かんな 使い方。 新人大工さん必見!かんな(鉋)の使い方と購入のポイントを徹底解説!

「鑑みる」という言葉の意味と正しい使い方

かんな 使い方

かんなの選び方 かんなは、用途や加工したいタイプによって、それぞれに適したものを選ぶ必要があります。 値段も安いものでは数百円から購入できますが、重要なのは自分が何を削って加工したいのか、また切れ味はどうかという点です。 ご自身のかんなを使う用途と、使いたい対象の面積を考慮して、刃の種類やかんなの大きさを選ぶことをおすすめします。 用途で選ぶ 木材を扱う人ならだれもが知っている大工道具「かんな」ですが、かんなには主に「 平かんな・面取りかんな・サクリかんな」の3種類があります。 それぞれのかんなの違いと、用途別に選ぶかんなをご紹介します。 主流は平らに削る平かんな 出典: 電気かんなは、大量に木材を削らなくてはいけない場合や、広範囲を削って表面を加工するときに重宝します。 また、手動のかんなは刃の調節が必要で初心者は慣れるまで時間が掛かりますが、電気かんなは初心者でもハンドルをしっかりと持って木材を滑らせるだけで加工可能なことがメリットとして挙げられます。 初心者でも扱いやすく、また疲れにくいなどのメリットがあり効率的に使うことができます。 ただ、手動のかんなに比べて値段はかなり高価になるのでプロの方や、頻繁にDIYや木工作業を行う人に向いています。 平かんなの種類で選ぶ 平かんなには用途や木材の大きさに合わせて選べる5つの種類がありあます。 それぞれの違いを説明します。 一般的な二枚刃かんな 出典: 台直しかんなは、直立した刃を持つかんなのことで、かんな台の硬木を削ったりかんな台をかんなで削って修正する際に使う道具です。 かんな台を調整するのに必ず必要なものですので、プロ用のかんなを購入した場合は一緒に台直しかんなも揃えておきましょう。 削る面積で選ぶ かんなを選ぶ際に、刃の削る面積によって選ぶことは重要です。 かんな台の下部の面積もあまりに大きいのに削る部分が少ないと取り回しも悪くなりますし、メンテナンスも小さいサイズの物よりも手間がかかります。 プロの大工や家具屋で使う場合には、寸六~寸八のサイズがよいでしょう。 しかし、 女性やDIYで小物を作る方は、寸四より小さい小かんなを使うことをおすすめします。 刃で選ぶ 表面が滑らかで綺麗に切削されるためにもかんなの刃選びもとても重要です。 かんなの刃部分は専門用語では「かんな身」と呼ばれます。 刃の枚数 出典: 刃研ぎは前述で述べたように、切れ味を回復するために研ぎ石などで研ぐ必要がありますが、熟練した技術が必要なため、カッターナイフのように 刃だけ替えられる替え刃式かんなは初心者を始め、プロの大工でも重宝されています。 使い方は通常の手動のかんなと同じですが、サイズは小型のものが多くなっています。 かんな台で選ぶ かんな台と呼ばれる木製の部分は木材の切削を左右する点でとても重要な部分です。 かんな台が小さすぎたり大きすぎたりすると扱いにくいため、できれば小かんなほどで3000円以上のものを選ぶと失敗しません。 また、 かんな台に使われる木材の硬さも選ぶ基準にしてください。 持ってみて重いと感じるものはみっちり木が詰まっていて、歪みや木の減りが起こりにくくなります。 