副鼻腔炎 体験談。 副鼻腔炎(蓄膿症)の重症者、sbatonのプロフィール、自己紹介など

慢性副鼻腔炎で手術をした体験談、費用や術後の経過まとめ|くうねるわらうまま

副鼻腔炎 体験談

もくじ• 副鼻腔炎 蓄膿症 とは? 「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」は、鼻の奥にある副鼻腔という空洞がウイルスや細菌によって炎症を起こしてしまうことです。 別名「蓄膿症(ちくのうしょう)」とも呼ばれています。 鼻の奥には、上顎洞(じょうがくどう)・篩骨洞(しこつどう)・前頭洞(ぜんとうどう)・蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)からなる4つの副鼻腔があります。 急性副鼻腔炎 一時的な風邪によるウイルス感染が原因で、急に炎症が起こることを急性副鼻腔炎と言います。 期間は1~2週間程度、長くても1ヶ月程度で治癒します。 慢性副鼻腔炎 副鼻腔炎の症状が長引いたり、繰り返しかかってしまったりすることを慢性副鼻腔炎と言います。 鼻と副鼻腔をつないでいる自然孔と呼ばれる孔が、さまざまな原因により狭くなり、副鼻腔に膿がたまってしまうことが主な原因です。 副鼻腔炎の症状 副鼻腔の炎症が悪化すると、黄色や緑色のドロドロとした鼻水が出るようになります。 炎症により鼻の粘膜が腫れるため鼻づまりが起こりやすくなり、においや味がわからなくなったり、息苦しさを感じたりします。 また、副鼻腔の炎症によって頭や顔に痛みを感じ、頭痛や発熱の症状が出ることもあります。 ドロドロとした鼻水が喉に落ちることで痰が絡み、喉の痛みや咳が出る人も多いようです。 私は鼻水が喉に落ちやすく、鼻風邪を引くと喉も痛くなります。 特に寝ている間に落ちやすいみたいです。 妊娠中の副鼻腔炎は何科に行けばいい? 産婦人科と迷う妊婦さんもいるかもしれませんが、鼻水の吸引や消毒など適切な治療を行ってもらうためには、耳鼻科へ行くと良いでしょう。 鼻の洗浄やネブライザーの処置をしてもらうだけでも、だいぶすっきりしますよ。 耳鼻科で処置してもらえる副鼻腔炎の治療法をご紹介します。 鼻の洗浄や鼻水の吸引 副鼻腔炎の治療法として、鼻の洗浄や鼻水の吸引があります。 専用の洗浄液や生理食塩水を使って鼻の中を洗浄することで、ウイルスや花粉、鼻水などを洗い流すことができますよ。 こまめに鼻水を取り除くことで、副鼻腔炎の予防や治療に効果があるといわれています。 ネブライザー療法 耳鼻科に行った際、最後に喉や鼻に蒸気を当てる治療を行ったことはありませんか。 これがネブライザーです。 薬の液を霧状にし、鼻や喉から吸い込むことで、副鼻腔や気管支の奥にまで薬を届けることができます。 内服治療 副鼻腔炎の治療では、内服薬を処方されることが多いようです。 抗生物質を使っての治療が一般的で、症状によって炎症の痛み止めや、鼻水・痰を切る薬などが処方されることがあります。 妊娠中に副鼻腔炎になった体験談 もともと滅多に風邪を引くことはなく、鼻風邪自体も1年以上ぶり。 熱はなかったので、いつものように放っておけば治るかなと甘くみていました。 息子に鼻風邪をうつされた! 妊娠10ヶ月に入ってすぐに、保育園に通う息子から鼻風邪をうつされたのが最初でした。 子供の風邪って、親にうつると重症化しやすいんですよね…。 妊娠中なので市販薬に頼ることができず、つらい鼻づまりに耐えながら自然治癒を待つこと1週間。 妊娠中でも飲める薬なので大丈夫ですよ。 喉の痛み止めは妊娠中は出せないですけど。 鼻水の吸引、喉の消毒、鼻の洗浄、ネブライザーをしてもらい、抗生剤を処方してもらいました。 妊娠中なのに抗生剤!?と思ったのですが、妊婦さんでも使える薬があるそうですよ。 鼻水の吸引と洗浄で、久しぶりに鼻が通ってかなりすっきりしました! ちなみに鼻の洗浄は、生理食塩水を片方の鼻の穴から注ぎ、もう片方の鼻穴と口から出すというもの。 