業務 スーパー 安い。 業務スーパー 買うな!安い中国産 品質 安全性 冷凍野菜は危険?

業務スーパーで食費節約になる7つの買い物術 [節約] All About

業務 スーパー 安い

業務スーパーで購入した海苔の主な商品情報をチェック 業務スーパーには、いくつかの海苔が販売されています。 主な種類は、次の通り。 国産焼きのり(20枚入り・全形)• 焼きのり(50枚入り・3切)• 味のり(30枚入り・3切) 今回は、その中でも使いやすそうなサイズの「焼きのり(50枚入り)」を購入しました。 内容量・値段 業務スーパーで購入した海苔は50枚入りで、値段は 税抜380円です。 海苔1枚あたりの値段は、なんと7. 6円! 一般的なスーパーで販売されている3切の焼き海苔は、50枚入りで600円ほどですので、1枚あたりの値段は12円です。 業務スーパーの焼き海苔のほうが、かなりお買い得ですね。 ちなみに、業務スーパーで販売されている全形の「国産焼きのり」は20枚入りで298円、3切で30枚入りの「味のり」の値段は248円です。 エネルギー 6kcal たんぱく質 1. 2g 脂質 0. 1g 炭水化物 1. 3g 食塩相当量 0. 04g とても低カロリーなので、多めに食べても安心ですね。 賞味期限 今回購入した業務スーパーの海苔の賞味期限は、2020年7月20日でした。 購入日は2019年11月なので、およそ8ヶ月間保存することができます。 業務スーパーで購入した海苔の開封&味見してみた! パッケージの上部にはチャックが付いています。 中には乾燥剤も入っているので、湿気らせずに長期保存することができますね。 業務スーパーの海苔を、パッケージから出してみました。 50枚の海苔がごそっと出てきました。 海苔の大きさは、縦18cm、横6. 5cmほど。 箸でつまんでみると、海苔が透き通っていることが分かりますね。 海苔の厚さは、やや薄めのようです。 業務スーパーの海苔の味を確かめるために、そのまま味見してみました。 業務スーパーで購入した海苔を使った美味しい料理レシピ 業務スーパーの海苔が美味しいことは分かったところで、ここからはおにぎりやお餅に巻くといったいつもの使い方とは少し違う、業務スーパーの海苔を使った料理レシピを考えてみました。 おつまみやランチにぴったりなメニューなので、レシピを参考に作ってみてくださいね! 業務スーパーの海苔で作る『油揚げの和風ピザ』 まずは、油揚げを開いてネギと業務スーパーで購入した海苔を乗せて焼いた、和風ピザのレシピをご紹介します。 油揚げの和風ピザの材料• 油揚げ…長方形サイズのもの2枚• 海苔…1枚• 桜えび…大さじ2• 味噌…小さじ1• 砂糖…小さじ1 ネギやチーズ、マヨネーズなどはこちらを使ってもOKですよ! 油揚げの和風ピザの作り方 1.油揚げは菜箸で転がして開きやすくしてから、熱湯にくぐらせて油抜きをします。 三辺を切って開き、1枚を4等分にカットします。 2.ネギはみじん切りにして、海苔は細かくちぎっておきます。 4.3の上にネギ、桜えび、チーズをのせて、弱火のグリルで5~10分ほど焼きます。 簡単ジェノベーゼ風パスタの材料• 海苔…4枚• くるみ…25g• 粉チーズ…大さじ1• にんにく…1かけ• オリーブオイル…50g• ブラックペッパー…少々 パスタ、くるみ、粉チーズ、にんにく、オリーブオイルに関する記事はこちら 簡単ジェノベーゼ風パスタの作り方 1.海苔を小さくちぎり、くるみと一緒にミキサーで撹拌します。 パスタはパッケージに記載されている時間通りに茹でておきます。 2.そこへその他のパスタソースの材料を全て加えて、さらに撹拌します。 3.仕上げにオリーブオイルを加えたら、パスタソースの完成です。

次の

業務スーパーの【生野菜】の値段は安い?原産国はどこ?おすすめの生野菜も紹介!

