逆seo 会社。 逆SEOとは?代表的な5つの手法と3つの注意点 | レピュ研|ジールコミュニケーションズのWebリスク情報発信メディア

風評被害対策|大阪・京都のWEBマーケティング会社|オーパスプラン有限会社

逆seo 会社

ネットの風評被害は弁護士に相談 ネット上の誹謗中傷、風評被害のトラブル解決に強く、ITに関する知識も兼ね備えた「サイバー弁護士」です。 インターネット関連の問題であれば、どんな問題でも適切に対処、解決できますので、まずはお気軽に無料相談をご利用下さい。 相談料 無料 電話番号 平日9:00 ~ 18:00 所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座7-15-8 銀座堀ビル3F アクセス 東京メトロ/大江戸線 築地市場駅A3出口より徒歩2分 東京メトロ /日比谷線 東銀座駅A4出口より徒歩4分 目次• 逆SEOの仕組みとその方法とは? SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことです。 「SEO対策」と言えば一般的には、特定のキーワードにおいて、検索結果ページ上位に自分のサイトが表示されるように工夫することを指します。 逆SEOって何だろう? これに対し「逆SEO」というのは、SEOの手法を使って、逆に特定の検索ワードで検索結果を下位に表示させることを言います。 逆SEOの目的とは 逆SEOは、ネット検索による風評被害を防ぐことが目的で行われるものです。 主に2ちゃんねるなどのインターネット掲示板に書き込まれた誹謗中傷やデマの内容について検索結果に表示されにくくして人々の目に触れないようにするために、逆SEOが行われます。 権利侵害が明確でない場合に有効な方法 ネット上での誹謗中傷被害は、削除仮処分などの法的手続が根本的な解決法です。 しかし、権利侵害が明確でない場合、たとえ弁護士に相談しても削除依頼できないことがあります。 そのようなときに、表示順位を落としてサイトが人目につかないようにするため、「逆SEO」という対策が存在するのです。 費用をかけるなら表示される場所を3ページ目以降に Webサイトへのアクセスは、ほとんど検索結果の1ページ目に表示されたものしか集まりません。 2ページ目へ追いやるだけでもアクセスを大幅に減らすことができますが、費用を使って対策をするなら、できれば3ページ以降に下げたいものです。 例えば企業の風評被害につながるようなサイトは、そのくらいまで下がれば、見つける人は相当少なくなると言えるでしょう。 逆SEOで順位を落とすための具体的な方法とは 逆SEOでは、ネガティブな情報が記載されたサイトに直接的な働きかけをするわけではありません。 仮にそのサイトを直接改変すれば、不正アクセス禁止法違反になります。 一般的な逆SEOの手法 主な手法としては、新たなWebサイトなどを作ったり、自社や自分に関する好意的な記事を積極的に発信するような施策を取ります。 それらのページが検索順位の上位に表示されるようにすることで、相対的にネガティブなサイトを下位に落とす仕組みです。 難易度が高く、高度な技術が必要 誹謗中傷を書かれやすい掲示板には、「ドメインが強い」「書き込み者が多い」「記事の読み応えがある」と検索の上位に出てくる条件がそろっています。 そのSEO的に強力なサイトの順位を落とすのはかなり難易度が高く、高度な技術が必要になります。 そのため、サイト自体に読み応えがあるものを複数用意するだけでなく、それらのサーバーのIPアドレスを分散させるなど、いくつもの条件を掛け合わせてネガティブサイトの表示順位をを落とさなければなりません。 低く評価されるコンテンツを利用するのもひとつの手 Googleなどの検索エンジン最も重視していると言われるのが「オリジナル・コンテンツ」です。 したがって、その逆であるコピーサイトを強化することで、順位を落としたいサイトの順位を下げることができたという事例も報告されています。 ただし、コピーサイトと言っても質の良いオリジナルの文章で作られていなければ意味がなく、やり方を間違えばペナルティが課されて検索に全くひっかからなくなる可能性もあります。 注意が必要な手法 このように、いくつかの要素を複雑にからませて行う逆SEO対策ですが、違法な手段を用いて順位を落としているケースがあるので、注意が必要です。 