チューバ 吹き方 初心者。 ハーモニカの種類と吹き方(初心者向け)

チューバ吹きの方!娘をどうぞ助けてください!

チューバ 吹き方 初心者

スポンサードリンク チューバの吹き方のコツ! チューバの吹き方のコツとして、まず、チューバ初心者の方に伝えたいことがあります。 それは、 チューバという役割を知るということです。 チューバは「縁の下の力持ち」。 みんなをそっと、だけど力強く守ってあげるお父さんみたいなパートです。 例えば、ドミソの和音を「みそ汁」にすると• ソ…お湯• ミ…味噌• ド…お椀 になります。 このとき、 チューバは「お椀」です。 和音のベースになる音は「根音」といいます。 お椀がないと、そもそもみそ汁を入れることができませんよね。 そのくらい、和音の土台となる音を担当していることを意識してみましょう。 具体的な奏法やコツではありませんが、 このイメージを持つことで、自分の意識も音もかなり変わります。 ただ楽譜に書いてある音符を追うだけのときと全然違いますよ! 音が太くなる、安定感が生まれるなどの変化がみられると思います。 それでは、このイメージを常に持ちつつ、具体的な練習をしていきましょう!• 1オクターブ上まできたら、今度は下がる。 これで1セットです。 慣れない方は、片道だけでもOKです。 音の吹き始めから終わりまで 音色が変わらないようにする。 音の途中だけではなく、音の出だし、音の終わりをきれいに吹くのがコツです。 メトロノームのタイミングに合わせて音を出す チューバは管が長いので、息を送ってから音が出るまでに時間の差が生まれます。 そのため、気持ち早めに息を送ってあげましょう。 できるだけリラックス して吹く 体が硬くなると、息を吸う量がだんだん少なくなってしまいます。 2拍休んでアンブシュア(唇の形)を整えてから、2拍かけて、お腹の底から息をたっぷり吸うようなイメージで吹いてください。 たまに知ってる曲で遊ぶ ずーっとロングトーンばかりしてても飽きてしまいますよね。 そんなときは、息抜きも兼ねて、知ってる曲のフレーズを吹いてみましょう! いろいろな音階のロングトーンを練習していれば、指も自然と動きやすくなると思います。 知ってる曲が耳コピできる!という感動ったら。 どれだけ下手でも吹けると楽しい! チューバパートのメンバーや他の楽器と合わせてみてもおもしろいですよ! リップスラー リップスラーとは、同じポジション(指の位置)で異なる音を吹く練習です。 「リップスラーを制する者は金管楽器を制する」くらい大切な練習です。 タンギングしないでなめらかに吹く 舌で音を止めることなく、違う音に移る奏法がリップスラー。 音と音の間をなるべく自然に、なめらかに移動できるように心がけましょう。 息のスピードと量をコントロールする 同じポジションでも 低い音と高い音では、アンブシュアや息の入れ方が違います。 音の高さによって使い分けることが上手くいくコツです。 (このあと、改めてご紹介します。 ) 低音、高音をきれいに出すコツ チューバでも、曲によっては楽譜からはみ出しまくった低音、高音が登場します。 それらの音をきれいに出すにはどうしたら良いのでしょうか? 息の入れ方を意識する まずは、息の入れ方を工夫してみましょう。 低音は喉の奥を開き、温かくて太い息を入れる。 高音はアンブシュアを平らに閉じて、口角を閉め、低音よりもスピードをつける。 イメージですが、あえて差をつけて吹き分けると、違いが分かりやすいと思います。 極限突破する なんのことか意味不明かもしれませんが、 自分が持つ「音域を超える」ということです。 今まで出したことない低い音、高い音を吹いてみましょう。 基準の音を決めて、そこから1音または半音ずつ下がって(または上がって)いきます。 その際、ちゃんとした音にならなくても構いません。 なんとなく「この音だな…」とふんわりつかめるくらいでOKです。 その音に慣れてきたら、音程や音質を極めていきましょう。 低音も高音も「この音が出せた!じゃあ次は半音低い音…!」と、少しずつじわじわと広げていくのです。 音域が広がると、その音域内の音が安定するようになります。 可動域が広がることで、 その音が確実に自分のものになるということです! (これ、カラオケでも使えますよ。 ) Advertisement 関連する記事• はじめてホルンを手にしたあなたへ。 音は当たらないし、持ってるだけで疲れるし、もうこんな楽器嫌!なんて思っていませんか?! 今回は吹き方や練習方法をご[…]• 肺活量をアップしたい!鍛えたい!というのは、吹奏楽部で楽器を始めたばかりの人に多い悩みですね。 ロングトーンが全然続かなくて、先輩に「肺活量鍛えなさい[…]• クラリネット吹きなら誰しも経験するリードミス。 演奏していると大事なところで「ピー」とか「キャー」という音がなってしまったということは、一度は経験があ[…]• 金管楽器で必ず最初に行う練習方法がマウスピースでの練習です。 なぜマウスピースの練習が必要なのか? 今回はトロンボーンのマウスピースによる練習方法や練[…]• ホルン初心者は、どのような練習をすれば早く上達できるのでしょうか? そこが悩みの種ですよね? そこで、今回はホルン初心者が早く上達する練習法やオススメ[…].

