ムーン ライター 攻略。 【Moonlighter/ムーンライター】プチ攻略!

【Moonlighter/ムーンライター】プチ攻略!

ムーン ライター 攻略

ダンジョン探索 まずはダンジョン。 ダンジョンは、初期のゼルダを彷彿とさせるような見下ろし方。 と言っても、ゼルダのような謎解き要素があるわけではありません。 ダンジョンでは、ひたすらモンスターを倒すことでアイテムを入手。 アイテムは思っている以上にポンポン落としてくれるので、テンポよく遊べる。 すぐに持ち切れなくなってしまうのが嬉しいような悔しいような感じですけどね…。 用意されているダンジョンは4つ。 各ダンジョンは3層に分かれていて、各階層にはボスが配置されている。 ボスを倒せば、次の階層へと進むことができるようになります。 ダンジョンは入るたびに構造が変わるので、ボス部屋の位置もその都度変わる。 なので、毎回新鮮な気持ちでダンジョンに臨むことができます。 ダンジョン内で力尽きると入手したアイテムはほぼすべて失われてしまう。 ダンジョンからは少しのお金を払うことでいつでも脱出可能なのですが、なるべくリュックに目いっぱいアイテムを詰めて帰りたいので「あともう少しだけ!」とついつい欲張ってしまうのです。 いつ脱出するかというタイミングを見極めつつ、襲いかかるモンスターたちと戦うことになるため、意外に緊張感のあるヒリヒリした探索を楽しむことができます。 ショップ経営 ダンジョンからアイテムを持ち帰ったら、ショップに並べて販売。 お客さんが次々とやってきて、並べた商品の価格を前にさまざまな反応をしてくれます。 客の反応を見て、「ああ、ちょっと高すぎたかなぁ」とか「もちょっと下げてみよ」とかいろいろと試行錯誤するのが意外に楽しい。 並べた商品が次々と売れていき、お金がどんどん貯まっていくのは爽快です。 売買において重要なのは「価格」と「需要」。 アイテムをいくらで売るかというのはプレイヤーが決定します。 ただし、各アイテムには「 適正価格」設定されており、適正価格より高ければ買ってもらいにくく、適正価格より安ければ買ってもらいやすくなります。 また、同じ商品を供給しすぎると需要が下がり、供給を抑えると需要が上がるので、需要によっても価格の設定の仕方は変わってきます。 また、適正価格の情報は最初は「?」になっており、プレイヤーに開示されていません。 そのため、実際にさまざまな価格設定でアイテムを売りながら、客の反応を見て適正価格を見出していくことになります。 適正価格の情報は手帳に随時記入されていき、次に同じ商品を売るときには、その手帳の情報を参考にして価格を決定することができるというわけです。 この適正価格を見極めていく過程が、実際の売買の雰囲気をよく表現しているとともに、図鑑埋めのような楽しさも相まって、シンプルながら味わい深いシステムになっています。 村の発展 ショップ改装 ショップ経営でお金を稼いだら、設備投資することでショップを拡張。 店の規模を大きくしたり、アイテム保管庫の保管スペースを増やしたりすることで、より快適なショップ経営をすることができるようになります。 出資 出資をすることで、村を発展させることもできます。 鍛冶屋やポーション屋などのお店ができて村がにぎやかに。 クラフト ダンジョンで入手したアイテムは、武器や防具の作成・強化にも使います。 防具は、兜・鎧・足具の3種類。 武器は、剣&盾、大剣、爪、槍、弓矢の5種類。 アイテムを収集して武具を強化して、さらに強敵に挑む。 レベルや経験値という概念はなく、基本システムはモンハンに似ているかもしれません。 ちなみに、装備作成に必要なアイテムは「欲しいものリスト」に登録できます。 欲しいものリストに登録しておくと、該当のアイテムをマークキングできるので、誤って売ってしまうという心配もありません。 サポートモンスター ダンジョンにはお供としてサポートモンスターを連れていくことも可能。 さまざまな特徴あるモンスターたちがダンジョン探索を手助けしてくれます。 ただし、サポートモンスターを入手するためには、ダンジョンで該当のモンスターを倒し、モンスターの卵を入手する必要があります。 また、このループを繰り返すことで、「できないことができるようになる」というRPG特有の成長する快感を味わうことができるのもたまりません。 単調で作業的になっていく? 序盤は文句なしで面白いですが、村の発展などの要素もすぐに終わってしまうし、物語らしい物語もなく淡々と作業的に進んでいくため、中盤からどうしても飽きてくると予想されます。 ただ、現在プレイ10時間ほどですが、今のところまったく単調とは思いませんし、楽しくプレイできています。 一度始めると、本当にやめどきがわからなくなり困ってしまうほどです。 細かな不満点 ・操作性がちょっと独特 ・ダンジョンでときどきカクつく ・ゲームの公式マニュアル(説明書)がどこを探しても見つからない 商品情報 ・ 発売予定日:2019年3月28日 ・ 価格:2000円(税込み、DL版のみ) ・ ジャンル:アクション、アドベンチャー、シミュレーション ・ 対応機種:Nintendo Switch ・ 発売元:テヨンジャパン ・ 公式HP:.

