どんなときもwifi 契約。 【2020年7月】どんなときもWiFiのおすすめキャンペーン情報を解説!モバイルWi

どんなときもWiFiの解約方法!注意点や違約金を0円にする方法も

どんなときもwifi 契約

でも、いろんな理由で解約が必要にな人もいるので、解約時の注意点を説明しますね。 これを読めば無駄な解約金を支払わなくて済むでしょう。 ですが、中には様々な理由でもう 解約したいと思っている人もいるでしょう。 解約方法は公式サイトを見れば分かることではあります。 ですが、細かい注意点をサイトの隅々までチェックしたり、 「 複雑な違約金」 の仕組みを理解するのは大変です。 なので、この記事では公式サイトを見ただけでは見落としがちな、 「 どんなときもWiFiの解約方法と違約金、その他注意点」 について分かりやすくまとめています。 また、記事の最後では、どんなときもWiFi解約後に 「 おすすめな乗り換え先のサービス」 も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 25か月目以降は高くなるから、更新はしない方がいいんです。 契約期間は契約開始月を0カ月目として数えます。 そして、 25カ月目が更新月です。 解約しても違約金の 契約解約料がかからない月です。 そこで解約しない場合は、次の更新月が 49カ月目です。 また次が 73カ月目となります。 このような違約金制度は、携帯会社でも取り入れているのでお馴染みだと思います。 どんなときもWiFiのようなネット回線サービスの契約でも ほぼ必ずあるルールです。 これにより、 「 違約金があるから簡単に解約できない」 という人が多く、顧客流出を防ぐ効果があります。 とりあえず、更新月に解約すればいいということなのです。 ですが、自分の更新月がいつなのか忘れてしまい、 「2年間でたった 1カ月間しかない更新月」 を逃してしまう人も多いです。 そうならないためにも、更新月がいつになるのかは• カレンダー• スケジュール帳 などにメモしておくと良いでしょう。 どんなときもWiFiの場合は、お客様ページへログインし 「 ご利用明細の確認」 から、今現在契約何カ月目にあたるのかが分かるようになっています。 また、更新月の2カ月前に登録済みのメールアドレスの通知もくるため、どんなときもWiFiは比較的親切なほうです。 お客様ページより解約申請する!• 2解約専用ダイヤル 電話で解約したい場合は、 「 グッドラックサポートセンター」 へ連絡し、担当オペレーターに解約希望である旨を伝えます。 担当オペレーターがお客様情報を確認して解約の処理を行います。 そのため、手軽さで言えばネットの 申請フォームよりも簡単です。 特に 月曜日は休み明けのため電話が殺到し、非常に繋がりにくい状態です。 月曜以外の場合でも 午前中は基本的に繋がりにくいです。 どんなときもWiFiは2年経つと料金が上がってしまうので、次の契約先としておすすめのサービスを紹介します! どんなときもWiFiを解約しようと思っている方の理由には、次のようなものが挙げられます。 ・25カ月目以降の 月額料金が高くなってしまうから ・もっと 安い料金のサービスを使いたいから ・ 通信速度がイマイチだから そのような方におすすめの乗り換え先は、 『 縛りなしWiFi』 です。 縛りなしWiFiであれば、どんなときもWiFiよりも 安い料金で利用できます。 25カ月目以降に料金が高くなるなんてこともありません。 月額料金 どんなときもWiFi 24カ月目まで3,480円 25カ月目以降3,980円 縛りなしWiFi(縛りなしプラン) 3,300円(永年) それと、2年毎の更新だとなかなか解約のタイミングが合わなくて不便に思っている人も多いようです。 ですが、縛りなしWiFi 『 縛りなしプラン』 であれば、どんなときもWiFiと違って契約期間の定めがないため いつでも解約できます。 また、どんなときもWiFiや縛りなしWiFi 『縛りなしプラン』 はどちらも レンタルサービスなのです。 ですが、そもそもレンタルではなく買取型のWi-Fiが良いという方もいるでしょう。 買取型であれば、解約時に端末返却が不要なので• 故障 などで 機器損害金を請求されることが無いというメリットがあります。 そんな方には縛りなしWiFiの 『 縛っちゃうプラン』 がおすすめです。 縛りなしWiFi 『 縛っちゃうプラン』 であれば、縛りなしWiFi 『縛りなしプラン』 よりもさらに 安く利用できます。 さらに、端末も601HWシリーズなので 通信速度が速いです。 ただし、 契約期間が3年間なので、どんなときもWiFiの 2年間よりも長いという点には注意が必要です。

