歯 を 白く する 歯磨き粉 市販。 歯を白くする歯磨き粉ランキング|評判の良い人気商品から市販の物まで試した結果

【画像で比較】歯を白くするホワイトニング歯磨き粉ランキング

歯 を 白く する 歯磨き粉 市販

厳選!市販で購入できるホワイトニング歯磨き粉5選 上記のような項目に当てはまるおすすめの歯磨き粉が5つあります。 また、通販サイトのみで販売されている歯磨き粉は、市販の商品より歯を白くする成分が強力なため、高いホワイトニング効果を期待できます。 さらに、虫歯や歯周病、口臭などの予防にも効果的です。 こちらのページに、通販サイトのみで購入できる、おすすめのホワイトニング歯磨き粉を詳しく紹介しています。 市販と通販サイト限定の歯磨き粉メリット・デメリット ホワイトニング歯磨き粉は、市販されているものと通販サイトのみで販売されているものがあります。 それぞれのメリット・デメリットを表にまとめました。 メリット デメリット 市販の歯磨き粉 ・手軽に始めることができる ・口内のトータルケアに効果的 ・ホワイトニング効果が薄い ・安全性が低い 通販の歯磨き粉 ・ホワイトニング効果が高い ・安全性が高い ・費用が高い それぞれ詳しく紹介していきます。 2-1. 市販されている歯磨き粉のメリット・デメリット ・メリット 一番のメリットは、手軽にホワイトニングできるところです。 歯科医院でホワイトニングすると、1回あたり約30,000円~50,000円の費用がかかります。 しかし、ホワイトニング歯磨き粉だと約470円~2,200円でホワイトニングすることができます。 ホワイトニングを始めたいけど経済的に安く済ませたい方におすすめです。 ・デメリット 一番のデメリットは、安全性が低いところです。 市販されているホワイトニング歯磨き粉には、研磨剤などエナメル質 歯の表面 を削ったり溶かしたりしてしまう成分が配合されていることがあります。 エナメル質が削れ、溶けてしまうと歯の内部まで研磨剤が浸透してしまい、知覚過敏の原因になってしまいます。 ですので、市販されている歯磨き粉を購入するときは、研磨剤などが配合されていない商品を選んでください。 通販サイトのみで販売されている歯磨き粉のメリット・デメリット ・メリット 最大のメリットは、歯の美白効果と安全性が高いところです。 ホワイトニングに有効な成分が多く配合されており、歯を削って溶かしてしまう危険性がある成分は配合されていない商品が多数あります。 安全面が気になる方や高いホワイトニング効果を期待している方は、通販サイトで販売されている歯磨き粉がおすすめです。 ・デメリット ホワイトニングに有効な成分が配合されている分、価格が高くなってしまうデメリットがあります。 1,980円で購入できるものもあれば10,000円以上する歯磨き粉もあります。 しかし、歯科医院でホワイトニングすることを考えたら安く治療できます。 無理のない範囲でホワイトニング歯磨き粉を使ってみてください。 通販サイトのみで販売されているおすすめの歯磨き粉が5つあります。 こちらのページに詳しく紹介しています。 ホワイトニング歯磨き粉を市販で買うときの4つのポイント ホワイトニング効果を強調する歯磨き粉はたくさんありますが、効果の高い歯磨き粉をしっかり見極めることが必要です。 その場でネットの評判を見るのも1つですが、知っておきたい4つのポイントを紹介します。 3-1. ステインを除去する有効成分が含まれているか 購入を検討しているホワイトニング歯磨き粉の成分表をチェックしましょう。 ホワイトニング効果を強調しているにも関わらず、有効成分が入っていない歯磨き粉もあります。 ・シリカ…老廃物を排泄させ、物を酸化(サビ)させない働きがあるため、歯の表面に傷をつけずに歯の汚れを落として白くすることができる。 ・ポリリン酸ナトリウム…安全性の高い成分。 歯周病菌や虫歯菌に対する抗菌作用も持っているため、口の中の環境を整える物質として使用されている。 ・ピロリン酸ナトリウム…歯の着色を浮かせて落とすので、歯を削る心配がない。 ・重曹…日常の掃除でも使われるように、重曹には汚れを浮き上がらせる作用がある。 また、口内を中和させる働きがあるので虫歯予防が期待できる。 3-2. 研磨剤は不使用か 一般的な市販の歯磨き粉には、研磨剤や清掃剤と呼ばれる成分が含まれていることが多数あります。 これらの成分は、歯に付着した汚れを歯の表面を削って落とすため、歯を傷つける原因となってしまうのです。 歯を必要以上に削ると、歯の大部分を占めている象牙質がむき出しとなり、知覚過敏などを引き起こす可能性があります。 よって、研磨剤は不使用か、微量のホワイトニング歯磨き粉を選びましょう。 3-3. 自分の目的に合っているか 上記の「ステインを除去する有効成分が含まれているか」で少しお話しましたが、 ホワイトニング歯磨き粉の中には「虫歯予防」「口臭対策」といった効果も一緒に期待できるものもあります。 自分の生活環境や口内状況に合わせて選びましょう。 効果が期待できる価格か ホワイトニング歯磨き粉は有効成分の力で付着した着色汚れを除去するため、その分一般的な歯磨き粉よりも価格が高くなります。 