講者側の立場に立って、一番安くなる方法をおすすめしてくれました。 今後もたのまなを利用するつもりです。 まとめ あなたが個人でAdobe CCを使うのならば、Adobeへ通常の申込みをするのではなく、オンラインスクールがおすすめです。 今回ご紹介したように、Adobe CC料金と動画講座料金をあわせたコースなのに、通常のAdobe CC代(7万円以上)よりも、ずっーーと安くなりますよ〜。 わたしも安く買いたいと思って毎回いろいろと調べていますが、結果として今回ご紹介した2つのオンラインスクールが、値段・講座内容・学校の信頼度から見て、おすすめです。 お金を節約できて、講座も受けられるなんて、一石二鳥ですね! ぜひ利用してみてください! 関連記事 関連記事.

次の

【2020最新】Adobe CC 割引セールの時期はいつ?価格は?

アドビ 安く

目次 もともとはAdobe CCを正規料金 月額¥4980税別 で使っていた 私ヨッシーは「Adobe CC(コンプリートプラン)/年間プラン」という月額4980円(税別)のAdobeのサブスクリプションサービスをクレジット払いでかれこれ5年以上利用してきました。 年額にすると59,760円(税別)なので、なかなか高額なサービスです。 今後もAdobe CCは継続利用する方向で考えていますが、ただもうちょっとAdobe CCに支払うサービスの月額料金、年額料金は安くならないものかなと少し考えていました。 そんな時に自分と同じくAdobe CCを使っている知人に、「Adobe CCを正規料金よりも毎年安く使える方法」を教えてもらいました。 どうやら知人はそのお得な方法でAdobe CCをここ数年ずっと使い続けているみたいでした。 聞いてみると、ルール違反なブラックな方法ではない正当なやり方ですし、何よりAdobe CCを正規料金よりもかなり安く毎年使えて経費節約になるという話だったので、それならばということで、自分もその方法でAdobe CCを再契約することにしました。 Adobe CCがセットになったオンライン通信講座の料金が安い! 上述の通り、普通にAdobeの公式サイトで直接Adobe CC コンプリートプラン を契約したり、家電量販店や通販サイトでAdobe CCを普通に購入すると、当然ながら年間プラン(月々払い)の正規料金(月額¥4,980税別)の料金体系になります。 自分も同様でして、Adobeのサイトから直接申し込んで使ってました。 で、今回知人に教えてもらった 「Adobe CC(コンプリートプラン)を正規料金より毎年安く使う方法」とは、それはズバリ「Adobe CCがセットになったオンライン通信講座に申し込む」ことです。 オンライン通信講座の中には「Adobe CCと講座がセットになった通信講座」というものがあって、講座込みにも関わらずそっちのほうがAdobe CCの正規料金よりも料金的にかなり安く使えちゃうというわけです。 同じサービスを使うのに年間3万円の料金差はかなり大きいです。 そんなわけで、自分はこの ヒューマンアカデミー(たのまな)の通信講座に申し込みました。 自分が受講した講座は「 」です。 1カ月コース以外にも3カ月コース、12カ月コースもありましたが、ともかく料金を最安にしたかったので1カ月コースを選びました。 いずれにせよ、年間の使用料金が3万円以上安く利用出来て、なおかつAdobe CC コンプリートプラン を制限なしにフル機能で使えるなら、Adobe CC付きの通信講座を申し込まない理由は無いよね、っていう話です。 個人的には今回の件で「情報弱者は損をする」という事を身をもって体感した次第です。 結論を先に言うと、どちらも料金は年額約8,000円前後高くなっていますが、料金差は相変わらず3万円以上あるので、 を受講したほうがAdobe CCを毎年安く使えるという結論に変わりはないです。 