キャタピラー スマホ。 Cat S61 購入、販売

【iOS12】iPhoneで「長さ」や「面積」が測れるAR「計測」アプリの使い方

キャタピラー スマホ

2016年02月20日 20時00分 世界初の赤外線サーモカメラ搭載の頑丈系スマホ「CAT S60」をキャタピラーが開発 建設機械メーカーのキャタピラーのモバイル部門が、赤外線カメラを搭載したスマートフォン「 CAT S60」を発表しました。 赤外線カメラ付きで堅牢性に防水・防塵機能も兼ね備えており、建設現場で大いに活用できそうなスマートフォンですが、個人利用も十分アリと言えそうな出来栄えになっています。 サーマルカメラで有名な「 フリアー 」が赤外線カメラを提供しています。 FLIRの赤外線カメラを使えば、かざすだけで物に触れることなく温度が一発で測定可能とのこと。 赤外線カメラを搭載するS60は、防塵・防水機能を持ち水深5メートルで1時間沈めてもOK。 さらに-810G規格に準拠しており高さ1. 8メートルからコンクリート上に落としても耐えられる堅牢性をも兼ね備えています。 ディスプレイも「 」で保護するなど、衝撃・摩耗対策に抜かりはありません。 さらに手袋を使っていても、手が濡れていても操作可能とのことで、建設現場などで使えるような工夫が施されています。 サイドに搭載している「SOS」ボタンなどの使い方が気になるところです。 0 Marshmallowを採用。 フロントカメラは 500万画素、リアには1300万画素のメインカメラとFLIRの赤外サーモグラフィーカメラを搭載。 スペイン・バルセロナで現地時間の2016年2月22日から始まる MWC2016 でお披露目されます。 S60は50フィートから100フィート 約15メートルから約30メートル 離れた場所から肉眼では確認できない物の温度を測定でき、ビル建設中などの粉じんが立ちこめる場所でも使えるとのこと。 ビジネス用途以外でも、調理中や高気密・高断熱住宅の機密性チェックやアウトドアスポーツなど幅広い一般用途で使えそうなスマートフォンと言えそうです。

次の

【購入レビュー】キャタピラー社のAndroid端末、CAT S60を買ったのでレビューします

キャタピラー スマホ

「CAT S41」とは 世界的な建設機械メーカーの キャタピラー社が、「 CAT」というブランドで販売している SIMフリーのタフネススマホです。 機能的に目立った部分は少ないものの、現場作業などでの使用に適した高い耐久性能を持っています。 昨年(2017年)にオンキヨーから発売された 「CAT S40」の後継機となっており、 スペックが大幅にアップしています。 外観 ほぼブラックで統一された落ち着いたデザインですね。 ショートカットキーのイエローがいいアクセントになっています。 ボディ前面のボタンは手袋をはめていても押せるように物理ボタンです。 最近のタフネススマホには前面の物理ボタンが存在しない端末も増えていますが、使い勝手を考えると物理ボタンは必要だと思います。 スペック SoC CPU にはミドルレンジの MediaTek Helio P20が搭載されており、 メインメモリが3GB、ストレージが32GBとなっています。 5,000mAhという大容量のバッテリーが搭載されており、長時間の使用が期待できます。 OS Android 7. 0(Nougat) SoC CPU MediaTek Helio P20(MTK6757) オクタコア(2. 95mm MIL-STD-810Gに準拠 米国国防総省が定める耐久試験( MIL-STD-810G)に準拠しており、「 衝撃、落下」「 高温動作」「 低温動作」「 振動(カテゴリー4)」の項目に対応しています。 また、 MIL-STD-810Gとは別に 1. 8mの高さからのコンクリートへの落下試験もクリアしています。 IP68等級の防水・防塵性能 IP68等級という 最高レベルの防水・防塵性能を有しています。 水深2mで60分間浸しておいても起動可能な防水性能となっており、 粉塵の侵入を完全に防護する防塵性能となっています。 バッテリーシェア 大容量( 5,000mAh)のバッテリーを搭載しており、付属のOTGケーブルを使用することによりモバイルバッテリーの代わりにもなります。 その他の特長• 高い透明度と強度を持つ Gorilla Glass 5 を搭載• 手袋のままでの使用できるモードを搭載、また濡れた指での使用にも対応• 特定のアプリや動作を割り当て可能なプログラムキーを装備 さわってみた感想 1月に開催された 「IIJmio meeting 18」において、オンキヨーがSIMフリースマホの展示を行っており、その際に 「CAT S41」をさわることができました。 個人的に使用している「CAT S40」と比較して、 動作がかなりスムーズになっていることが確認できました。 あとは サイズが少し大きくなったことで握りやすくなったかなと思います。 個人差はあると思いますが、私にはこのサイズがベストですね。 まとめ 前作「CAT S40」はスペックが低く、普段使いの端末としてはちょっと使いづらいかなという感じでしたが、 「CAT S41」は ミドルレンジのSoC(CPU)に メモリ3GBが搭載されており ゲームなども普通にプレイできる性能になりました。 その分、価格が64,800円(税込69,984円)と、SIMフリースマホとしては高めの価格設定にはなっていますが、高い堅牢性を備えたタフネススマホがこの価格というのは妥当なんじゃないかなと思います。 個人的には京セラの 「DURA FORCE PRO」のほうが気になっていますが、もしかすると 「CAT S41」を買ってしまうかもしれません。

