幼女 戦記 キャラ。 『幼女戦記 魔導師斯く戦えり』ゲーム画面やキャライラストを公開!

幼女戦記 魅力的な敵国魔導士達をまとめて紹介!

幼女 戦記 キャラ

INDEX• 幼女戦記 あらすじ この世界には魔法と呼ばれる力があり、魔法を使う兵士は魔導士と呼ばれる。 北方地域のノルデンで、突然協商連合軍が越境して戦争が始まった。 士官学校最終課程の実地研修中だったターニャはすぐさま少尉に任官しそのまま着弾観測任務に従事する。 しかし、観測要因狩りの協商連合軍部隊の攻撃を受けたターニャは、「1人で増援到着まで持ちこたえろ」という命令を下される 1人で12人相手とかどんなムリゲーとぼやきつつも敵前逃亡にならぬよう、生き延びるために最善の道を模索し始める..... 「幼女戦記」がおもしろすぎる!あらすじと原作ネタバレ 登場キャラクター ターニャ・デグレチャフ 本作の主人公 若干9歳にして将校になった幼女 修道院で育った孤児で、ある理由から軍に志願。 魔導士として高い才能を持ち、将校としての能力も高く部下からの信頼も厚い。 その正体は現代日本から転生させられてきた30代エリートサラリーマン 男 自身がリストラ通知を行った社員に駅のホームから突き飛ばされ死亡 しかし、そこで自称神様が現れ「最近の人間は信仰心が足りない」とか言い始め、人間に信仰心を持たせる実験のため戦乱の時代に転生させられる。 自称神様をターニャは 存在Xと呼んでいる ちなみに無神論者です ヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ 愛称はヴィーシャ ターニャの初めての部下で後に副官となる。 徴兵され軍に入ったものの、ターニャの下で少しづつ成長し優秀な軍人となっていく。 ハンス・フォン・ゼートゥーア 帝国軍参謀本部の戦務参謀次長。 企業で言えば経営戦略の中枢にいる人物 ターニャの直属の上官となる人物。 理知的で軍人というよりも学者然とした人で、その実力は高く参謀本部内でも一目置かれている。 クルト・フォン・ルーデルドルフ 帝国軍参謀本部の作戦参謀次長。 豪快な軍人で、ゼートゥーアとは軍大学の同期。 正反対の2人である。 エーリッヒ・フォン・レルゲン 帝国軍参謀本部の参謀将校。 人事局から移動してきた人物で優秀な軍人。 ターニャを士官学校で見たことがあり、彼女を危険視している。 「幼女戦記」がおもしろすぎる!あらすじと原作ネタバレ 帝国と周辺国家 帝国 ライヒとも呼ばれる 第2次大戦前のドイツのような国 四方を列強各国に囲まれているという地政学上の問題を抱えており、それ故に軍事大国として強大な力を有する 協商連合軍との開戦を受け、主力の中央軍を北に向かわせたことで フランソワ共和国に横から殴られるという手痛い失敗を犯した。 帝国の周辺国家 レガドニア協商連合 通称「協商連合」 北欧一体を占める国家だが国力は帝国には及ばない、北方ノルデン地方で帝国との領土問題を抱えている。 瀬戸際外交の末に世界大戦を引き起こした フランソワ共和国 帝国の西側に位置する列強国 帝国と協商連合の開戦を受けて帝国に宣戦布告した アルビオン連合王国 帝国の北西にある島国 圧倒的な海軍力を持つ ダキア大公国 帝国の南東にある小国 帝国と領土問題を抱えている イルドア王国 帝国の南にある国家で帝国の同盟国 ルーシー連邦 共産主義の名前からして一番ヤバい国 大粛清によって政敵を一掃し、恐怖によって国を支配している 合衆国 別大陸にある巨大国家 技術は帝国並み、物量は連邦並みの規格外国家 秋津洲皇国 極東にある島国 現在は連邦と領海権をめぐり小競り合いの真っ最中 最後に 帝国では魔法の才能があるものはいずれ軍へ徴兵されます。 「どうせ徴兵されるならば将校過程を出てエリートコースを歩んだほうがいい」という理由からターニャは軍へ志願します。 ターニャの望みは「安全な後方で順風満帆な人生を送る」だけなのですが、なぜか常に最前線へ行く羽目になり どうしてこうなった!? というような展開にいつもターニャが悪態をついていますw オーバーロードのアインズ様のような感じですね しかし、書籍版・アニメ版・マンガ版でかなりキャラデザインが違います ヴィーシャにいたっては、「なんでそんなデザイン!?」って感じになってます ヴィーシャを肘で小突くターニャ タイトルで切った方やまだ手を付けてない方で、この記事で面白そうと思っていただければ幸いです。 今後もこの後の展開や、テレビアニメで端折られた部分なども解説していきたいと思います。 今回は実質2話の紹介となってます。 1話は完全にプロローグになってますから端折らせて頂きます。 ではまた次回でお会いしましょう。 次の記事 劇場版の情報はこちら 幼女戦記の立ち読みはこちらから! 左が書籍版で、右がマンガ版です.