長く使いたいなら木が硬いもの かんな台に使われる木も硬さによって耐久性が違うので注意しましょう。 柔らかい木をかんな台に使うと木材との摩擦を起こす毎に、 摩耗して歪みが生じます。 かんな台を削る台直しかんなを使用することができればよいですが、手入れや調整に慣れない人は、 硬い木のかんなを選べは摩耗が少なく長持ちします。 重さも確認 出典: かんな台がずっしり重いものは、 台の中にみっちり木が詰まっているのでかんな台が固くて減りにくいということになります。 かんな台の消耗を抑え、長く使用することができます。 道具屋さんや専門店で、硬くてずっしり重みのあるかんなを選ぶようにしましょう。 かんなの使い方 出典: まず、削る前にかんなの刃が均一に出ているか確認しましょう。 均一でなければ、面をきれいな平に削ることができません。 削る際は、かんな台を利き手でしっかりと押さえ、反対の手はかんなの頭に添えながら、身体ごと引き、削ります。 かんな台を押さえる際は、 強い力で木材にかんなを垂直に押し当て、ゆっくりと削りましょう。 弱い力だと安定せず綺麗に削ることができません。 かんなのおすすめ人気ランキング9選 それではここでおすすめのかんなを商品ブランドごとにご紹介します。 ぜひご自身が使いたい用途にあったかんな選びの参考にしてください。 刃の交換も刃を調整板まで下げたあと、軽く数回たたいてネジを回せば完了と簡単に済むのも煩わしい手間が不要で便利と評判がいい機能となっています。 切れ味と使いやすさも「今までの作業がなんだったの?と言うくらい別世界に行ったように大工作業が上手く楽になりました。 」「小さくて扱いやすく疲れない!切れ味も最高!」との高評価レビューもたくさん寄せられています。 DIYなどで細く棒状に切った後の均しや、面を整えるのに向いています。 また、革製品の切れ端部分を綺麗に均したりとミニサイズゆえ、素材も選ばずに使用できます。 かんなの刃もネジで取り外し可能なので砥石でメンテナンスして切れ味を持続させることも可能ですし、小さく分解できるので研ぎやすいのもメリットです。 鉋台は高級感あふれる黒檀を採用。 刃は耐久性の高い鋭い切れ味のハイス鋼を採用しています。 細かな作業や微調整などに最適です。 木材はもちろん、レザークラフトにも使用できます。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 805円 3. 9 1,530円 78,122円 4. 79 361円 4. 39 926円 3. 95 15,600円 3. 5 1,302円 4. 18 1,211円 3. 9 2,133円 3. 5 まとめ いかがでしたか?専門的な大工道具の印象が強いかんなですが、プロ仕様のものからDIYが普及し始めて初心者でも扱いやすい便利で切れ味の良いかんなまで種類豊富に販売されています。 サイズに関しては、初めてかんなを購入する方やDIY用に使用する方などは、寸四サイズと豆平かんななどの極小のかんなの2種類を用意するとそれぞれの用途に合わせて使用することができて便利です。 また、替え刃式かんなを選べば自分で研がなくていいのでお手入れも簡単に済んでおすすめですよ! DIYの技術や作品の品質アップにとても役立つかんなを選んで、木材加工やDIYを楽しんでくださいね。