次の

チューバ吹きの方!娘をどうぞ助けてください!

チューバ 吹き方 初心者

社会人吹奏楽団と管弦楽団で活動中。 アマチュアのボランティア活動として、小中高校での練習もサポート中です。 チューバを吹いている皆さん、楽しく練習していますか? チューバは吹奏楽や金管バンドでは、バンド全体を支えるサウンドの土台ですから、たいへん重要な役割を担っています。 チューバの大切な役割には、打楽器と協力しながら楽曲のテンポを維持し、時に早めたり緩めたりするというものがあります。 また、ハーモニーの土台となる音(根音)を演奏することが多く、楽曲全体の強弱に変化をつける役割も重要です。 ここでは、チューバ演奏に役立つ基礎練習の5つのテーマをご紹介します。 豊かな音作りと、強弱のコントロール練習 チューバに限らず金管楽器を演奏する上で、響きのある良い音づくりにロングトーン練習は欠かせません。 しかし、練習時間にも限りがあるでしょうから、ロングトーンだけに時間を割けないのが実状ではないでしょうか?。 ここでは、ロングトーンに、スラーとクレッシェンド(デクレッシェンド)を組み合わせた練習を紹介します。 この練習で、響きのある音作りをしながら、音の強弱をコントロールする練習を同時に行ないます。 テンポはメトロノームを使って4分音符でテンポ60に設定します。 基本的には 8拍のロングトーンですが、前半は次第にクレッシェンド(だんだん強く)、後半は次第にデクレッシェンド(だんだん弱く)しましょう。 このときに、できるだけ「音の強弱の幅」は、広くなるように努めます。 また、ブレスは深くとり「大きな音」ではなく、「遠くまで届く音」をイメージしてスピードのある息を楽器に吹き込みます。 音の強弱にあわせて音程がゆらゆらと揺れたり、上ずったり、下がったりしていないかも意識しましょう。 スラーは、音がより滑らかに変化できているかを意識しましょう。 ロングトーン1 最も基本的な調性のロングトーンです。 ロングトーン2 ロングトーン1より、音域が少し高くなっています。 (調性も変わっています。 ) ロングトーン3 ロングトーン2より、さらに音域が高くなります。 なお、高音域がまだ上手に出せない間は、ロングトーン3の練習はとばしてよいでしょう。 1と2の練習をしっかり行いましょう。 インターバル(音の跳躍)練習 インターバル(音の跳躍)練習を通して、異なる音域の音を正確に発音できるようになることを目指します。 金管楽器は、同じ運指でいくつもの音が出せます。 (全て開放で、ピストンを押さない状態です。 ) 初心者の方に意識してほしいのは、同じ指使いでも高い音域と低い音域では吹くときの「唇の形」と「口の中の形」、「舌の位置(高さ)」、楽器に吹きこむ息の「スピード」が異なっているということです。 それでは早速始めましょう。 テンポはメトロノームを使って4分音符テンポ60に設定します。 風船の破裂音のように音がバウンドしたり、かすれたりしていないか、自分の音に注意を傾けましょう。 一音一音、集中して発音します。 低い音は口の中を縦に大きく開け、舌の位置がより下がった状態をイメージすると吹きやすいかもしれません。 ただし、歯並びや体格などの個人差によって、最適な発音イメージもかわるでしょう。 実際に吹いて自分の音をよく聴いて、自分にフィットした発音イメージを探求してみましょう。 それらの試行錯誤も練習の楽しさとも言えます。 どの音域も明瞭に発音できるようであれば、テンポを80や100まで速めてみましょう。 ただし、アクロバットのような速いテンポで練習することが目的ではありません。 音の輪郭が明瞭な、美しい発音をするための練習です。 インターバル 1 最も基本となる跳躍練習です。 例 1は一番ピストンを押します。 0は開放を表しています。 インターバル 2 インターバル1よりも、音域が下がっています。 インターバル 3 更に音域が下がります。 初心者の皆さんには、難しいかもしれません。 そのときは、更にテンポを落としてしっかり息を入れましょう。 開始から7秒後、また、3分25秒前後からのチューバパートに注目してください。 非常に速く印象的なリズムが演奏されます。 私が過去に演奏した際には、この部分はトリプルタンギングでなければ、演奏できませんでした。 ダブルタンギングと、トリプルタンギングは、シングル(普通の)タンギングがしっかり出来るようになってから、取り組んで欲しいと思います。 ですので、今回の解説では割愛します。 テンポはメトロノームを使って4分音符=60に最初は設定します。 ひとつひとつの音の輪郭が明瞭に発音できることを意識して練習しましょう。 