ティガレックス上原。 ボス情報/ティガレックス

ボス情報/ティガレックス

ティガレックス上原

【飛竜種】 ティガレックス 猛ダッシュが得意なティガレックスだが、壁に突進すると、牙が刺さり動けなくなる特徴を持つ。 キレると両腕に赤い模様が出て、肉質が多少柔らかくなるが、俊敏さも増す為、手がつけられなくなる。 怒り時間は80秒なので、逃げ回るかマーキングしてエリア移動する安全策も。。 雪山の移動エリア 初期位置 休息場所 1、3、6、7、8 6、8 3 砂漠の移動エリア 初期位置 休息場所 1、2、3、5、7、9 5 9• 数値が低くなる程カットされて効果が低く、数値が高い程効果が高くなる。 よろめきはその数値に達すると、よろめいたり怯むなどする。 落し物• 落し物• 部位破壊 (基本報酬で轟竜の鱗、轟竜の甲殻、轟竜の牙、轟竜の爪、轟竜の頭殻) 頭• 落し物• 剥ぎ取り 集会所G級 本体(3回) 剥ぎ取り報酬 捕獲報酬• 落し物• 攻撃方法まとめ 追尾性能が高い突進、 避けると緊急回避潰しのUターン突進 すごく速い突進で追尾性能も高い。 避けても右回りに最大3回までターンして突進してくるので、一度避けても安心できない 移動距離が長い噛み付き ティガの体ひとつ分くらい前に出て来るので、中距離にいる場合でも注意が必要 その場での回転攻撃 ガード不可武器にとっての脅威、溜めモーションは長めだが結構当たる とびかかり 既存のモンスターと一緒 ダメージ判定有りのバインドボイス エフェクト内に居るとダメージ、リーチは短め、その他に居るとバインドボ イス大の効果。 これも当たったら当たったで痛いし、避けても耳をふさいでしまうので突進がくる 何かを投げつける 雪球or岩 おそらくティガの攻撃の中では、一番ダメージが大きいと判断される。 前足に当たるとダメージ小、雪岩はダメージ大 長めの威嚇 尻尾が低い位置なので、この時に切断を狙える。 部位耐久値は、全体的に低め 基本の立ち位置 基本的には、ティガレックスに向かって斜め右前(ティガレックスの左前脚側)で、回転攻撃が当たらない程度のポジションをキープしていれば、ほとんどの攻撃が当たらないので、回避後は攻撃のチャンスになる。 攻撃をするタイミング ・突進を近くで避けれた場合後ろ足を狙う ・威嚇中 ・上で説明した状態 ・こっちにゆっくり旋回してるとき 後ろあしを狙うと比較的ダメージを食らわずにすみます。 攻撃への対処法 一番頻度が高い突進 とにかく追尾性能が高い、 回避殺しのUターン、開始の隙が少ない。 対処法としては、 ・Uターン対策の為できるだけジャンプ回避をしない ・斜め前に緊急回避 ・視点はできるかぎりティガのほうへ 回転攻撃 始めるまでに体を捻る、尻尾のせいで範囲がかなりある、ハンマー、太刀だと正直当たりやすい 対処法 ・体を捻ったらすぐ緊急回避 ・左側に緊急回避(当たりにくくする為) ・無理だと判断したら覚悟を決めましょう バインドボイス ガード可能武器は、ガードをする。 ガード不可武器は、ティガが両手を地面に固定し始めたら、バインドボイスがくる合図なので、ただちに緊急回避で範囲外へを目指す。 (幸いにも範囲が狭いので頑張って).

