日本 国 憲法 ぜんぶ ん。 日本国憲法前文

今日から実践できる勉強法「中学公民の日本国憲法」

日本 国 憲法 ぜんぶ ん

このライフレシピのもくじ 【】• みなさんは、公民<日本国憲法>は得意ですか? 私は、暗記は苦手でしたが今から紹介する勉強法でテストで90点以上とることに成功しました。 今回は、その勉強法についてご紹介します。 日本国憲法分野の勉強法 STEP1 大日本帝国憲法と日本国憲法の違い まず、日本国憲法を勉強するうえでは大日本帝国憲法との違いを把握しなければいけません。 ここで簡単に大日本帝国憲法と日本国憲法の違いをご説明しますね! この図から分かりますように、大日本帝国憲法と日本国憲法では多くのことが変わっています。 次のSTEPでは、この中でも特に重要なことをご紹介します。 STEP2 絶対に覚えるべきこと。 STEP1の画像より、大日本帝国憲法と日本国憲法の違いで最も重要なことを今からご説明します。 大日本帝国憲法と日本国憲法の違いは、 3つあります。 その3つは、これから公民(日本国憲法)を勉強するうえで 最も重要になりますので絶対に覚えてください。 1 主権 大日本帝国憲法では、 主権は天皇でしたが日本国憲法では 国民となっています。 2 戦争 大日本帝国憲法では、戦争に関し 徴兵が国民の義務となっていましたが日本国憲法では、第九条によりこのように定められています。 日本国憲法 第九条 <戦争の放棄> 第一項 日本国民は、 正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 第二項 前項の目的を達するため、 陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。 国の交戦権は、これを認めない。 以上の条文により、 武力は永久に放棄することになっています。

次の

なぜ緊急事態条項で賛成派・反対派は分かり合えないか

日本 国 憲法 ぜんぶ ん

このライフレシピのもくじ 【】• 我々、日本人は日本国憲法で「人権」が守られています。 今回は、「基本的人権」の中にある「社会権」と「基本的人権を守る権利」について学びます。 社会権 社会権とは、基本的人権の一つで、 社会を生きていくために人間が人間らしく生きていくための権利のことです。 「生存権」「教育を受ける権利」「社会保障の権利」など、基本的人権で保障されるこれらの権利を 「社会権」と呼びます。 生存権 生存権とは、日本国憲法「第25条第1項」でこのように定義されています。 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する 1919年の ヴァイマール憲法が、生存権の具現化の先がけになったとされています。 教育を受ける権利 教育を受ける権利とは、日本国憲法「第26条第1項」でこのように定義されています。 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。 そのため、 日本の小学校・中学校の公立は無償で授業を受けることができるのです。 高校が含まれていないのは、国が定める義務教育ではないからです。 公立高校は現在、民主党の政策で無償化されています。 労働の権利 日本国の社会権に「労働の権利」とう項目は存在しません。 しかし、このような項目は存在します。 教育・納税・労働は日本国民の義務である これを、 「日本国民の三大義務」と言います。 日本国憲法第27条では、この「労働」に関してこのように定義されています。 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。 これを 勤労の権利と言います。 ほかにも第28条では、「 労働三権」が認められています。 労働三権は、以下の3つの権利のことです。 団結権• 団体交渉権• 団体行動権 参政権 参政権とは、簡単に言うと 「選挙に投票する権利」のことです。 日本国憲法では、選挙権を 20歳以上の人が持つことができ、憲法では 第15条 (選挙権)、第44条(被選挙権)が存在します。 基本的人権を守るための権利 基本的人権を守るための権利は大きく分けて3つあります。 参政権• 請求権• 請願権 参政権 先述しておりますので、上記を確認してください。 請求権 請求権とは、 国民の権利が侵された場合、国に対し救済を求めることができる権利です。 憲法17条・32条・40条で定義されています。 請願権 国民が 損害の救済、公務員の罷免、法律の改正など、国の機関に請願できる権利で、憲法第16条で保障されています。 おわりに 引用文の部分は、中間や期末で全文書く問題が出題されやすいので必ず覚えておいてください。 image by.

次の

日本の法律一覧

日本 国 憲法 ぜんぶ ん

輸入品というのは、必ずしも正しくありませんが、そもそも古代日本には文字がありませんでしたので、何でも輸入品と言われてしまいます。 天皇に関しては、元々古代日本ではスメラミコ、オオキミなどと呼ばれていました。 弥生時代に国という概念が誕生して以来、首長をこうして呼んだと思われます。 そしてスメラミコ オオキミ は、邪馬台国の卑弥呼に代表される祭祀王の属性を持ち、やがて倭国王を指す言葉に変わりました。 漢字が使われるようになり、このスメラミコ オオキミ に天皇という字を当てました。 天皇とは古代中国の天皇大帝から来ていますが、あくまでもスメラミコ オオキミ であります。 中国の皇帝は滅ぼされますが、日本のスメラミコは滅ぼされることはありませんでした。 これが天皇 スメラミコ が輸入ではない証拠でしょう。 ちなみに天皇をテンノウと言うようになったのは最近です。 憲法に関してはある意味しょうがないですね。 かつて聖徳太子が制定した17条の憲法は自前ですが、すでに仏教や儒教の教えや理念が入っています。 ましてや近代社会では日本の事だけを考えた憲法には出来ません。 世界の関わりの中の日本ですから。 宗教に関しては、しょうがないでしょうね。 現在仏教、キリスト教、イスラム教が世界中に広まっているのですから。 お隣の韓国や中国だって同じです。 日本の場合、オリジナルは神道です。 どこの国にもありません。 日本の仏教は、この神道と融合しながらオリジナルになったと言っても過言ではありません。 質問者さんの質問の主旨は分かりませんが、仏教、憲法などはオリジナルと考えても差し支えないかと。 また、天皇は全くのオリジナルです。

次の