次の

【ムーンライター】アイテムの適正価格、相場について

ムーン ライター 攻略

ダンジョン ・お金と引き換えにダンジョンを脱出できるが、階層を進むごとに費用は高くなる ・お金が足りない場合は 「商人のミラー」でアイテムをお金に変換できる インベントリ画面左下 ・治癒の泉の近くにボス部屋、次の階層への扉がある ・死亡時になくなるのはリュックにいれていたアイテムのみ 装備しているアイテム、上段5個のアイテム、お金はなくならない ・ダンジョン内で入手したアイテムには特殊な効果がついている場合があるので、リュック内の配置に注意 矢印方向のアイテムが帰還時に消滅 等の効果 ・扉が開きっぱなしの部屋とモンスターを全て倒さないと出られない部屋がある。 ボス攻略を目指す場合はなるべくモンスターを避けて進もう 【稼ぎの目安】 アイテム厳選等は特に行わず出現したアイテムをすべて拾い、リュックを一杯にして帰還した場合の稼ぎ目安。 ダンジョン 一つ目 1万前後 ダンジョン 二つ目 2万前後 ダンジョン 三つ目 10万前後 ダンジョン 四つ目 10万-40万前後 チップ増加のオブジェ使用 お金稼ぎはダンジョン三つ目から跳ね上がる模様。 三つ目のダンジョンは早めに解放したい。 【ストーリー】 ダンジョン 4つ 中ボス 2体 大ボス 1体 最後のダンジョン ボス戦のみ タウン ・ベッドを強化すると体力増加 増加分の体力はダンジョン内では回復できない。 装備作成に必要なアイテムには星マークがつくので便利 ・お店右の広場からペットを選択可能。 ペットはダメージを受けない。 該当モンスターを倒すとまれに卵を入手できる。 持ち帰ると3日ほどで孵化する。 装備品 ・防具で上がるのは体力のみ、防御力はあがらない。 防御力が必要ならエンチャントを行う エンチャント後の防御力は各防具で共通 兜 +15 胸当て +20 ブーツ +5 ・武器三段階目の強化に必要なアイテム 「原始の球根」はミミック? 宝箱に擬態したモンスター と宝箱から入手できる。 二つ目のダンジョン ・探索用に移動速度が上がる布装備、ボス戦用に体力の高い鋼装備がおすすめ ・強化用の素材が見つからない場合は、 アイテム屋「ル・リテイラ」を覗いてみよう。 タウン左 費用はかかるが、ある程度何でも揃う ・装備は武器優先で。 敵を倒す速度が上がれば生存率も上がり探索もしやすくなる。 ・武器のエンチャントは3回、防具は1回 ・ホウキ、スカイマスターLv4 青い剣 をエンチャントすると移動速度アップ クリア後 メニューからニューゲーム+ 2周目 が選択可能になります。 クリア後のデータはそのまま遊べます。 入手できるのは各種一つ。 破壊・売却した場合は再度宝箱から入手できる? 名称 効果 フェニックスリング 体力がなくなると、一度だけ全回復。 リングは壊れる シールドリング シールド1つ追加。 転落ダメージ20%上昇。