次の

どんなときもWiFiの解約方法!注意点や違約金を0円にする方法も

どんなときもwifi 契約

どんなときもWiFiを解約するため「解約方法」や「解約違約金」についての解説しています。 どんなときもWiFiは公式サイトの解約ページからいつでも簡単にできますが、2年間の契約途中に解約すると解約違約金が発生してしまいますし、レンタルしている端末をすぐに返さないと損害金が請求される可能性あるので注意が必要です。 この記事では、どんなときもWiFi解約方法の解説だけではなく、解約前に知っておくべき注意点、違約金が0円になる『いつでも解約サポート』について詳しく説明しています。 最近のどんなときもWiFiは通信障害が起きていて復旧の見込みがなく、利用者は月間25ギガの制限がかけられているので、他社への乗り換えがおすすめです。 【サポート窓口】グッドラックサポートセンター TEL:0120-048-277 受付時間:11:00~18:00 月曜~土曜 どんなときもWiFiの解約時の注意点 どんなときもWiFiを解約する際に、知っておかなければ 損してしまいかねない注意点をご紹介いたします。 更新月以外の解約は違約金が発生 どんなときもWiFiの最低利用期間は2年間です。 契約が満期を迎えるのは24ヵ月目。 無料で解約できる更新月は25ヵ月目となります。 更新月に解約を申し出なければ、契約が自動更新され、新たに2年間の契約が結ばれる仕組みになっています。 自分の更新月が分からない方のために、更新月を確認する方法をご紹介いたします。 契約書類に記載の利用開始日から25ヵ月目を計算 2. メールBOXの受信日時から25ヵ月目を計算 3. 更新月の2ヵ月前に案内がメールが届くので、メールの受信ボックスを確認 2. 解約期限は毎月25日まで どんなときもWiFiの 解約申し込み期限は毎月25日までとなっています。 システムの都合上、毎月26日~月末までの解約は受付けできないので、受付開始は翌月1日以降になるとのこと。 契約は月末まで有効 契約は月末まで有効。 日割り計算はされず、1ヵ月分の料金が請求されます。 即日解約はできません。 つまり、解約の申し出が翌月にずれ込んでしまうと、翌月1ヵ月分の月額料金が請求されてしまいます。 余計な費用をかけず解約したいのであれば、更新月の25日までに解約を申し出るように心がけた方がよいでしょう。 レンタル端末は翌月10日までに返却 どんなときもWiFiで貸与されている 端末は翌月10日までに返却しなければなりません。 返却が遅れたり、返却時に端末が故障していた場合、機器損害金18,000円が請求されてしまうためご注意が必要です。 返却期限は 翌月の10日必着です。 余裕をもって翌月5日までには返却手続きを済ませておいた方がよいでしょう。 返却時の端末故障トラブルが心配な方は、サービス申し込みと同時に加入できる『あんしん補償(月額400円)』オプションをつけておくと心強いです。 あんしん補償未加入の方は、故障時に端末代を弁償しないといけなくなるため、端末の取り扱いには十分お気をつけください。 いつでも解約サポートで違約金を0円にできる どんなときもWiFiには、 条件を満たせば解約違約金0円で解約できるサービス『いつでも解約サポート』があります。 いつでも解約サポートとは? 『いつでも解約サポート』とは、サポート窓口で紹介されるネット回線に乗り換えれば、解約違約金が0円になるサービスです。 『いつでも解約サポート』で紹介可能なネット回線の一例は下記のとおりです。 いつでも解約サポートの申請方法 STEP1. 相談窓口に電話する 「いつでも解約サポート」を利用したい旨を伝えると、知識豊富な専任スタッフが希望を叶えてくれるサービスを紹介してくれます。 いつでも解約サポート相談窓口 TEL:0120-320-146 受付時間:10:00~19:00 月曜~土曜 STEP2. 乗り換え手続き開始 サポート窓口から確認の電話があります。 電話の内容は乗り換え先のサービスの概要、支払い方法、登録情報の確認や今後の流れの説明を受けます。 STEP3. どんなときもWiFIの解約手続き 乗り換え先が固定回線の場合、開通後に解約連絡をいれなければなりません。 乗り換え先がポケットWiFiの場合、報告の連絡は必要ありません。 どんなときもWiFiの端末を速やかに返却し、解約手続き完了となります。 乗り換え先で初期契約解除制度(クーリングオフ)をおこなってしまうと、通常通り解約違約金が発生します。 まとめ どんなときもWiFiは途中解約の違約金が高く、解約時にレンタル端末を返却しなければなりません。 最悪の事態を想定すると、端末を1年以内に壊してしまった場合、解約時に37,000円が請求される恐れがあります。 端末は全く一緒ですが、独自の回線設備を使っているので通信トラブルが起きにくく安心して利用できます。 このようなトラブルを起こさないためにも、この記事でご説明した全情報をお役立ていただければ幸いです。