次の

【一歩進んだDIYへ】電気カンナの使い方、用途、特徴、注意点まとめ

かんな 使い方

かんなのしくみ、使い方 かんなのしくみ 使い方 かんなは、鎌倉時代後半に中国から伝わってきた「台カンナ」が基本である。 これにより精密な表面加工ができるようになった。 現在の形になったのは江戸時代である。 末期には機械切りカンナが登場した。 二枚刃のかんなが使用されるようになったのは明治時代に入ってからである。 切削理論 かんなの刃が材中に切り込み、削り屑が切断面に沿って昇ろうとする時、力の作用を考えると、圧縮力と摩擦力が発生し、その合力である切削力(引っ張る力)が作用する。 歯の調整のしかた かんなの歯を出すとき かんなの刃はかんな身のかしらをたたいて出す。 かんなの刃の調整は台じりから下端をみて刃先が 0. 05 ~ 0. 2 ㎜出ている状態に調整する。 edu. ipa. 刃がはっきり見えている(出ている)と思える場合は、出すぎである。 刃の調整は、実際削ってみて細かな調整をする必要がある。 かんなの削りかす 削ったときの削りかすで、刃の出具合がわかる。 写真のように厚くならないように調整する。 裏金の使い方 木材の繊維の流れは複雑で、材の表面に平行に流れてはおらず、順削り、逆削りの交錯が普通である。 逆目削りのとき、表面の逆目を止め、平滑に仕上げるために裏金を使う必要がある。 せん断切削は表面をかきとるので削り屑はせんいを座屈破壊されて在中に割れ込まないのであるが削り面が汚くなる。 切削角を小さくして削り角を小さくして削り肌をきれいにしながら削り屑だけ削ると同時に座屈破壊をして材中に割れ込みを防ぐのが、二枚刃かんなの裏金の役目である。 裏金の調整 右の図のように持ち、裏金をげんのうでたたき、かんな刃の先に裏金の先を近づけていく。 裏金は、逆目ぼれ防止用の補助刃である。 裏金の調整は、裏金とかんな身の刃先の差は 0. 1 ~ 0. 2 ㎜くらいに調整する。 平削り 平面を削るときのかんなの持ち方 右手で、かんな刃を上から包むように持つ。 左手は、台尻を支えるように持ち、体重の移動にあわせて手前に引く。 木口削り 木口台を使うときのかんなの持ち方 かんな身を包むようにもち、手首も使ってかんなを固定し、削る。 edu. ipa. edu. ipa. 下端や上端を下にすると、刃先が欠けたり、刃の調整が狂ったり、危険である。

