京都 ラーメン ブログ。 京都のブログ

ネギ油の旨味が爆発!ドンブリは炎上!京都「めん馬鹿一代」の激アツな「ネギラーメン」は一度食べたら忘れられない

京都 ラーメン ブログ

まいど、憶良(おくら)です。 取材中に大火事発生、スクープ写真かっ! と思いきや、これが調理中の写真なんです。 今回はでラーメンを食べるなら、ココは絶対に行って欲しいというお店「めん馬鹿一代」をご紹介します。 個人的にも最も忘れられない、心に残るラーメンと言えば、やっぱりここでしょう。 というわけで市は上京区にやってきました。 2時間待ちも珍しくはないという大人気店。 入り口近くの長椅子に続いての、丸椅子の数が行列の長さを予感させます。 寒い季節にはストーブも用意されます。 さて、店内はなんとお客さんが全員外国人。 そういえば表の注意書きもグローバルな感じでした。 そんなめん馬鹿一代さんで提供されるラーメンは、「ネギラーメン」のみ。 「ネギラーメンとはまた地味な」とか「ネギラーメンが生涯忘れられないラーメンとは考えられない!」という方もおられると思います。 でも、これが爆発的な人気を誇っているラーメンなんです。 では、ラーメンを食べるまでの儀式とも言える過程をご紹介します。 メニューです。 基本はネギラーメン単品、もしくはネギラーメンに、何をプラスするかという注文になります。 スペシャルセットならバッヂ付き。 日本語、英語、中国語、タイ語などのバリエーションがあります。 ラーメン屋さんで「危険」ってどういうこと? さて、メニューに裏面の注意事項を必ずお読みくださいとありますので 裏を見てると、なんと「危険」の文字が。 しかし最後まで読むと、「ネギラーメンは安全なラーメンです。 30年以上提供していますが、死んだ人は今のところいません」 なぁんだ。 注意して、ちゃんとルールさえ守れば、いかに危険なネギラーメンとはいえ死ぬこともなく、安全に食べられるのね。 ほっと、ひと安心っ・・・て、 ええっ! なんだって! ちょっとした緊張が走りましたが、 まずは紙エプロンを装着します。 温められたラーメン鉢に スープが注がれます。 しょうゆベースで鶏ガラと魚介系の合わせスープ。 あっさり味です。 ちゃっちゃっ、ちゃっ。 と、リズミカルに湯を切って スープの中に麺を投入。 麺は細麺で、このスープに一番合う物を、と、麵屋棣鄂さん(めんやていがく)に作ってもらっている特別な麺です。 チャーシューはバラ肉ではなく、肩ロース使用です。 バラを使ってチャーシューを作ると、バラの脂部分が後で注がれるネギ油と合わさってくどくなるという事もあり、肩ロースを使うようになったという事です。 「後、外国の方は脂身を嫌って、残してしまうんですよ。 」という理由もあるのだとか。 このチャーシューはネギをしっかりとリフトし、沈まないようにする役目もあります。 ネギは高級なネギを使用します。 このネギを自家製ネギ油で熱して、その甘味と香りを極限まで引き出すのです。 この時点で美味しそう。 しかし、手を出してはいけません。 ここで注意事項を聞きます。 「水のコップをテーブルの下にしまってください。 手は後ろで組み、決して立ち上がらないでください。 大声を出さないでください。 」 なっ、なんだっ、ちょっと怖いぞっ。 さぁ、後はネギ油をラーメンに注いで完成です。 あっ、えっ、 あの、炎があがってますよ。 こっ、これはっ。 ちょっww待ってwww ごおっ・・・・・ ど、どーんっ おおぉおおおっ。 う、美しい。 そして、確かに熱いラーメンです。 ・・・・・。 ぷすぷす・・・。 完成です。 ネギラーメンをいざ実食! 顔を近づけると、ネギの香りが立っています。 さて、実食です。 麺は細麺ストレート。 歯ごたえもしっかりとした感じ。 「旨いっ!」 このネギが、確かに旨い。 シャキシャキして、ネギの持つ甘みがしっかりと感じられます。 チャーシューも、脂部分が無くて物足りない、ということもなし。 旨みが詰まってます。 そして、あれだけ大量のネギ油がかかったとは思えないほど、クドサはなしです。 更に、ネギ油の層が上にできるのでいつまでも熱々。 スープは、あっさり、まろやか。 