レ ミゼラブル nhk あらすじ。 『レ・ミゼラブル』あらすじと曲、作品解説(ミュージカル)

レ・ミゼラブルのあらすじを簡単に紹介して欲しいです

レ ミゼラブル nhk あらすじ

2019年の1月のフジテレビ開局60周年記念特別企画のスペシャルドラマとして日本に花咲く「レミゼラブル」。 「レ・ミゼラブル」とは、フランスの作家ヴィクトル・ユゴーの名作。 貧困の末に娼婦に身を落とした未婚の母・ファンティーヌと、一切れのパンを盗んだ罪で19年も投獄されていたジャンバルジャンの、あまりにも酷い現実の中に咲く、小さな希望と奇跡の物語。 過酷な当時のフランスの社会背景もしっかりと描写されているから、歴史物フィクションとして「三銃士」や「仮面の男」や「モンテクリスト伯」みたいな感じでものすごく面白い名作なんです。 レミゼラブル終わりなき旅路は、フジテレビ60周年記念のドラマなので、もし見逃したらおそらくFODプレミアムで見逃し配信されると予想できます。 fujitv. 放送日時:2019年1月6日• 放送時間:21:00~23:54• テレビ局:フジテレビ• 2019年1月6日の午後9時~11時54分放送。 共演者:山本美月、吉沢亮、村上虹郎、清原果耶、松下洸平、清水尋也、福田麻由子、長谷川京子、 金子ノブアキ、富田靖子、寺脇康文、伊武雅刀、かたせ梨乃、香里奈、奥田瑛二• 公式サイト: 言わずと知れたビクトル・ユゴーの名作「レ・ミゼラブル」が原作として、フジテレビ開局60周年記念特別企画として、日本ドラマで生まれ変わります。 fujitv. 19年の刑期を終えて出獄したあと、司祭に心を救われて以来、慈悲の心を胸に生きる主人公。 慈悲の心を持ったまま、町で商売に成功したために、その人望と経済力から市長に推薦される。 類稀な馬鹿力を持っている。 知らない間に自分の工場で、ファンティーヌが首になっていて、体を弱らせ死亡。 そのせいでコゼットという娘も窮地にあると知ったジャンバルジャンは、虐げられ続けるものの知る苦悩を受け続けていた幼いコゼットを引き取り、娘として愛情を注いで育て上げる。 自分を刑務所に連れ帰ろうとするジャベール刑事から逃げ続ける半生を送る。 貧しさからパンを盗んだだけで、19年監獄で重労働を強いられ、鞭で撃たれ虐げられていたジャンバルジャン。 「かわいそう~」って思いますか?この時代よくあることだったのかと思うと、怖いですよね。 理不尽な世界に対する静かな炎は、市長という立場を捨ててもファンティーヌとコゼットを救うために燃え続けました。 きっとドラマ版でも、「理不尽な境遇」からの「犯罪」を犯し、慈悲の心を忘れないキャラになるんだろうな~と予想。 楽しみです。 井浦新(清水尋也) 役名:斉藤涼介(ジャヴェール刑事) 原作での役どころ 心優しい貧しい未婚の母。 一人娘のコゼットをテナルディエ夫妻にあずけ、自分はコゼットの生活費のために働き続ける。 未婚の母ということで勤め先を首に。 娘に仕送りするために、髪を売り歯を売り、それでもお金を請求されて、最後には体を売る売春婦に。 すっかり体を壊してから、市長のジャンバルジャンに救われるが、時すでに遅し。 死に間際にジャンバルジャンに、娘のコゼットのことを頼む。 2012年の映画「レミゼラブル」ではアン・ハサウェイが。 1998年の映画「レミゼラブル」ではユマサーマンが、報われない女性・ファンティーヌを演じます。 彼女を見ていると、彼女がなぜ不遇の境遇に陥ったのかがわかる。 過酷な時代ってこともあったけど、ファンティーヌは「娘を他人に預けた」ってとこが全ての間違い。 そうせざるを得ない事情があったとはいえ、やっぱり母ならば意地でも子供をはなしてはいけないと身にしみて感じました。 結果論だけど、コゼットを手放さなければ、テナルディエ夫妻に搾り取られることもなかったから、幼馴染のくれる些細なおはりこの仕事で、母子2人くらいなんとか生きていけたのでは?