脈拍 略語。 看護師のバイタルサイン用語豆知識

脈拍

脈拍 略語

脈拍の正常値についてです。 脈拍の正常値は、一般成人で 1分間に60~100回を正常値の範囲としています。 もし脈拍が100回を超えると「頻脈」、脈拍が60回未満の場合は「除脈」と呼び不整脈と診断されます。 脈拍は、男性より女性の方が多い傾向があり、 男性では65~75回ほど 女性では70~80回が標準的な脈拍の正常値となっています。 スポンサーリンク また脈拍は日中常に変動していますが、夜にかけて徐々に脈拍回数は減少する傾向にあります。 もし夜の脈拍が正常値の60回を少し下回ったとしてもさほど気にする必要はないです。 脈拍の正常値を 一覧表にしてみましたのでご覧下さい。 脈拍 正常値 脈拍の回数 高齢者の脈拍 60~80 成人の脈拍 60~100 中学・高校生の脈拍 60~100 子供・小学生の脈拍 70~110 乳幼児の脈拍 100~140 乳幼児の脈拍は、100回以上が正常値とされていてますが、小学生になる頃には脈拍の数はかなり減少してきます。 そして中学生に入る頃には、一般成人の脈拍の正常値60~100回へ落ち着いていきます。 スポンサーリンク 脈拍を測るには、手首に指を2本当てて測るのをご存知だと思います。 しかし今の家庭用血圧計は、血圧の値だけでなく、脈拍も正常値かどうか測定してくれます。 血圧を測定する際には、脈拍も一緒に正常値かどうか確認する習慣を身に付けていきましょう。 血圧と脈拍をスピーディーに測定してくれる優れものを3,000円~20,000円で取り揃えてくれています。 血圧と脈拍の管理にはぜひオムロン血圧計をご用意下さい。 スポンサーリンク その他の記事• 血圧の正常値を一覧表に致しました。 血圧の正常値は上の血圧が129mmHg、下の血圧で84mmHgまでです。 上下の血圧どちらかでも超えると血圧は正常値とは言えません。 次に血圧が正常値である割合を年代別に一覧表に致しました。 年齢別に血圧が正常値かどうか判断するための指針が必要になってきます。 今の所その指針となる数値は、下の表の「年齢別の血圧の平均値」しかありません。 妊婦さんについてです。

次の

心拍数(HR)・脈拍(P)を解説|バイタルサイン(リスク管理)シリーズ

脈拍 略語

心拍数 heart rate:HR とは 心拍数 heart rate:HR は1分間の心拍回数を意味しています。 1分間に心臓が何回、収縮と拡張を行っているのかを示す数値になります。 代表的なものとして、心電図で測定することができます。 心拍数は、一般に安静時で60~100回/分を正常とします。 80~120回/分までは、心拍数増加に伴って心拍出量も増加しますが、それ以上に心拍数が増加するとかえって心拍出量は減少します。 脈拍数 pulse rate:PR とは 脈拍数 pulse rate:PR は体表面から触診できる動脈の拍動のことで、心拍出による動脈内の圧変動が末梢に伝播されて生じます。 これにより、脈拍数、リズムの整・不整、脈の大きさ、左右差などが観察できます。 触診できる動脈には総頸動脈・上腕動脈・橈骨動脈・大腿動脈・足背動脈などがあります。 橈骨動脈による脈拍測定を用いることが多いです。 まとめ 厳密には心拍数 heart rate:HR と脈拍数 pulse rate:PR は異なることを示してい ます。 心電図モニターなどで確認することができる心拍数 heart rate:HR の方がより正しい値になります。 経過表などに記載する値は、正しい値である心拍数 heart rate:HR にしましょう。 冒頭でお話いましたが、心電図上の心拍数が、動脈触知で測定した数値とは異なるような時があると思います。 それは、頻脈性の不整脈が関わっているものと思われます。 頻脈性の不整脈とは、、、、などをさします。 例として心房細動 AF では、脈拍数 PR が心拍数 HR よりも少なくなる脈拍の欠損がみられます。 これは、心室収縮が起こってはいるのですが、末梢まで脈波を伝達し得るだけの十分な血液駆出を行うことが出来ない状態にあるためと考えられます(無効収縮)。 十分な血液の駆出を行うことができなくなる理由としては、頻脈のために拡張期が短くなると、スターリングの法則(心拍出量は先行収縮の拡張期の長さに比例する)により心拍出量が減少し、駆出される血液量が少なくなるためです。 そのため、心電図モニター上の心拍としては確認できますが、抹消まで脈波が伝達されていないため脈拍として触知することができないのです。 結果として、心拍数 HR よりも脈拍数 PR が少ない値となってしまいます。