次の

幼女戦記

幼女 戦記 キャラ

「幼女戦記」(せんき)とは、による ヘヴィ長編である。 表・挿絵は篠。 概要 本作の大元は「()」に・開されている長編()、 「」。 社によって順次書籍化され、単行本が出版されている。 なお、書籍化にあたって者の手により大幅な稿を施されており、以後のやといった各展開はこちらが元となっている。 ~2戦間期をとする架のをに、 とその愉快なたちが織りなす戦いの数々を描いた軍記。 「」という題字にを期待するととんでもないことになる、硝煙の香り高い本格的戦記ものである。 某やら 某のやらに対する溢れる精を満載しており、 共産 者たる がの正気を疑うほどに「ない」と化している。 「一応」転生系の作品だが、内容が内容なのですぐにもそんな事に気を払わなくなる。 発売の書籍版第5巻において 「」と 「 」が発表され、同年には が開。 より放送開始され、には新作も開となる。 版はチカにより号より連載中。 「 はの中の」とは、そんな常軌を逸した展開に対するの評である。 ストーリー 学なのだった。 そこは、と宝珠を友とする兵が陸で軍の最精鋭として戦う、と硝煙漂うだった。 「」の孤児院で、( )としてした。 成長したは自身に備わった資質と将来の展望を胸に士官に8歳で進学。 その後、弱冠9歳にしてとして任官する。 時に統一13年。 の、 協商連合がに由来する越行動を敢行したことでが勃発。 記述は基本的に書籍版に準拠する。 」 「」導士官。 外見はく透き通った肌と短いを持つ見た可らしい。 なお、過酷な軍務と栄養状態により、体の成長は中ど見られない。 とは思わんかね、諸君! 前世は現代の(:)。 信仰と観の欠如を咎められ、現代人を悔悛させ信仰心に覚せるべくとして、創造を名乗る「存在X」の手により生前の記憶を保ったままに転生させられてしまった。 素質が認められたことで、「他にはない」と察し弱冠8歳で軍士官へ。 安全な後方でのと、軍除隊後の的・文化的な生活を夢見つつも、以後ままならないを歩むことになる。 にもにも、 「まともに考えたらこうなるはずだ」と思ってやったことの結果が悉く本人の狙いとは違う方向へと動いていくため、その度に自分の感性とが世の中に合わないことにし、周囲と自身のギャップに気付かず苦悩する羽になる。 レルゲンなどからは戦いのためには的も手段も厭わない本物の狂と見られているが、本人はあくまで自らの立身出世と自己保身のために 「上官に評価されるような、理想的な将校としての行動」を心がけているに過ぎない。 また、や戦時協定のを突いたり自軍に有利な解釈を披露して戦果を上げることに。 にがなく、美味しい淹れ方をするや代用品ではない本物のを差し入れてくれるに好感を抱く。 コミー()を否定し、潰すことに対して一切のがく、労を惜い自称者であり、コミーの習性についてもなにかと造詣が深い。 出身地は「」、コー。 志願兵ではなく、義務徴兵の対となってとなった。 泥沼の戦線での以降、生き延びるためにターニャのを追う。 ターニャので促成の将校課程へ進みに昇進。 二〇三大隊編成を期に、以降はターニャの副官を務める。 大隊内では屈のだったはずなのだが、ターニャの部下としては大隊最であるだけに、様々な経験を通していつのまにやら感化されつつあるようだ。 