業務 スーパー 安い

こんにちは、教育費捻出のため節約に励む、ヨムーノライターminakoです。 毎日の献立を左右するスーパー各社の広告の品。 とくに豚肉の100gあたりの単価は、献立や食費の総額を左右します。 ここでは、スーパー各社の中から安定した安さを誇る業務スーパーのおすすめ「豚肉」をご紹介します。 豚肉はお弁当のおかずにも使い勝手が良いですよね。 エリアによって価格や取り扱いは異なります。 ご了承ください。 近所の業務スーパー「国産豚小間切れ モモ617g542円」(100g当たり88円)でした。 100g当たり88円と聞くと、反射的に「安い!」と思ってしまう私。 ちなみにイオンネットスーパー(自宅の最寄り店舗)「トップバリュ うまみ和豚 小間切れ(国産)」が100g当たり128円。 西友ネットスーパー「国産 豚肉こまぎれ特大」が100g当たり101円。 同じ商品の大と小が100g当たり107円と単価が変動。 とくに他店が高いという印象よりも、今はそのくらいが普通という印象。 なので業務スーパーのグラムあたり90円以下は際立ちます。 部位が限定されておらず、いろいろ混じっている「豚小間」だと、たまに肩や肩ロース肉が多めに入っていたりして、嬉しいものなのですが……。 献立に貢献する業務スーパーの豚小間切れ 我が家の夕食は豚汁にしました。 長ネギ・白菜・にんじん・大根・里芋などを一緒に加えました。 お肉は惜しみなく使いましたよ。 気温が下がってくると、熱々の豚汁で体も心も温まりました。 豚汁って、たっぷり用意しておくと、翌朝がとても楽なんです。 前日の豚汁を温め直したら、あとは冷蔵庫内にあるストックを並べるだけで、朝食の完成です。 私はこの日の朝、いつもより長く睡眠時間を確保することもできました。 業務スーパーおすすめ「豚挽肉」 お肉の冷凍ストックで購入する豚挽肉です。 この日に購入したのは「国産、アメリカ 豚挽肉」。 続く表示を見てみると「264g232円 100g当たり88円」との記載です。 グラム当たり88円は広告の品ではなくいつも「お買い得」マークがついています。 イオンネットスーパー(自宅の最寄り店舗)では「国産 豚ミンチ(解凍)」が100g当たり128円と148円がありました。 西友ネットスーパーでは、「国産 豚ひき肉(解凍)特大」が100g当たり102円。 容量が少なくなると100g当たり107円でした。 残念なポイントもある近所の業務スーパー 業務スーパーはアメリカ産との混合になっているので、価格以外で好みが分かれるかもしれません。 お肉は冷凍保存 密封できる保存袋に入れて冷凍しておきました。 菜箸を使って筋をつけておき、必要な分だけポキッと折って使います。 業務スーパーの豚肉まとめ 業務スーパーの豚肉は価格が安定していて、安いです(近所の業務スーパーの場合)。 内容量と価格を鑑みてもお得感があります。 一方、価格が安いので、産地の違いやブランド品、そして自社製造かどうかなど、何らかの理由があるかもしれません。 一番大事なのは、家族みんなが全部美味しく(野菜も!)食べてくれること。 そのためには、日々の価格チェックや冷凍庫へのストックなどなど……頭を使うことはたくさんあります。 お近くに業務スーパーがあれば、足を運んでみてはいかがでしょうか。 毎月のお買い得チラシは業務スーパー公式HPでもチェックできますよ。

