産業廃棄物 羽村。 有限会社小作物産 (羽村市|一般廃棄物処理業,産業廃棄物収集運搬業など

会社概要

産業廃棄物 羽村

事務所や店舗等の事業所から排出されるごみは、事業者みずから処理することが法律等で定められており、家庭と同じように、適切な分別、減量化の責任があります。 青梅市では、ごみの減量・資源化に努めている事業所と無秩序に排出している事業所間の公平性を確保するため、ごみ処理の全面有料化を実施しています。 以下のとおり、適切なごみ処理への御協力をお願いいたします。 ごみの種類 法律では、「廃棄物」を一般廃棄物と産業廃棄物に分け、青梅市の条例では、一般廃棄物をさらに家庭系廃棄物と事業系一般廃棄物に分けています。 事業系廃棄物とは、事業系一般廃棄物と産業廃棄物の総称です。 事業系廃棄物の処理方法 事業系一般廃棄物の処理方法は1日の排出量が45リットル以上か、それ以下かによって区別されます。 産業廃棄物については、産業廃棄物処理業者に依頼してください。 一般社団法人東京都産業資源循環協会(電話03-5283-5455) 資源ごみ、有害ごみ、粗大ごみについては市では処理をしません。 処理業者に依頼をしてください。 青梅資源リサイクル事業協同組合(電話0428-33-9221) また、あらゆる事業活動に伴って出るごみは、種類・量・質にかかわらず、家庭系の指定収集袋を使って排出することはできません。 ごみの排出量が少ない排出事業所 事業系ごみ用指定収集袋で、燃やすごみ、燃やさないごみおよび容器包装プラスチックごみのみ、市の収集に出すことができます。 1度の収集に出せるのは、 大袋3袋(小袋で出す場合6袋)までです。 事業所のある地区の収集日の朝8時までに事業系ごみ用指定収集袋に入れて、事業所前の道路に面した敷地内に出してください。 指定収集袋には必ず事業所名を記入してください。 水分を多く含む厨芥類を大袋(45リットル)で排出されますと、収集の際に重さで袋が破れて、ごみが散乱する原因となりますので、小袋(22. 5リットル)に2つに分けて排出いただきますようご協力ください。 また、十分な水切りについても併せてご協力ください。 燃やすごみは週2回、燃やさないごみは毎月第1週、容器包装プラスチックごみは毎月第2~5週に収集します。 事業系ごみ用指定収集袋の大きさおよび価格 小袋(22. 5リットル相当)1セット(10枚)805円 大袋(45リットル相当)1セット(10枚)1,610円 ごみの排出量が1度の収集につき大袋3袋を超える排出事業所 2つの方法があり、どちらの方法もマニフェスト(一般廃棄物管理票)を使った排出方法です。 マニフェストとは、ごみがいつ、どのように処理されたかを証明する書類になります。 可燃物については西多摩衛生組合環境センターへ搬入し、不燃物については青梅市リサイクルセンターへ搬入します。 みずから市の処理施設に直接持ち込む方法 以下の手順で搬入することができます。 市役所清掃リサイクル課でマニフェストを搬入回数分購入してください。 (1セット10円)• マニフェストに所定の事項を記入し、窓口で青梅市の確認を受けてから、車両用マグネットを借りてください。 