からだ だ だんだん。 2月28日(金)からだだんだん体操 まねしてストップ サーキット キャッチ&ゴー 療育

2019.4おかいつの体操は『からだ☆ダンダン』の振り付け・作詞・作曲は誰?初回放送はいつ?まことお兄さんあづきお姉さん

からだ だ だんだん

からだダンダンのコンセプトは? 長年「おかあさんといっしょ」で体操のお兄さん、身体表現のお姉さんとして愛されてきた小林よしひさ よしお兄さん さん、上原りさ りさお姉さん さんが卒業され、2019年4月1日からは新しくまことお兄さんとあづきお姉さんが体操のお兄さん・お姉さんとして就任されました。 それに伴い、今までの「ブンバボーン!」から「からだダンダン」に体操も新しくなりましたね。 体操が変わるのは5年ぶりだそうですよ!「からだダンダン」はどんなコンセプトの体操になっているのでしょうか?「からだダンダン」は身体を動かすことの楽しさや心地よさを子供たちが味わうことを目的として体操になっているそうです。 お相撲さんのように四股を踏んだり、くるくる回ったりと、日常ではあまりしないような動きを取り入れた体操になっているようですよ。 恐竜の真似をするズシンズシンの動作なんかも意外と大変ですよね!順天堂大学でスポーツ健康科学を学んできたまことお兄さんと、新体操を長年やってきたあづきお姉さんらしいしなやかさとパワフルさのある体操になっています。 今日はあづきお姉さんが前だ。 衣装も変わっていたそうですし、日によってポジションが変わるのも新鮮でいいですね! スポンサーリンク からだダンダンの歌手や振り付け師は誰なの? 新しい体操「からだダンダン」の歌手や振り付けは誰が担当されたのでしょうか?「からだダンダン」の歌手や振り付け師が誰なのかも調べてみました。 まず歌手ですが、「からだダンダン」を歌っているのはFourdansというグループだそうです。 このFourdansは4人組の男女グループです。 メンバーの一人であるmaimieさんとChibiさんが、この「からだダンダン」を歌っていることをツイッターでつぶやいていらっしゃいましたよ。 「Fourdans」というのは「Four=4人」の「dans=からだダンダン」という意味なのでしょうか?心地よい歌声で、耳に残りますよね!さらに振り付けを担当されたのは、MAIKOさんという振り付け師です。 子供たちが大好きな「おかあさんといっしょ」の「ゾクゾクうんどうかい」の振り付け担当もされていますよ。 また大黒摩季さんやMISIAさんのバックダンサーとしても活躍されている一流のダンサーでもあります。 まず作曲ですが、この曲を作ったのは小杉保夫さんという方です。 この小杉保夫さんは「おまめ戦隊ビビンビーン」や「みいつけた!」の人気曲「まいにちアハハをみいつけた!」「レグのハートがぬすまれた」、「いないいないばあ」の「わーお!」など、子供たちが大好きな曲を数多く手掛けてこられた方です。 頭から離れないメロディーなのも納得ですね! そして「からだダンダン」をよく聴いてみると歌詞も面白いんです。 「カニさんエビさん骨格かくかく」から始まり、海に潜っていくと海藻やクリオネが!そして海から上陸すると恐竜やマンモスに変身します。 そして類人猿になり、最後には現代人に!その後も発達は止まりません。 忍者になったかと思うと、アスリートにも変身し、走りながら人参を食べたかと思うと、風にのって宇宙を覗きます!なんだかすごくスケールの大きい、夢のある歌ですよね!ところどころくすっと笑ってしまう、面白い歌詞です。 この歌詞をつくったのは誰なのでしょうか? この歌詞を作ったのは吉田戦車さんという漫画家さんです。 シュールな漫画が特徴で、代表作に「伝染るんです」という漫画があります。 このシュールな漫画は「天才」とも言われているそうですよl吉田戦車さんと小杉保夫さんが作った「からだダンダン」、前作の「ブンバボーン」のように、子供たちから愛される体操になっていくに違いありません! スポンサーリンク からだダンダン難しい?評判や感想は? 「からだダンダン」は難しいという感想もあるようですね。 子どもたちがテレビの前で一緒に楽しむ体操ですから、あまり難しいと困りますよね。 「からだダンダン」の評判や感想を集めてみました。 からだだんだん覚えられる気がしないwww難しすぎる笑。 すぐに新しい体操を覚えてしまい、子供たちの吸収力に改めて気づかされる方も多いようです。 子供たちからの評判だけでなく、お母さんたちもついつい口ずさんでしまうという感想が多かったですよ。 また身体表現のコーナー「パント!」がなくなったせいか、「ブンバボーン!」よりも曲の長さが長いようですね。 曲が長いと、その分歌詞や振り付けを覚えることも多くなるので、難しいという感想を持つ方も多いようです。 前回の「ブンバボーン」がみんなに愛される体操だったので、大人は新しい体操を受け入れるのに時間がかかるのかもしれませんが、子供たちはどんどん元気に吸収していっているようです。 感想や評判については、確かに「難しい」という感想は一部のお母さんたちから聞かれるようですが、子供たちからの評判は良いようで、放送1週間ですでに踊りをマスターしている子供も多いようですよ。 子供の吸収力と適応能力はすごいですね! 月曜~土曜まで毎日放送される「おかあさんといっしょ」の「からだダンダン」、お子さんたちと一緒に踊って早くマスターしたいですね! スポンサーリンク.