次の

「どんなときもWiFi」を契約したらはじめに確認したい8つの設定・使い方

どんなときもwifi 契約

THE WiFiプランについてはこちらを参考にしてください。 【料金】月額は3,480円で同じ。 国内で使用できる回線はドコモ、au、ソフトバンクの3つです。 クラウドSIMとは 物理的なSIMカードを挿入するのではなく、クラウド上でSIMを管理する通信システム。 状況に応じて最適な回線を自動的に選んでつなげることができる(自分で任意に回線を選ぶことはできない)。 クラウドSIMの良い点は、通信できるエリアが広いこと。 たとえばauではつながりにくい地域でも、ソフトバンクの回線をつかむことができるといったように、単一の回線よりも対応力に優れています。 実際に様々な場所で使用してみましたが、圏外になったり繋がらないといったことは見られませんでした。 【速度制限】THE WiFiでは詳しい制限の記載なし どんなときも WiFi ・違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワーク を占有するレベルの大容量通信をした場合、 通信速度を概ね 384Kbpsに制限する場合がある。 THE WiFi ・違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワーク を占有するレベルの大容量通信をした場合、 速度や通信量を 制限する場合がある。 どちらも「〇〇GBまで」という制限を明記しているわけではありませんが、 「大容量で使用した場合に制限にかかることがある」といった点で共通しています。 しかしどんなときもWiFiが制限時の速度を384Kbpsと書いているのに対し、THE WiFiは具体的な速度について明記していません。 ただ、そのほかのポケットWiFiを見ても制限時の速度は使い物にならないほど低速なので、THE WiFiだけがその制限を免れているとは考えにくく、かなり低速となってしまうのは変わりないでしょう。 【契約期間】THE WiFiは2年以降解約金なし どんなときも WiFi THE WiFi 契約期間 2年 自動更新 最低利用期間2年 解約金 1年目19,000円 2年目14,000円 3年目以降9,500円 9,800円 端末返却 必要 必要 どんなときもWiFiとTHE WiFiは どちらも2年契約であることに変わりはありません。 ただし THE WiFiは解約金が安く、2年以降であればいつ解約しても解約金がかからない点で、どんなときもWiFiより勝っています。 更新月を忘れがちな人などが「解約のしやすさ」で選ぶならTHE WiFiの方が安心です。 ただし、 どんなときもWiFiには、指定回線に乗り換えることで 解約時の違約金が免除される「いつでも解約サポート」というサービスがあります。 固定回線への乗り換えや、その他ポケットWiFiへの乗り換えも視野に入れている人はこちらを利用するというのもひとつの手です。 2mm 151g バッテリー 3,500mAh 連続通信時間12時間 WiFi規格 IEEE802. そのためバッテリーや通信速度に違いはありません。 ただしどんなときもWiFiには 「Qualcomm製の高品質なチップセットMS8909が搭載」されているという記述があります。 これだけ聞いても何のことかさっぱりですね。 MS8909はローエンド(低価格、低性能)なスマホなどに使われているものなので、最先端の高品質というほどのものではありませんが、スマホほど複雑な機能の無いルーターに挿し込むなら十分な性能であることは確か。 チップは端末を動かす処理速度に関係し、通信の安定性などに影響することもあります。 