ペナルティサイトを作って自作自演リンクをはる• 虚偽のデジタルミレニアム著作権法違反申請を使ってサイトを削除する• サーバーがダウンするようなDos攻撃を仕掛ける これらは違法な手法ですが、実際に行われた例が報告されているものです。 このような手法を使う業者に依頼すれば、こちらも犯罪に加担したことになってしまいますので気を付けましょう。 逆SEO対策にかかる料金とは 誹謗中傷・風評被害対策業者が逆SEO対策を行う際には、費用はどのように決まるのでしょうか。 業者が料金を決定する方法を通してどれくらいの費用がかかるのかについてみていきましょう。 逆SEO対策にかかる費用はどのように決まる? 逆SEO対策を行う誹謗中傷・風評被害対策業者の技術や規模は、業者によって異なります。 一般的に業者が料金を設定する際に考慮する点は以下の通りです。 業者が料金の決定する方法とは 逆SEO対策として必要になるのは、• 新たなWEBサイトやブログ等の制作• 制作後に検索順位を安定させるための更新作業• ソーシャルメディアの運用• 逆SEOの目的にマッチしたサーバー等の構築・運用 などです。 これらの作業がどれだけの規模で必要になるかによって、料金が決まります。 一概に料金の相場を言うのは難しい 対策の手法についてそれぞれの業者がオリジナリティを出してきていることもあり、トータルの料金がいくらくらいになるのか、一概に言うのは困難です。 できれば一度業者に出向き、どんなオリジナルの方法を持っているのか、費用についてどのように考えているのかについて話を聞いてみるのがベストでしょう。 「成果報酬型」 もうひとつは、成果に対して料金が発生する「成果報酬型」です。 実績があがった分だけ料金を支払う仕組みなので無駄はありませんが、実際は「完全成果報酬型」というケースは少なく、別途月額費用または着手金が発生することが多いようです。 着手金は大抵の場合返金されませんので、後からトラブルにならないよう、依頼する前に、成功率や手法、料金発生のタイミングなどについて、詳細の確認を忘れないようにしましょう。 誹謗中傷・風評被害対策業者を選ぶときに注意すべき点とは 誹謗中傷・風評被害業者は、かかる費用も質もピンキリです。 信頼して対策をお任せできて費用対効果も高い業者を選ぶためには、どうすればよいのでしょうか。 事前確認を怠らないこと 通常のSEO対策よりも費用がかかるのが逆SEOです。 余計なコストをかけないためにも、相談する際は、何が問題か、予算はいくらか、どんな結果を求めるかを詳しく説明し、どういう手法を使うのかという詳細を確認しましょう。 具体的に説明ができない業者は警戒すべき 対策を依頼する際には、その業者に過去の実績や成功率について質問するのは問題ありません。 きちんとした説明ができない業者の中には、実際は何もしていないのに費用だけ請求したり、違法行為によって逆SEOを行うところがあるので注意が必要です。 甘い言葉で近づいてくる悪徳業者に注意 インターネットで自分のことを誹謗中傷されている状況では、被害者は冷静な判断ができないくらい精神的に追い詰められていることもあります。 悪徳業者はその弱みにつけこみ、甘い言葉で近づいてきます。 ある程度の知識と、しっかりとした判断力をもって、悪徳業者にひっかからないよう注意しましょう。 検索エンジンで上位に表示される業者を選ぶことがポイント 業者を選ぶ際に1つの基準にしたいのが、その業者の社名やサービスを検索したときに上位に出てくることです。 逆SEOができるということは、確固たるSEOのスキルも持っているということです。 この点をふまえた上で、実際にどのような対応をとるのかを明確に回答してもらえるかを判断材料にすると良いでしょう。 こちらも読まれています 誹謗中傷対策をできるだけ安全で安く行うには 逆SEO対策の費用は決して安価ではありません。 しかし、どれだけやったとしても逆SEOとはあくまで暫定措置であって、根本解決にはならないでしょう。 「SEOに絶対はない」ことを認識しておこう Googleなどの検索エンジンは、順位決めのアルゴリズムを全て公開しているわけではなく、日々更新されていると言われているので、そもそもSEOに「絶対」はありません。 ネットで誹謗中傷を受けた際に問題を根本から解決するには、該当サイトを削除することが一番です。 