高いホワイトニング効果を得るために、有効成分の豊富な歯磨き粉を選ぶようにしましょう。 歯磨き粉として見るとやや高いですが、市販のホワイトニング効果の高い歯磨き粉の相場は1,000円前後です。 金銭的に無理のない範囲で、継続できる歯磨き粉を見つけてみてください。 市販のホワイトニング歯磨き粉をランキング 市販のホワイトニング歯磨き粉をランキングにまとめたので参考にしてみてください。 これから紹介するのはアマゾンで売られている市販のホワイトニング歯磨き粉ランキングです。 APAGARD アパガード プレミオ アパガードプレミオの特徴は、ホワイトニングの効果が期待できる「薬用ハイドロキシアパタイト」を旧製品よりも1. 4倍高配合しているところです。 薬用ハイドロキシアパタイトというのは、まず歯についている細菌を吸着して除去してくれる成分です。 さらに、黄ばんでしまった部分を修復し、健康な歯に戻してくれるのでむし歯予防を期待できます。

次の

「歯を白くするホワイトニング歯磨き粉」歯科衛生士が選ぶランキング

歯 を 白く する 歯磨き粉 市販

歯科医師として、30年近く審美治療にかかわってきて、治療後に患者様の笑顔がより輝いてくることに大きな喜びを感じています。 ホワイトニングや矯正治療後に、「これまでコンプレックスだった箇所が自慢の個所に変わった! 」「よく笑うようになった! 」など「患者さまの人生を変えることに貢献できた! 」と思える瞬間が歯科医師としての一番の喜びだと思っています。 最近心に残った言葉は「幸せ」には「人から与えられる幸せ」「自分の力で何かを得る幸せ」「他人に与える幸せ」の3種類あり、「他人に与える幸せ」を知っている人が最高の幸せ者である、という言葉です。 私も人生の折り返し地点を過ぎてきましたので、これからは「他人に与える幸せ」を日々実 践していきたいと考えています。 座右の銘は全ての人を尊重する、日々感謝です。 趣味は格闘技観戦、読書です。 CONTENTS• 黄ばみの種類は大きく分けて2つ 市販のホワイトニング用歯磨き粉でホワイトニングが可能かどうかについて解説する前に、まずは、そもそもなぜ歯が黄ばんでしまうのかについて原因を知っておくことが重要です。 歯の黄ばむ原因は大きく分けると以下の2つに分類可能です。 そして、歯冠部はエナメル質と象牙質、歯髄から構成されています。 エナメル質は歯のもっとも表面にある部分で、人体の中でもっとも固い組織としても知られています。 その硬さは、鉄をもしのぐといわれているほどです。 エナメル質は通常、透明感のある白色をしています。 エナメル質の内側には、歯の主要部分をなす象牙質があります。 象牙質は個人差こそあるものの、一般的に黄色がかった色をしています。 そして、象牙質は加齢とともに黄色みを増すことが分かっています。 そのため、お年寄りの歯は黄色っぽい色をして見えるという訳なのです。 また、何らかの原因でエナメル質の層が薄くなり、象牙質の黄色みが透けて見えることで、歯が黄色っぽく見えてしまうこともあります。 あと、遺伝的な疾患や無カタラーゼ症などが原因でエナメル質の形成不全を起こし、それによってそもそも象牙質の目立つ、黄色っぽい歯が生えてくるようなケースもあります。 タバコやコーヒーによる着色 歯が黄ばんでしまう原因としては、喫煙習慣や食習慣もあげられています。 タバコを吸う人の歯が黄色くなることは、なんとなくイメージしやすいのではないでしょうか。 タバコにはニコチンとタールが含まれていますが、そのうちのタール(いわゆるヤニと呼ばれる物質)が歯の表面に付着し、歯を黄色く見せてしまうのです。 タバコをよく吸う人の家に行くと、なんとなく家具や窓ガラスが黄色っぽくなっていることがあります。 そのような家具に洗剤をかけて布で拭くと、布が黄色くなります。 タールが家具や窓に付着しているからそうなるのですが、タバコを吸う場合には直接、歯にタバコの煙を浴びせかけるようなものですから、簡単に歯の表面が黄色くなってしまうという訳なのです。 タバコ以外にも、食習慣によって歯の表面が黄色くなるケースもあります。 たとえば、コーヒーや赤ワイン、緑茶などの飲み物を飲むと、歯の表面が黄色っぽくなりやすいとされています。 これは、コーヒーに含まれているカフェインや、赤サインに含まれているポリフェノール、緑茶に含まれているタンニンといった成分に、歯を着色する働きがあることに由来しています。 その他、ターメリックなどの香辛料を用いた料理(代表的なものはカレー)、着色料を用いた料理などを食べることによって、歯の表面が黄色っぽくなるリスクが増すということです。 タバコのヤニや、食品によって歯の表面が黄色くなる場合、付着した物質のことをステインと呼んでいます。 そして、ステインは通常の歯磨きではなかなかとれないという厄介な性質があります。 ホワイトニング歯磨き粉によるホワイトニング効果は? 歯の黄ばみについてお分かりいただけたところで今回はホワイトニング効果がある歯磨き粉を使って歯が白くなるのか?という点についてご説明していきたいと思います。 