とてもあれだけの油がはいっているとは思えないです。 鼻からふわっとネギの香りが抜け、箸が止まらない旨さです。 最後までシャキシャキを保つネギの食感と味を楽しみながら、 もっとゆっくりと味わいたいという気持ちと、箸を動かす手を制御できないというジレンマを感じている間に、 完食です。 スープも、全て飲み干した後、まだもうちょっと飲みたいと感じるほどの美味しさ。 当日は名物店長さんがお休みという事で、イケメンの息子さんにお話をお聞きしました。 憶良 : このラーメンの提供スタイルは、いつからなんでしょうか。 A : 店がスタートした時くらいからですから、もう30年以上ですね。 憶良 : このパフォーマンスが受けているという部分があるかと思うのですが。 A : 確かに、そういう部分もあるんですが、パフォーマンスの為のラーメンではなく、メインのネギにどう熱を加えるか、という所がスタートラインなんです。 熱した石を入れてスープを煮たたせたりしたこともあったのですが、この方法に落ち着きました。 憶良 : 以前伺った時に、ほかのラーメンも食べさせて頂いたのですが、現在はネギラーメンのみなんですね。 A : 来られるお客さんがほとんどネギラーメンを注文されるという事もあり、この味一本で行こうと考えました。 憶良 : ものすごい自信がないと出来ないことだと思います。 このラーメンの一番のこだわりはどこでしょうか。 A : 何といってもネギです。 まずネギありきで、ネギの甘みと香りを引き出すためのネギ油、そのネギ油を活かすチャーシュー、そしてこのチャーシューがしっかりとネギをリフトさせることによってネギがスープに沈み込まずにしっかりと熱を加えられる。 更にそのスープが最も活かされる麺の細さ、そして硬さ。 ・・・。 全部がこだわりでしょうか。 憶良 : そうですね。 確かに、主役を取り巻く全員が、しっかりと主役を立たせてラーメンという1つの舞台を成り立たせているという印象を持ちました。 ところで、お客さんに外国の方が多かったかと・・・、今回は全員が外国の方だったんですが、いつも外国の方が多いんでしょうか。 A : そうなんです。 大体9割5分の方がそうですね。 憶良 : ! 正にインターナショナルな味ですね。 最後に、お客さんにメッセージを頂けますでしょうか。 A : 行列は、申し訳ないのですが、覚悟のうえでお越しください。 ひょっとしたら外国人の方に囲まれて、日本人は「私だけ?」みたいなことになるかもしれませんが、お越しをお待ちしています。 そして、ネギの美味しさを体験して頂ければ幸いです。 との事でした。 炎が上がるのを知らないとびっくりするゾ インタビュー中に、日本人のお客様も来られました。 撮影のお断りとご了承を頂きまして、調理シーンの撮影をさせて頂きましたので、それを見ながら今回のレポートを終了させてます。 まずは、こちらのお父さん。 「すみません、今、取材でこちらのお店にお邪魔させていただいています。 炎が上がるところを撮らせて頂いてもよろしいでしょうか」 と伺いました所、 「あぁ、いいですよ。 ・・・・。 えっ、炎が? えっ、上がるの? い、いいですよ」とご了承ました。 それでは、ネギラーメンの芸術的な仕上げの瞬間をご覧ください。 ぼんっ! ごおっ! ぐぉぉおぉぉぉっ。 この距離感、このライブ感が凄いんです。 綺麗です。 別角度で見るとこんな感じです。 ずどんっ! さらに、その奥にいらっしゃったお客さん、2連発で。 ばちっ! ぐぉぉ。 ぐぉぉぉぉおぉぉっ。 ねっ、一生忘れられない、印象的なラーメンでしょう。 もちろん、味も。 帰り道、奥歯にネギが挟まっていたのをかみしめると、また甘さが広がって、「ふふっ」と笑ってしまいました。 ちょっぴり幸せな余韻です。 プロフィール 憶良(おくら) : 元ゲームプランナー、元ゲームプロデューサー。 ゲーム企画講師や駄菓子屋店長などを経て現在に至る。 休日は高速道路を使わずに名古屋から鳥取あたりの温泉に行って浸かり、地元スーパーで珍しい食材を買い込むと例え深夜に帰ったとしても料理する。 その際食べ歩きにも積極的と、食に対してはかなり貪欲。 ブログ:.