逆SEOは最後の手段 削除依頼できるものは削除で対応したほうが、安全安心であることに変わりありません。 逆SEO対策は、「弁護士による削除」ができなかったときの最終手段であると思っておきましょう。 削除依頼できるものは、高額な費用をかけても完全ではない逆SEO対策よりも、弁護士に相談するほうが、違法行為に関わるリスクもなく、トータルで安く済むと言えます。 業者に依頼することを考えるよりも、まずはITやネット問題に強い弁護士に相談することがおすすめです。 同じカテゴリの関連記事• インターネットでの誹謗中傷や風評被害対策を行うには、ITに強い弁護士に協力を求めることがベストです。 しかし、弁護士費用は高額とのイメージを持っている方も多いので... インターネットが普及している昨今、誹謗中傷や風評被害など様々な問題が増加しています。 書き込みの削除や発信者情報開示請求などは弁護士に依頼することになりますが、問... 匿名で気軽に書き込めると思い、SNSやネット掲示板で特定の個人や企業を誹謗中傷するような情報を発信すると、ある日突然相手から訴えられることがあります。 刑事事件と... 便利な検索補助機能である関連検索ワードは、関連性の高いキーワードを機械的に収集して検索回数の多いものを自動的に表示するものです。 ときに「社名+ブラック」など...

次の

逆SEOの相場

逆seo 会社

【2020最新】SEO会社にホームページのSEO対策は、絶対に頼んではいけません!! 今回の記事は、これから• 新規顧客開拓に力を入れたい方• 現在の集客を見直したい方• WEBマーケティングに悩んでいる方• ホームページから問い合わせがこない方• 新規顧客を増やしたいがやり方が分からない方 など集客にお悩みの経営者様に、ぜひご覧いただきたい内容です。 SEO対策がマーケティングの世界で知られるようになってすでに10年以上が経ちますが、 2020年現在においても、SEO対策は「よく分からない」「なんだか怪しい」そう感じる経営者が多いマーケティング手法です。 この記事をご覧になっていただいて、SEO対策の基礎とSEO会社の選び方について理解してください。 集客方法とSEO会社 さて、皆さんは日ごろどんな集客方法行っていますか? FacebookやInstagramなどのSNSマーケティングから、昔からある営業手法の営業電話、DM(ダイレクトメール)の送付、ポスターやチラシ、業種によっては法人への飛び込みの営業などもしているかもしれません。 とはいえ、ポスターやチラシは効果のほどが目に見えにくいし、営業電話や飛び込みの営業では、相手をしてもらえなかったり怒鳴られたりして散々な目に合うし…、悩みも多いですよね。 これからはWEBを活用したWEBマーケティングが大切だとは知ってはいるけれども、そしてホームページはすでに持っているが集客につながっていない状態。 そんな方も多いのではないでしょうか。 WEBマーケティングを考えた際、ホームページを作ったり、SNSのアカウントを開設して投稿したり、これ自体はそれほど難しいことではありません。 難しいのは、それらを「集客」に結びつけることですよね。 ホームページやSNSを始めたけど、アクセスが少ない・反響が全くない…と悩まれている企業は少なくありません。 そんな企業の元に、ある日突然舞い込んでくるのが「SEO業者」や「SEO会社」を名乗る営業です。 こんな電話やFAXを目にしたことはありませんか?• 問い合わせがバンバン来ます! SEO会社の宣伝には魅力的な言葉がずらずらと並びます。 ホームページでの集客に悩まれている方なら飛びつきたくなる内容ですね。 ですが、そこはちょっと待って! 実は、SEO会社の魅力的な文言に釣られたばかりに、散々な目に合ってしまった…というトラブルがあとを立たないのです。 弊社で行っている経営相談でも、このSEO会社とのトラブルに関するものはとても多いんですよ。 一体、WEB集客の業界で何が起きているのでしょうか? そもそも「SEO」って何だっけ? SEOはSearch Engine Optimizationの頭文字をとった略称です。 読み方はサーチ・エンジン・オプティマイゼーション、日本語では「検索エンジン最適化」と訳します。 