歯自体は白くならない 結論から言うとホワイトニング用の歯磨き粉では「歯自体は白くならない」ということです。 あくまでも歯磨きによって歯の表面に付着した汚れをとるのが目的だということです。 つまり黄ばみの原因を2つ紹介しましたが歯磨き粉で白くなるのはタバコやコーヒーなどで表面についた着色による黄ばみだけです。 そのため、ある程度まで黄色くなってしまった場合や、歯そのものが黄ばんでしまったような場合は、まず歯科医院でホワイトニングをおこない、その効果を持続させるためにホワイトニング用の歯磨き粉で歯を磨くという発想にするとよいでしょう。 歯磨き粉によるホワイトニング効果2つ 歯磨き粉でホワイトニング効果を出す商品にも大きくわけて2つ方法があります。 それぞれ白くする方法が違っていますのでよく成分を見極めて購入することをおすすめします。 歯科医院ではないので歯自体を白くする薬剤が使用できないのでポリリン酸やメタリン酸、酸化チタンなど汚れを分解する成分を使用します。 そうすることで歯の表面についた着色による汚れを落とし歯をキレイにすることができます。 その成分を歯磨き粉に配合することによって歯の表面についた着色汚れを分解してくれます。 タバコやコーヒーでつく着色汚れも研磨剤によってきれいにすることができます。 研磨剤は主に無水ケイ酸、重質炭酸カルシウム、リン酸水素カルシウムなどです。 ホワイトニング歯磨き粉を使うコツ ホワイトニング用の歯磨き粉によって、歯そのものを白くする方法も実はあります。 ただ、注意点があるのであわせて紹介したいと思います。 海外の商品だと過酸化水素が含まれた歯磨き粉もある インターネットが普及した昨今、日本では正式に認められていない医薬品を、海外から個人輸入することが可能となっています。 アメリカでは歯のホワイトニングをするのは身だしなみの1つと考えられており、ホワイトニング用の歯磨き粉にも、過酸化水素を含んだものがあります。 過酸化水素は分解される過程で歯そのものを白くしてくれるので、そのような歯磨き粉を使用した場合、歯自体のホワイトニングが可能となります。 ただし、日本では医師や歯科衛生士の指導のもとでおこなうべきものであることから、副作用などが現れた際にすべて自己責任となるため、注意が必要となっています。 日本人の場合アメリカ人に比べてエナメル質が薄いので刺激の強いこのような歯磨き粉を使って知覚過敏などの症状が出る確率が高いということも理解しておきましょう。 フッ素やハイドロキシアパタイトを使用した歯磨き粉を一緒に使う 歯を磨きすぎることによって歯の表面が摩耗することを防ぎたい場合には、フッ素やハイドロキシアパタイトを含む歯磨き粉を併用するとよいでしょう。 フッ素やハイドロキシアパタイトには、歯の表面を守ってくれたり、歯の表面にできた小さな傷を修復したりする働きがあります。 特に、知覚過敏気味の方におススメです。 強い力で磨かない ホワイトニング用の歯磨き粉を用いる際に限った話ではありませんが、歯磨きは歯の汚れを落として、歯茎の血行をよくするためにおこなうものです。 歯自体をゴシゴシと強い力で磨くのは避けましょう。 着色を落とすホワイトニング 先ほど歯磨き粉は歯自体を白くするホワイトニング効果はなく歯に付着した着色汚れを落とす効果があるとご紹介しました。 それと同じように歯の着色汚れを落とす方法は他にもございます。 一般的にホワイトニングと言われているものも厳密に言うとホワイトニングではなくクリーニングと言った方が正しい場合があります。 セルフホワイトニング セルフホワイトニングは、自宅でおこなうホワイトニングのことをいうのではなく、専門の機器やホワイトニング剤を備えたサロンに行って、自分でホワイトニングをおこなうことを意味しています。 というのも、職業として人の口腔内を見ることは、国家資格を持つ医師や歯科衛生士しかおこなってはならないからです。 家族の歯磨きをしてあげるのは構いませんが、他人の歯を磨いてそれでお金をとってはいけないのです。 セルフホワイトニングで用いられるホワイトニング剤としては、ポリリン酸が代表的なものとしてあげられます。 ポリリン酸は化粧品に分類されるもので、歯の表面の汚れを落とす効果があります。 ただ、セルフホワイトニングのサロンなどでは、ポリリン酸を歯に塗布したあとに特殊なライトを照射するケースがあるのですが、これには何の意味もないということです。 歯科医院でおこなわれるホワイトニングの場合、ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素の働きがライトを照射することで活性化するという効果が得られるのですが、ポリリン酸の場合はそのようなことがありません。 あくまでも、セルフホワイトニングは歯の表面の汚れをとるための施術であり、歯そのものを白くするものではないということを忘れないようにしましょう。 歯の消しゴム 鉛筆やシャープペンシルで書いた後を消しゴムで消すように、歯の表面に付着した汚れを、歯の消しゴムで落とすという方法もあります。 