次の

カンナの使い方 【通販モノタロウ】

かんな 使い方

かんなの選び方 かんなは、用途や加工したいタイプによって、それぞれに適したものを選ぶ必要があります。 値段も安いものでは数百円から購入できますが、重要なのは自分が何を削って加工したいのか、また切れ味はどうかという点です。 ご自身のかんなを使う用途と、使いたい対象の面積を考慮して、刃の種類やかんなの大きさを選ぶことをおすすめします。 用途で選ぶ 木材を扱う人ならだれもが知っている大工道具「かんな」ですが、かんなには主に「 平かんな・面取りかんな・サクリかんな」の3種類があります。 それぞれのかんなの違いと、用途別に選ぶかんなをご紹介します。 主流は平らに削る平かんな 出典: 電気かんなは、大量に木材を削らなくてはいけない場合や、広範囲を削って表面を加工するときに重宝します。 また、手動のかんなは刃の調節が必要で初心者は慣れるまで時間が掛かりますが、電気かんなは初心者でもハンドルをしっかりと持って木材を滑らせるだけで加工可能なことがメリットとして挙げられます。 初心者でも扱いやすく、また疲れにくいなどのメリットがあり効率的に使うことができます。 ただ、手動のかんなに比べて値段はかなり高価になるのでプロの方や、頻繁にDIYや木工作業を行う人に向いています。 平かんなの種類で選ぶ 平かんなには用途や木材の大きさに合わせて選べる5つの種類がありあます。 それぞれの違いを説明します。 一般的な二枚刃かんな 出典: 台直しかんなは、直立した刃を持つかんなのことで、かんな台の硬木を削ったりかんな台をかんなで削って修正する際に使う道具です。 かんな台を調整するのに必ず必要なものですので、プロ用のかんなを購入した場合は一緒に台直しかんなも揃えておきましょう。 削る面積で選ぶ かんなを選ぶ際に、刃の削る面積によって選ぶことは重要です。 かんな台の下部の面積もあまりに大きいのに削る部分が少ないと取り回しも悪くなりますし、メンテナンスも小さいサイズの物よりも手間がかかります。 プロの大工や家具屋で使う場合には、寸六~寸八のサイズがよいでしょう。 しかし、 女性やDIYで小物を作る方は、寸四より小さい小かんなを使うことをおすすめします。 刃で選ぶ 表面が滑らかで綺麗に切削されるためにもかんなの刃選びもとても重要です。 かんなの刃部分は専門用語では「かんな身」と呼ばれます。 刃の枚数 出典: 刃研ぎは前述で述べたように、切れ味を回復するために研ぎ石などで研ぐ必要がありますが、熟練した技術が必要なため、カッターナイフのように 刃だけ替えられる替え刃式かんなは初心者を始め、プロの大工でも重宝されています。 使い方は通常の手動のかんなと同じですが、サイズは小型のものが多くなっています。 かんな台で選ぶ かんな台と呼ばれる木製の部分は木材の切削を左右する点でとても重要な部分です。 かんな台が小さすぎたり大きすぎたりすると扱いにくいため、できれば小かんなほどで3000円以上のものを選ぶと失敗しません。 また、 かんな台に使われる木材の硬さも選ぶ基準にしてください。 持ってみて重いと感じるものはみっちり木が詰まっていて、歪みや木の減りが起こりにくくなります。 長く使いたいなら木が硬いもの かんな台に使われる木も硬さによって耐久性が違うので注意しましょう。 柔らかい木をかんな台に使うと木材との摩擦を起こす毎に、 摩耗して歪みが生じます。 かんな台を削る台直しかんなを使用することができればよいですが、手入れや調整に慣れない人は、 硬い木のかんなを選べは摩耗が少なく長持ちします。 重さも確認 出典: かんな台がずっしり重いものは、 台の中にみっちり木が詰まっているのでかんな台が固くて減りにくいということになります。 かんな台の消耗を抑え、長く使用することができます。 道具屋さんや専門店で、硬くてずっしり重みのあるかんなを選ぶようにしましょう。 かんなの使い方 出典: まず、削る前にかんなの刃が均一に出ているか確認しましょう。 均一でなければ、面をきれいな平に削ることができません。 削る際は、かんな台を利き手でしっかりと押さえ、反対の手はかんなの頭に添えながら、身体ごと引き、削ります。 かんな台を押さえる際は、 強い力で木材にかんなを垂直に押し当て、ゆっくりと削りましょう。 弱い力だと安定せず綺麗に削ることができません。 かんなのおすすめ人気ランキング9選 それではここでおすすめのかんなを商品ブランドごとにご紹介します。 ぜひご自身が使いたい用途にあったかんな選びの参考にしてください。 刃の交換も刃を調整板まで下げたあと、軽く数回たたいてネジを回せば完了と簡単に済むのも煩わしい手間が不要で便利と評判がいい機能となっています。 切れ味と使いやすさも「今までの作業がなんだったの?と言うくらい別世界に行ったように大工作業が上手く楽になりました。 」「小さくて扱いやすく疲れない!切れ味も最高!」との高評価レビューもたくさん寄せられています。 DIYなどで細く棒状に切った後の均しや、面を整えるのに向いています。 また、革製品の切れ端部分を綺麗に均したりとミニサイズゆえ、素材も選ばずに使用できます。 かんなの刃もネジで取り外し可能なので砥石でメンテナンスして切れ味を持続させることも可能ですし、小さく分解できるので研ぎやすいのもメリットです。 鉋台は高級感あふれる黒檀を採用。 刃は耐久性の高い鋭い切れ味のハイス鋼を採用しています。 細かな作業や微調整などに最適です。 木材はもちろん、レザークラフトにも使用できます。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 805円 3. 9 1,530円 78,122円 4. 79 361円 4. 39 926円 3. 95 15,600円 3. 5 1,302円 4. 18 1,211円 3. 9 2,133円 3. 5 まとめ いかがでしたか?専門的な大工道具の印象が強いかんなですが、プロ仕様のものからDIYが普及し始めて初心者でも扱いやすい便利で切れ味の良いかんなまで種類豊富に販売されています。 サイズに関しては、初めてかんなを購入する方やDIY用に使用する方などは、寸四サイズと豆平かんななどの極小のかんなの2種類を用意するとそれぞれの用途に合わせて使用することができて便利です。 また、替え刃式かんなを選べば自分で研がなくていいのでお手入れも簡単に済んでおすすめですよ! DIYの技術や作品の品質アップにとても役立つかんなを選んで、木材加工やDIYを楽しんでくださいね。

次の