GoogleやYahoo! などの検索結果で、特定のホームページをなるべく上位に表示させようとするマーケティング施策のことをさします。 上位表示させるためには、GoogleやYahoo! に「このホームページは良いホームページだ」と思わせる必要があります。 そのための対策(=SEO対策)を生業としているのが、先に述べた、SEO会社と呼ばれる業者なのです。 中小企業のマーケティングを考えると、ホームページによる集客の重要性は日に日に増しています。 そんな現代のビジネス環境に置いて、WEB集客に本気で取り組むならSEO対策は避けて通れません。 弊社も、WEBマーケティングとしてのSEO対策自体には賛成です。 しかしながら、SEO会社の中には契約やサービスの内容に問題があるところが少なくないことはぜひ知っておいていただきたいと思っています。 問題点とは何か見てみましょう。 悪徳SEO業者について 最初に述べておかなければいけませんが、SEO会社にももちろん優良な業者はいます。 が、そうでない業者がとても多いのが現実です。 SEO業者のセールストークの1つとしてよく見られる「成果報酬型のSEO対策サービスがあります」を見てみましょう。 売り文句は「成果があがらなければ一切費用はかかりません」です。 確かに一見お得のように見えますね。 「成果」の定義はSEO会社によってバラバラですが、大体、「検索ワードで20位以内に入った場合に料金が発生する」という条件だったりします。 問題はなさそうに見えますよね? ところが、この成果報酬型SEO対策、悲しいことにトラブルだらけなのです。 弊社で良く耳にするトラブルをご紹介しましょう。 弊社に持ち込まれるSEO会社関連のトラブル 弊社では企業経営者の方に対して無料で経営相談を行っています。 そんな中、SEO会社や成功報酬型SEO対策についてのトラブル相談が多く寄せられるようになっています。 いくつか具体例をご紹介します。 (GICPで調べたところSEO会社の悪質な作業によるものが原因だった)。 半年も待って成果なし…だけでもがっかりするところに、まさかのGoogleペナルティ。 これぞ「タダより高いものはない」状態です。 ちなみに、Googleのペナルティとは、何らかの理由でGoogleに「悪質なサイト」と判断されてしまうことです。 検索結果の順位が顕著に下がったり、場合によっては検索結果に全く載らなくなったりしてしまうこともあります。 ペナルティから抜け出すのは容易ではありません。 SEO会社が検索結果を上げるために悪質な手段を用いたがためにこのペナルティを食らう、というのはよく聞くトラブルです。 そのことでクレームを言ったら、「お金を貰っていないので仕方ない」と逆にキレられた。 こちらもGoogleペナルティ関連のトラブルです。 成功報酬型SEO対策だったので、確かにまだお金は払っていませんが、そういう契約を持ち出したのはSEO会社側のはず。 納得いきませんよね。 成果は出ないどころか検索結果は落ちる、おまけに何をやっているのかわからない…。 優良な業者であれば、丁寧に対応してくれるはずです。 これでは、本当にSEO対策を施してくれているのかどうかも疑わしくなります。 SEO業界を非常にグレーな印象を与えている理由が「何をやっているのか分からない」ということです。 専門的なことなのでクライアントに作業の内容を全く告げずに施策をやってトラブルになった場合、あとで大きな問題になるのです。 解約に関するトラブルも、比較的多い印象です。 契約するときはニコニコと愛想がいいのに、解約の話になると態度が急変、上記のように脅されて解約に応じてくれなかったり、解約を申し出ると解約料を請求されたり…。 本当、とんでもないですね。 そのことを伝えたら「証拠がない」「解約したんだから知らない」などひどい扱いをされた。 解約の当てつけでしょうか?解約後のリンク削除は致し方ないとしても、この担当者の態度は解せません。 せめてまともな顧客対応をお願いしたいですね。 本当に聞くだけで腹の立つトラブルが並んでいます。 このように日々多くのトラブルが発生しているのがSEO業界の実情なのです。 悪徳SEO会社を避けるためには SEO会社は、先に述べたように、悪徳な業者ばかりではありません。 当然、優良な業者も存在しています。 しかし、SEO対策についての知識がなければ、SEO会社の見極めは非常に難しいのが正直なところです。 