ボールペンのような形状をしているのですが、先からシリコンでできた消しゴムが付いており、それで歯の表面を磨くことによって、歯の表面の汚れをとることが可能となっています。 無水ケイ素(シリカ)などの研磨剤が含まれており研磨剤の力で汚れを落とすものです。 また、激落ちくんのようなメラミンスポンジで汚れを落とすタイプもあります。 歯自体を白くするにはプロによるホワイトニング ここまでは歯に付着した着色汚れを落とす方法をご紹介してきました。 最初に調べたきっかけも歯磨き粉で歯が白くなるのか?という疑問でしたね。 ここからは歯磨き粉では白くならない歯そのものを白くするホワイトニングの方法について詳しくご紹介していきます。 歯科医師、もしくは歯科医師の指導のもと歯科衛生士によっておこなわれるホワイトニングのことを言います。 オフィスホワイトニングをおこなう際には、過酸化水素の含まれたホワイトニング剤を用いるのが一般的です。 日本の医薬品医療機器等法(旧薬事法、現在のいわゆる「薬機法」)によると、過酸化水素は、医師もしくは医師の指導のもと歯科衛生士によって正しく使用される必要があります。 このように書くとやや大仰に聞こえるかもしれませんが、過酸化水素自体はそれほど珍しいものではありません。 その場合は医師の指導がなくても用いることが可能なのですが、ホワイトニングをおこなう際に用いる過酸化水素は高濃度となっているため、専門家による取扱いが絶対条件となっているのです。 オフィスホワイトニングのメリットは、1回の施術でも明白なホワイトニング効果が得られるという点です。 また、歯のプロフェッショナルが施術をおこなうため、もっとも安全なホワイトニング法であるとも言えます オフィスホワイトニングのデメリットとしては、1回の施術で効果は出るものの、ホワイトニング効果の持続する期間が短い、ということがあげられます。 また、費用もやや高額となります。 ホームホワイトニング ホームホワイトニングは読んで字のごとく、家でおこなうタイプのホワイトニングを意味します。 とは言うものの、自己流で勝手におこなう訳ではなく、基本的には医師の指導のもとでおこなうこととなります。 ホームホワイトニングをおこなう際には、まずその人に合った形のマウスピースを作ることとなります。 なぜなら、歯の形や歯並び等は人それぞれだからです。 しっかりとしたマウスピースを作っておかないと、ホワイトニング剤が漏れてしまうことにもつながりかねません。 マウスピースができたら、ホワイトニング剤をマウスピースに塗布して、それを1時間から2時間程度、歯に装着します。 そして、徐々にホワイトニング剤の有効成分を歯に浸透させていくのです。 ホームホワイトニングをおこなう際のホワイトニング剤には、過酸化尿素が含まれているのが一般的ですが、過酸化尿素を使用する際にも過酸化水素が発生するため、オフィスホワイトニングと同様の効果が得られることとなります。 ホームホワイトニングのメリットは、オフィスホワイトニングと比較した場合、費用が抑えられるという点にあります。 マウスピースを作ってしまえば、あとは追加のホワイトニング剤を購入するだけで済むからです。 また、家にいてできるので気軽だという点もメリットとしてあげられます。 デメリットとしては、即効性がないということがあげられます。 これは、ホームホワイトニングに用いるホワイトニング剤が、オフィスホワイトニングで用いるものよりも弱いことが理由となっています。 ただ、ホームホワイトニングを継続することでホワイトニングの効果が表れた場合、その効果は長持ちするというメリットもあります。 デュアルホワイトニング デュアルホワイトニングは、簡単に言うとオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行しておこなうホワイトニング法です。 オフィスホワイトニングの効果が長持ちしないという点を、ホームホワイトニングのメリットで補い、ホームホワイトニングの即効性に欠けるデメリットを、オフィスホワイトニングのメリットで補うという、相互補完効果のあるホワイトニング法と言えます。 現在のところ、最強のホワイトニング法がこのデュアルホワイトニングと言えそうですが、デメリットとしては、費用が高額になるということがあげられます。 どうせホワイトニングをするのであれば、初期費用をガッツリと投下して、その分だけ高いホワイトニング効果を得て、あとは自分でケアしていく、といった方にはおススメの方法と言えます。 ホワイトニング用の歯磨き粉を上手に使い分けましょう! 今回は、市販の歯磨き粉でホワイトニングが可能かどうかを中心にお届けしてきました。 結論から言うと、ホワイトニング用の歯磨き粉には、歯の汚れを落とす効果はあるものの、ホワイトニング効果はあまり期待できません。 だからと言って、ホワイトニング用の歯磨き粉で歯を磨くのが無意味という訳ではありません。 歯科医院でおこなったホワイトニングの効果を長持ちさせたり、口内環境を改善したりすることが可能となっています。 歯のホワイトニングは総合的に考えることが大事だということですね。

次の

薬局で売っている歯を白くする市販の歯磨き粉って効果はある?