搬入車両にマグネットを貼り、確認を受けたマニフェストを持ってごみを処理施設へ搬入してください。 可燃物、不燃物ともに1キログラムあたり30円の処理手数料がかかります。 搬入した翌月に市から納付書が発行されますので、指定金融機関で納付してください。 市の許可を受けた収集業者と任意に契約し、業者が収集する方法 市の許可を受けている一般廃棄物収集運搬業者と任意に契約し、業者が収集します。 青梅市一般廃棄物収集運搬業許可、許可更新および許可変更申請 新規の許可 現在、青梅市の一般廃棄物処理計画にもとづく一般廃棄物収集運搬許可業者による収集および運搬事業は適切に遂行されており、新たな収集運搬許可業者を必要としないことから、新規の許可申請は受け付けておりません。 許可の更新 青梅市の一般廃棄物収集運搬業の許可の更新を行う場合は、以下のリンクより申請書類をダウンロードし、所定の添付書類とともに提出してください。 許可の変更 青梅市の一般廃棄物収集運搬業の許可をすでに受けており、その内容に変更がある場合は、以下のリンクより申請書類をダウンロードし、所定の添付書類とともに提出してください。 廃棄物の減量および再利用に関する事業用大規模建築物所有者の届出書類の提出 事業活動に伴って排出される廃棄物は、特殊あるいは多量であることが多いため、一般家庭から排出される廃棄物とは別に取り扱いが定められています。 また、廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、廃棄物の処理に関して市民、事業者および行政のそれぞれの責務が決められています。 とりわけ、事業者には廃棄物処理についての事業者責任が強く問われています。 このことから、青梅市では、 延べ床面積3千平方メートル以上の事業用大規模建築物につき、「廃棄物の減量および再利用に関する計画書](以下「計画書」といいます。 )を提出いただくように、青梅市廃棄物の処理および再利用の促進に関する条例第18条第3項で定めていますのでよろしくお願いします。 下記リンクから計画書の作成要領、記入例および各種様式をダウンロードできます。 提出書類ダウンロード• 提出書類• 廃棄物の減量および再利用に関する計画書• 再利用対象物保管場所設置届• 廃棄物管理者選任届(人事異動等で担当者が変更になっている場合のみ)• 提出期限 令和2 年4月30 日(木曜日) 一般廃棄物処理実績報告書の提出 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第18条、青梅市廃棄物の処理および再利用の促進に関する条例施行規則第47条の規定にもとづき、以下の事業者については前年度の一般廃棄物処理実績報告書の提出が義務づけられています。 青梅市内で一般廃棄物収集運搬業または一般廃棄物処分業の許可を取得している事業者 該当の事業者各位におかれましては、下記のとおり平成31年度(令和元年度)一般廃棄物の処理実績報告書を提出していただきますようお願いします。 下記リンクから一般廃棄物処理実績報告書および記入例をダウンロードできます。 提出書類ダウンロード• 平成31年度(令和元年度)一般廃棄物処理実績報告書• 記入例 提出期限 令和2 年4月30日(木曜日).