もし依頼したSEO会社が悪徳であればどうなるでしょうか? まずお店の重要な集客ツールである大切なホームページを好き勝手いじくりまわされ、その上結果は出ず(最悪Googleからペナルティを受け)、終いには「解約したら検索順位が大きく下落するぞ!」と脅される…。 こんなSEO会社と契約することは、企業にとって大きな経営リスク、自殺行為に等しいといえるのです。 業者は契約時にこんなことは教えてくれません。 だからこそ見抜くのが困難なのですが…。 SEO会社選び、だったらどうすればいいの? SEO会社に依存するのは経営リスクが高すぎる。 そう思っても、いざ自分でSEO対策をしようとしても、どこから手をつけたらいいのかわからず、投げ出したくなる気持ちはよくわかります。 インハウスSEO、そういうと、非常に難しそうに聞こえますが、ある程度パソコンが使える人であれば、全く問題なくSEO対策を施すことができます。 たとえ個人事業主であっても、社員10名以下の会社であっても、100億円以下の会社であってもです。 SEO会社に頼らなくても、SEO対策を含め、集客マーケティングは自社内でおこなうことができるのです。 なぜこんなに自信満々にそう言い切れるかというと、手前味噌ですが、弊社、GIコンサルティングパートナーズもSEO対策は全て自社内(インハウス)で行っているからです。 もちろん、成果もあがっています。 検索順位では• 「中小企業 経営コンサルタント」 1位• 「中小企業 経営コンサルティング」 1位• 「経営コンサルティング」 2位• 「経営コンサルタント」 5位• 「経営相談」 8位 等々 検索キーワードの業界でいわゆる「ビッグキーワード」と言われる単語で上位表示を実現しています。 1部上場企業のコンサルティング会社より、外資系の経営コンサルティング会社より多くのワードで上位に表示させているのです。 もちろん、さっきから何度も言っている通り、経営にとって自殺行為とも言える外部のSEO会社は一切利用していません。 私たちはSEO会社ではありません、経営コンサルタントです。 それでも、インハウスでSEO対策を実践して成功させているのです。 もし疑われる方がいらっしゃれば、ぜひGoogleやYahoo! で検索してみてくださいね。 本当に実力のあるSEO会社であれば、「SEO」というキーワードで自社ホームページを上位表示させ、そこから集客をはかればいいのではと思いませんか? こっちも忙しいのに、わざわざ電話営業してきて、新規のお客様を獲得しようとしているわけですよね。 これって素人目に見てもおかしいですよね。 もしかしたらそこに既にSEO会社の大きな矛盾が隠されているのかもしれません。 SEO会社を選ぶための基準とは もし、どうしても社内ではできない、インハウスSEOができないとしたら、どういう基準でSEO会社を選んだら良いのでしょう? それは、依頼しようとしているそのSEO会社自身が、SEO対策できているかどうかを見てみましょう。 しかし、そのSEO会社自体はどんなキーワードで上位化できているのでしょうか? 自社のSEO対策ができていないSEO会社にSEOを依頼するのは、何かおかしいと思いませんか? 最近のSEO対策の傾向について ところで、最近のSEO対策とはどういうものかご存じですか?• 狙っているキーワードでページを増やす。 SEO内部タグをしっかり入れ込む。 外部サイトからリンクをたくさん送る。 ページの更新頻度を高くする。 などでしたら、少し知っている方でしたら聞いたことがあるかもしれません。 どれも間違ってはいませんが、これだけではSEO対策ができているとは言えません。 Googleはここ数年、年に1回以上は大きなアルゴリズムの変更を行っています。 その中で、近年重要になってきているのが、ソースコードです。 ホームページのソースコードが、Googleが好む仕様になっていないと順位が上がらなくなってきています。 SEO会社に勧められるまま、ページを増やしました、ブログを書きました、内部タグを入れました、でも順位が上がりませんでした、というケースに遭遇しているとしたら、ソースコードに問題があるかもしれません。 そして、SEO会社でソースコードまで対策する会社はほとんどないでしょう。 GICPのSEO対策の特徴について 圧倒的な自社SEO対策の実績 弊社は、SEO会社ではなく、経営コンサルティングの会社です。 