鼻穴と口から水がドバドバ出るのでびっくりしますが、痛くはなかったです。 (人には見せられない姿ですが…) 薬代込みで、お会計は1,500円ほど。 鼻のつまりがつらいときは、来られるときに洗浄に来てくださいとのことでした。 翌日から喉の痛みが解消し、鼻水に変化が 耳鼻科の診察を終え、投薬治療を始めた翌日。 喉の痛みがなくなり、膿のように緑色でドロドロしていた鼻水の色が薄くなっていました! かんでもかんでも鼻づまりが直らなかったのに、鼻をかめば鼻が通るように。 早速症状が快方に向かっていることが感じられて、安心しました。 妊婦の副鼻腔炎で薬は飲んでもいい? こちらが、今回私が処方された薬です。 1日3回服用、4日分の薬をもらいました。 サワシリン錠:ペニシリン系の抗生物質で、感染症を治療する薬。 カルボシステイン:粘膜を正常にして痰を出しやすくする薬。 ムコダインのジェネリック。 抗生剤って妊娠中はNGなのかと思っていましたが、使える薬もあるようです。 妊娠週数によって薬の種類が異なる可能性があるので、診察時は妊娠週数を正確に伝えてくださいね。 病院で適切に処方された薬なら問題ないですが、市販薬を自己判断で服用するのは避けた方が無難です。 薬に頼りたいくらい副鼻腔炎がつらいときは、耳鼻科で薬をもらったほうが安心ですよ。 授乳中の現在また副鼻腔炎になってしまい、耳鼻科で上記とまったく同じ薬をもらって飲んでいます。 医師には「授乳中だけどしっかり薬を飲んで治しましょう」と言われました。 妊娠中と同じく、授乳中の副鼻腔炎も無理せず病院を受診し、必要ならば薬を飲んだ方が早く治りますよ。 副鼻腔炎は自然治癒する?症状の緩和方法は? 急性副鼻腔炎は、長くても1ヶ月ほどで自然治癒することが多いようです。 とはいえ、1ヶ月間も不快な症状に悩まされるのはつらいですし、ストレスになりますよね。 薬に頼れない妊婦さんでもできる、副鼻腔炎のつらい症状を緩和する対処法を紹介します。 あくまで一時的な対処法なので、長引く場合や症状が悪化する場合は、我慢せず病院に行ってくださいね。 温かい飲み物 お茶、白湯、ハーブティー、しょうが湯、ホットミルク、みそ汁など温かい飲み物をゆっくりと飲んでみてください。 鼻と口を湯気に近づけて蒸気を吸い込むことで、鼻づまりが緩和しますよ。 何度でも試せる手軽な方法です。 お風呂に入る 妊娠中はお風呂掃除や入浴がおっくうになってしまうこともありますが、なるべくゆっくりと湯船に浸かるようにしましょう。 長い時間湯気を吸いこんだり身体を温めたりすることで、つらい鼻づまりを解消し不快感を取り除くことができます。 頭痛や顔面痛がある場合、お風呂の中で痛い部分をマッサージするとよいでしょう。 加湿器の活用 乾燥しやすい冬場は、加湿器を活用して部屋の湿度を上げましょう。 加湿器がない場合は、タオルを濡らし、水が滴らない程度に絞ってからハンガーなどにかけて部屋干しすると加湿器の代わりになります。 自分の近くに置いて使える、持ち運びしやすい卓上タイプの加湿器もおすすめです。 なた豆茶を飲む は、副鼻腔炎や花粉症などの鼻づまりや、鼻水が喉に落ちて痰になる症状がスッキリするとされています。 特に、慢性副鼻腔炎や花粉症のように、長期間症状に悩まされている人に効果が期待できます。 また、鼻風邪が悪化しやすい人は予防のために飲む人もいるそうです。 妊娠中のつらい副鼻腔炎は無理せず病院へ 副鼻腔炎(蓄膿症)は放置しておくと長引きやすいうえに、なかなか不快感が取れず症状も悪化しやすい病気です。 ただの鼻風邪だと思って我慢していると、完治まで時間がかかってしまうかもしれません。 妊婦さんでも受けれる治療や飲める薬はあるので、症状がつらいときは我慢せず、耳鼻科に行って治療を受けてくださいね。 参考文献: あわせて読みたい.