余談だが、各で容姿の描写が著しく変わる人物でもある。 版ではとしての眼を喜ばせ、版では作品の要素(ターニャを除く)を一身に背負いつつに歴戦の格を漂わせる。 マテウス・・ - : 「二〇三に志願する際に言われたことだ。 生きて帰れると思うな、若かった自分は、量を過信して愚かにもになれると思った。 というのは自分を過信する」 軍(初登場時)、二〇三大隊の副。 では姓のみになっているが、版ではが設定され、第二中を兼務。 元は東部軍所属であり、大隊発足以来ターニャとともにの前線をくぐり抜けてきた信頼の置ける副で、(ターニャにとっての)面倒事をいろいろと押し付ける相手でもある。 ターニャには筋入りのと思われている模様。 ・ツ - : 「……に来たんだなぁ」 二〇三大隊発足後、しばらくしてから加わった軍の新任。 が進み余裕がなくなった軍の育成過程故か、大隊着任時は未熟な士官でしかなかったが、々にターニャによる正気とは思えない訓練兼襲撃任務に投入されて辛くも生き延び、以後大隊の一員として実戦経験を積んでいくことになる。 では大隊編成時から参加。 ヴィリ・ケーニッヒ - : 軍。 二〇三大隊の一員。 ではとともに第三中と設定され、長を後ろに縛ったが特徴となっている。 ・ - :大地 軍、二〇三大隊第四中。。 恰幅のよい体形をしている。 それを、まるで当然のように自分は想定していた。 ……ああ、自分のが恨めしい。 軍(初登場時)、参謀本部戦務参謀次長。 軍二羽の片。 学者然とした冷静な軍人で、既存の防衛計画を崩壊させることになる対協商連合戦への深入りに反対するも果たせず、戦火の拡大を余儀なくされる。 後にターニャとの会話から「大戦」の可性に気づき、その予測の正しさを確信。 のを避けるため、ターニャの後ろとして即応大隊の編成を推進する。 上に聡いに「様。 私、自分の大隊が欲しいの(意訳・誤訳)」とされ、それに応える心意気ある軍人。 ・フォン・フ - : 「のやり方というのは、こうやるのだ!」 軍(初登場時)、参謀本部参謀次長。 ゼートゥーアの盟友にして軍二羽のもう片。 才幹と自信の調和した俊才で、軍参謀本部における機動戦の権威。 ゼートゥーアの肝いりで作られた第ニ〇三大隊をし、対協商連合戦や対共和戦における戦略立案を行う。 に伴いが設定された。 に伴いが設定された。 かつて士官を訪問した際、導生であったターニャが中に命に従わなかったに対し抗命罪の現行犯として、の処刑ついでにの有を確認せんとした間を撃、その存在を不安視するようになる。 しかし生面な性格ゆえにそのを認めざるを得ず、軍の人事に携わる中でという異質な「狂人」の扱いに苦悩し慢性的にを痛めるようになる。 後に局付き高級参謀に転任し、泥沼化するの揮に関わっていくことになる。 ターニャく。 彼の性格は 「安全機構は機がないので除外したかった」というでそ理解できることだろう。 底した者だったが、試作演算宝珠「エレニウム九十五式」の開発に際し「存在X」より託を受け、場を消滅させかけながらも開発に成功。 以後、毎週の午前中に礼拝に通う敬虔な信徒と化す。 つまりは悪質なの犠牲者。 エレニウム九五式の開発成功以後は表立った登場機会がいが、同機を元に開発された先行演算宝珠「エレニウム九七式」や、強行偵察用特殊追加加速装置などといった新装備の開発と二〇三大隊へのなど、に技術面でターニャを支える。 - : 、どうか、私にを。 ……あのを殺すを、私にください。 協商連合軍、ソン・の。 協商連合陥落の際、を残してで「合州」へ脱出。 その後の戦死の報を聞き、合州軍でのを選ぶことになる。 ヤ -. 「惜しいなぁ……。 あと、少しければ食べごろだったのだが」 『ヤ』。 外見は四十代のな小男。 さしてその正体は「」に住まうが恐怖と憎悪を向ける、内務人民委員部の総元締め「内務人民委員官」である。 は内の視察という名の [内務人民委員部済]。 当初から隣り合った「」には強い警感を抱いていたが、「」への直後に発生したターニャ達軍第二〇三大隊による「」コー強襲をとし、への侵攻に執拗に注するようになる。 存在X 「最近の共は、世の理から外れすぎだ! 物事の理非をしらん!」 の序盤にて登場する存在。 外見は盛大なを蓄えた老翁。 自らを「創造」と、「十を定めたであろう」とを一した。 なの呼称は前の存在をと認めないによる仮称であり、「この世の理を外れた存在があるとすればかだが、が存在するなら世の不条理を放置するはずがなく、よってである」というックによるもの。 エレニウム九五式に「」と称する装置を組み込むなど、性格にはかなり問題がある。 用語 「宝珠と王笏」による上の「」を演算宝珠によってし、飛行術式を始めとするを軍用に利用できるようになったことで成立した兵科。 強大なと以上の機敏さを併せ持つとされる。 の中でも上位のは敵によって魔波長を「登録」され、登録(ド)と呼ばれるようになる。 共和によってターニャに与えられた「の」がその例。 四方をに囲まれたでは全戦線に配備できるだけのが不足していることから、将校の低年齢化や士官の導入、短期促成による育成が常態化しており、十代の官はしくないものになってしまっている。 エレニウム九十五式 アーデルト・フォン・シュー軍技師とそのが開発した新宝珠。 正式名称は「エレニウム工製九十五式試作演算宝珠」。 ターニャく「(呪い付き)」。 「通常一基の演算宝珠を『四発化』することで高高度機動戦を可にする」と謳い上げるものの、実際には四基の宝珠の同調に尋常でない魔を消耗する上、少しでも使用者が集中を乱すとしてしまう危険な欠陥品。 何人もの試験要員を送りにした末、シューによって若年故のへ関わった期間が短く、既存の宝珠に染んでいないことにをつけられたターニャが試験運用することになる。 これにより辛うじてまともに試験運用することが出来るようになったが、それでも頻繁に技術試験中のを繰り返し、予算と時間を食いつぶした挙句、実用化に成功する見込みが立たず開発を余儀なくされた。 その後、「存在X」がお節介にも恩寵として与えた「」により、上ターニャだけが運用可となった強なだが、稼働させると「創造を賛美したくなる」という重大な精汚染が発生する。 これにより、一間それに沿った行動を意識下でとってしまうこともある。 軍第二〇三大隊 予備戦強化計画の一つ、「即応大隊構想」の一環として、ターニャの陳情(と思われている)を元にゼートゥーアが提唱し、的に設立された大隊。 発足前の仮称は「第1編成部隊」。 これは編成番号01に由来する。 