モロヘイヤ つくれ ぽ。 知らないと怖い?モロヘイヤの食べ方と茎にある毒性について

【夏に強い!】家庭菜園でのモロヘイヤの育て方やコツをご紹介

モロヘイヤ つくれ ぽ

種から育てる手順• 9㎝くらいのポットと種を用意する• ポットの8分目くらいまで土を入れ、1つのポットにつき5~6粒の種を入れる この時、指で2. 3ヵ所窪みを作ると種を入れやすい• 丁寧に1~2㎜土をかぶせる• 最後に水をたっぷり与え、発芽まで乾燥に注意しながら管理を行う• 種を撒く前日に、 種を一晩水に浸しておくと発芽しやすくなります。 地植えで栽培する時の前準備 モロヘイヤの種が発芽して、ある程度成長したら畑へ植え付けを行いますが、その前にあらかじめ畑を作って準備しておきましょう。 既に記載したように、石灰肥料を土に混ぜて半月経過したら深さ、 幅共に15㎝の溝と幅50㎝の畝を作ります。 この時、溝の長さ1メートあたり 化成肥料大さじ3、油かす大さじ5、水肥を5~6にぎりを溝にまいて土に栄養を与えましょう。 元肥を施し終えたら、黒マルチを張ります。 黒マルチを張ると寒さに弱いモロヘイヤを低温から守ったり、雑草の繁殖を抑えたりすることができます。 株間は30~40㎝で設定してください。 スポンサーリンク モロヘイヤの植え付け 1本立ちにしたモロヘイヤの 草丈が15㎝くらい、本葉が5~6枚になったらプランターや鉢または畑に移動させましょう。 プランター・鉢栽培の場合 モロヘイヤは植え替えを必要としないので、初めからある程度大きさのある鉢やプランターを用意します。 鉢であれば8号以上に1株、プランターであれば 幅60㎝のもので2. 3株が目安です。 用意したプランターまたは鉢に土を入れ、 ポットで育てている時と同じくらいの穴を作ります。 一度土に水を与え、しっかり水が引いたのを確認してから浅くモロヘイヤの苗を植え付けます。 土をかけて苗が安定したら、再び充分に水を与えましょう。 畑に地植えする場合 植え付けを行う時に畑が乾燥しているようであれば、 モロヘイヤの株元に水を軽く与えましょう。 あまり水をあたえすぎると、土の温度が下がってしまうので気をつけてください。 モロヘイヤの水やり 土の表面が乾燥しているようであれば、充分に水やりを行います。 モロヘイヤは乾燥に強いので、水が不足してもすぐに枯れることはありませんが 水が不足すると葉や茎が固くなります。 美味しいモロヘイヤを収穫するためには、水やりは重要なポイントになります。 特に気温が高くなる季節には、プランターや鉢で栽培すると土が乾燥しやすくなるので、 こまめに土を確認するように心がけましょう。 モロヘイヤの肥料 【ハイポネックス・活力液 ハイポネックス原液 450ml A】 肥料を定期的に与え、栄養を行き渡らせることで沢山のモロヘイヤを収穫することができます。 最初の追肥は 植え付けから20日以上経過してから、液体肥料か化成肥料をあたえるようにしましょう。 その後は、モロヘイヤの 葉の硬さを確認しながら月1回、または半月に1回肥料を与えてください。 モロヘイヤの栽培管理:摘心 摘心とは主枝を摘む作業のことを言います。 モロヘイヤを放置するとすぐに1m以上伸びてしまうので、 草丈が30㎝以上になったら摘心を行いましょう。 主枝を切ることで他の枝に栄養が行き渡り、 側枝の成長の促進につながります。 スポンサーリンク モロヘイヤに発生しやすい害虫 モロヘイヤは病害虫の心配がほとんどありません。 ただし、葉が混み合うと虫が発生することがあるので、摘心などを行って風通しの良い環境を作るように心がけましょう。 コガネムシ 体長が2㎝くらいの緑色をしている甲虫で、特に 夏場の気温が高い環境で発生しやすくなります 幼虫は植物の根を食害し、成虫になると葉を食害します。 幼虫は耕運する時、成虫は活動前の早朝に見つけ出して捕殺するようにしましょう。 ハダニ 空気の乾燥や気温が高いと繁殖しやすくなるクモの仲間です。 葉の裏や葉が茂っている場所に多く発生し、繁殖力のとても強い害虫です ハダニは葉を食害して栄養を吸い取るので、植物の成長に影響を及ぼします。 また、とても小さいので早い段階で発見するのが難しいのですが、水に弱い特徴があるので 予め霧吹きなどで葉水を与えると発生の予防につながります。 ハダニが大量に発生してしまった場合は、ガムテープやセロハンテープでの駆除や、殺虫剤を散布するなどして対応します。 農薬や殺虫剤を使いたくない場合 コガネムシやハダニに行う対策として農薬や殺虫剤を使うことに抵抗がある場合は、 お酢を水で50~100倍に薄めたものを、霧吹きなどで葉や茎に散布してください。 この酢水によって害虫がつきにくくなります。 お酢の成分が多いとモロヘイヤに負担がかかるので、気をつけましょう。 モロヘイヤの収穫 収穫の適期は7月から9月上旬。 若い葉や茎を食べることができるので草丈が50㎝くらいになったら、葉先から20㎝くらいの長さをハサミで摘み取ります。 茎がポキッと折れるので、手で収穫することも可能です。 収穫し終えても再び成長するので、 草丈が高くならないうちにどんどん収穫しましょう。 また、花が咲いてしまうと葉や茎が固くなるので、花はこまめに取り除くようにしてください。 モロヘイヤの注意点 モロヘイヤの莢 さや とその中にある種には、 ストロファンチジンという猛毒が含まれています。 万が一口にした場合、嘔吐や下痢、食欲不振などの症状を起こす可能性があり、最悪の場合命の危険も危ぶまれます。 種を保管する時は、必ず 子どもやペットなどの目につかない場所で保管するようにしましょう。 また、莢の近くの茎にも毒が含まれている可能性があるので、花が咲いた後(秋にかけてモロヘイヤが枯れ始めたころ)以降の茎は、食べないようにしてください。 おわりに ほぼ病害虫の心配もなく、特に手間のかからないモロヘイヤ。 土づくりをきちんとすることによって長期間収穫をすることができ、連作障害もないので翌年も再び同じ土地で栽培をすることがでるお手軽な野菜です。 暑い夏を乗り切るために、ぜひモロヘイヤの自家栽培に挑戦してみてください。