次の

【Switch版】ムーンライター 店主と勇者の冒険 攻略メモ【Moonlighter】

ムーン ライター 攻略

ダンジョン探索 まずはダンジョン。 ダンジョンは、初期のゼルダを彷彿とさせるような見下ろし方。 と言っても、ゼルダのような謎解き要素があるわけではありません。 ダンジョンでは、ひたすらモンスターを倒すことでアイテムを入手。 アイテムは思っている以上にポンポン落としてくれるので、テンポよく遊べる。 すぐに持ち切れなくなってしまうのが嬉しいような悔しいような感じですけどね…。 用意されているダンジョンは4つ。 各ダンジョンは3層に分かれていて、各階層にはボスが配置されている。 ボスを倒せば、次の階層へと進むことができるようになります。 ダンジョンは入るたびに構造が変わるので、ボス部屋の位置もその都度変わる。 なので、毎回新鮮な気持ちでダンジョンに臨むことができます。 ダンジョン内で力尽きると入手したアイテムはほぼすべて失われてしまう。 ダンジョンからは少しのお金を払うことでいつでも脱出可能なのですが、なるべくリュックに目いっぱいアイテムを詰めて帰りたいので「あともう少しだけ!」とついつい欲張ってしまうのです。 いつ脱出するかというタイミングを見極めつつ、襲いかかるモンスターたちと戦うことになるため、意外に緊張感のあるヒリヒリした探索を楽しむことができます。 ショップ経営 ダンジョンからアイテムを持ち帰ったら、ショップに並べて販売。 お客さんが次々とやってきて、並べた商品の価格を前にさまざまな反応をしてくれます。 客の反応を見て、「ああ、ちょっと高すぎたかなぁ」とか「もちょっと下げてみよ」とかいろいろと試行錯誤するのが意外に楽しい。 並べた商品が次々と売れていき、お金がどんどん貯まっていくのは爽快です。 売買において重要なのは「価格」と「需要」。 アイテムをいくらで売るかというのはプレイヤーが決定します。 ただし、各アイテムには「 適正価格」設定されており、適正価格より高ければ買ってもらいにくく、適正価格より安ければ買ってもらいやすくなります。 また、同じ商品を供給しすぎると需要が下がり、供給を抑えると需要が上がるので、需要によっても価格の設定の仕方は変わってきます。 また、適正価格の情報は最初は「?」になっており、プレイヤーに開示されていません。 そのため、実際にさまざまな価格設定でアイテムを売りながら、客の反応を見て適正価格を見出していくことになります。 適正価格の情報は手帳に随時記入されていき、次に同じ商品を売るときには、その手帳の情報を参考にして価格を決定することができるというわけです。 この適正価格を見極めていく過程が、実際の売買の雰囲気をよく表現しているとともに、図鑑埋めのような楽しさも相まって、シンプルながら味わい深いシステムになっています。 村の発展 ショップ改装 ショップ経営でお金を稼いだら、設備投資することでショップを拡張。 店の規模を大きくしたり、アイテム保管庫の保管スペースを増やしたりすることで、より快適なショップ経営をすることができるようになります。 出資 出資をすることで、村を発展させることもできます。 鍛冶屋やポーション屋などのお店ができて村がにぎやかに。 クラフト ダンジョンで入手したアイテムは、武器や防具の作成・強化にも使います。 防具は、兜・鎧・足具の3種類。 武器は、剣&盾、大剣、爪、槍、弓矢の5種類。 アイテムを収集して武具を強化して、さらに強敵に挑む。 レベルや経験値という概念はなく、基本システムはモンハンに似ているかもしれません。 ちなみに、装備作成に必要なアイテムは「欲しいものリスト」に登録できます。 欲しいものリストに登録しておくと、該当のアイテムをマークキングできるので、誤って売ってしまうという心配もありません。 サポートモンスター ダンジョンにはお供としてサポートモンスターを連れていくことも可能。 さまざまな特徴あるモンスターたちがダンジョン探索を手助けしてくれます。 ただし、サポートモンスターを入手するためには、ダンジョンで該当のモンスターを倒し、モンスターの卵を入手する必要があります。 また、このループを繰り返すことで、「できないことができるようになる」というRPG特有の成長する快感を味わうことができるのもたまりません。 単調で作業的になっていく? 序盤は文句なしで面白いですが、村の発展などの要素もすぐに終わってしまうし、物語らしい物語もなく淡々と作業的に進んでいくため、中盤からどうしても飽きてくると予想されます。 ただ、現在プレイ10時間ほどですが、今のところまったく単調とは思いませんし、楽しくプレイできています。 一度始めると、本当にやめどきがわからなくなり困ってしまうほどです。 細かな不満点 ・操作性がちょっと独特 ・ダンジョンでときどきカクつく ・ゲームの公式マニュアル(説明書)がどこを探しても見つからない 商品情報 ・ 発売予定日:2019年3月28日 ・ 価格:2000円(税込み、DL版のみ) ・ ジャンル:アクション、アドベンチャー、シミュレーション ・ 対応機種:Nintendo Switch ・ 発売元:テヨンジャパン ・ 公式HP:.

次の