それでもインハウスでSEO対策を行って成功させています。 先述の実績と重複する部分もありますが、主な実績は以下のとおりです。 「中小企業 経営コンサルタント」 1位 「中小企業 経営コンサルティング」 1位 「中小企業 コンサルティング」 1位 「経営コンサルティング 相談」 1位 「コンサル 相談」 1位 「コンサルティング 費用」 1位 「経営コンサルティング」 2位 「経営コンサルタント」 5位 「経営相談」 8位 そして、この自社のSEO対策で成功したノウハウでお客様のSEO対策のコンサルティングを行っています。 コンサルティング先の業種業態は様々 コンサルティングを行う会社は、一般的に支援先の業種を絞ります。 業種によって、集客の特性やコンサルティングのポイントが違うからです。 同じ業種を対象にコンサルティングを実施した方が、いろいろと楽なのです。 しかし、弊社のSEOコンサルティングは、業種を問いません。 どのような業種業態であっても、SEO対策・SEOコンサルティングは可能です。 しかし、本当にこれで良いのでしょうか?• ほとんど検索されないキーワードで1位だったら?• SEO対策を始めると、順位を上げることに夢中になって、何のためにSEO対策をしているのかが分からなくなる場合があります。 SEO会社は、「順位が上がっているから文句はないでしょう」と言ってくるかもしれません。 しかし、SEO対策は、売上アップのための一つの手段に過ぎません。 これを忘れてしまっては、お金も時間も無駄になってしまうのです。 自社独自のノウハウ 弊社が行うSEO対策コンサルティングは、独自のノウハウで行っています。 インハウスでSEO対策を行って、成功してきた独自のノウハウです。 SEO対策の本を読んだり、インターネットで検索したりしても出てこないリアルなノウハウです。 そして、実際にコンサルティングを行っている中で、Googleのアルゴリズムを理解し、結果を出しているノウハウです。 ただの一般論を語るコンサルティングではありません。 SEO会社についてのまとめ 「SEO業者」や「SEO会社」からの営業に出会う経営者は多いでしょう。 しかし、SEO会社による対策で散々な目に合ってしまった…というトラブルがあとを立たないのが事実です。 弊社にも多くのご相談が持ち掛けられています。 内情をよく知らずに依頼すると、ペナルティになったり、無駄に毎月コストをかけることになったり、解約料などの意味不明な請求をされたりすることになるかもしれません。 弊社では、SEO会社に頼らないで検索順位を上げ、集客・売上を増やすために、自社で行うSEO対策(インハウスSEO)をお勧めしています。 実際、経営コンサルティング会社の弊社では、自社で対策をして様々なキーワードで検索順位の上位化を成功させています。 どうしても自社ではできないという方は、本当にSEO対策のことを知っている会社に依頼しましょう。 依頼する基準は、自社でSEO対策が出来ている会社です。 そして、単なる検索順位アップ、アクセス数アップだけでなく、売上アップを成功させている会社を選びましょう。 日本でインターネットが広がり始めたのは、1990年代の後半頃、およそ30年前です。 Windows95などが発売されたころですね(なつかしい…)。 そこにSEOやWEBマーケティングという考え方が入ってきたのが2000年代を過ぎてからでしょうか? たった2~30年の間に、日本のマーケティングは様変わりしました。 WEB集客は企業に欠かせないものになってきています。 ですが、その時代の流れに取り残されている企業も少なくないと思います。 自社でインハウスSEOを行っている弊社だからこそ、WEB集客やSEO対策に取り組むときに感じるあのハードルの高さを知っています。 WEB集客の大切さを感じているからこそ、取り組みたい。 できることならSEO会社に頼ってしまいたい、そんな経営者の気持ちもよくわかります。 世界的経営者であるアンドリュー・カーネギーという方がいます。 この方は、「すべてを失っていいが、顧客リストだけは残して欲しい」という趣旨の言葉を残しています。 それだけ経営にとって顧客情報が大切だということを伝える言葉です。 この意見に賛同する経営者の方は多いのではないでしょうか? SEO対策に成功すれば、この顧客情報はWEB経由で獲得し続けることができます。 