歯 を 白く する 歯磨き粉 市販

ホワイトニングをおこなっている歯医者に行ってる暇もお金もない!• できるだけ安くホワイトニングに挑戦したい!• 歯が白くなると評判の良い歯磨き粉はどれ?• 実際にホワイトニング歯磨き粉を試した人の意見を聞きたい!• どのサイトもランキングがバラバラ…。 本当に良い歯磨き粉とは? 当サイトにお越しのあなたは、上記のような疑問や希望をお持ちのことと思います。 商品ごとに特徴や効果、口コミなどもまとめていますので、ぜひ参考になさってくださいませ。 歯を白くする方法として代表的なのは『歯科でのホワイトニング』ですが、1回1~3万円と高額であるうえ、理想の白さになるまでに何度も通わなくてはいけません。 そこで最近人気を集めているのが、 「歯磨き粉を使ったホワイトニング」です。 歯磨き粉なら、自宅にいながらにして簡単に歯の黄ばみを落とすことが可能です。 ほとんどの商品は歯科でのホワイトニングに比べて効果が低いですが、中には数日で白さを実感できるような高い効果を持つものもあります。 なにより価格が大幅に安く済むため、 「少しでも安くホワイトニングをしたい!」という方にはおすすめの方法といえるでしょう。 この記事の目次• ホワイトニング歯磨き粉の選び方ポイント ホワイトニング歯磨き粉を選ぶうえで気を付けておきたいポイントは以下の2つです。 ポイント1:研磨剤が入っていないこと 「研磨剤」は、市販の歯磨き粉などによく含まれています。 研磨剤入りの歯磨き粉を使ってゴシゴシ歯を磨くと、歯の表面にある 「エナメル質」を傷つけてしまう恐れがあります。 エナメル質が傷つくと、細かい傷に汚れが付着しやすくなり、 黄ばみの原因になるだけでなく、虫歯や知覚過敏のリスクも増えます。 そのため、歯磨き粉を選ぶ際は必ず 「研磨剤なし」のものを選ぶようにしてください。 ポイント2:虫歯や歯周病予防成分が配合されているものを選ぶ 一般的なホワイトニング歯磨き粉には、「歯の黄ばみを落とす成分」などが豊富に含まれていますが、それ以外 虫歯や口臭、歯周病予防 に関する成分は含まれていないものが多いです。 「白さ」と同時に「歯や歯茎の健康」を手に入れるために、効果的な成分が複数入っているものを選ぶと良いでしょう。 以下に、これらの条件を満たしており、なおかつ 私が実際に試してみて効果を実感した歯磨き粉を5つランキング形式でご紹介します。 管理人おすすめの歯を白くする歯磨き粉ランキングBEST5 第1位:歯の黄ばみに悩む女性に人気!【はははのは】 植物エキスがたっぷり配合されている無添加のホワイトニング歯磨き粉が 『はははのは』です。 かわいらしいデザインと優れたホワイトニング力で、 歯の黄ばみに悩む女性に絶大な人気を誇っています。 実際に使ってみた感想としても、ハッカ油をはじめとする植物エキスの爽やかな香りが口に広がり、毎日使い続けるには最も適している歯磨き粉だと感じました。 無添加とだけあって刺激が少ない使い心地ですが、 黄ばみ落としやホワイトニング効果は十分満足できるレベルでした。 飲食物による着色汚れやヤニの除去のほか、口臭や虫歯予防にも効果を発揮します。 『はははのは』の効果・口コミ・使い方 「低価格だけどちゃんと白くなる」と女性に人気のホワイトニング歯みがき粉。 強力な植物成分により、安全かつ効果的に黄ばみを落とすことができます。 また、公式サイトからの購入であれば、返金保証つきなので、初めての方でも安心して試すことができます。 ポリリン酸Na 着色物を除去する作用• メタリン酸Na 黄ばみや歯垢を除去する作用• パパイン 美白効果、黄ばみ落とし• ココナッツオイル 美白効果、うるおい成分• ハッカ油 ネバネバ解消、口臭予防 上記以外にもホワイトニングやステイン除去に役立つ天然成分がいくつも配合されており、より効果を実感しやすくなっています。 価格がほかのホワイトニング歯磨き粉と比べて非常に安価であるため、「ホワイトニング歯磨き粉がどんなものかとりあえず試してみたい」という方にもおすすめです。 『はははのは』を一番安く買う方法は? 現在『はははのは』を購入できるのは、以下の3パターンです。 Amazon・・・3,398円、送料無料(返金保証なし)• 楽天・・・3,500円、送料無料(返金保証なし)• 公式サイト・・・980円、送料無料(返金保証あり・2回目以降も1本あたり税抜価格2,693円で最安値) 公式サイトでは、初回に限り 980円という破格で手に入れることができます。 こちらは2ヶ月毎に2本届く定期便になりますが、 いつでも解約できる良心的なものです( もちろん1回届いたあとすぐに解約することもできます) 公式サイトからの購入=返金保証あり・初回購入が最安値な上に定期便の回数縛りなし(いつでも解約OK)。 「はははのは」を最もリスクなく購入できる方法であり、数あるホワイトニング歯磨き粉の中でも、比較的安価にホワイトニングに挑戦できます。 第2位:早さを重視する方に!【パールホワイト】 多くの芸能人も愛用しているホワイトニング歯磨き剤として有名なのが 「パールホワイト」です。 研磨剤は一切使われておらず、独自のホワイトニング成分によってステインなどの黄ばみのもとを吸着し除去してくれます。 パールホワイトを実際に使った方の口コミで特に多いのが、 「コーヒーやタバコによってこびりついた黄ばみや黒ずみが数回の使用でスッキリ落ちた」というものです。 