次の

優良産廃処理業者一覧|八王子市公式ホームページ

産業廃棄物 羽村

名称 株式会社 総合整備 代表取締役 松島 修 設立 昭和61年5月29日 本社 〒167-0043 東京都杉並区上荻1-22-8 グランドステージ荻窪 TEL:03-5347-2910 FAX:03-5347-2911 E-mail:kobayashi sogoseibi. com 中間処理工場 【瑞穂工場】 〒190-1232 東京都西多摩郡瑞穂町長岡3-1-28 TEL:042-568-3123 FAX:042-568-3122 E-mail:tsuburaya sogoseibi. 9m 2)」稼働 平成20年1月 「KES環境マネジメント・スタンダード・ステップ2」認証 平成22年8月 東京都計量証明事業所登録認証 平成22年12月 東京都の指定する第三者評価機関より「産廃エキスパート」認証 平成24年11月 弊社第三施設の一部を残し、中間処理施設「瑞穂第二工場(15条施設)」へ転換稼働 平成25年3月 経済産業省認定「総合整備第二工場発電所」稼働 平成26年3月 新潟県産業廃棄物収集運搬業許可取得 平成26年6月 弊社第一施設、中間処理施設「あきる野工場」再稼働 平成26年7月 栃木県産業廃棄物収集運搬業許可取得 主な業務内容 廃棄物処理業(一般廃棄物、産業廃棄物)の業務、企画等々、 当社は、お客様個人を識別し得る情報(以下、「個人情報」といいます。 )を適切に保護することが重要であると認識し、 以下のように会社として取り組んでおります。 適切な個人情報の収集、利用、提供、預託を行います。 個人情報を本人の意思に反して収集、利用、提供、預託することは、権利の侵害となると共に事業者としての信頼を失うこととなります。 その為、個人情報の収集、利用、提供、預託等の管理を明文化し、個人情報の適切な管理を行います。 お客様から個人情報を収集させて頂く場合は、収集目的、当社の問い合わせ窓口等を明示したうえで、必要な範囲の個人情報を収集させて頂きます。 さらに法的な要請等によらない限り、お客様の事前承認なく、第三者に開示・提供することはありません。 また、お客様の個人情報を業務委託先に提供する場合は、守秘契約等によって業務委託先に個人情報保護を義務付けるとともに、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理します。 個人情報の紛失、破壊、改ざん、及び漏えい等を防止する対策をおこないます。 当社が、お客様から個人情報を収集する場合には、利用目的を明示し、ご承諾を頂いた上で、その目的達成に必要な範囲で収集させて頂きます。 法令及びその他の規範を遵守します。 個人情報の取り扱いに関して、個人情報保護法をはじめとする個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守すると共に、社内規定に準拠して行動します。 また役員を含む就業者に教育・啓発を実施します。 個人情報保護コンプライアンス・プログラムの継続的改善を行います。 個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを策定し、実施し、維持し、及び継続的改善を行います。 当社個人情報保護基本方針や個人情報保護についてご質問がある方、当社の個人情報保護に関して不備などを発見された方は、弊社業務部 個人情報保護担当までご連絡お願いします。