THE WiFiがどんなチップを利用しているか定かではないため単純な比較は難しいですが、つまり少なくともどんなときもWiFiのチップはそこそこ優秀であると思っておきましょう。 どちらもレンタル品で、端末を壊すと弁済金や修理費を支払わなくてはいけないため、不安がある場合は加入しておくのもいいでしょう。 オプション料金はどんなときもWiFiが400円、THE WiFiが500円とどんなときもWiFiの方がお得。 THE WiFiには300円のオプションもありますが、そちらは全損や水没には対応していないため、加入する意味は薄いです。 ただし、紛失、盗難など端末そのものがなくなってしまった場合は、どちらも補償を受けることはできないので注意しましょう。 実際に使ってみてどう? 速度や通信容量の比較 プラン内容は似たり寄ったりな「どんなときもWiFi」と「THE WiFi」でしたが、実際に使用してみるとどうなのでしょうか。 速度や使い勝手の面から違いを見ていきましょう。 【速度の実測値】どちらも日常的な使用では問題ない速度が出る どんなときもWiFiとTHE WiFiを、電波の良い環境で速度計測した結果は以下の通りです。 どんなときも WiFi THE WiFi 朝9時 下り20. 3 上り16. 3 下り20. 5 上り20. 52 昼12時半 下り18. 51 上り9. 32 下り21. 5 上り13. 7 夕方16時 下り27. 16 上り30. 55 下り35. 81 上り26. 2 夜20時 下り21. 6 上り15. 8 下り25. 5 上り14. 単位:Mbps どんなときもWiFiとTHE WiFiはどちらも約20~30Mbps程度。 下り10Mbps以上の速度があれば、動画を見たりSNSやゲームをするには申し分ないので、どちらを選んでも速さの面では問題ないでしょう。 実際、どんなときもWiFiで標準画質の動画を見ていても特に止まったり、遅かったりということはありませんでした。 【同時接続台数】5台まで快適に通信ができる どんなときもWiFiとTHE WiFiの同時接続台数は5台。 5台実際に同時接続した際の速度は以下の通りです(計測時間夕方16時)。 どんなときも WiFi THE WiFi 1台目 下り27. 16 上り30. 55 下り35. 81 上り26. 2 2台目 下り19. 9 上り15. 4 下り31. 8 上り10. 4 3台目 下り21. 33 上り15. 26 下り29. 5 上り15. 69 4台目 下り23. 46 上り10. 73 下り26. 3 上り14. 8 5台目 下り20. 12 上り11. 6 下り28. 6 上り18. 単位:Mbps どちらも5台まできっちり通信することができました。 ただし、どんなときもWiFiでは何度か測定したうち、下り速度がひと桁になることがあるなど、バラつきが見られました。 重たいデータを送信するときなどは、念のため接続台数を減らしておくのが無難でしょう。 【通信安定性】どんなときもWiFiは通信障害が発生中 ポケットWiFiで速度と同じくらい大切なのが、通信の安定性です。 特にやのような、クラウドSIMのポケットWiFiを使用していると、不意に通信が途切れたり、遅くなったりすることがあります。 これは現状どのクラウドSIMにも言えることで、低速の回線(主にドコモの格安SIMの回線)をつかんでしまうことが原因です。 低速回線をつかむと1Mbps以下になってしまうため、通信にストレスを感じる状態になってしまいます。 ただし、万が一低速回線をつかんでしまっても、再起動させれば別の回線をつかみ直してくれます。 再起動が面倒だという場合は、 場所に応じて回線が変わるクラウドSIMよりも、などのSoftbankなどの単一回線のポケットWiFiやSIMの方がいいでしょう。 また どんなときもWiFiでは2020年2月末から通信障害があり、速度低下や通信の途切れといった不具合が多発しました。 