次の

モロヘイヤの茎に毒がある?安全な食べ方や症状の対処法を解説

モロヘイヤ つくれ ぽ

種から育てる手順• 9㎝くらいのポットと種を用意する• ポットの8分目くらいまで土を入れ、1つのポットにつき5~6粒の種を入れる この時、指で2. 3ヵ所窪みを作ると種を入れやすい• 丁寧に1~2㎜土をかぶせる• 最後に水をたっぷり与え、発芽まで乾燥に注意しながら管理を行う• 種を撒く前日に、 種を一晩水に浸しておくと発芽しやすくなります。 地植えで栽培する時の前準備 モロヘイヤの種が発芽して、ある程度成長したら畑へ植え付けを行いますが、その前にあらかじめ畑を作って準備しておきましょう。 既に記載したように、石灰肥料を土に混ぜて半月経過したら深さ、 幅共に15㎝の溝と幅50㎝の畝を作ります。 この時、溝の長さ1メートあたり 化成肥料大さじ3、油かす大さじ5、水肥を5~6にぎりを溝にまいて土に栄養を与えましょう。 元肥を施し終えたら、黒マルチを張ります。 黒マルチを張ると寒さに弱いモロヘイヤを低温から守ったり、雑草の繁殖を抑えたりすることができます。 株間は30~40㎝で設定してください。 スポンサーリンク モロヘイヤの植え付け 1本立ちにしたモロヘイヤの 草丈が15㎝くらい、本葉が5~6枚になったらプランターや鉢または畑に移動させましょう。 プランター・鉢栽培の場合 モロヘイヤは植え替えを必要としないので、初めからある程度大きさのある鉢やプランターを用意します。 鉢であれば8号以上に1株、プランターであれば 幅60㎝のもので2. 3株が目安です。 用意したプランターまたは鉢に土を入れ、 ポットで育てている時と同じくらいの穴を作ります。 一度土に水を与え、しっかり水が引いたのを確認してから浅くモロヘイヤの苗を植え付けます。 土をかけて苗が安定したら、再び充分に水を与えましょう。 畑に地植えする場合 植え付けを行う時に畑が乾燥しているようであれば、 モロヘイヤの株元に水を軽く与えましょう。 あまり水をあたえすぎると、土の温度が下がってしまうので気をつけてください。 モロヘイヤの水やり 土の表面が乾燥しているようであれば、充分に水やりを行います。 モロヘイヤは乾燥に強いので、水が不足してもすぐに枯れることはありませんが 水が不足すると葉や茎が固くなります。 美味しいモロヘイヤを収穫するためには、水やりは重要なポイントになります。 特に気温が高くなる季節には、プランターや鉢で栽培すると土が乾燥しやすくなるので、 こまめに土を確認するように心がけましょう。 モロヘイヤの肥料 【ハイポネックス・活力液 ハイポネックス原液 450ml A】 肥料を定期的に与え、栄養を行き渡らせることで沢山のモロヘイヤを収穫することができます。 最初の追肥は 植え付けから20日以上経過してから、液体肥料か化成肥料をあたえるようにしましょう。 その後は、モロヘイヤの 葉の硬さを確認しながら月1回、または半月に1回肥料を与えてください。 モロヘイヤの栽培管理:摘心 摘心とは主枝を摘む作業のことを言います。 モロヘイヤを放置するとすぐに1m以上伸びてしまうので、 草丈が30㎝以上になったら摘心を行いましょう。 主枝を切ることで他の枝に栄養が行き渡り、 側枝の成長の促進につながります。 スポンサーリンク モロヘイヤに発生しやすい害虫 モロヘイヤは病害虫の心配がほとんどありません。 ただし、葉が混み合うと虫が発生することがあるので、摘心などを行って風通しの良い環境を作るように心がけましょう。 コガネムシ 体長が2㎝くらいの緑色をしている甲虫で、特に 夏場の気温が高い環境で発生しやすくなります 幼虫は植物の根を食害し、成虫になると葉を食害します。 