バカラ 摘発。 circus西川口市バカラ店が摘発↓場所はどこ?

バカラ賭博「損失補填」新手詐欺

バカラ 摘発

北九州市最大のソープランド「バカラ」(同市小倉北区)が9月18日、売春防止法違反の疑いで摘発された。 売春する場所を提供したとして、経営者やマネージャーらスタッフ計6人が逮捕されている。 風営法上、特殊浴場(ソープランド)は「浴場業の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業」と定義されている。 「お風呂場で出会った男女が自由恋愛の末に性行為する」という建前だが、実際には金を介在した売春が行われていることが広く知られている。 警察の胸一つでいつでも摘発できるわけだが、どんな基準で摘発されているのだろうか。 ナイトビジネスの法律問題にくわしいに聞いた。 1つ目は暴力団が絡んでいるケース。 報道によると、今回も収益が暴力団に流れていた可能性が疑われているようだ。 「経営に関与している場合はもちろん、条例によって『みかじめ料』を納める側にも罰則がある都道府県もあります。 暴力団とかかわりがある店は厳しく取り締まられる傾向があるようです」 2つ目は、警察の指導を逸脱したとき。 ソープランドは風営法で経営場所が限られており、ソープ街では複数店舗による「組合(協会)」があることがほとんどだという。 「警察は組合との距離が近く、組合を通して店舗を指導しています。 組合の取り決めを逸脱するような店舗があれば、警察が踏み込んでくることがあります」 このほか、店とスタッフが揉めたときなどにも警察が関与してくることがあるそうだ。 「警察は今のところ潰すのではなく、もともとある商売だからということで、指導の目を光らせながら管理するという立場をとっているようです」.

次の

circus西川口市バカラ店が摘発↓場所はどこ?

バカラ 摘発

「損失補填」と偽る詐欺。 相次ぐ被害の総額は1200万円 「男たちは被害者を信じ込ませるためにさまざまな仕掛けを用意していた。 実に手の込んだ詐欺だ」 捜査幹部は、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊が摘発した事件についてこう振り返る。 詐欺容疑で逮捕されたのはいずれも無職の31歳から36歳の男ら4人。 4人は昨年9月、バカラ賭博の損失補填と偽って、都内に住むアルバイトの男性(27)から現金とスマートフォンなど50万円相当の金品をだまし取った疑いがあるという。 すでに別の複数の被害者への詐欺容疑でも逮捕・起訴されており、逮捕は4回目。 平成27年3月から昨年11月までに都内や神奈川県内で同様の被害が続発しており、「関与が疑われる被害は約10件、被害総額は計1200万円に上る」(捜査関係者)という。 メールの受信先は、男性がインターネットの会員制交流サイトに公開していたメールアドレス。 文面はこう続いていた。 「僕は今まで仕事ばかりしてきたので、正直、友だちがいません。 これからは遊びも充実しながら生きていこうと思います」 興味を引かれた男性は男に返信。 1カ月ほどメッセージのやり取りを続けて意気投合した2人は東京・銀座で会うことになった。 待ち合わせ場所に現れた男は高級ブランド品を身につけ、「いかにも羽振りが良さそうな身なり」(捜査関係者)だったという。 気前よく食事をごちそうした男は男性と再会を約束する。 落ち合ったのは観光客でにぎわう東京・浅草の雷門。 男は会うなり、「面白い所がある」と男性を雷門からほど近いマンスリーマンションに案内した。 6帖の部屋にはバカラ台が置かれ、カードを配るディーラーや客もいた。 「俺らはこれでもうけてる」。 そう自慢げに話した男こそ、警視庁が詐欺容疑で逮捕した4人組の一人で犯行を主導していた35歳の男だった。 絶対負けないはずが…。 そして、こう畳みかけたという。 「男は店に客を紹介したら客が負けた分の10%が報酬としてもらえる。 逆に客が勝てば補填しなければいけないと説明。 その上で『一緒に紹介者にならないか』と持ち掛けた」(捜査関係者) 店内にいたのは男が連れてきた客で、その時点でかなり負けが込んでいた。 紹介者になるだけでお金がもらえるなら-。 絶対に勝てないはずの客が勝ち続け、最終的に300万円の利益を上げていた。 店側は、客に負けた分の損失補填を理由に現金の支払いを要求した。 追い詰められた男性は、手持ちの現金のほか、スマートフォン、タブレット端末など計50万円分の金品を支払わされたという。 一見、不幸な偶然が重なって起きた賭博場でのトラブルのようだが、内情は違った。 男性が連れ込まれたバカラ店は実際には営業しておらず、男性を誘い出した35歳の男をはじめ、客やディーラーなど店内にいた人間は全員グル。 すべてが男性をだますための舞台装置だったのだ。 詐欺団のメンバーは、いずれも名古屋市内のカジノ店で勤務していたことがあり、当時の経験を元に犯行を着想。 同じ手口での犯行を繰り返し、1千万円超を荒稼ぎしたという。 捜査関係者は、「詐欺団が狙ったのは、いずれも20代後半から30代前半の同年代の男性。 ターゲットを絞って巧妙に仕掛けた犯罪だ。 だまされた被害者が被害に気付きにくい点もより悪質性が高いといえる」と話している。

次の

北九州最大の「ソープ」を摘発、なぜここだけ? 警察が動く基準はなんなのか

バカラ 摘発

歌舞伎町のバカラ賭博店摘発 警視庁保安課は12日、賭博開帳図利容疑で東京都歌舞伎町1丁目のカジノ店「ペアペア」と、常習賭博容疑で同じビルに入るパチスロ店「ソーキソバ」のそれぞれの自称経営者2人と従業員2人を現行犯逮捕した。 賭博容疑で客の20~30代の男女5人も現行犯逮捕した。 2店は共通のカメラで客の出入りを確認しており、保安課は系列店とみている。 逮捕容疑は、ペアペアの自称経営者の男(59)らは4月12日、バカラ賭博を開いた疑い。 ソーキソバの自称経営者(45)らはパチスロ機50台を設置し、客相手に賭博をした疑い。 ペアペアは昨年11月から営業。 ビルの屋上にプレハブ小屋を建て、二つのバカラ台を設置していた。 ペアペアは昨年11月から営業。 ビルの屋上にプレハブ小屋を建て、二つのバカラ台を設置していた。 ソーキソバは昨年10月に開店し、保安課は約1600万円の売り上げがあったとみている。

次の