ヒルドイド 市販 薬。 ヒルドイドと同じものは買える?薬剤師が解説!

ヒルドイドと同じものは買える?薬剤師が解説!

ヒルドイド 市販 薬

2017年に、高級な美容クリームよりも美容効果が高い、と話題になった「ヒルドイド」。 これはヘパリン類似物質という保湿成分を含むことによって 保湿、血行促進、抗炎症の効果があり、 アトピーや 火傷の際に 肌の乾燥治療で使用される薬です。 しかし最近は、ヒルドイドを本来の目的ではなく美容目的に利用する人が続出し、議論を呼んでいます。 そこで今回は、ヒルドイドの代わりに利用できる市販薬をご紹介します! 何が問題?ヒルドイドの医療目的外利用 ヒルドイドは、医師が出した処方箋を基にのみ受け取ることができる処方薬です。 また、ヒルドイドには かゆみ、赤み、発疹といった副作用がありますが、処方薬の本来の目的以外の使用ではこれらは全て自己責任となり、万が一のときに重大な負担や危険があります。 そのため、処方薬はアレルギーなどの治療にのみ使用し、美容に用いる場合は他の市販薬を使用しなければならないのです。 さらに、処方薬は大抵の場合、 費用の7割は私達が支払っている保険料が財源となっています。 つまり美容目的でヒルドイドを処方してもらう人が増えると、保険料の負担が増大し最終的には 現状の財源で賄いきれなくなってしまう心配があるのです。 ヘパリン類似物質の入った市販薬 市販薬は、医師の処方箋が必要なくドラッグストア等で気軽に購入できるのが特徴。 ヒルドイドと同じ成分を含む市販薬は、いずれもヒルドイドとは違う名称で販売されているので一見分かりにくいですが、実はいくつも販売されています。 ここからは ヒルドイドの代用になりそうな市販薬を6つご紹介していきます。 HPクリーム、ローション グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン 含まれている有効成分がヘパリン類似物質のみなので、純粋に 保湿効果だけを求めている方に適しています。 クリームとローションの両方が展開されているので、自分の好きな使用感と照らし合わせて選んでみてください。 べたべたするのが苦手ならローションがおすすめです。 第2類医薬品。

次の

【2020年版】ヒルドイドの市販薬を徹底比較【おすすめ10選】

ヒルドイド 市販 薬

刺激性がないヒルドイド系保湿剤が絶対的に良いのか? と考えがちです。 次に、ヒルドイド系・尿素配合保湿剤のメリット・デメリットを紹介します。 ヒルドイド系保湿剤のメリット・デメリット ヒルドイド系保湿剤のメリット・デメリットを紹介します。 ヒルドイド系保湿剤のメリット ヒルドイド系保湿剤の最大のメリットは、 刺激性がないことでしょう。 顔にも塗ることができますし、子供さんも嫌がることなく塗らせてくれることでしょう。 ヒルドイド系保湿剤のデメリット 特別ないように思います。 どのような薬にも当てはまりますが、肌に合わないことはあるかもしれません。 尿素配合保湿剤のメリット・デメリット 尿素配合保湿剤のメリット・デメリットを紹介します。 尿素配合保湿剤のメリット 尿素の特に良いところは2点あります。 ・角質を柔らかくしてくれる ・ヒルドイド系より安い 安いけれど、保湿作用はしっかり 冬場になると、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしがガサついて割れたり、手指が割れたりすることがあると思います。 尿素はガサつく原因の角質を柔らかくしてくれるので、このような症状を改善してくれます。 また、尿素はヒルドイド系保湿剤よりも安価です。 尿素配合保湿剤は安いですが、保湿作用はしっかりしています。 尿素配合保湿剤は、手が届きやすい保湿剤と言うことができます。 乾燥肌によるかゆみがあり、ひっかき傷などがある部位に尿素配合保湿剤を塗ると、チリチリしたような刺激を感じます。 刺激性があるので、顔 特に目の周り に塗ることも控えた方がいいでしょう。 また、小さいお子さんには使いにくい場合があるかと考えています。 刺激性があるので、そのチリチリした感覚を子供さんが嫌がる可能性があります。 ただし、そのチリチリした刺激感は数分もすれば感じなくなります。 そのため、刺激性の問題をクリアできれば、尿素配合保湿剤は十分に使用価値が高い薬だと考えます。 ヒルドイド系or尿素配合保湿剤?まとめ ここまで、ヒルドイド系or尿素配合保湿剤どちらを選べばよいか紹介してきました。 ヒルドイド系保湿剤には刺激性がありません。 刺激性がないので、顔や小さな子供にも使いやすいという面で大きなメリットがあります。 一方で、尿素には角質を柔らかくする作用があり、ヒルドイド系よりも安価であるというメリットもあります。 刺激性があることをクリアできれば、尿素配合保湿剤は十分に使用価値がある保湿剤と言うことができます。 カテゴリー•

次の

乾燥・かゆみにヒルドイドより効く市販薬を3種類紹介!!|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

ヒルドイド 市販 薬

刺激性がないヒルドイド系保湿剤が絶対的に良いのか? と考えがちです。 次に、ヒルドイド系・尿素配合保湿剤のメリット・デメリットを紹介します。 ヒルドイド系保湿剤のメリット・デメリット ヒルドイド系保湿剤のメリット・デメリットを紹介します。 ヒルドイド系保湿剤のメリット ヒルドイド系保湿剤の最大のメリットは、 刺激性がないことでしょう。 顔にも塗ることができますし、子供さんも嫌がることなく塗らせてくれることでしょう。 ヒルドイド系保湿剤のデメリット 特別ないように思います。 どのような薬にも当てはまりますが、肌に合わないことはあるかもしれません。 尿素配合保湿剤のメリット・デメリット 尿素配合保湿剤のメリット・デメリットを紹介します。 尿素配合保湿剤のメリット 尿素の特に良いところは2点あります。 ・角質を柔らかくしてくれる ・ヒルドイド系より安い 安いけれど、保湿作用はしっかり 冬場になると、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしがガサついて割れたり、手指が割れたりすることがあると思います。 尿素はガサつく原因の角質を柔らかくしてくれるので、このような症状を改善してくれます。 また、尿素はヒルドイド系保湿剤よりも安価です。 尿素配合保湿剤は安いですが、保湿作用はしっかりしています。 尿素配合保湿剤は、手が届きやすい保湿剤と言うことができます。 乾燥肌によるかゆみがあり、ひっかき傷などがある部位に尿素配合保湿剤を塗ると、チリチリしたような刺激を感じます。 刺激性があるので、顔 特に目の周り に塗ることも控えた方がいいでしょう。 また、小さいお子さんには使いにくい場合があるかと考えています。 刺激性があるので、そのチリチリした感覚を子供さんが嫌がる可能性があります。 ただし、そのチリチリした刺激感は数分もすれば感じなくなります。 そのため、刺激性の問題をクリアできれば、尿素配合保湿剤は十分に使用価値が高い薬だと考えます。 ヒルドイド系or尿素配合保湿剤?まとめ ここまで、ヒルドイド系or尿素配合保湿剤どちらを選べばよいか紹介してきました。 ヒルドイド系保湿剤には刺激性がありません。 刺激性がないので、顔や小さな子供にも使いやすいという面で大きなメリットがあります。 一方で、尿素には角質を柔らかくする作用があり、ヒルドイド系よりも安価であるというメリットもあります。 刺激性があることをクリアできれば、尿素配合保湿剤は十分に使用価値がある保湿剤と言うことができます。 カテゴリー•

次の