次の

【体験談】なた豆が副鼻腔炎(蓄膿症)に効果があるのかを試してみた結果!

副鼻腔炎 体験談

副鼻腔炎(蓄膿症) タバコは出来るだけ止めた方いい理由 これは自分の身体が経験してきたことなので、他の人にも当てはまることなのかは分かりませんが、タバコは最悪です。 特に手術後にこれを強く感じるようになりました。 既にタバコを止められない状態になっていた私は手術後も当たり前のようにタバコを吸っていました。 そんなある日のこと、タバコを吸う度に喉から顔全体が痛くなって、顔や喉周辺が腫れたのです。 朝起きると目ヤニが沢山出ていた記憶があります。 そういう日々がかなり続きました。 この時期も本当にギリギリの社会生活を送っていたと思います。 それなのにタバコが止められないのです。 そういったストレスがさらにタバコを止められない状態にしてしまっているようでした。 逃げるようにしてタバコを吸っていましたね。 で、また顔面や喉まわり周辺が痛くなる。 顔がパンパンに腫れてしまっていました。 そんなんでよく働いていたと思います。 仕事を辞めて、失業保険をもらえば良かったのではとも思うかもしれませんが、その間に食いつなぐお金すら、その時は持っておらず働き続けましたね。 ただの一日もタバコを止めることが出来なかったのですが、「ニコレット」で一日だけ止めることが出来ました。 その成功体験がなかったら本当にヤバかったと思います。 その後、たぶん100回以上は禁煙に失敗しました。 毎日が戦いのような感じでしたね。 本当に苦しかったですが、それからなんとかタバコを止めることが出来ました。 で、今考えても、このタバコは本当にヤバかった、最悪だったと思いますが、タバコを吸い始めたのは中学生の頃。 そして、物心ついた頃から副鼻腔炎(蓄膿症)で重症でしたので、簡単にタバコが最悪!と断定できない部分もあるのです。 それは「ストレス」が強かったからです。 ストレスから逃げるようにしてタバコにハマってしまったためです。 だから、タバコのせいで本当に今でも残るような顔の違和感が生じてしまいましたが、その一方でタバコを吸っていなかったら、あの当時に耐えられただろうか?という思いもあるのです。 綱渡りのようにして何とか生きてきた部分があるように自分では感じていて、悪い習慣を無くせば何かがうまくいっただろうなという思いはあるのですが、その一方で、それをしていなかったら何か別の問題が出ていただろうなという思いもあるのです。 だから、今の自分でも分からないところがあります。 そもそも、もし副鼻腔炎(蓄膿症)のシンドイ日々を過ごしていなかったら、すぐに働かなくなっていたようにも思います。 それくらいに痛みのあるままに働いていましたね。 ただ、現時点で副鼻腔炎(蓄膿症)で苦しんでいる人は、出来るだけタバコは遠ざけて欲しい!もちろん、色々なバランスの中にあると思うので既に手にしてしまっている人に対してはそんなに強く言えない部分がありますが、それでも後々のことを考えてタバコについては本当に注意しておいて欲しいと思います。 タバコをやっていなければ、今でも続くような顔の違和感、ハリのようなものは無かっただろうと思うからです。 でも、これは一つの思いに過ぎないことでもあります。 自分でもタバコをやっていなかった自分は想像できないのです。 このように、副鼻腔炎(蓄膿症)を放置し続けると、色々な悪習慣がさらなる悪習慣を引き寄せていくように思います。 ですので、なるべく早めの対処が大事です。 まず身体が最優先だと思います。 大人になって経済的に独立してしまうと、かなりヒドイ状態でも身体を後回しにしないと社会生活を続けることが出来ない状態に陥るかもしれません。 ある程度、恵まれた経済主体に所属しているような人は大丈夫だと思いますが、世の中はそんなところばかりではないです。 そこでドロップアウトしたら、もう復帰がかなり困難な状況下にある人はかなりの数いるはずです。 だから、無理をせざるを得ない状況になることが多い。 で、「死」がすぐ横にある状態が当たり前の状態になることもあると思います。 有名大学出身で有名企業の人がパワハラが原因で自殺したというニュースが過去にありましたが、パワハラではなくても「死」をすぐ横に感じながら生活している人は、かなりの数いると思います。 そして無理がさらに症状を悪化させ、慢性的な違和感などにつながってしまうことがあると思います。 だからこそ、子供のときの早めの対処が大切です。 タバコなんか自己責任だろ!という人もいると思いますが、確かにそうだ思います。 ですが、私のように物心ついた頃から患う病気によるストレスから逃れるようとして得た習慣であればその行為自体、本人はあまり悪いと思っていないはずです。 私も社会的には良くないことだと思っていましたが、悪いことをしている感覚は無かったですね。 ただ、褒められたことではない。 自己責任と言われれば否定しない。 そういう感じです。 ただ、自己責任論ばかりの人は、病気になったり、何か大きな失敗をしたり、何か緊張してダサい姿を見せたり、何らかの不幸な事件や事故に巻き込まれたりした場合にも同じようにして自己責任だろ!と言われることになると思います。 なぜなら、結局は自分の行動が自分の結果をまねいていることは否定できないからです。 事件や事故ですら、そんなところに行く必要なかったのにとか、そんなお金の使い方ばかりしていたからその中で起こったとか、注意力が足りなかったとか、普段の生活が悪いから逃げるだけの脚力がなかったとか、人を批判するような事ばかり言っているから事件になったとか、色々な形で自己責任論を追及出来てしまうためです。 自分のことは環境のせいにして、自己責任ではないと主張するときに立ち止まって「環境」のせいで避けられない病気になり、ストレスを得ているような人の気持ちを察することが出来るようになって頂きたいと思います。 それが出来なければ、事件や事故が起きるたびにメシウマ的な社会の雰囲気が強くなっていくことと思います。 自己責任を追及し、自己責任社会が浸透するほどに社会は人の不幸を喜ぶような社会になっていくように思います。 それは社会の衰退を意味すると思いますが、そういうメシウマ的な要素を人間は誰でも持っているそうです。 そういう部分を中心にした社会を作るか、助け合いを大切にする社会を作るか、どちらが良いかという問題でもあると思います。 自己責任を中心にして人を評価すれば、必ず同じ物差しで評価されることになることを忘れてはいけません。 神様のような能力でもない限り、そういう自己責任に基づく心のない言葉で寂しい思い、辛い思い、悲しい思いをどこかですることになるのです。 一流大学を出ても中卒でも変わらない部分があるということです。 親子間でも自己責任を追及した考え方になれば、親子間での助け合いも終わります。 ですので、親子間でも同様のことが起きてくることが想定できます。 一度、自己責任は押し付けたような態度を示してしまったら、それに対する反作用はずっと続きます。 なぜなら、自己責任論の根っこにある気持ちはそういうものだからです。 その根っこにある気持ちとは、人間そのものを見下し、バカにし、見放したような気持ちということです。 だから、謝っても遅いってことです。 もし謝るなら全財産をつぎ込んで謝るくらいじゃないと気持ちは伝わらないはずです。 そういう致命的なことが自己責任論の根本にあると私は思いますね。 人間関係は終わるし、社会でのつながりも終わる。 だから、自己責任論は極めて悪質犯罪などに対する責任を問う時、つまり社会から切り離すことを覚悟する時に使うべきと思いますね。 その中でも中身をよく考えて使うべき言葉だと思います。 厳密に考えて、勝手に誕生させられたこの世において、完全な自己責任なんてあり得ないという理屈は、人間である限り誰にでも当てはめることが出来るからです。

