アブル ホール。 アンプレヤブルの球|ゴルフルール解説

マーブルホール

アブル ホール

GNY-003 ガンダムアブルホール(Gundam Abulhool) [ ]• 登場作品:• デザイナー:柳瀬敬之• 分類:(第2世代ガンダム)• 装甲材質:• 頭頂高:16. 本体重量:39. 主動力:• 出力:不明• 開発組織:• 主なパイロット: が開発した搭載型。 第2世代ガンダムに分類される機体で、可変機構を備える。 GNバーニアと水素プラズマジェットの2種類の機関を搭載しており、任意に切り替えて飛行出来る。 以外のエンジンが搭載されているのは、ガンダムである事を隠す為である。 機体上部に頭部、下部に脚部を持ち、形態時はまるで戦闘機に頭と脚が生えたかのような奇妙な格好となっているが、これは可変機構が未成熟である為。 また、この頭部はダミーであり、本来の頭部は機首部に格納されている。 腰部には作業用アームも存在するが、格闘戦が出来る程の性能は無い。 名称は「戦車」のタロットカードに描かれたスフィンクスのアラビア語エジプト方言が由来。 第3世代機であるのプロトタイプでもある。 登場作品と操縦者 [ ] は。 やのに対抗する為に開発され、可変機構のテスト等に運用されていた。 後にに配備され、へと改装された。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] 変形 飛行形態に変形する。 武装・必殺攻撃 [ ] GNバルカン 機首部の頭部に内蔵されている武装。 GNミサイルポッド 主翼に装着される実弾兵器。 GNビームサーベル 作業用アームに1基ずつ搭載 テールユニット 戦闘機形態時に機体後部に装着される追加装備。 ミサイルや爆雷などを搭載している。 使用後はパージされる。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] アブルホールを含む第2世代ガンダムの原型機。 次世代機。 商品情報 [ ] リンク [ ]•

次の

プルトーネ X アブルホール

アブル ホール

が開発した第代試験運用試作機。 はネ・ィ(のにあたる人物)。 第代の中での機体制御は、GN粒子により「中に立つ」事が出来るため安定して高い。 しかし技術面で数年の優位に立つでも、戦機動といった点では未だに劣ってしまうのが現状であった。 そこで、戦形態というを重視した状への変形機構を持つ機体を開発することになる。 開発は「 大気圏内での高速飛行機」。 GN粒子や機体形状を利用した姿勢制御に特化しており、 や戦よりも高い戦を誇る。 武装面では少々心許いが、後部にに応じた専用を換装することでの弱さを補える。 これはと同のテール(コンテナ)である。 から戦形態が重視されており、形態は技術不足のため人からはかけ離れた形をとっている。 形態は他に類を見ない姿での機首が前面に出る。 分かり易く言うとの ガウォーク形態そのもの。 形態における頭部は実は偽装であり、の頭部は機首部分に埋め込まれている。 一見としての「腕」がいように見えるが、実はアーマーに・アームが装備されている。 アームにも搭載されているが機構が脆弱で、本機のてアームの必要性が低い。 また、脚部の推はGNからへの切り替えが可となっている。 「戦形態」 ルの形態。 脚部「GN」を推進として使用。 下での性では従来機を圧倒している。 ガンダム00Pでは ネに引き渡された後に下でのUへ監視任務に投入されたが、ネがの村を守るために独自の判断で介入行動を開始。 圧倒的な戦でへを次々と撃墜していった。 しかし被弾したへの一機が村へ特攻し、ネは食い止めるためにルを理矢理突っ込ませた。 は未然に防げたもののネも怪を負い、回復するまで投入はなかった。 それから数年後、第代の転機を迎えた「 」が起こり、・カの乗る「 」が一人のベイドの策略に巻き込まれた。 (ルイード)とル(ネ)が救出に向かったが間に合わず。 ルイードとネは性をんだGN粒子のでした。 第3世代機の開発が終了して役割を終えていたが、15年後再び「フェレシュテ」が使用する事となる。 ガンダムアブルホールTYPE-F 式番号:G-003F 15年後に活動を開始した組織「フェレシュテ」で使用するために、ルを修した機体。 機体は全体を、一部をにしている。 15年前の機体と性に差異はない。 ガンダムアブルホールTYPE-Fブラック 形式番号:G-003FB ベイターがヴェーダのからルFを最製造した機体。 をに統一し、「」を搭載している。 他の第代再生機同様、フォン戦において撃破後、機体を回収されている。 ガンダムアブルホールTYPE-F(フォン・スパーク専用機) 上記のベイターが再製造したFを回収後、フォン専用機として使用するために修復した機体。 全体の機体色はフェレシュテにリされている。 形式番号もフェレシュテ時の-Fと同じ。 メディア展開• 「」では、ガンダムアブルホールが登場。 「」に参戦。 フォン機以外の全使える。 関連商品 関連項目• 第2世代ガンダム•

次の

1/144スケールでガンダムアブルホールを製作しようと考えているのですが...

アブル ホール

GNY-003 ガンダムアブルホール(Gundam Abulhool) [ ]• 登場作品:• デザイナー:柳瀬敬之• 分類:(第2世代ガンダム)• 装甲材質:• 頭頂高:16. 本体重量:39. 主動力:• 出力:不明• 開発組織:• 主なパイロット: が開発した搭載型。 第2世代ガンダムに分類される機体で、可変機構を備える。 GNバーニアと水素プラズマジェットの2種類の機関を搭載しており、任意に切り替えて飛行出来る。 以外のエンジンが搭載されているのは、ガンダムである事を隠す為である。 機体上部に頭部、下部に脚部を持ち、形態時はまるで戦闘機に頭と脚が生えたかのような奇妙な格好となっているが、これは可変機構が未成熟である為。 また、この頭部はダミーであり、本来の頭部は機首部に格納されている。 腰部には作業用アームも存在するが、格闘戦が出来る程の性能は無い。 名称は「戦車」のタロットカードに描かれたスフィンクスのアラビア語エジプト方言が由来。 第3世代機であるのプロトタイプでもある。 登場作品と操縦者 [ ] は。 やのに対抗する為に開発され、可変機構のテスト等に運用されていた。 後にに配備され、へと改装された。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] 変形 飛行形態に変形する。 武装・必殺攻撃 [ ] GNバルカン 機首部の頭部に内蔵されている武装。 GNミサイルポッド 主翼に装着される実弾兵器。 GNビームサーベル 作業用アームに1基ずつ搭載 テールユニット 戦闘機形態時に機体後部に装着される追加装備。 ミサイルや爆雷などを搭載している。 使用後はパージされる。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] アブルホールを含む第2世代ガンダムの原型機。 次世代機。 商品情報 [ ] リンク [ ]•

次の