他の商品でもこういった汚れを落とせないわけではありませんが、概ね2週間~1か月ほど使い続けてはっきりとした効果を感じる方が多い印象です。 それに対してパールホワイトは、 たった数回の使用でもちゃんと黄ばみが落ちて白くなるといった喜びの声が非常に多いです(1回使っただけでかなり白くなる人もいる)。 パールホワイトには美容歯科で行うホワイトニングと同等の効果を得られる人もいると言われており、月に数万円かけてホワイトニングするような方も安価で済むパールホワイトに切り替えている方が多いようです。 パールホワイトの効果・口コミ・使い方 自宅ホワイトニングの王道ともいえる商品。 とにかく白さを実感する方が多いため、歯医者でのホワイトニングを考えている人にもおすすめ。 安全かつ強力な洗浄力で汚れやステインを除去してくれます。 虫歯や口臭予防にも効果を発揮します。 ポリリン酸Na 着色物を除去する作用• メタリン酸Na 黄ばみや歯垢を除去する作用• リンゴ酸 黄ばみや油汚れなどを除去する作用• IPMP(イソプロピルメチルフェノール) 歯周病予防作用 他の商品と比べて、「ホワイトニング」「黄ばみ落とし」に関する成分がより集中的に配合されています。 これが「実感の早さ」を感じる方が多い要因のひとつと言えるでしょう。 また、多くの著名人が使っていることも信頼できるポイントです。 パールホワイトを一番安く買う方法は? パールホワイトはamazonや楽天などの通販ショップでも買うことが可能ですが、一番お得に購入できるのは 「公式サイト」です。 第3位:白さをとことん求める方に!【ちゅらトゥースホワイトニング】 ちゅらトゥースホワイトニングの強みは 『圧倒的な洗浄力』にあります。 ポリ・アスパラギン酸という高機能のステイン除去成分が配合されており、食べ物やタバコなどによって着色した黄ばみを徹底除去してくれるのです。 汚れを除去する力は強力ですが、歯を傷つけてしまうような成分は配合されていません。 化学反応によって汚れを浮かび上がらせ、エナメル質を傷つけることなく洗い流すという仕組みになっています。 ちゅらトゥースホワイトニングの効果・口コミ・使い方 ホワイトニングに特化した成分が凝縮された歯磨きジェル。 研磨剤不使用なので歯を傷つけることなく黄ばみ落としに挑戦できます。 PAA ポリ・アスパラギン酸 化学反応によって歯を傷つけずに黄ばみを除去してくれる成分。 磨くたびに理想の白さに近づくことができます。 リンゴ酸 黄ばみを付着しにくくする成分• ビタミンC 歯の黄ばみ落としや口臭予防に効果的• GTO 虫歯の発生原因を抑制する成分 ちゅらトゥースホワイトニングはホワイトニングに特化している歯磨き粉だと言えるため、 「白さをとことん求める方」におすすめです。 ちゅらトゥースホワイトニングの購入方法 現在、ちゅらトゥースホワイトニングを購入できるのは 「公式サイト」だけです。 楽天やamazon、ドラックストアなどでは買うことができませんのでご注意ください。 第4位:とにかく安く始めたい方に!【ディノベート】 ホワイトニングのみならず、口臭や歯周病、虫歯も予防できるのが 『ディノベート』です。 タバコや飲食による歯の黄ばみに対して高い効果を実感する方が多く、わずか 初回1,640円という価格で始められるのが人気の理由です。 歯を傷つける研磨剤は一切配合されておらず、特殊な成分で 汚れを浮かび上がらせてやさしく除去します。 白い歯をキープするための『DL-リンゴ酸』も配合されているので、 黄ばみの再発予防にも効果的です。 ディノベートの有効成分• ピロリン酸+ポリリン酸 黄ばみや汚れの原因を浮き上がらせ、効果的に除去する• DL-リンゴ酸 歯の表面を守り、黄ばみをつききくくする• シメン-5-オール 口内の殺菌、口臭予防• アラントイン 歯茎の腫れ、炎症を抑える• GTO 虫歯予防 ディノベートを一番安く買う方法は? 以下の公式サイトなら、ディノベートを最も安く購入できます。 初回70%OFFという破格で始められるので、「ホワイトニング歯磨き粉」がどんなものかを試してみたいという方におすすめです。 こちらの定期購入は、最低4回の継続が約束となっており、5回目以降に解約可能となっています。 4回の継続購入でかかる料金は、税込14,665円です。 第5位:自然由来成分だから安心!【プレミアムブラントゥース】 プレミアムブラントゥースは、海外でも爆発的な販売数を誇るセルフホワイトニング剤です。 いつもの歯磨き粉をプレミアムブラントゥースに変えるだけで良いので、特別な手間がかからず、毎日継続しやすいのがメリットです。 また、他のホワイトニング歯磨き粉と比べて大きく違う点として、植物由来の成分がふんだんに使われているため、より安心して使えるという点です。 プレミアムブラントゥースの有効成分• パパイン 歯に付着した汚れを分解して落とす。 ホワイトニング効果。 ココナッツオイル 抗菌、抗ウイルス作用のある植物オイル。 ウーロン茶エキス 歯垢予防、歯周病予防• 茶カテキン 虫歯予防、口臭予防• 植物性オイル 黄ばみの原因である乾燥を防ぎ、汚れや着色から守る。 このほかにも、 口の中を整える植物エキスが16種類も含まれています。 実際に使ってみた感想としても、ミント風味が特徴的で磨いたあとの爽快感、スッキリ感は断トツで良かったです。 