透水 性 コンクリート。 透水性コンクリート

ドライテック【透水性コンクリート】のメリドライテック【透水性コンクリート】のメリット&デメリット\話題の素材/ット&デメリット\話題の素材/

透水 性 コンクリート

簡単!安い!早い!水を通すコンクリート 透水くんIIは、水を混ぜるだけで透水性コンクリートを製造できる商品です。 歩道や乗用車の駐車場に使用できます。 透水性であるため水溜りができません。 地中に雨水を浸透させ、通気性にも優れている為、土の活性化、地中生態系の保護など自然環境にも配慮したコンクリートです。 クリップする• 価格 お問い合わせ下さい。 カタログ 家庭用透水性コンクリート 「透水くんII」• 取扱企業 家庭用透水性コンクリート 「透水くんII」 次の各種工事の調査、測量、企画、設計、施工、監理、請負ならびに技術指導。 道路建設工事 2. 舗装工事 3. 土地造成工事 4. 上・下水道工事 5. 一般土木関連工事 6. 造園工事 7. 建築工事 8. 管工事 9. 河川・港湾・護岸工事 10. 防水・水利工事 11. 建設外構工事 12. 空港施設工事 13. スポーツレジャー施設工事 14. テニスクラブ・ゴルフ場建設工事 建設資材製造販売、新材料の研究開発。 不動産の売買・交換・貸借およびその仲介ならびに所有管理および利用。 スポーツ施設の企画、経営、管理および賃貸。

次の

透水コンクリート(ポーラスコンクリート)

透水 性 コンクリート

現在透水性コンクリート「ドライテック」製造実績のある生コン工場は348工場。 急速に広がりゆく普及を支えるためには全国各地のもっともっと多くの生コン工場の協力が必要だ。 映画「透水宣言」の一幕「ドライテック製造マニュアル」。 生コン工場にとって、もっともっと身近になるために。 透水性コンクリート「ドライテック」製造マニュアル 透水性コンクリートの普及のためには、 生コン工場での製造工程もぜひ見てもらいたい(映画「透水宣言」より)。 ドライテックの製造工程はいわば「舞台裏」。 お施主さんや施工者さんにとっては本来は関係ない。 だからと言って僕たち製造者がその様子を見せず隠していたらこれまで72年間歩んできた生コン産業の延長になる。 市場と顧客が興味を持つ持たないは別として、包み隠さず全てを市場と顧客に晒すことが「いいものづくり」に繋がるのではないか。 また、今普及が加速する透水性コンクリート「ドライテック」はまだまだ 「全国津々浦々どんな山間僻地でも電気や水道のように届く」までにはなっていない。 供給体制が348工場を数えたとはいえ、まだまだニーズに万全に応えられるような体制ではなく、目標800工場さらなる 生コン工場の協力体制の構築が急務だ。 その重要な施策として 「ドライテック製造マニュアル」を映画「透水宣言」のシリーズの1とし、実際の生コン工場を舞台に撮影を行った。 以下、製造方法のフロー箇条書き。 5kg・高分散)を4包み投入する。 投入は4包みを一気に行うのではなく、生コン投入(積み込み)の始めから終わりにかけて4回に分けて行う。 そうすることでF材が満遍なく材料に分散する。 この時点でペーストで隙間が閉塞しているようではダメ。 一方、照りがなく乾いているようでもそれは硬化不良(ドライアウト)が懸念される。 写真のように適度に隙間が確保され照りがある状態がベスト。 試料を排出した後のペーストの付着度合いを目視で確認する。 この時写真のようにまばらにペーストが付着しており容器の向こう側は見えるようでなければならない。 ペーストで向こう側が見通せなかったり、逆に全くペーストが付着していないようでは調整が必要となる。 材料がしっかりしていれば施工は捗る。 逆に、材料に不具合がある場合はどんなに施工でカバーしても満足のいく出来型は望めない。 日本中の生コン工場で当たり前に製造される時代が来れば、日本の大地は蓋されず再生する。 降雨は舗装や排水設備に遮られることなく地下水系に還元され湧水や井戸水は復活する。 根系に十分に水と酸素が届けられた樹木は実り緑陰は人々の暮らしを豊かにするだろう。 自然と人が調和する世界。 その第一歩は生コン工場での透水性コンクリートの製造となる。 宮本充也.