上記写真が今回手元に届いたソフトウェアダウンロードカードですが、ご覧の通り「学生・教職員個人版」となっています。 つまり、 通信講座に付属するAdobe CCのソフトウェアダウンロードカードはアカデミック版と同等・同様の扱いになっているという事です。 Adobe CC コンプリートプラン のアカデミック版の年間プランの料金が23,760円(税別)なので、それに数千円の通信講座のレッスン料を加算すると、上記のデジハリ「30,900円(税別)」やヒューマンアカデミー「27,593円(税別)」の料金になるので辻褄も合いそうです。 よしよし。 契約形態を変更する手順・流れとしては、上記講座を申し込み後にAdobe CCのソフトウェアダウンロードカードが郵送で手元に届いたら、 Adobeのチャットサポートに連絡して、現行プラン[年間プラン(月々払い)]を解約処理してもらいます。 解約自体はその場ですぐに処理してもらえます。 そうすると、 既存プランの解約日が当月月末になるので、翌月1日以降にソフトウェアダウンロードカードに記載されているシリアルコード(引き換えコード)をAdobeのページから入力して手続きを済ませて、有効化するだけでOKです。 当月にソフトウェアダウンロードカードを有効化することも可能ですが、それだと新旧の契約期間が重複して少し損をするので、やはり翌月になってからのほうが良いですね。 自分も翌月1日に手続きしました。 ソフトウェアダウンロードカードの有効化の手順は下記の公式ページに記載されてます。 Adobe IDも今まで使ってきた既存のAdobe IDが使えますし、既にPCにインストール済みのAdobe CCのソフトのアンインストール・再インストールなどの必要は一切ないのも、手間が省けて非常に助かりました。 ただし、ソフトウェアダウンロードカードの有効化した後は、念のため下記の公式ページを参照にログインのし直しを行う必要があるようです。 じゃあ有効期限の切れた後、つまり2年目以降はどうするのかという話ですが、上記でソフトウェアダウンロードカードの有効化をする際に、「自動更新に同意し支払い情報を登録」というボタンを押してクレジットカード情報を入力すると、2年目以降は「年間プラン(月々払い)」として継続することができます。 ただしその場合は正規料金に戻ります。 「何ですと、それは嫌だ~!嫌だ~!」という人もいると思います。 自分もそのなかの一人です。 そんな人は、 自動更新の設定画面で「自動更新を設定しない」を必ず選ぶようにしましょう(上記画像)。 そうすれば、 ソフトウェアダウンロードカードの有効期限(1年間)が終われば契約は切れるので、契約は自動更新されません。 2年目以降もAdobe CCを安い料金で継続更新したい場合 2年目以降のAdobe CCの契約が正規料金の「年間プラン 月々払い 」で自動更新されないのは良いけど、Adobe CCが使えなくなるのは困る人も多いかと思います。 自分もその一人です(笑) できれば、1年目同様にAdobe CCを安い料金で継続更新して使いたいところです。 そんなときは、 1年目同様に再度「Adobe CCがセットになったオンライン通信講座」を申し込みましょう。 自分はまだ2年目を迎えてませんが、冒頭に述べた知人がそのやり方で長らく使っているので大丈夫です。 講座を再受講すれば、またソフトウェアダウンロードカードが郵送で送られてくるので、上記で紹介した手順でソフトウェアダウンロードカードを有効化するだけです。 「再受講って大丈夫なの?」と思うかもですが、再申込は規約的にも問題ないです。 ヒューマンアカデミー たのまな に確認したので間違いないです。 まぁ自動更新ではないので、毎年通信講座を申し込まないといけないのは少しだけ手間ですが、その少しの手間で3万円以上もAdobe CCを毎年安く使えるなら、面倒だとか言ってらんないですよね。 以上、「Adobe CCを安い料金・価格で毎年使う裏技」の話あれこれでした~。