虫歯や歯周病に効果的な成分も豊富に含まれていますので、通常の歯磨き粉の代わりとして使うにはぴったりの商品だと感じました。 プレミアムブラントゥースを一番安く買う方法は? 現在、プレミアムブラントゥースを購入できるのは 「公式サイト」のみとなっています(Amazonや楽天でも取り扱いはありません)。 購入方法は以下の2パターンがあります。 ホワイトニング剤は長く使い続けるほど効果を実感しやすいですし、定期購入なら毎月購入する手間も省くことができます。 少しでも安く購入したいという方は定期購入を利用されることをおすすめします。 定期購入の場合3回以上の継続を約束することとなっています。 3回の継続購入でかかる料金は、13,940円(税別)です。 また、初回購入分に関しては返金保証あり。 ランキング総評 上のランキングでご紹介しました5つのホワイトニング歯磨き粉の中で、 最も安くホワイトニングに挑戦できるのは「はははのは」です。 また、「はははのは」は 【定期購入の回数縛りがない】【返金保証がある】という点でも、非常に高く評価できます。 はははのは・・・ 税込み980円。 (定期購入の縛りなし。 返金保証あり。 仮に3回継続した場合にかかる料金は、税込み12,830円。 パールホワイト・・・ 12,940円(税別)。 (3回の継続購入の約束)• ちゅらトゥースホワイトニング・・・ 11,940円(税別)。 (定期便3回の継続購入の約束。 30日間の返金保証あり。 ディノベート・・・ 税込14,665円。 (4回の継続購入の約束)• プレミアムブラントゥース・・・ 13,940円(税別)。 (3回の継続購入の約束。 初回購入分の返金保証あり。 ) 本来の目的を見失わず、自分に合ったものを選択しよう ホワイトニング歯磨き粉の中でも比較的(非常に)安価に、リスクなく購入できるのは「はははのは」と言うことができますが、もちろん他アイテムを購入した場合であっても、美容歯科でホワイトニングを行うよりも絶対的に安くホワイトニングに挑戦できます。 そもそもの希望・目的は「歯を白くしたい」「歯の黄ばみを落としたい」ということであり、「安く済ませたい」が一番ではないはずです。 本来の目的を見失うことなく、冷静に自分に合ったものを選択することを心がけてくださいね。 最初にご紹介した 『通販で買えるホワイトニング歯磨き粉』と比較すると、ホワイトニング成分が少ないものが多いですが、その分お手頃な価格で手に入れることができます。 「ポリリン酸ナトリウム」「PEG-8」「パパイン」といった、黄ばみの元となるバイオフィルムを分解し、エナメル質にダメージを与えずに色素汚れだけを落とす成分が配合されています。 市販品の歯磨き粉の中では高額の部類に入りますが、トップクラスの人気を誇ります。 歯磨撫子 重曹つるつるハミガキの主成分は 「重曹」で、タンパク質の分解作用から料理にも広く利用されている成分です。 重曹には、バイオフィルムを溶かす効果もありますが、スクラブ作用もあり、頑固に付着した色素汚れを除去する能力があります。 化学薬品をできるだけ避けたいという人におすすめのホワイトニング歯磨き粉です。 フッ素によるエナメル質の再石灰化を促進し、ポリリン酸ナトリウムによって歯の表面をコーティングします。 歯の黄ばみは、ステイン(色素汚れ)を除去することも大切ですが、エナメル質が薄く表面がザラザラしているとたちまち色戻りをしてしまいます。 薬用シュミテクト やさしくホワイトニングは、 ステイン除去とともに、エナメル質を分厚くツルツルにすることで色素汚れが付着しにくい歯質に変える効果が期待できます。 『プラチアス creamy up ペースト』は、商品パッケージにディズニーキャラクターを採用し、ポップなイメージがありますが、その性能は長年蓄積されてきた技術に裏付けられた確かなものです。 ポリリン酸ナトリウムによるステインのイオン分解、フッ素によるエナメル質の強化、そしてイプシロンアミノカプロン酸によって歯周病ケアまで同時に行います。 また独自技術の採用で、有効成分をより長く歯にとどまるクレンジング成分が媒体に使われていて、他のホワイトニング剤にない工夫がなされています。 本来、虫歯や歯周病ケアとホワイトニングは別物なのですが、プラチアス creamy up ペーストならばそれらを同時に行うことができます。 ポリエチレングリコール(PEG によるステイン除去、フッ素による歯の再石灰化と色戻りの防止、そしてIMPやビタミンEによる歯茎の健康維持効果も同時に得られます。 磨いた後に感じる、歯の表面のツルツルとした印象は、多くのユーザーが高評価をしています。 『アパガードプレミオ』は、ハイドロキシアパタイトを世界で初めて開発した日本企業「サンギ」が自社開発した歯磨き粉です。 ハイドロキシパタイトは、歯の再石灰化を促すといわれるフッ素以上の効果が確認されていて、世界的に注目される成分でもあります。 歯の表面のエナメル質についた細かな傷を修復し、ステイン汚れが付着しずらい性質に変え、黄ばみを予防します。 ホワイトニングに加え、歯の健康を意識する人に向いたホワイトニング歯磨き粉です。 洗浄成分として無水ケイ酸を配合し、ポリリン酸Naやフッ素、PEGなどのステインを浮かして落とす成分まで含まれています。 この価格帯の歯磨き粉の中ではダントツでコスパが高く、ホワイトニング初心者の人の入門用歯磨き粉としては最適な商品の一つでしょう。 