次の

急性副鼻腔炎で入院した体験談。太い注射針を鼻から刺して膿を吸おうとしたけれど!?

副鼻腔炎 体験談

スポンサーリンク 発症4日後 すぐさま町医者の紹介状を持って総合病院へ。 総合病院耳鼻咽喉科 総合病院でCTを撮り、副鼻腔の状態を確認します。 CTでは、正常な場合は黒く(=空気が詰まっている)、異常な場合は白く(膿等が詰まっている)映し出されます。 で、僕の場合、片側の副鼻腔が全て白くなっていました。 逆側は黒で正常。 つまり、図解するとこんな感じでしょうか。 ここで、先生から提案がなされます。 「鼻の穴から非常に太い注射針を刺して、そのまま頰骨を貫通させて副鼻腔から膿を吸い出す」という、昔からやられている非常に原始的な措置。 もちろん、抗生剤を使用した治療により炎症は収まりいずれ膿は排出されるため、実施しなくてもよい措置ではあります。 ただ、 物理的に膿を抜いてしまうことで、顔の痛みはすぐに治まるとのこと。 笑顔で投げかけられた短い言葉。 しかし、 何ゆえ笑顔…! 痛みに対する我慢強さだけは自信があったので、何となくで即決しました。 *** ここで、措置の前に、先生から説明がありました。 以下の場合は、膿を吸うことができないようです。 まずは、麻酔を浸したガーゼを針を刺す方の鼻奥まで突っ込まれて数分待機。 鼻の奥の感覚がなくなった段階で、施術開始です。 といっても全く手術という感じはなく、椅子に座ったままタオルをかけられ、 すごく手軽な施術。 すぐさま鼻の穴から太い針を入れ、頬骨を貫通させようとかなりグイグイ押されます。 麻酔が効いているので痛さは思ったほどではない(それでもまあ、痛い)ですが、かなりの力で押されるので、骨のきしむ音とかが感じ取れて、正直ちょっとだけ気持ち悪かったですね。 いや、なんとなくこうなるんじゃないかと思ってたんですよね。 僕の頬骨は相当分厚いようで。 ただ、この施術、針を刺した場所からの 出血はしばらくしたら直ぐ止まり、麻酔が切れても痛みもほとんどなかったのが幸いでした。

次の