次の

小作物産へようこそ! 創業50年

産業廃棄物 羽村

事務所や店舗等の事業所から排出されるごみは、事業者みずから処理することが法律等で定められており、家庭と同じように、適切な分別、減量化の責任があります。 青梅市では、ごみの減量・資源化に努めている事業所と無秩序に排出している事業所間の公平性を確保するため、ごみ処理の全面有料化を実施しています。 以下のとおり、適切なごみ処理への御協力をお願いいたします。 ごみの種類 法律では、「廃棄物」を一般廃棄物と産業廃棄物に分け、青梅市の条例では、一般廃棄物をさらに家庭系廃棄物と事業系一般廃棄物に分けています。 事業系廃棄物とは、事業系一般廃棄物と産業廃棄物の総称です。 事業系廃棄物の処理方法 事業系一般廃棄物の処理方法は1日の排出量が45リットル以上か、それ以下かによって区別されます。 産業廃棄物については、産業廃棄物処理業者に依頼してください。 一般社団法人東京都産業資源循環協会(電話03-5283-5455) 資源ごみ、有害ごみ、粗大ごみについては市では処理をしません。 処理業者に依頼をしてください。 青梅資源リサイクル事業協同組合(電話0428-33-9221) また、あらゆる事業活動に伴って出るごみは、種類・量・質にかかわらず、家庭系の指定収集袋を使って排出することはできません。 ごみの排出量が少ない排出事業所 事業系ごみ用指定収集袋で、燃やすごみ、燃やさないごみおよび容器包装プラスチックごみのみ、市の収集に出すことができます。 1度の収集に出せるのは、 大袋3袋(小袋で出す場合6袋)までです。 事業所のある地区の収集日の朝8時までに事業系ごみ用指定収集袋に入れて、事業所前の道路に面した敷地内に出してください。 指定収集袋には必ず事業所名を記入してください。 水分を多く含む厨芥類を大袋(45リットル)で排出されますと、収集の際に重さで袋が破れて、ごみが散乱する原因となりますので、小袋(22. 5リットル)に2つに分けて排出いただきますようご協力ください。 また、十分な水切りについても併せてご協力ください。 燃やすごみは週2回、燃やさないごみは毎月第1週、容器包装プラスチックごみは毎月第2~5週に収集します。 事業系ごみ用指定収集袋の大きさおよび価格 小袋(22. 5リットル相当)1セット(10枚)805円 大袋(45リットル相当)1セット(10枚)1,610円 ごみの排出量が1度の収集につき大袋3袋を超える排出事業所 2つの方法があり、どちらの方法もマニフェスト(一般廃棄物管理票)を使った排出方法です。 マニフェストとは、ごみがいつ、どのように処理されたかを証明する書類になります。 可燃物については西多摩衛生組合環境センターへ搬入し、不燃物については青梅市リサイクルセンターへ搬入します。 みずから市の処理施設に直接持ち込む方法 以下の手順で搬入することができます。 市役所清掃リサイクル課でマニフェストを搬入回数分購入してください。 (1セット10円)• マニフェストに所定の事項を記入し、窓口で青梅市の確認を受けてから、車両用マグネットを借りてください。 搬入車両にマグネットを貼り、確認を受けたマニフェストを持ってごみを処理施設へ搬入してください。 可燃物、不燃物ともに1キログラムあたり30円の処理手数料がかかります。 搬入した翌月に市から納付書が発行されますので、指定金融機関で納付してください。 市の許可を受けた収集業者と任意に契約し、業者が収集する方法 市の許可を受けている一般廃棄物収集運搬業者と任意に契約し、業者が収集します。 青梅市一般廃棄物収集運搬業許可、許可更新および許可変更申請 新規の許可 現在、青梅市の一般廃棄物処理計画にもとづく一般廃棄物収集運搬許可業者による収集および運搬事業は適切に遂行されており、新たな収集運搬許可業者を必要としないことから、新規の許可申請は受け付けておりません。 許可の更新 青梅市の一般廃棄物収集運搬業の許可の更新を行う場合は、以下のリンクより申請書類をダウンロードし、所定の添付書類とともに提出してください。 許可の変更 青梅市の一般廃棄物収集運搬業の許可をすでに受けており、その内容に変更がある場合は、以下のリンクより申請書類をダウンロードし、所定の添付書類とともに提出してください。 廃棄物の減量および再利用に関する事業用大規模建築物所有者の届出書類の提出 事業活動に伴って排出される廃棄物は、特殊あるいは多量であることが多いため、一般家庭から排出される廃棄物とは別に取り扱いが定められています。 また、廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、廃棄物の処理に関して市民、事業者および行政のそれぞれの責務が決められています。 とりわけ、事業者には廃棄物処理についての事業者責任が強く問われています。 このことから、青梅市では、 延べ床面積3千平方メートル以上の事業用大規模建築物につき、「廃棄物の減量および再利用に関する計画書](以下「計画書」といいます。 )を提出いただくように、青梅市廃棄物の処理および再利用の促進に関する条例第18条第3項で定めていますのでよろしくお願いします。 下記リンクから計画書の作成要領、記入例および各種様式をダウンロードできます。 提出書類ダウンロード• 提出書類• 廃棄物の減量および再利用に関する計画書• 再利用対象物保管場所設置届• 廃棄物管理者選任届(人事異動等で担当者が変更になっている場合のみ)• 提出期限 令和2 年4月30 日(木曜日) 一般廃棄物処理実績報告書の提出 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第18条、青梅市廃棄物の処理および再利用の促進に関する条例施行規則第47条の規定にもとづき、以下の事業者については前年度の一般廃棄物処理実績報告書の提出が義務づけられています。 青梅市内で一般廃棄物収集運搬業または一般廃棄物処分業の許可を取得している事業者 該当の事業者各位におかれましては、下記のとおり平成31年度(令和元年度)一般廃棄物の処理実績報告書を提出していただきますようお願いします。 下記リンクから一般廃棄物処理実績報告書および記入例をダウンロードできます。 提出書類ダウンロード• 平成31年度(令和元年度)一般廃棄物処理実績報告書• 記入例 提出期限 令和2 年4月30日(木曜日).

次の