発足当時は余のあった東部方面軍のを中心に構成され、ターニャが部隊員の選抜・編成および初期調練を担当した。 中央部に存在する列強の一。 はベルン。 そこ、とか言わない 北の「協商連合」との間に係争地ノルデンを持ち、東を「」と「ダ」、南を「王」、西を「共和」、そして向こうを「連合王」に囲まれ、でも一頭地をを持つゆえにすべての周辺を潜在的とせざるを得ない状況下にある。 協商連合 が北部でを接する。 名は「レガア」。 係争地ノルデンをめぐりと対立、紛争を繰り返していたが、新たに成立した義政権がをあなどり的に大規模越に及んだことがの全面侵攻を誘発、全域に及ぶの引きを引いてしまう。 共和 がでを接する列強。 名は「」。 上、の圧をもっとも受ける位置にあるため、協商連合のによる脅威の増大を恐れてに宣戦を布告、を全域に飛び火させるきっかけとなる。 連合王 沿に存在するで列強の一。 はディニウム。 旧における勢均衡の維持を最優先事項としており、協商連合のから泥縄式に始まったの中での急拡大を警。 次第にに圧倒されつつある協商連合や共和に陰に陽にを与える。 が東部でを接する。 名は「」。 はコー。 その内情はジュガシヴィリ人民委員議長による独裁で、彼を補佐するヤ内務人民委員官率いる秘密による恐怖が敷かれている。 には最大級のと見做されており、大戦勃発以降も軍東部方面軍だけはまったく動かされていないほど。 書籍版 発売日 数 の意味 幼女戦記 1 lo vu 3. P 「の欲するままに」 幼女戦記 2 4. P 「もっと先へ」 幼女戦記 3 The fit ho 4. 29 3P 「最良の時」 幼女戦記 4 b h qq fi. 29 3P 「は終わりを与える」 幼女戦記 5 us um inv 6. 2P 「はを呼ぶ」 幼女戦記 6 Nil Ari 6. 4P 「何事にも驚かない」 幼女戦記 7 Um s r, a es 6. 4P 「播いた種は刈らねばならぬ」 幼女戦記 8 in o s 7. 429P 「起こりうる全てに備えよ」 幼女戦記 9 Oes ma 8. 12 469P 「らすべてを同じが待つ」 幼女戦記 10 rus 8. 29 4P 「して」 幼女戦記 11 A cta 9. 20 429P 「賽は投げられた」 幼女戦記 12 Mundus vu i, o. 2020. 20 5P 「は騙されたがり、ゆえに騙される」 幼女戦記 13 Dum s, sro. 頃 「息あるかぎりを捨てない」 待望の版も発売中。 「(的に)になった」と評判である。 ようじょしぇんき で開されている2週間限定開の。 ちび化したターニャたちの掛け合いが描かれる。 インターネットラジオ 配信:不定期配信 配信: :( 役)、(レルゲン 役) 関連動画 関連生放送 開を記念して配信がからまで毎週2話ずつ毎週分から放送された。 関連静画 関連チャンネル CD 関連項目• 形式上は• 関連リンク• 補記 おそらく上の説明では「幼女戦記の幼女戦記たる点」を全く説明できていない自信があるので、最後に・氏による的確かつ簡潔な解説をさせていただく。 Tz-les tous, u otra les nsは『全てを殺せ、は己の者を知り給う』の意(黙示録13章より)• 人が千年先にようやく到達できる「」の技術、というのは「存在X」達の談.