正確に吹けたら、テンポを5メモリづつ速めていきます。 最終的な目標のテンポは120を目指します。 正確に吹けていないにも拘わらず、先を急いで、どんどんテンポを上げないようにしましょう。 テンポを上げていくと、やがて乗り遅れたり音の輪郭がつぶれたりとばらつきが出てきます。 毎日の練習で、自分がどの速さのテンポまで正確に吹けるかを把握して、日々の練習に臨みましょう。 慣れてくれば、スタートするテンポの設定を自分に合わせて工夫すると良いでしょう。 タンギング 1 ひとつひとつの16分音符を正確に演奏しましょう。 タンギング 2 3連符の練習です。 ここでもシングルタンギングで練習しましょう。 唇の柔軟性を高めるためのスラー練習 スラー練習では、唇の柔軟性をたかめ、良い音色を育てます。 また、楽曲の中での滑らかで柔らかな演奏表現を実現します。 テンポはメトロノームを使って4分音符=60に最初は設定します。 音が上がる(下がる)ときに、滑らかで途切れることなく音がつながりをもって演奏できているかを意識します。 練習時間が確保できるときは、80や100を目標に、テンポを上げて練習しましょう。 実際の楽曲の中で、スムーズな演奏を行なうことが期待できます。 スケール(音階)練習 スケール練習は、フレーズを演奏するための礎になります。 繊細なフレーズや、細かい複雑なパッセージがある難しい曲も基本的な音階の組み合わせで成り立っていることが、多いものです。 あらゆる調性の音階練習を、あらゆるテンポで練習することが望まれます。 テンポはメトロノームを使って60に最初は設定します。 テンポに乗り遅れたり、急ぎすぎたりしないように、気をつけながらひとつひとつの音の輪郭をはっきりと演奏します。 正確に吹けたら、テンポを5メモリづつ速めていきます。 最終的な目標のテンポは120を目指します。 テンポが速くなると、指使いだけに気を取られて「スピードのある息」を淀みなく吹き入れることを忘れてしまいがちです。 必ずブレスを深くして「遠くまで届く音」をイメージしましょう。 また、上で示したタンギング練習のときに、あなたにとっては「速くてまだ吹けないテンポ」で、スケール練習を行なっても正確には吹けません。 スケール練習のときも、正確に吹けていないにも拘わらず、「先を急いで、どんどんテンポを上げない」ようにしましょう。 タンギング練習とスケール練習は、車の両輪と同じです。 どちらも焦らずに、緩やかなテンポから始めて、自分が正確に吹けるテンポを確認しながら、テンポアップを図りましょう。 時間が足りないときには「得意な調性から始める」とか「肩の力を抜いて楽に吹けるテンポから始める」とか、自分流のスタイルを模索しても良いでしょう。 スケール 2 スケール 1より音域が少しだけ上がります。 スケール 3 2番のスケールよりも、さらに音域が上がります。 音域が高くて吹けない音があるかもしれません。 高音域は、日々の練習を重ねることで、出せるようになります。 今は、無理やり搾り出すように高音を出すのではなく、演奏可能な音域を少しづつ広げていきましょう。 スケール 4 今度は、音域がぐっと下がります。 低い発音は難しいので、テンポは4分音符=60よりも更に落として練習してもかまいません。 口の中を縦に大きく開け、舌の位置がより低く下がった状態をイメージすることで、低い音が吹きやすくなるかもしれません。 おわりに 基礎練習は、日々の個人練習時間の半分以上を充てることを目安に、毎日できればよいでしょう。 (合奏時間やパート練習時間を除きます。 ) 吹奏楽や金管バンドでは、カッコいいメロディーやソロを演奏する機会が少ないチューバですが、ここでご紹介した基礎練習をしっかり行なうことで、バンド全体のサウンドが厚くなり、リズムが明瞭に聴こえるようになります。 あなたも基礎練習をしっかり行なえば、バンドのみんなから「チューバが上手くなったから、吹きやすくなった」とか、先生方やお客様から「チューバの音が良くなったから、バンド全体のサウンドが良くなった」と褒められるかもしれませんよ!? さぁ、今日からみんなで頑張りましょう!! さいくろん チューバ暦30年。 社会人吹奏楽団と管弦楽団で活動中。 アマチュアのボランティア活動として、小中高校での練習もサポート中です。 コメント ( 2件) 感想、指摘系はここに。 相談はに。 お名前 メッセージ No. 2 さいくろん チューバ吹きの猫さん 返信が遅れて、たいへん申しわけございませんでした。 ご指摘いただき、ありがとうございます。 ご指摘のとおり、 「インターバル2」の7小節目の2分音符の指番号は、1番と2番です。 たいへん申し訳ございませんでした。 お詫びして訂正いたします。