と思っちゃう。 清原果耶 役名:不破梢(コゼット) 原作での役どころ ごうつくばりの夫妻で幼いコゼットを虐待し続ける。 コゼットという弱みに付け込んで、ファンテーヌに莫大な生活費を要求し続ける。 最低最悪の夫婦なのにも関わらず、もしかするとこの時代、珍しくなかったのかもと思えて怖い。 コゼットを虐待し、「コゼットが病気だから」としょっちゅうファンティーヌからお金を巻き上げます。 非道すぎるこの夫婦は、コゼットという「金づる」がいなくなってからは貧困層に。 パリで娘たちをだしに飲んだくれての生活をします。 そして金持ちになったコゼットとその養父、ジャンバルジャンに絡み続けてくるねちっこさ。 2012年に公開された、ヒュージャックマンが主演の「レミゼラブル」では、ヘレナボナ・カーターがテナルディエ夫人を実に上手に演じていたのが印象的です。 福田麻由子 役名:田辺瑛里華(エポニーヌ) 原作での役どころ コゼットとともに幼少期を過ごすが、両親から虐待されるコゼットを蔑視し続ける。 パリで歌姫になることを夢見る少女だが、貧困の上に、いやしい両親とともに過ごすうちに不遇の境遇に。 かつてさげすんでいたコゼットが、ある日いきなり富豪にもらわれて、裕福な生活をしていることを妬み続ける。 原作では成長してからの境遇が、幼い頃のコゼットとかぶり、かわいそすぎるエポニーヌ。 捨てられていたエポニーヌの兄弟は、物乞いとかしてパリの街でたくましく生きています。 エポニーヌのように、ゲス両親に搾り取られるくらいなら、乞食の方がましだったかも…?!! 松下洸平 役名:碓氷慎(マリユス) 原作での役どころ 出獄してきたジャンバルジャンに襲われ金品を奪われるも、寛大に許して慈悲を見せる。 「金品よりも、お前の魂のほうが価値がある」と。 神父を殴って銀器を盗んだ俺をなぜ助ける?とジャンバルジャンに聞かれて、「私はいま、銀器で悪魔からオマエの魂を買い戻したのだ」といいます。 その後のジャンバルジャンの慈悲に満ちた人生に、多くの人が救われたことを思うと、この神父さんの功績は大きい! 日本のドラマ版では、児童擁護院?の院長?的な感じみたいです。 第一章:1991年~1995年の神戸で、17歳の少年馬場純の人生と犯罪を起こし入獄するストーリーを中心に進行。 母を不当にだました男を殺してしまう少年の馬場純。 正当防衛だったにもかかわらず刑務所に入れられてしまいます。 しかし刑務所内で、弟の危篤を耳にし、2年で脱獄するも、時すでに遅し…弟は他界。 恵まれない環境と冷たい世間に絶望するも、運命の恩師・徳田浩章(奥田瑛ニ)に救われ、自立支援施設の「徳田育成園」で暮らし始めます。 平行してW主演の斉藤涼介(井浦)が、馬場純を追う刑事へと成長する根拠についても描かれます。 純が殺した男の息子が斉藤亮介。 父の敵である純の行方を追い続けます。 第二章:2004年の東京が舞台。 第三章:2018年福島が舞台。 不遇の少女コゼットのシンデレラストーリーと、貧しさと心の卑しさに押しつぶされていくエポニーヌの境遇。 精神朦朧としながらも、ただひたすらコゼットの幸せを願い続けた母・ファンティーヌ。 正義とは何か?を追い求めた刑事ジャヴェール。 時代も今日中も違う平成の日本を舞台に、レミゼラブルがどのように蘇るのか今から楽しみです。 以下の記事もご覧くださいね。 ! 2児のシンママの蓮です。 ジョギング・歴史が好きで、趣味は子どもたちとわちゃわちゃ過ごすこと!子育て情報も多数配信。 女性らしさとは無縁だった私が、シングルになった途端に「恋するために女度あげなきゃ!」と焦って美容術を開始! アラフォーからでも時短でできちゃうアンチエイジング&美容術を紹介してます。 大学で歴史を学んでいて、文学&芸術&文化学の本を読み漁っています。 翻訳・通訳の経験ありで母子留学にも興味深々。