次の

『幼女戦記 魔導師斯く戦えり』ゲーム画面やキャライラストを公開!

幼女 戦記 キャラ

INDEX• 幼女戦記 あらすじ この世界には魔法と呼ばれる力があり、魔法を使う兵士は魔導士と呼ばれる。 北方地域のノルデンで、突然協商連合軍が越境して戦争が始まった。 士官学校最終課程の実地研修中だったターニャはすぐさま少尉に任官しそのまま着弾観測任務に従事する。 しかし、観測要因狩りの協商連合軍部隊の攻撃を受けたターニャは、「1人で増援到着まで持ちこたえろ」という命令を下される 1人で12人相手とかどんなムリゲーとぼやきつつも敵前逃亡にならぬよう、生き延びるために最善の道を模索し始める..... 「幼女戦記」がおもしろすぎる!あらすじと原作ネタバレ 登場キャラクター ターニャ・デグレチャフ 本作の主人公 若干9歳にして将校になった幼女 修道院で育った孤児で、ある理由から軍に志願。 魔導士として高い才能を持ち、将校としての能力も高く部下からの信頼も厚い。 その正体は現代日本から転生させられてきた30代エリートサラリーマン 男 自身がリストラ通知を行った社員に駅のホームから突き飛ばされ死亡 しかし、そこで自称神様が現れ「最近の人間は信仰心が足りない」とか言い始め、人間に信仰心を持たせる実験のため戦乱の時代に転生させられる。 自称神様をターニャは 存在Xと呼んでいる ちなみに無神論者です ヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ 愛称はヴィーシャ ターニャの初めての部下で後に副官となる。 徴兵され軍に入ったものの、ターニャの下で少しづつ成長し優秀な軍人となっていく。 ハンス・フォン・ゼートゥーア 帝国軍参謀本部の戦務参謀次長。 企業で言えば経営戦略の中枢にいる人物 ターニャの直属の上官となる人物。 理知的で軍人というよりも学者然とした人で、その実力は高く参謀本部内でも一目置かれている。 クルト・フォン・ルーデルドルフ 帝国軍参謀本部の作戦参謀次長。 豪快な軍人で、ゼートゥーアとは軍大学の同期。 正反対の2人である。 エーリッヒ・フォン・レルゲン 帝国軍参謀本部の参謀将校。 人事局から移動してきた人物で優秀な軍人。 ターニャを士官学校で見たことがあり、彼女を危険視している。 「幼女戦記」がおもしろすぎる!あらすじと原作ネタバレ 帝国と周辺国家 帝国 ライヒとも呼ばれる 第2次大戦前のドイツのような国 四方を列強各国に囲まれているという地政学上の問題を抱えており、それ故に軍事大国として強大な力を有する 協商連合軍との開戦を受け、主力の中央軍を北に向かわせたことで フランソワ共和国に横から殴られるという手痛い失敗を犯した。 帝国の周辺国家 レガドニア協商連合 通称「協商連合」 北欧一体を占める国家だが国力は帝国には及ばない、北方ノルデン地方で帝国との領土問題を抱えている。 瀬戸際外交の末に世界大戦を引き起こした フランソワ共和国 帝国の西側に位置する列強国 帝国と協商連合の開戦を受けて帝国に宣戦布告した アルビオン連合王国 帝国の北西にある島国 圧倒的な海軍力を持つ ダキア大公国 帝国の南東にある小国 帝国と領土問題を抱えている イルドア王国 帝国の南にある国家で帝国の同盟国 ルーシー連邦 共産主義の名前からして一番ヤバい国 大粛清によって政敵を一掃し、恐怖によって国を支配している 合衆国 別大陸にある巨大国家 技術は帝国並み、物量は連邦並みの規格外国家 秋津洲皇国 極東にある島国 現在は連邦と領海権をめぐり小競り合いの真っ最中 最後に 帝国では魔法の才能があるものはいずれ軍へ徴兵されます。 「どうせ徴兵されるならば将校過程を出てエリートコースを歩んだほうがいい」という理由からターニャは軍へ志願します。 ターニャの望みは「安全な後方で順風満帆な人生を送る」だけなのですが、なぜか常に最前線へ行く羽目になり どうしてこうなった!? というような展開にいつもターニャが悪態をついていますw オーバーロードのアインズ様のような感じですね しかし、書籍版・アニメ版・マンガ版でかなりキャラデザインが違います ヴィーシャにいたっては、「なんでそんなデザイン!?」って感じになってます ヴィーシャを肘で小突くターニャ タイトルで切った方やまだ手を付けてない方で、この記事で面白そうと思っていただければ幸いです。 今後もこの後の展開や、テレビアニメで端折られた部分なども解説していきたいと思います。 今回は実質2話の紹介となってます。 1話は完全にプロローグになってますから端折らせて頂きます。 ではまた次回でお会いしましょう。 次の記事 劇場版の情報はこちら 幼女戦記の立ち読みはこちらから! 左が書籍版で、右がマンガ版です.

次の