次の

【NHK】からだ☆ダンダン<振り付き>【こどものうた・童謡・手遊び・キッズ・ダンス】Japanese Children's Song, Nursery Rhymes,Fingerplay Songs

からだ だ だんだん

体操ではとっても大切なことです。 自分の身体を意識しながら動かせると、 できることもどんどん増えていきますよ! サーキット くまさん歩き🐻~ フープくぐり バランスボールのお山越えはユラユラして 身体を上手く使わないと難しいですよ。 がんばれー! 最後は、でこぼこおいもコロコロです。 もう少し細い道でも大丈夫なくらい リズミカルなクマさん🐻ですね。 ぴょーんととび乗って越えいきました。 上手ですね。 けっこう数が多く、終わった後顔を真っ赤にしていました。 今日もいっぱい運動したね。 本日の活動で2月も終わりです。 来てくれるお子さんたちは、本当にいつも笑顔で 元気いっぱいに活動しています! 今月は公園に行って木登りに挑戦した事もありました。 今後は、万全の体制を整えるため、戸外遊びを控えて 室内での活動をより充実させていきたいと思っています。 室内の活動では、大勢の中でもお話が聞けるようになり、 ゲームのルールや約束をきちんと守って遊べたり、 お友だちの挑戦を応援してあげたりなど、 内面が成長してる様子を感じる事が多くなりました。 目に見えにくい部分ですが、できる限り見つけて たくさん褒めてあげたいなと思っています。 ・・・新型コロナウイルス感染症に関しては、 徐々に身近に迫ってきているようで、目には見えない怖さもあり 保護者の皆様もご心配かとおもいます。 3月も職員一同みなさんが来てくれるのを楽しみにしています。

次の

2019.4おかいつの体操は『からだ☆ダンダン』の振り付け・作詞・作曲は誰?初回放送はいつ?まことお兄さんあづきお姉さん

からだ だ だんだん

2019年3月末に第11代 体操のお兄さん・小林よしひささんと、身体表現「パント!」のお姉さん・上原りささんが卒業。 今作品から、お姉さんも「体操のお姉さん」として、こどもたちと一緒に元気に身体を動かしていく。 この配信シングルの発売を受けて、作詞を手がけた吉田戦車氏よりコメントが届いた。 吉田氏は、ギャグ漫画『伝染るんです。 』などで知られる漫画家。 こどもたちがクリオネや恐竜になったりする、ユニークな世界観で壮大な景色が広がる曲となっている。 「取り入れたい動きリスト」を元に、どんな歌詞がつけられそうか単語を出し、作曲の小杉保夫さん、振り付けのMAIKOさん、担当スタッフのみなさんとキャッチボールを繰り返しながら、「進化!」「チャレンジ!」等をイメージする歌詞にしていきました。 目標は「基礎体力の向上」ですが、それはおいといて、毎日楽しく体を動かしてもらえたら最高です。 —————————————————————————————- また、新しい体操に対して、すでに視聴者からたくさんの声が届いている。 「『からだ ダンダンダン GO! GO!』が頭から離れない」「難しいと思っていたがこどもたちはすぐに出来るようになった!こどもの適応力ってすごいな!」など。 早速こどもたちは新しい体操を楽しんでいるようだ。 なお、「おかあさんといっしょ」番組の5月のうた「おさんぽマーチ」(作詞・作曲/辻林美穂)も同時に配信予定である。

次の