次の

【MHWアイスボーン】ティガレックスの弱点と攻略

ティガレックス上原

閃光弾でチャンスを作れる• 腕を破壊してダウンを狙う• 突進は尖鋭石で止められる• 疲労時は攻撃チャンス 閃光弾でチャンスを作れる ティガレックスは、閃光状態では こちらを探すような硬直モーションを取ることがある。 さらに突進をしなくなるので、危険性が一気に低下する。 攻撃チャンスを生み出すために、閃光弾を持ち込もう。 腕を破壊してダウンを狙う ティガレックスは腕を部位破壊するとダウンする。 さらに、その後は 破壊した腕に怯みが発生する度にダウンするため、優先的に腕を狙っていこう。 肉質が柔らかいためダメージも稼ぎやすい。 突進は尖鋭石で止められる 最大の驚異である突進は、尖鋭石を撃つと止まる。 ティガレックス自身が尖鋭石を落とすので、突進阻止のために拾っておこう。 2回傷つけの武器は特に意識したい。 疲労時は攻撃チャンス ティガレックスは 疲労すると動きが鈍り、突進後に転倒するようになる。 転倒は確定ではないが動き全体にスキが生まれるため、絶好のチャンスだ。 減気武器で素早く疲労させるのも有効。 ティガレックスの主な攻撃と回避方法 ティガレックスの主な攻撃パターン 【危険】 突進 数回の方向転換で、執拗にハンターを狙う。 危険な回転攻撃に派生することが多いため、近づかないのが無難。 【注意】 突進回転 突進の終わりに回転する。 範囲が広く威力も高いため、最大限警戒するべき。 【注意】 回転攻撃 体を反らせる体勢を取ってから、その場で回転する攻撃。 【注意】 玉飛ばし 前方に向けて拡散するように玉を飛ばしてくる。 噛みつき 前方に噛み付く攻撃。 咆哮 ティガレックスの咆哮は近くで受けると吹っ飛ばされダメージを受けてしまう。 飛びかかり ジャンプして一気に距離を詰めてくる。 突進後の回転攻撃に注意 ティガレックスは、突進の終わりに回転攻撃を繰り出すことがある。 前方への範囲が非常に広く威力も高いため、常に警戒しよう。 慣れないうちは、突進中のティガレックスに近づかないのが無難。 尻尾切断で範囲が狭まる 回転攻撃が避けられない場合は、尻尾の切断を優先しよう。 切断後は範囲が少し狭まるため、対処しやすくなる。 尻尾側は比較的安全なので、被弾軽減にもつながる。 素の回転攻撃も危険 ティガレックスは、突進の終わり以外にも回転攻撃を繰り出す。 こちらも範囲が広いため、近接武器は常に警戒すべき技だ。 回転は時計まわりなので、 反時計方向に向かって前転で回避しよう。 中距離では玉飛ばしを警戒 中距離で警戒すべき玉飛ばしは、片手を引く予備動作がある。 玉は放物線を描くように3方向へ放たれるので、横方向への回避でやり過ごそう。 なお 玉を飛ばす手にも攻撃判定があるため、クラッチを当てるなら尻尾がおすすめ。 ウチケシの実があると良い ティガレックスの玉飛ばしは、 水場や雪の上では属性やられが付与される。 スタミナ管理が難しくなるため、ウチケシの実を持ち込んで対策すると良い。 咆哮でダメージを受ける 怒り時のティガレックスの咆哮は、 正面近くだとダメージを受ける。 怒る時は必ず咆哮を行うので、正面から接近するのは避けよう。 攻撃手段としては使ってこない ダメージを伴う咆哮は、怒った瞬間にしか行わない。 攻撃手段として使ってくることはなく、怒り時もバックステップ後に使うので、過剰に警戒する必要はない。