幼虫は耕運する時、成虫は活動前の早朝に見つけ出して捕殺するようにしましょう。 ハダニ 空気の乾燥や気温が高いと繁殖しやすくなるクモの仲間です。 葉の裏や葉が茂っている場所に多く発生し、繁殖力のとても強い害虫です ハダニは葉を食害して栄養を吸い取るので、植物の成長に影響を及ぼします。 また、とても小さいので早い段階で発見するのが難しいのですが、水に弱い特徴があるので 予め霧吹きなどで葉水を与えると発生の予防につながります。 ハダニが大量に発生してしまった場合は、ガムテープやセロハンテープでの駆除や、殺虫剤を散布するなどして対応します。 農薬や殺虫剤を使いたくない場合 コガネムシやハダニに行う対策として農薬や殺虫剤を使うことに抵抗がある場合は、 お酢を水で50~100倍に薄めたものを、霧吹きなどで葉や茎に散布してください。 この酢水によって害虫がつきにくくなります。 お酢の成分が多いとモロヘイヤに負担がかかるので、気をつけましょう。 モロヘイヤの収穫 収穫の適期は7月から9月上旬。 若い葉や茎を食べることができるので草丈が50㎝くらいになったら、葉先から20㎝くらいの長さをハサミで摘み取ります。 茎がポキッと折れるので、手で収穫することも可能です。 収穫し終えても再び成長するので、 草丈が高くならないうちにどんどん収穫しましょう。 また、花が咲いてしまうと葉や茎が固くなるので、花はこまめに取り除くようにしてください。 モロヘイヤの注意点 モロヘイヤの莢 さや とその中にある種には、 ストロファンチジンという猛毒が含まれています。 万が一口にした場合、嘔吐や下痢、食欲不振などの症状を起こす可能性があり、最悪の場合命の危険も危ぶまれます。 種を保管する時は、必ず 子どもやペットなどの目につかない場所で保管するようにしましょう。 また、莢の近くの茎にも毒が含まれている可能性があるので、花が咲いた後(秋にかけてモロヘイヤが枯れ始めたころ)以降の茎は、食べないようにしてください。 おわりに ほぼ病害虫の心配もなく、特に手間のかからないモロヘイヤ。 土づくりをきちんとすることによって長期間収穫をすることができ、連作障害もないので翌年も再び同じ土地で栽培をすることがでるお手軽な野菜です。 暑い夏を乗り切るために、ぜひモロヘイヤの自家栽培に挑戦してみてください。

次の

モロヘイヤの栄養や効能とは?栄養を逃さない効果的な食べ方!

モロヘイヤ つくれ ぽ

モロヘイヤの茎と家庭菜園での毒性について モロヘイヤはゆでて食べることが多い野菜。 下ごしらえする上で モロヘイヤはどこまで食べられるか?は知っておくと便利です。 【 モロヘイヤはどこまで食べられるか? 】 ・一般的なモロヘイヤの下処理は『葉っぱをちぎって使いましょう』という程度で、茎については記載のないものが多いです。 でも、 葉っぱだけではなく、茎も美味しいのでぜひ捨てずに食べてみてください。 ただ、家庭菜園で作られる場合のみ、喫食可能かどうかの判断が難しいため、茎を食べるのはやめてください。 まず、モロヘイヤはさっと洗います。 次に、茎についた葉っぱをちぎります(穂先の葉っぱは付け根からちぎります)。 この段階で、茎だけ、葉っぱだけ、の状態に分けておきます(ゆでるときのゆで時間が異なるため)。 茎だけになれば、やわらかい茎の部分とそうでない部分を切り分けます。 基本的には『茎の穂先側の半分近く』はやわらかく、ゆでて美味しく食べられる部分です。 やわらかい茎の部分だけを食べやすい3~4㎝長さに切ります)。 ただ、その付近でも繊維を細かく断ち切るように切るなどすると美味しく食べることもできるので、工夫しながらやってみてください。

次の