次の

業務スーパーのおすすめコーヒー豆&粉7選!安い値段でコスパ抜群|コーヒー豆研究所

業務 スーパー 安い

これはまだ筆者が店員として働いていたときですが、牛肉を見て 「うわぁ!ステーキ安いねこれ!」とおっしゃっている方がいました。 そりゃそうですよ、それオーストラリア産のステーキですよ。 お近くのスーパー見てくださいよ、大体似たような価格ですよとツッコミを入れたくなったのです。 ただ、ブロック単位でみると、これまでの値段感覚でいくと、一見安いかのような錯覚に陥らされることもあるので、そういったところをうまく利用しているなと感じます。 特に冷凍野菜の類は、安い国から輸入することで、ある程度採算を取っているのではないかと感じております。 しかしながら、業務スーパーはこれでボロ儲けなわけではありません。 利益としては、トントンではないのだろうかと 勝手ながら予測します。 特に、企業がよくやるマーケティング方法として、無料で配布しておきながらも、何か買わないと申し訳ないからというようなついで買いを促すのかもしれません。 ゼラチンに香料、クエン酸を混ぜて、フルーティーなゼリーを販売したりして、安いようになっております。 このあたりは当たり前すぎる話かもしれませんので、もっと業務スーパーについてツッコミを入れてみると、お惣菜の類というのは大抵かさ増しをしております。 業務スーパーに限ったことではないのですが、 増粘多糖類というものがまさにそれです。 とろみをつけたりするときにも使われたりします。 危険なわけではなく、植物由来のものばかりです。 それが安い理由のひとつでもあります。 このあたりも大手メーカーであれば、基本的にどこでもやっていることなので、 怪しい要素でもありません。 さらに、後述するものの組み合わせをすることで、もっと安い理由が出るようになります。 悪く言えば金に物を言わせている状態です。 良く言えば、自社の取り組みにかなり力を入れているという風に見ることも出来ます。 こうすることによって、仕入れの手間が省けたり、本当に原価に近いような価格で安い価格が実現したりというのが理由です。 個人レベルで考えても、食べ物によりけりですが、自宅で卵焼きを作るのと、外で卵焼きを買うこと、 どちらが安いかと問われると前者です。 少量の餃子を作りたいとなると、そうはいかないかもしれませんが。 そして、自社製のものを組み合わせて新しいものを生み出していたりするのです。 業務スーパーが安い理由は、そういったものをほとんど置いておりません。 それだけに、自社で作ったり、賞味期限が長く設定できるように冷凍してみたりというような工夫をすることで、 ロスを防げることにもなります。 これが安い理由です。 実際に仕入れた鶏肉を生のままで販売するのと、冷凍をして保存しておくのでは、消費しないといけない期間が大幅に伸びてくれるわけです。 すべての商品でぼろ儲けするというのではなく、薄利多売のスタンスも取り入れているので安いのです。 いまやお金持ちが多いと言われいてる某国ですが、そこのお金稼ぎのマニュアルにもライバルに知られることなく、 細々と薄利多売で生きていけなんて助言があるくらいです。 こうやって、今は大企業に成長しているのは、まさにそれなのかもしれません。 個人と違ってまとめ外してくれたりすることもあります。 すでに飲食店の仕入れ担当だったり、経営をしている方はご存知かもしれませんが、本当の意味での業者向けのスーパーでは、大口の注文をしなければならないことがあります。 たとえば、ケーキなどは1ホールではなく5、10ホール単位だったりです。 少量ほしいときにも、業務スーパーの出番だったりします。 そんなお店の需要もあって、買ってくれる人がいるからこそ 安いのです。 実際に働いてみた方はすぐにうなづくことだろうと思いますが、時給や給与に対しての責任が重かったりします。 そして、コンビニほどではないもののマルチプルにやらないといけない部分もあります。 決して安い給料であるとは言いがたいものの、働きに対してしっかりとした対価が支払われているかと問われると「うーん」となります。 決して業務スーパーのことをけなしているわけでもなく、この時代なので、 仕方のないことだと思います。 一般企業だって給与も大盤振る舞いで景気良く社員に働いてくれよなんて情のある経営者も少なくはないと感じております。

次の