着色汚れ 私たちが普段口にする食品の中には、歯の表面に付着して色をつけてしまうものがたくさんあります。 歯の表面には肉眼では見えないほどの凹凸があり、そこに 色素が入り込んで定着してしまうのです。 また、歯磨きが不十分で歯の表面に歯垢がこびりついている状態では、さらに 色素が沈着しやすい状態になりますし、反対にブラッシングのし過ぎでも 歯の表面のエナメル質に傷がつき、汚れと色素が付きやすくなります。 歯石の付着による黄ばみ 歯垢が歯の表面に付着し、長期間除去されずにいると、固くなって 「歯石」に変化します。 歯石は歯と歯茎の境目や、歯の裏側などに溜まりやすく、その色は黄色くくすんでいます。 歯垢の状態ではブラッシングで取り去ることができますが、歯石となり固く凝固してしまうと ふつうのブラッシングでは除去できない状態になり、さらに歯石は大きくなっていきます。 歯の表面の根元付近がとくに黄色い場合は、 歯石が原因による変色だと思って間違いないでしょう。 加齢による黄ばみ 人の歯は、 加齢が進むとエナメル質が薄くなってきます。 エナメル質の内側にある歯の本体 「象牙質」は、日本人の場合真っ白ではなく薄い黄色をしていて、透明なエナメル質が薄くなったことで透けて黄色く見えてしまいます。 しかし年齢とともに歯が黄ばむのには個人差が大きく、それは 「歯の健康状態」で決まると言われています。 エナメル質の再石灰化がきちんとなされ、厚みも十分にあれば高齢の方でも白い歯の方は多くおられますので、ふだんのケアがいかに大切であるかがわかります。 歯磨き粉で黄ばみが落ちる仕組み 歯の白さを健康を保つには、 日頃の歯磨きが基本となります。 しかし、現在ドラッグストアやスーパー・コンビニなどで売られている歯磨き粉の多くは 「研磨剤」によって汚れを落とすものが多いのも事実です。 研磨剤は硬く細かい粒子によって歯についた汚れを除去する仕組みですので、 場合によってはエナメル質を傷つけてしまう危険性もあるのです。 最近では、この一般的な歯磨き粉が原因で歯に黄ばみができることが専門家から指摘されています。 歯を大切にする人ほどブラッシングの時間が長いため、 それが原因で黄ばみをつくってしまうという皮肉な現実もあるようです。 とくに低価格の歯磨き粉で、「歯を白くする」ということを強調した商品には注意しなくてはなりません。 こういったものには、一般的な歯磨き粉よりもさらに 硬く大きな研磨剤が配合されている可能性が考えられます。 黄ばみを除去したり予防してくれる歯磨き粉の存在 一方、 歯についてしまった細かい傷を修復し、黄ばみを除去したり予防してくれる優秀な歯磨き粉も存在します。 『オーラパール』という歯磨き粉はその典型で、「ハイドロキシアパタイト」という成分が 歯の表面のミクロの傷を再結晶化し、表面を滑らかにしてくれます。 オーラパールの効果・口コミ・使い方 低価格で『黄ばみ落とし』『美白』『虫歯予防』などトータルケアすることができる歯みがき粉。 日々の歯磨きを通して自然な白さを取り戻したい方におすすめです。 例えば 『ちゅらトゥースホワイトニング』のような歯磨き剤は、研磨剤による「削り取って落とす」という仕組みではなく 「化学反応で汚れを浮かして除去する」というメカニズムですので、 エナメル質に傷をつけずに汚れだけを落とすことができるのです。 歯科・審美歯科で行われる「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」で使われる過酸化水素による歯の漂白剤とも違い、 ステイン汚れや歯垢を除去して本来持っている歯の白さを取り戻すことが目的です。 歯の色素汚れや歯垢を除去し、エナメル質の再石灰化を促進させることで白さを取り戻すものですから、 安全性も高く、歯の健康を維持することにもつながるのです。 白さを実感するために歯磨き粉の活用と同時に行いたいこと 歯の白さを実感するためには、機能性の高い歯磨き粉の活用と同時に行うべきこともあります。 基本的には 「食べたら磨く習慣」をつけることが大切であり、職場の環境などでそれができない場合には、 水による「うがい」の習慣を癖づけることが有効です。 歯が白くなったと同時に、ステインの再付着を気づかうことで、長く白さが維持されます。 とくにお茶や紅茶、清涼飲料などの飲み物にはあまり注意が払われませんが、これも歯の黄ばみをつくる原因になります。 またタバコのヤニ汚れも、歯を黄色くさせる嗜好品と知っておく必要があります。 こういった嗜好品を摂ったあとも必ずブラッシングをするか、最低でもうがいをしてケアしましょう。 歯磨き粉以外で黄ばみを落とす方法にはどんなものがある? ブラッシングに使う歯磨き粉以外にも歯を白くするグッズはたくさん売られています。 フッ素ジェル 歯の再石灰化を促進させてエナメル質を堅強にし白くしたり、汚れの再付着も防ぐ。 歯のトリートメント 歯の表面についた小さな汚れを修復して質感を高めることで白くしたり、汚れの再付着も防ぐ。 歯のマニキュア 安全な塗料を使い歯の表面に塗り込み一時的に白くする。 結婚式の写真撮影など、早急に歯を白くしたい人に最適。 歯の消しゴム 特殊な素材の研磨スティックで物理的に歯を磨き大まかなステイン汚れを除去する。 その他の洗口液 「液体歯磨き」とも言われる洗口液には、ホワイトニング歯磨きに使われる美白成分が配合されているものもあります。 ブラッシングする時間がない人のケア法としても人気があります。

次の