現在も回線の一部では復旧されておらず、返金対応などが行われています。 完全復旧は2020年4月上旬を予定しているため、今焦って契約するのではなく、少し様子を見た方がいいでしょう。 ちなみにTHE WiFiには以下の記載があります。 他社類似サービスと同様の通信トラブルが発生することはございません。 「THE WiFi」で提供しております端末機器(U2s)と同型の端末機器を使用した他社類似サービスにおいて通信トラブルが発生しているとの情報やお問い合わせをいただいておりますが、「THE WiFi」では専用の回線を使用しております。 (引用:THE WiFi公式サイト) ネットワーク回線で通信している以上、通信障害が絶対にない、とは言い切れませんが、少なくとも 「どんなときもWiFiで通信障害が起きているからTHE WiFiも」ということにはならないようなので、そこは安心ですね。 【通信容量】どちらも1日10GB以上は使えた 前述した通り、どんなときもWiFiとTHE WiFiには 「3日10GB」などの速度制限がありません。 これはまったく制限にかからないわけではなく、どちらも 「違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をした場合」に制限がかかると明記されています。 実際にどれだけ使えば制限にかかるのか試してみた結果、どんなときもWiFiでは月200GB以上、THE WiFiでは1日10GB以上(ひと月の通信容量は検証中)は制限にかからず使用することが確認できました。 ただ極端な話、同じ200GBでも、「1日に200GB使用し、その他の日は使用しない」という使い方では、ネットワークにかける負荷が異なるため、速度制限にかかる可能性が高まります。 無理な使い方は禁物です。 【ルーターの使用感】どちらも変わりなし どんなときもWiFiとTHE WiFiのルーターは名前が異なりますが、 どちらもuC loudlink製のU2sという端末です。 そのためバッテリーの持ち時間等には双方違いはありませんでした(使用し始めてから日が浅く、ばってりーがまだ劣化していないということもありますが)。 また、以前どんなときもWiFiとめっちゃWiFi(同じU2s端末)を比較した際は、起動にかかる時間がどんなときもWiFiが短かったのですが、今回THE WiFiと比較したところ起動、接続にかかる時間に差はありませんでした。 ただしU2s端末には画面がなく、電池の残量の%表示がなく点灯するランプの個数でしか把握できない点や、通信量をわざわざブラウザで確認しなければならない点が不便です。 そこは個人の好みの部分なので参考までに。 【サポート】どんなときもWiFiのサポートは現在混雑中 どんなときもWiFiでは、マイページ、問い合わせフォームはもちろんのこと、チャットやTwitterなどでもサポートを受け付けています。 ただし、 どんなときもWiFiは通信障害の関係で現在サポートが混雑中。 なかなか電話がつながらなかったり、メールの返事が来ない状態が続いてしまっています。 せっかくフォームがあっても機能していなければ意味がありません。 対するTHE WiFiは公式サイトには問い合わせフォーム等はないものの、端末とともに届く説明書にサポートセンターの連絡先が書いてあり、きちんと連絡を取ることができます。 サポート面からみても、どんなときもWiFiは少し様子を見た方がよさそうですね。 【まとめ】どんなときもWiFiは、現在問題発生中。 契約するならTHE WiFiが無難。 どんなときもWiFiとTHE WiFiは基本的な月額料金は同じ。 またどちらも無制限のプランのため、通信量が月200GBを超える場合でも安心して利用が可能です。

次の