弊社では、集客という大切なテーマだからこそ、SEO会社に丸投げせずに、自分で理解して、しっかりと取り組んでみることが重要なのではないかと考えています。 そのために、自社で実践するSEO=インハウスSEOという言葉や、SEO会社に丸投げするリスクを知っていただきたいと思いました。 弊社では、SEO対策も含めたマーケティングや経営の相談を受け付けています。 SEOや集客について、何かお困りごとがあった際は、いつでも弊社無料相談窓口までご連絡ください。 WEBマーケティング・SEO対策に詳しい経営コンサルタントがご相談を承ります。

次の

逆SEO対策の専門会社

逆seo 会社

SEOは本来自分のウェブサイトの価値を高めるための施策となりますが、逆SEOでは自分のウェブサイトにとって不利となる情報を掲載しているウェブサイトの価値を下げることが狙いのSEOとなります。 つまり、特定の検索ワードで、誹謗中傷サイトの順位を落とすサービスです。 逆SEOのメリットは自分のウェブサイトや企業のウェブサイトを誹謗中傷から守る事ができるということです。 検索した時に上位に表示される誹謗中傷サイトの順位を下げることで、相対的に自サイトの価値を向上することができます。 残念ながら、誹謗中傷・風評被害的な情報が掲載された場合、また今は何もないが、そのようなことにならないように、今のうちから防止策を打ちたいという方は、オーパスプランにご相談下さい。 Webマーケティング観点から、貴社にとって真に有益な逆SEO対策を提供します。 ホワイトな手法として、例えば「会社名」で検索したときに、「グループ会社」のサイトが大量に表示されて、誹謗中傷サイトの検索順位を落とすというやり方がこれに当てはまります。 この方法は、コンプライアンス上問題のない手法であるため、一件問題がないように思えますが、実は、この手法は、サイト戦略が明確でないと成功する確率は極端に下がります。 誹謗中傷サイトは、掲示板の場合、ドメイン自体が強く、さらには書き込み者が多数いるため、総単語数が増えます。 記事としても読み応えがあるからこそ、上位にでているのであって、そのサイトを落とすということは、単に外部から被リンクを沢山張った程度では、順位をおとすことは難しくなってきています。 やはり、サイト自体に読み応えがあるものを10個程度用意して、誹謗中傷サイトを2ページ目以降に追いやる必要があり、公式サイト並みのドメインパワーをもつサイトを10個用意するには相当の負荷がかかるのと、また、多様性をもとめる検索結果に対してそのような働きかけが有効に効果を発揮できるかは、難しいケースが多いといえるでしょう。 誹謗中傷をしているサイトがGoogleはペナルティを受けるように、ブラックな手法を用いて順位を落とす手法が取られるケースがあります。 Googleガイダンスで、ペナルティが発動される「だめだ」と書かれていることをそのサイトに行うことで、順位を落とすという手法です。 Googleが、SEOガイダンスでSEO対策として一般的にこういった手法はしてならないと書かれています。 ・背景色と同じ色の文字を用いたり、CSS画像置換を悪用したりした隠しリンク・隠しテキストの使用 ・検索者とクローラーでは異なる内容のWebページを見せるクローキングの使用 ・コンテンツ内への過度のキーワード詰め込み ・自動的に作られた価値が低いページの使用 ・オリジナルなコンテンツに乏しい ・SEO目的で、ページランクを操作するためのリンク購入・販売 上記のようなサイトを作り、そのサイトからターゲットへリンクを張ります。 まずは、ページランクを操作するためのリンク購入をおこなっているとgoogleに判定させればよいので、自作自演リンクを、同じアンカーテキストパターンで、同類のコンテンツからリンクをはると、順位が落ちるリスクが高まります。 しかし、こういった手法は、誰がやったのか?調べられてしまいますし、search consoleなどでリンク否認処理によって、ペナルティ解除が可能です。 一時的に順位は落とせても、その後の回復や、足跡の痕跡が残るのでやみくもに手をだすことは推薦しません。 むしろ、こういった攻撃的な手法を提供するサービス会社に依頼することの方が、誹謗中傷サイトより危険だといわざるをえません。

次の