次の

レ・ミゼラブル2019(日本ドラマ)キャストとあらすじ!ディーンフジオカ他 | ココロータス

レ ミゼラブル nhk あらすじ

主人公ジャン・バルジャンは家族のためにパンを一切れ盗んだ罪で19年投獄される。 すっかり人間不振になったジャンは、出所後ある教会で神父の世話になるが、そこで銀の燭台を盗んで逃げ出し捕まってしまう。 ジャンはまた牢獄生活を覚するが、神父は「その燭台は彼にあげたものだ」と彼を庇い、さらに銀の食器まで彼にプレゼントする。 ジャンはこの行為に感動して、人間をもう一度信じようと決意する。 その後、宝石の販売などで運良く大成しある街の市長にまでなったジャンは、ある日、自分と間違えられた人間が無実の罪で投獄される話を聞く。 それはジャンが出所後、神父に出会うまでにある人を騙して銀貨を盗んだという罪だった。 その時、ジャンはある女性を困窮から救い、彼女といい関係となっていて、彼女の娘を預けた夫婦の虐待から救いに行くところだった。 自分が正直に申し出なければ男は無実の罪で投獄される。 しかし、申し出れば女性と娘は助からない。 板挟みで葛藤するジャンは、ついに正直に名乗り出ることを選び、法廷で自分こそが罪人だと宣言、男を助けるが、女性はその場でショック死してしまい、ジャンも捕まってしまう。 しかし、牢獄に送られる前にジャンは脱走。 ジャンは約束していた通り、女性の娘を助け出し、娘の親代わりとして愛を注ぎ続ける。 しかし、そんなある日その娘のことを見初める男が現れる。 彼は当時の反政府活動組織の構成員であり、ジャンはなんとか娘を近づけないようにしたが、娘は結局彼に心を奪われてしまう。 彼は危険な男、しかし、娘の幸せを願うなら二人は結ばれるべきでは。 ジャンが葛藤に苦しむ最中、政府と反政府組織の間で戦闘が発生、反政府組織の彼は窮地に立たされる。 ジャンは覚悟を決めて戦場に赴き、負傷した彼を救出する。 ジャンは二人の愛を守ることを選んだのである。 二人の結婚式で、ジャンは自分は娘の本当の父ではないと正体を明かして、同居を勧める娘を残して一人暮らしを始める。 ジャンが同居を選ばなかったのは、娘の旦那になった彼がジャンの過去を問題視したからだった。 たったひとつの生きる希望を失い、ジャンは急激に衰えていく。 その事を聞いた娘の旦那は考えを改めて、娘と二人でジャンを迎えに行く。 しかし、ジャンはもう限界を迎えており、最期に自分の過去、残した財産、娘の本当の母などを伝えて二人に幸せに暮らすように言い残しこの世を去る。 最後まで自分に誠実に正しく生きたジャンは現世では娘夫婦に、天国からは既に亡くなっていた神父様やお世話になった夫婦に見守られながら満足して安らかに天に昇ってゆく。 彼はその数奇な人生の最期に「誠実と愛」、二つの宝を手に入れたのだ。 という感じのストーリーです。 脇役にも見所があるのでぜひ本を読んでみてください。

次の

レミゼラブルの大まかなあらすじを教えてください!

レ ミゼラブル nhk あらすじ

19世紀初頭のフランス。 盗みの罪で19年間服役したジャン・バルジャンは、保釈中に神父の赦しにふれて改心し、名前を変えて人々に慕われる市長にまでのぼりつめた。 しかし、新任の警察署長ジャベールがその正体を疑い、ジャン逮捕に情熱を燃やす。 unext. あまりにも有名なフランス文学小説で、何度も舞台化や映画化テレビドラマ化された作品です。 大河小説の『レ・ミゼラブル』を1本の作品に収めるにはかなりの時間を要するために、どの作品も話のメインを決め、メインを中心に描かれています。 1998年版の『レ・ミゼラブル』では、ジャン・バルジャンとジャベールの関係に焦点を当てました。 そのためコゼットとマリウスのラブストーリーではなく、ジャン・バルジャンとジャベールの男同士の戦いが強く描かれています。 その戦いの内容も肉体の戦いではなく心の戦いとなっているため、 ジャン・バルジャンとジャベールを演じたリーアム・ニーソンとジェフリー・ラッシュの演技のぶつかり合いにもなっている作品です。 ジャン・バルジャンVSジャベール 出典:IMDb 物語の中心である ジャン・バルジャンとジャベールの戦い。 ジャン・バルジャンは教会で盗みを働いてしまった時に、神父によって許されたことで「 許す」ことを教わります。 そして新しい人間に生まれ変わると誓ったジャン・バルジャンは、それ以降は弱いものために生きまた人を許し続けていたのでした。 一方、ジャベールは警部として法のもとに生きています。 彼の中での正義は 法律だったのです。 正義のためにジャン・バルジャンを追い続けるジャベール。 終われるジャン・バルジャンは、追い詰められながらも何度もジャベールを許します。 ジャン・バルジャンの心に触れたジャベール。 体つきも自分よりも大きく、男らしいジャン・バルジャン。 しかも多くの人に信頼されています。 自分とは全くタイプの違う彼にどこか憧れがあったのかもしれません。 方が1番のジャベールにとって許す行為を受け入れることができません。 悩み苦しんだ結果ジャン・バルジャンを解放した後、ジャベールは自らの手で法の中で死を選んだのでした。 まとめ 男同士の心の戦いを描いた1998年版の『レ・ミゼラブル』。 警察に追われることで苦しんでいたジャン・バルジャンでしたが、それ以上に心の中で苦しんでいたのはジャン・バルジャンを追っているジャベールの方でした。 体も心も自分よりも大きい人間に出会ってしまった彼は、最後までもがきました。 それでも彼は法を選んだのでした。

次の