次の

CAT スマホ 販売

キャタピラー スマホ

キャタピラー CAT 耐衝撃&防塵防水対応 S48C 登場!! より、耐衝撃&防塵防水対応スマホ『 』が登場!5インチディスプレイと今年モデルの中では小型のタイプとなるが、傷がつきにくいゴリラガラス5を採用。 またウェットフィンガートラッキング搭載で、濡れた指や雨の屋外でデバイス自体が水に濡れてもタッチスクリーンを操作可能。 パフォーマンスについては、 CPUにスナドラ630 最大2. 必要に応じてSDカードが最大128GB迄使用可能。 カメラ性能は、 メインのアウトカメラには1,300万画素でCMOSセンサーにPDAFへ対応しLEDフラッシュを搭載。 セルフィ撮りは、 500万画素でCMOSセンサー対応。 気になるのは耐衝撃だが、MIL-STD-810G=耐衝撃 約1. バッテリーは4,000mAh搭載で、USB Type-Cが使える。 更にUSB OTG電源出力対応で、他の端末への電源供給もできる。 1 Oreo ・ポップアップ窓表示 対応する動画が、 小さなポップアップ窓表示可能 youtubeなど で、小窓表示つつ全画面で別アプリ使用可能なピクチャー イン ピクチャー マルチタスク機能。 ・通知ドット 通知アプリアイコンをわかりやすく表示。 ・セキュリティ セキュリティ強化でGoogle Playプロテクトが使える。 ・バッテリー消費 本体駆動時間延長が出来る様、バックグランドアプリのバッテリー消費低減。 ・autofill機能 専用ブラウザ以外のアプリでもログインなどを覚え素早く入力出来る。 ・インスタントApps androidインスタントAppsでストリーミングがインストール無しアプリを試す事が可能。 ・絵文字 毎度増え続けている絵文字など。 オマケ Android 9 Pie ・直観ナビ ジェスチャー機能搭載で、アプリを切り替えたり移動が簡単にできる。 ・スケジュール設定 スケジュールを設定する事で、 グレースケールにフェードアウトする。 休憩時間になると 通知を消音したり、切断したい場合 着信拒否を有効する事も可能。 ・屋内で現在地を特定 WiFi Round-Trip-Time 以下 RTT機能によりGPSの入りずらい 屋内でも正確な位置を特定可能。 アクセスポイント設定不要で、3つ以上のアクセスポイント迄の距離がわかれば距離を測定してくれる。 ・切り欠きディスプレイ対応 切り欠きに応じレイアウトをカスタマイズ可能で、フルスクリーンで映像やネットサーフィンなどを楽しめる。 ・通知バーより返信可能 ショートカットアイコンの大幅刷新をはじめ、ステータスバーより会話を確認し学習機能により返信文を自動で作成可能。 ・マルチカメラ デュアルレンズ仕様以上の端末に対し、マルチカメラを標準サポート。 デュアルレンズまたはデュアルカメラにはなかった機能としてそれぞれのカメラで撮影した映像の切り替えや同時アクセス、撮影の遅延短縮や撮影の安定化や特殊効果などが追加。 ・カメラ改善&HEIF ディスプレイ点灯させフラッシュ代わりとなる。 また光学手ブレ補正タイムスタンプへのアクセスが可能。 従来JPEGに比べ2倍の圧縮効率を実現するHEIFをサポート。 ・HDR VP9 Profile 2 YouTubeやPlayムービーでHDRコンテンツ再生可能。 ・ImageDecoder 画像や映像関連変換機能として写真やアニメをビットマップやドローアブルに変換するImageDecoderが使え、URIからビットマップやドローアブルを簡単に作成可能。 ・電池持ちアップ マシンラーニングを活用しユーザーの行動パターンを学習し、電力を割り振りバッテリーを最大限活用するAdaptive Batteryを搭載。 また機械学習機能により画面の明るさを自動調整するAdaptive Brightnessも備える。 ・学習機能 マシンラーニング機能の1つApp Actionsを使う事で、ユーザーが何をするかを予測し素早く機能を提案される。 Google PlayストアをはじめGoogle検索アプリやGoogleアシスタントなどに使えるが発展途上の機能と思うので期待半分と考えたい。 ・脱スマホ機能 オマケ機能!? 1. どれぐらいスマホを使ったのか確認できるDashboard。 アプリに使用時間の制限を設定し、今日はあとどれぐらい使えるかを通知したり制限時間を超えたアプリのアイコンをグレーアウトするAppTimer。 スマホを伏せておくと通知をストップするDo Not Disturb。 快適な睡眠を得るため画面の明るさを落とし、配色をモノクロへ変更し起床時に元へ戻るWind Downを搭載。

次の