次の

関西人の僕がマジで選んだ、京都のおすすめラーメン店まとめ

京都 ラーメン ブログ

今回は年間800杯以上のラーメンを食す筆者が、京都市内のオススメラーメンをご紹介します。 京都市のラーメン情報なら、これを見れば間違いない。 京都に昔からあるこってりラーメンは勿論、最近京都のラーメン界を盛り上げている気鋭の人気ラーメン店まで幅広く選んでみました。 京都にラーメンのイメージがない方も多いと思いますが、京都は大都市だけあってたくさんのラーメン店が凌ぎを削っているんです。 今の京都のラーメンは、本当にレベルが高い。 是非これを参考に、京都でお気に入りのラーメンを見つけてみてください。 *お店の前の番号は、オススメランキングということではありません 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次.

次の

京都旅行 人気ブログランキング

京都 ラーメン ブログ

こんにちは。 きょーちか()と言います。 日本全国へ出かけておいしいものと楽しいことを探すブログを書いています。 さて、みなさんラーメンは好きですか? 僕は大好きです。 メインディッシュがラーメンになることは数しれず、週に1回はラーメンを食べています。 特に家が京都に近いこともあって、頻繁に京都のラーメン屋さんに通っています。 今回はみなさんと京都のラーメン情報をシェアして、お互いに幸せになれたら嬉しいです。 ちなみに今回シェアするお店は京都駅や繁華街から比較的行きやすい場所を中心に選びました。 京都のラーメン激戦区といえば一乗寺なのですが、京都駅から45分、乗り換え3回、運賃620円と行きづらいので割愛してます。 できるだけアクセスが良くて、美味しいラーメン屋さんを集めましたので、京都旅行や京都出張、おでかけの際にご利用ください! 京都駅エリアで安いランチをお探しの方にはこちらの「」もあわせてご覧ください! 目次でサクッと記事を確認する• セアブラノ神(四条) は四条大宮駅から徒歩5分の場所にあるお店です。 「あれ、中々見つからないな…」と思って歩き回っていたら、住宅街のど真ん中にお店がありました。 オシャレな店内は女性客も多いです。 そうして届いたラーメンがコチラなのですが…… この鮮やかさ 見た目がキレイなラーメンが増えてきましたが、セアブラノカミは群を抜いて写真映えします。 パクリと一口いただくと、背脂満点で濃厚な味なのですが、魚介の風味も感じられて驚くほどにスッキリとした後味。 「本当にうまい脂はくどくない」ということを教えてくれたラーメンです。 >>> 和醸良麺すがり(四条) は四条駅から徒歩5分の場所にありました。 「路地裏で見つけにくいかな?」と思いましたが、大行列になっていたのであっさりと見つけられました。 混雑を回避するなら開店と同時に行くのがおすすめ。 店内が不思議な作りをしていて、まず入り口が腰くらいしかないドアをくぐり抜けて入ります。 忍者屋敷のようなお店。 行列を待った後に、遂に届いたラーメンがコチラ… うまそー 炙りホルモンが入った魚介系の豚骨醤油味で、ホルモンとラーメンが驚くほどに合います。 ホルモンが良い脂を出していてスープも抜群に旨い。 何回もリピートする家族お気に入りのラーメン屋です。 >>> 東大(京都駅) は京都駅直結の拉麺小路にある徳島ラーメンのお店です。 徳島ラーメンはスキヤキのようなラーメンで、味がとにかく独特です。 本場徳島でも食べましたが、東大の徳島ラーメンもおいしいんです。 席に置いてある食べ放題の辛いモヤシをつまみながらラーメンを待ちます(このモヤシもかなり旨い) このドロっとした彩り 生卵(これも食べ放題)がすき焼き風のラーメンに良く合うんです。 甘辛い牛肉、細い麺、濃厚な豚骨醤油に生卵。 徳島ラーメンは独特でありながら病みつきになるので、何度もリピートしています。 >>> 新福菜館 本店(京都駅) は京都駅から徒歩5分の場所にありました。 大衆料理屋のような雰囲気ですが、老若男女いろんな人がお店にいます。 まずはラーメンを頼んでみたのですが、いきなり衝撃的な色に圧倒されます…… この黒さよ 「やべぇんじゃねぇか、これは…」と思いながらも恐る恐る飲んでみます。 するとこれがアッサリしていておいしいんです。 それでいてコクが強くて癖になる。 ここでしか味わえない味がありました。 またラーメン以上におすすめしたいのがヤキメシ。 醤油の味を楽しみつくせる場所、それが新福菜館でした。 >>> 拳ラーメン(梅小路) 拳ラーメンは京都駅から徒歩20分の七条通沿いにあるラーメン屋さんです。 伝わりますか? この誰も見たことがないような麺の形から伝わるラーメンへの拘りが…! 麺はもちろん、スープにチャーシューまで「これは…!」と感動するラーメンでした。 しかも1つ1つが他では見ない「進化系ラーメン」で、ラーメン好きならたまらないお店です。 渋めの店内はテーブルとカウンターがありどんな客層でも入りやすいですよ。 路地を少し入った町屋風のお店です。 名前から想像がつく通り、二郎系のモリモリしたラーメンが出てくるみたい。 楽しみだけど、食べきれるかな… 来たよ、来たきた… にぼ次郎はあっさり目の魚介ベースでバクバクと食べることができ、食べ終わったときに「ちょうどいい満腹感」を感じられました。 ガツンとした味よりも、ガツンとした量を喰いたいときに良い感じです。 >>> 本家 第一旭 本店(京都駅) は京都駅から徒歩5分の場所にあるお店です。 隣にあるラーメン屋「新福菜館」同様かなりの人が並んでいます。 寒空の下ひたすら待ちます。 30分くらい待ってやっと店内に入れました… ラーメンの湯気が体に染みる トロトロの豚骨醤油スープはすべてを飲み干すほどにおいしいんです。 麺をチャーシューで挟んで食べるのも幸せ… オーソドックスな王道醤油ラーメンを食べたいなら第一旭です。 >>> 麺処 蛇の目屋(四条) は四条木屋町にありました。 細い路地裏に入った場所にあって、「あれ、ここって道あるの?」という小路の中で見つけたお店。 入ってみるとこじんまりとしたカウンターが少しだけある、小さなお店です。 店内は男性よりも女性が多いです。 心なしか定員さんはイケメンが多い気もする…? 醤油ラーメンと鶏白湯がこのお店の二大おすすめのようなのですが、今回は濃厚なのが食べたかったので鶏白湯にすることに。 おいしそうだな… 濃厚な鶏白湯はシチューのようにコクがあります。 2種類あるチャーシューも肉の旨味がたっぷりある。 ちょっとレア気味なのがまた良いです。 >>> 万豚記(ワンツーチー)(四条) は四条烏丸駅より徒歩5分の場所にありました。 ラーメン専門店ではなく中華料理屋といった雰囲気。 店内も広いので並ばずに入れました。 テーブル席も多く家族連れもチラホラといます。 さて中華料理屋はメニューが多いことが一般的ですが、こちら万豚記も様々なラーメンが味わえるため、 「選ぶ楽しみ」があります。 そうして頼んだのが…… ロマンある肉塊…! 食べ応え抜群の肉塊は噛めば噛むほど肉汁が出てきて、最高です。 麺にはそこまでの拘りは感じませんでしたが、変わり種ラーメンを食べたいときには重宝するお店ですね。 >>> あとがき 今回紹介したお店はすべて実際に行って気に入っているお店です。 京都でのお出かけの際に使っていだければきっとおいしいお店に出会えるはず。 もちろん京都にはもっともっとたくさんのお店があって、僕の記事だけでは紹介しきれていないと思います。 おいしいラーメン屋さんをご存知でしたらぜひなりで教えてもらえると嬉しいです。 勉強しに(食べに)行きますので是非とも教えてください! 四条エリアで安いランチ特集です。 京都駅エリアの安いランチ特集もあります。 京都の観光地をガッツリまとめた記事はこちら。

次の