次の

脈拍数は健康のバロメーター!脈拍数の正常値と早い・遅いときの対処法

脈拍 略語

2.血圧(BP) 血圧は血管内の血液が示す圧力をいいます。 血圧は英語でblood pressureですので、「BP」と略されます。 血圧は心臓から送り出される血液量である心拍出量と血管の固さである総末梢抵抗によって決まります。 血圧の異常がある場合、心拍出量と総末梢抵抗のいずれかもしくは両方に異常があるということになります。 病院・施設では血圧が低い場合も緊急を要することがあります。 なんらかの原因でショック状態となったときは、血圧が下がります。 ショック時の血圧としては収縮期血圧が90~80mmHg以下となったときを指すことが多いですが、普段から血圧が高い人の場合はそれよりも高い値でもショック状態となっていることがあります。 普段の血圧よりも40~50mmHg以上低い場合は注意が必要です。 3.脈拍(P) 脈拍は血液が拍出されるときに、潜在性の動脈に触れて感ずる波動のことをいい、1分回に拍動する回数で示されます。 脈拍は英語でPulse(ドイツ語ではpuls)ですので、「P」と略されます。 カタカナではドイツ語にならって「プルス」と呼ぶ場合も多いです。 脈拍は電子血圧計やパルスオキシメーターで自動測定されますが、正しく計測するには1分間実測で測ることが望ましいです。 特に不整脈や欠滞がある場合は実測の必要があります。 脈拍は年齢によって基準値が異なります。 体温の略語はKT、もしくはBTと記されます。 BTは英語のbody temperature、KTはドイツ語のKorpertemperaturの略です。 日本人の平均体温は36. 0~37. 高齢者で平熱が低く、小児では高い傾向にあります。 感染症法では37. 体温については個人差がありますので、平熱からアセスメントすることが大切になります。 5.呼吸数(R、RR) 安静時の1分間の呼吸回数を計測します。 呼吸数は英語でrespiratory rateですので「R」もしくは「RR」と略されます。 呼吸数は環境や意識によって左右されますので、患者さんに気づかれないように測定することがポイントになります。 呼吸音を聞きながら測定する、他のことをしているように見せかけて胸郭の動きから測定するなどの方法があります。 このときに、呼吸様式、努力呼吸の有無などもあわせて観察します。 6.意識レベル 意識レベルに問題がない場合は、カルテに記載することも少ないですが、意識レベルに問題がある場合は必須の項目になります。 意識レベルの評価の代表的なものにはジャパン・コーマ・スケール JCS とグラスゴー・コーマ・スケール GCS があります。 JCSの分類 刺激がなくとも覚醒している状態 1 大体意識清明だが、いまいちはっきりとしない 2 見当識障害がある(時間、人、場所などが不明) 3 自分の名前や生年月日などが言えない 刺激をすると覚醒する状態(刺激をやめると意識がなくなる) 10 言葉かけで容易に開眼する(合目的的な運動や言葉が出るが間違いが多い 20 大きな声・身体を揺さぶると反応する(簡単な命令に応ずる) 30 痛み刺激、言葉かけの両方を繰り返すと開眼する 刺激をしても覚醒しない状態 100 痛み刺激に対して、払いのけるなど拒否反応をする 200 痛み刺激で少し手足を動かしたり、顔をしかめる 300 痛み刺激にまったく反応しない GCSは「E(eye opening開眼)」「V(best verbal resoinse 最良言語反応)」「M(best motor resuponse 最良運動反応)をそれぞれ評価し、数字が大きくなる方が意識レベルが低くなり、それぞれの項目をE2V2M4のように表記します。 日本ではGCSは脳外科疾患患者さんの経時的な評価として使われることが多いようです。 GCSの分類 E:開眼(Eye Opening E 自発的に開眼をする 4 音声により開眼をする 3 疼痛により開眼をする 2 開眼をしない 1 V:発語(Best Verbal Response) V 命令に従うことが出来る 5 会話に混乱が見られる 4 言語に混乱が見られる 3 理解不明の声を発する 2 発語をしない 1 M:運動機能(Best Motor Response M 命令に従うことが出来る 6 疼痛部の認識が可能 5 四肢の屈曲反応、逃避 4 四肢の屈折反応、異常 3 四肢の伸展反応 2 全く動かない 1 最後に いかがでしたか?バイタルサインは異常を発見するきっかけとなるものです。 基準値から外れたときに、何がその原因となっているのかと考えることが大切です。 また、最近では電子血圧計の使用により、患者さんの肌に直接触れなくても測定できるようになりました。 しかし、患者さんに直接触れることでわかることもたくさんありますので、わたしはなるべく患者さんに手を当てるようにしています。 「手当て」という言葉もあるように、私たち看護師の手は患者さんを看る大切な道具のひとつなのではないでしょうか。

次の