次の

Adobe CCを安く買うなら学生になれば解決!【社会人・商用利用OK!年間39,980円】

アドビ 安く

わたしも仕事で毎日使っているAdobe Creative Cloud(Adobe CC)。 デザインや写真加工・印刷に必須のソフトで、使っている人も多いです。 このAdobe CC、とても便利なソフトなんですが、 価格がとっても高いんですよね! でも大丈夫! 社会人でも通常よりも安くAdobeCCを契約できる方法があります! それは、誰でも利用できる Adobe公認のオンラインスクールを受講すること! Adobe CCの学生版コンプリートプランを1年間使える上に、動画教材などで勉強できちゃうんです。 しかも、そのトータル金額は普通に個人プランを申し込むよりもずっと安くなるんですよ〜! スクールと言っても強制的なテストや提出物はありませんから、時間がない人やソフトだけ欲しい人も大丈夫! 学生じゃないために、AdobeCCが高すぎて苦しい思いをしていたあなた! ぜひこの記事を読んで、超節約しちゃいましょう! 年間プラン(一括払いの場合)• 学生版であれば、半額以下で使用することができますが、学生だった時代なんてとうの昔…なんて人のほうが多そうです。 Adobe公認のオンラインスクールなら安くなる 学生版は安くていいなあ…でも、わたしは社会人だし…と、高い料金を払ってきた人も多いかもしれません。 でも大丈夫! 社会人でもオンラインスクールに申し込めば、学生版が使えて、グッと安くすることができます。 危ないことをするわけでなく、Adobe公認ですから安心してくださいね。 受講料トータルがAdobeCCの通常版よりも安い!• Adobe CCの学生版を1年使うことができる• 動画教材を何度でも自分のペースで勉強できる• 社会人でも、何歳でも申し込める• 商用利用ができる• 強制的なテストや提出物がない• 何度でも申し込める 順に説明していきます。 具体的な金額や学校については下でご紹介しますが、ざっくり言うと、通常ソフトだけで7万程度のものが、教材付きで4万くらいになります。 いや、何これ! 知らないとすっごく損してるじゃないですか! もうこれ絶対に利用しないともったいないです。 Adobe CCの学生版を1年使うことができる オンラインスクール受講ということで、学生扱いになり、Adobe CCの学生版を使うことができます。 ソフトの中身は、 通常版となんら変わりはありません。 スクールはAdobe公認ですから、何ら怪しいことはありません。 ソフトももちろん正規に契約しています。 動画などの教材を何度でも自分のペースで勉強できる AdobeCCのソフトをしっかりとマスターできるように、 動画教材などの講座が用意されています。 決められた期間中は 見放題で、各自のペースで勉強することができるので安心ですね。 サポート機関なら質問もできますよ。 わたしは仕事でアドビのソフトを長年使っているのですが、長く使っている人ほど、あんがい決まった機能しか使っていないもので、便利な機能などを知るのにビデオが役に立ちました。 もちろん、Adobeソフトの初心者で頑張って勉強したい人にはおすすめです。 社会人でも、何歳でも申し込める 講座についてくるのは学生用のAdobeCCですが、一般に開かれた通信講座ですから、 何歳であっても申し込むことができます。 社会人であっても、おじいちゃんであってもOKです。 商用利用ができる また、 個人であればソフトの商用利用も可能なので、フリーランスのデザイナーさんも日々の仕事に利用できます。 わたし自身も、個人で受けた仕事をやるのにも利用しています。 全く問題ありません。 強制的なテストや提出物がない オンラインスクールですが、 基本的には強制的なテストや提出物はありません。 提出物などは、添削してもらいたい人はもちろん出して勉強できますが、絶対に出さないとソフトが使えないというものではありません。 ですから、社会人で時間がないという人や、講座はいらないけど、とにかくソフトを安く使いたいという人でも安心です。 何度でも申し込める 何度でも同じプランを繰り返して申し込むことができます。 オンラインスクール申込みのAdobeCCのメンバーシップ期間がすぎても、また同じようにオンライン講座に申し込めば、ソフトの使用+動画の視聴が可能です。 わたし自身、何度も同じオンライン講座を申し込むことで、継続的にAdobeCCソフトを使用しています。 現在わたしが契約しているのも、たのまなです。 現時点(2020年5月7日)で、39,980円(税込)となっています。 ) アドビの定価だとAdobe CCのソフト代だけで72,336円(税別)ですから、30,000円以上お得になります!! ソフトと講座込でこの値段はとってもお得ですね! たのまなのアドビオンライントレーニング通信講座は、ソフト1年版だけでなく2・3年版もありますし、サポート期間の長さ(1・3・12ヶ月)を選べたりと、あなたの状況にあわせたコースを選ぶことができますよ。 (講座の内容はどのコースも同じです。 ) ネットで申し込んだら、数日で納品メールがきます。 すぐには使えないので余裕をもって申し込みましょう。 こちらも有名ですよね。 わたしは現在は「たのまな」を使っていますが、その前はデジハリでした。 ここもたのまな同様、常に低価格の設定をしてくれていますし、もちろん講座の内容もしっかりしています。 ただ、デジハリの方は、たのまなのようにソフトを使える期間やサポートの期間の選択肢が複数なく、1種類だけです。 ネットで申し込んだらすぐに使用を開始できます。 現時点(2020年5月7日)で、39,980円(税込)となっていて、たのまなと同じです。 (ページの下の方に一覧があります。 ) 通信教育コースで、Adobe CCが安くなるのは、プラチナスクールパートナーのみですので、気をつけてくださいね。 オンラインスクールを選ぶ時の注意 Adobe CCを初めて使う人と、使ったことがある人とでは、すこし学校の選び方を変えたほうがいいかもしれません。 とはいえ、やってみないとよくわからないですよね。 基本的にはどのスクールもAdobe認定であれば、充実したところばかりですから、大きな差はないと思って大丈夫です。 たのまな・デジハリは、わたしを含め多くの人が使っているので間違いありませんよ。 すでにAdobeソフトを使いこなせる人は、価格重視で問題ありません。 わたしははじめの頃は、デジハリでその後たのまなに変えました。 違う会社を選んだほうが、教材内容も違って勉強できるからです。 でも、それ以降はずっと、たのまなで申し込んでいます。 なぜなら、両方のサポートに電話したことがあるのですが、たのまなのサポートの人がとっても親切だったからです。 会社として儲かる方をしつこく勧めたりせず、受講者側の立場に立って、一番安くなる方法をおすすめしてくれました。 今後もたのまなを利用するつもりです。 まとめ あなたが個人でAdobe CCを使うのならば、Adobeへ通常の申込みをするのではなく、オンラインスクールがおすすめです。 今回ご紹介したように、Adobe CC料金と動画講座料金をあわせたコースなのに、通常のAdobe CC代(7万円以上)よりも、ずっーーと安くなりますよ〜。 わたしも安く買いたいと思って毎回いろいろと調べていますが、結果として今回ご紹介した2つのオンラインスクールが、値段・講座内容・学校の信頼度から見て、おすすめです。 お金を節約できて、講座も受けられるなんて、一石二鳥ですね! ぜひ利用してみてください! 関連記事 関連記事.

次の