次の

浸透性コンクリート【ドライテック】のメリット・デメリットは

透水 性 コンクリート

このページで分かること• ドライテックとは ドライテックとは 雨水を地中へ浸水させる透水性を備えたコンクリート。 機能だけでなく 経済性、防災性、デザイン性、施工性、耐久性、環境性にも優れてた高性能土間コンクリートです。 ドライテックを使用することで雨の水を地中へ浸透させ安全な環境を作ることができます。 従来の土間コンクリートとの比較 従来型 ・作業に丸1日とられる。 ・水勾配の問題に悩まされる ・メッシュ配筋施工、打設中の足元が必要 ・表面に発生する色むらやひび割れなど神経を使う作業になる。 ・左官屋さんと生コン屋の予定を合わせなければならない。 新しい土間コン ・透水性コンクリートなので水勾配を考える必要がない ・メッシュ配筋の設置が不要 ・住宅外構の場合、夕方から土間コンクリートを打ち30分で完成できる ・ペーストがないため色むらがなくひび割れが見えない ドライテックは短時間で完成するため人件費も削減でき、考えなくてはいけない面倒なことも少なく施工にミスが大幅に減少します。 ドライテックのメリット 1. 水はけがよくゲリラ豪雨にも安心 従来型のコンクリートだとできてしまった水たまりも透水性を備えたドライテックならそのようなこともありません。 また、最近の異常気象によるゲリラ豪雨にも降水量にも対応し、雪解けも早くなることから防災機能も高く安心です。 2. 滑りにくい 従来型のコンクリートよりも粗い粒子なのでスリップによる転倒リスクも減らせます。 お年寄りや子どもにも安心です。 また、水勾配の傾斜もなくすことが可能なので足元が不安定な方でも安心して歩くことができます。 子どもが裸足で歩いてやけどというリスクも減らせます。 地球温暖化・ヒートアイランド現象の抑制効果も期待できます。 4. 工事が簡単 雨水を地中へ自然に浸透させるため水勾配を考えずにフラットな施工が可能です。 難しい工事も少なく、U字溝、集水桝などの排水設備も不要なため、工事費を抑えられます。 5. カビやコケが生えにくい 舗装自体の通気性がいいためコケやカビが生えにくくなっています。 また、雑草が生えにくいので草取りの手間も省けます。 6.意匠仕上 ダイレクト仕上、ダイレクトカラー仕上、ダイレクト撒石仕上、インターロッキング仕上など、いろいろな場面に応じた色や形を提供することができます。 7. 耐久性が高い 従来型のコンクリートと異なりひび割れや色むらができません。 アスファルトのように軟化したり、油臭くなったりせず耐久性にも優れています。 そのため、コストパフォーマンスも従来型と比べ向上しています。 ドライテックのデメリット ノロが浮いてこない 迅速な施工を売りにしているドライテックですが、それはブリーティングにあります。 ブリーティングとは生コンの中に含まれる水分が密度差により上面に浮いてくる現象です。 従来型の土間コンクリートの場合、ノロ(ペースト)が上面に浮いてきます。 表面の仕上がりが気に入らない場合はコテやタンバーで叩くことでノロが浮き修復がしやすいです。 これができない透水性コンクリートなのでやり直しが効かないというデメリットがあります。 面がとれない ドライテックは砂利と少量のペースト分で構成されています。 生コンのように流動体でないため面を形成することができません。 近年環境問題や、異常気象などの点から浸透性コンクリートの需要が高まっています。 どのような商品なのかしっかりと理解して外構を計画していきましょう。 愛知県尾張旭市、瀬戸市周辺地域での住宅リフォームは、RemakeHome(リメイクホーム)にお気軽にお問合せください。 外壁、屋根、防水工事に絶対の自信があります!もちろん内装、水まわり工事も承ります。 相談、お見積りは無料です。 Post navigation 昨年、屋根、外壁の塗装をお願いしました。 資材、工法、工期、金額等こちらからの細かな要望、仕様変更で何度も打ち合わせをしてもらいましたが根気よく誠実に対応していただき感謝と共に感心しました。 施工中、台風が来ましたが事前に足場、シート等の台風対策をしっかりやって頂き安心して過ごすことができました。 今回、塗装工事完了直後に他社にて太陽光パネル設置工事を行いました。 太陽光設置会社は自社で塗装工事もやっていて今までたくさん塗装後の家を見てきたり施工してきましたがここまで綺麗に塗装がしてある家は数軒しか見たことがないと褒めていただきました。 他社から褒めて頂けることから品質に間違いないと感じています。 迅速、丁寧、誠実でした。 ありがとうございました。 read more.

次の