次の

チューバのマウスピースの種類や選び方 初心者が吹きやすいのは?

チューバ 吹き方 初心者

社会人吹奏楽団と管弦楽団で活動中。 アマチュアのボランティア活動として、小中高校での練習もサポート中です。 チューバ奏者の皆さん、こんにちは。 この記事では、チューバソロの楽曲を紹介します。 吹奏楽では伴奏を担当することが多いチューバですが、美しいメロディも勿論演奏できます。 ソロコンテストや演奏会での演奏にお勧めしたい、楽しくて取り組み甲斐のある独奏曲をご紹介します。 もしも、今すぐコンテストに出場する予定は無くても、練習曲としても挑戦してみたい楽曲です。 皆さんの、選曲の参考としてお役にたてれば、嬉しいです。 曲のグレードは、記事を下に読み進むにつれて、次第に難しくなります。 ただし、「難しさ」の基準は、演奏者によって異なりますので、 「並び順」は、あくまでもひとつの目安と考えてください。 出来る限り、Bbフラット管で演奏できる曲を紹介したいと思いますが、F管でなければ、演奏が難しいものもあるでしょう。 参考演奏なども聴いて、選曲してください。 楽譜の通販サイトへのリンクは、あくまで参考です。 店舗や他の通販サイトの方が、安くて早く買える場合もあります。 楽譜の購入先は、事前に比較検討してください。 リンク先のURLに掲載(販売)されている楽譜と、参考動画で演奏されている曲では、出版社や編曲が異なっている場合があります。 ご了承ください。

次の