次の

【MHWアイスボーン】ティガレックスの弱点と攻略

ティガレックス上原

目次 Contents• 一方で リオレウスは リオ=ライオン(ギリシャ語)レウス=王(ギリシャ語)。 見た目は恐竜?のような顔つきをしている。 体色は黄色い外殻。 青い縞模様が特徴。 ナルガクルガのように 前足(翼)が飛行よりも 歩行に向いた構造になっている。 そして、性格・気性は 極めて獰猛。 強靭な四肢による突進、引き裂いた獲物の数だけ鋭くなるという 爪牙の威力は絶大。 リオレウスなどと違い 飛竜種・ティガレックスと戦闘する際・・・ ティガレックスが 飛行しながらハンターへ攻撃することは ないです。 だが、劣っているだけなので、一応 飛行は可能。 エリア移動や 高所に登る際などは 翼を広げ飛んでいます~。 獲物を捕獲するのに貪欲な飛竜種ティガレックス ティガレックスは、興奮すると頭部や前脚の一部が充血するらしい。。。 その状態の個体と遭遇することは 死を意味するという。 一度 獲物に向かって突進を始めると その獲物を捕らえるまで 止むことはない飛竜種ティガレックス。 v 。 そんな 図太さをもちながらも、地形を利用した攻撃や背後を狙うなど 狩りに対する本能的な知能は とても高い。 【ティガレックスは食物連鎖の最上位「絶対強者」 ティガレックスは、固定化したテリトリー(縄張り)を持ちません。 ただただ 美味しい獲物を求めて 何処までも移動するモンスター。 それゆえ 目撃地域の規模が広いとみられます。 特にポッケ村では 雪山での「大型草食動物ポポ」を捕食している姿が頻繁に目撃されてます。 また、他の大型モンスターとの戦闘シーンが目撃されないのは訳がある。 それは、テリトリーに侵入された他の飛竜でさえ、地上での運動能力に優れたティガレックスとだけは争うのを避けようとするから。 獲物を仕留めれば 近いうち 次の狩り場へと向かう飛竜種ティガレックスの生態を知っている 他の飛竜たち。。。 嵐(ティガレックス)が 過ぎ去るのを待つ如く我慢して、常に安全と生存を確保することを選んでいます。 砂漠を転々として、捕食しやすく、好物で栄養満点である「大型草食動物ポポの肉」を求め 雪山へ移動すると思われる。 ティガレックスの恐ろしい狩猟方法 ティガレックスの狩りは、獲物に気づかれる事を気にかけません。 食べたい!という本能だけに従い 優れた運動能力を存分に発揮。 獲物を 力で一気に押さえつける という方法が基本。 ティガレックスは跳躍して獲物を押さえ込む時、前脚だけでありません。 後ろ脚も利用して、ティガレックスの全体重を負荷。 大型のポポでさえ カンタンに動きを封じられてしまうという。 そしてポポを捕食する際、引き裂くというよりも、叩きつけるように喰らう。。。 その為、誰が見ても 飛竜種・ティガレックスの仕業という事が分かります。 またポポのみならず ティガレックスは「巨獣ガムートの幼体」も 捕食対象としているんだとか。 【ティガレックス】は「突進や飛びつき」をしつつ 前方回転攻撃でエリア内を動き回りながら 攻撃してきます。 ほとんどの攻撃は 発生が早いものが多いため、相手の側面へ回り込みながらやり過ごし、 振り向くタイミングに合わせて 頭部へ攻撃するのが理想。 連携するので、倒れ込むことが少ない。 スキル、高級耳栓では咆哮は防ぐことが出来るのだが、付近の衝撃波は防げない。 【ティガレックス】には通常の振り向きで攻撃。 【飛竜種ティガレックス】の突進後の振り向きを狙い 攻撃をしかける際、作戦ナシで 追いかけてもダメ。 (方向転換や 突進ブレーキに連携されると、ハンターは 大きなダメージを受ける。。 ) 【ティガレックス】への基本的な立ち回りは、突進後の連携を 気をつける。 そして、 回避に専念すること。 突進後【ティガレックス】が倒れ込む動作が見られたら、側面・後方から接近しましょう。 荒鉤爪【ティガレックス】狩猟のコツも紹介 荒鉤爪【ティガレックス】狩猟のコツも紹介します。 荒鉤爪【ティガレックス】の連携には気をつけろ! 通常状態【荒鉤爪・ティガレックス】は、追尾しながら地盤粉砕やパンチ。 振り向き 抉り裂き(えぐりざき)などの強い攻撃へ連携してきます。 この時【荒鉤爪・ティガレックスの前方】にハンターが位置どると・・・ 咆哮歩き・前方回転攻撃。 近い距離においては、岩飛ばしか地盤粉砕パンチ、振り向き抉り裂きに連携することが多い。 また【ティガレックスの腹下】へ潜り込んですれ違うと【ティガレックス】は旋回。 そして、ハンターに振り向いてから 連携するのが特徴。 【ティガレックスの前方】にハンターが位置どるのは危ない。 これら【荒鉤爪・ティガレックスの連携】を横方向への移動にて やり過ごしながら【ティガレックス後ろ脚】を集中攻撃! 【ティガレックス】がダウン(倒れる)したら、前脚を攻撃しましょう。 (怒り状態のせいで肉質が柔らかになっています) そうすれば【荒鉤爪・ティガレックス】へダメージを与えやすくなります。

次の