昆虫人間。 人間昆虫記

人になつく昆虫っていますか?

昆虫人間

世界では20億の人々が、少なくとも約2,000種類の昆虫を[日本語版記事]。 昆虫は環境に優しく、栄養価も高い。 また、コオロギの飼料要求率(動物の体重を一定量増加させるために必要な飼料の重量)は豚や鶏の半分、牛の12分の1だ。 今後数十年、地球で90億の人類を養うことになるとすれば、[日本語版記事]。。 だが、ここで冷静になって現状を見てみよう。 実は未解明な点が多い昆虫食 コオロギや甲虫といった昆虫は、確かにプロテインなどの栄養素が豊富である。 とはいえ、人類がすでに食べているそうした昆虫は野生で捕獲されたものが多く、消費量も比較的少ない。 国連の予測のように昆虫食が大規模に普及する未来は、まだ来ていないのだ。 もちろん、工場方式で大量の昆虫を生産・生育し、出荷することは可能である。 しかし、そのためには多くの飼料が必要になり、多くの排泄物も生じる。 問題は昆虫学から倫理面まで幅広い。 「実のところ、われわれは昆虫食についてあまり理解できていないのです」と言うのは、ウプサラにあるスウェーデン農業科学大学の生態学者オーサ・ベルグレンである。 ベルグレンは、昆虫ベースの料理がどれほど持続可能かものなのかを研究している。 「あまり理解できていない」と言われても困惑せざるを得ない。 人類の食料システムの持続可能性は、すでに危機的状況に向かっているからだ。 ヴィーガン(完全菜食主義者)の人々は、待ってましたとばかりにこう言うだろう。 人類が食べる動物性タンパク質を増産する世界的システムは破綻しているのだ、と。 現在の食用肉生産は非効率で問題も多い 人間は食肉用動物に与える飼料を育てるために、世界中の農地の。 それなのに、食肉用動物から得られるカロリーは全体の17パーセント程度しか占めていない。 ベルグレンは言う。 「まったく新たな動物で産業を始めるなら、もっとうまいやりかたを見つけられるはずです。 いまわたしたちが知っていることや、最初からやり直す場合に変えられることを認識していれば、事態が悪化し続けることはありません」 土地は? 餌は? ふんの処理は? ベルグレンと同僚は学術誌『Trends in Ecology and Evolution』に、いわば既存の見解への反論を展開する論文を。 多数の新企業が昆虫の大量生産を開始した場合に起こりうると「わかっていること」ではなく、「わかっていないこと」について論じた論文だ。 によると、食用昆虫は今後5年間で7億1,000万ドル(約787億円)の市場規模になるという。 多様な種類の昆虫が、すりつぶされて粉末にされたり、プロテインバーやスナック菓子として売られたりするというのだ。 ところが、こうした昆虫のすべてを育てる場合、思いがけない事態に対応するために、多くのスペースが必要になるだろう。 例えば、いま人間は地球上のかなりの部分の土地を使って植物を育てている。 それを食肉用動物の餌とすることによって、人間はその動物を食べるられる仕組みだ。 昆虫なら、そうした動物よりも少ない餌でより大きなタンパク源となる。 さらに(種にもよるが)昆虫は、動物に比べて食べられる部分が多い。 キチン質の外骨格があっても、食べるには差し支えないのだ。 だがそうなると、生産性のある農地は人間のためではなく昆虫のための食物をつくる場所に変わらざるをえない。 それなら人間は、何千種類もの食用昆虫のリストをスクロールして、早く育つ種を探すだろう。 生存環境と餌を選ばない種が望ましい。 さらに理想的なのは、人間が食べないもの、あるいは食べられないものを餌とする昆虫である。 そのような昆虫を養殖すれば、人間が食べる動物の餌を育てるためでなく、人間の食物を育てるために土地を使える。 また、この問題と表裏一体の諸問題、すなわち昆虫が出す途方もない量の排泄物が具体的にどれくらいなのか、その中に何が含まれているのか、それをどのように利用するのかといった問題を解明できれば素晴らしい。 大量生産する前に考えるべき持続可能性の問題 昆虫食の持続可能性について人はごく少ない。 われわれの食料生産に関するいつもの思考パターンどおりだ。 ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院の食料システム政策プログラムを率いるボブ・マーティンは次のように語る。 「昆虫がタンパク質と栄養素の問題に対する確実な解決策になると考えられていますが、ほかの問題に対してはどうでしょうか?」 諸問題は、かつては養鶏場、最近では抗生物質を使った巨大な養殖場をつくりはじめた水産養殖業で起きているとマーティンは言う。 もちろん、昆虫や魚の養殖に取り組んでいる企業たちがこうした問題の一部に対する解決策を用意している可能性はある。 ただ、それを世に出していないだけかもしれない。 フラスを土壌改良剤として使えるからだ。 アスパイアの共同創業者兼最高執行責任者(COO)のゲイブ・モットいわく、フラスに含まれる窒素、リン、カリウムの割合は、既存の肥料より多いわけではない。 それでも、フラスを使うと植物の成長率が上がると考える人もいる。 その点について、公表されている著作物でははっきりとしたことはわからない。 ちなみに、コオロギ生産ではフラス以外の廃棄物も出る。 ただし、アスパイアが扱っている規模では無視できるほどわずかな量にすぎないという。 とはいえ、コオロギが数千トン分にまで増えたらどうなるのか。 「そこまで増えるずっと前に、コオロギを移す場所を確保したいですし、コオロギの農産物としての価値を意義のあるものにしたいのです」とモットは話す。 だが、コオロギが大量生産される日は、すぐそこまで来ている。 モットは続ける。 「ひとつのコンテナに約5,000匹から1万匹のコオロギを入れる予定で、数千個のコンテナを確保しました。 これまでどの研究所もできなかった規模で研究ができます」。 これは1日当たり100万匹のコオロギを加工処理する計算になる。 食糧問題は「食料配分」の問題でもある 誤解のないように言うと、世界に食料を行き渡らせるという問題は、食料の量ではなく、その配分の問題とも考えられる。 米国人が摂取しているタンパク質の量を減らせば、食肉用動物の餌にする植物を育てるために使っていた土地で果物や野菜を育てられるだろう。 いまだに米国人は、世界平均よりも多量のタンパク質と脂肪分を摂取し、米国以外のあらゆる国や地域の人々のを食べている。 国によっては(また米国内の貧困地域によっては)栄養失調が生じているにもかかわらず、このような消費がされているのである。 わたしたちが向かっていく未来とは、地球という列車の最も前方で全人類のわずか0. 01パーセントの人々がステーキを食べているのに、列車の後方にいる貧しい人々には昆虫が原料の安価なプロテインをたくさん食べるように徹底させることでは決してない。 「わたしは昆虫が食料になると信じて前向きに考えています。 ただ、昆虫食がたったひとつの単純な解決法ではないことを、みなさんに認識してもらえればと思います。 1種類の昆虫を大量に育てれば、それですべてうまくいくとは考えないでほしいのです。 世界と、それからわたしたちの食料システムは、そういう考え方よりもずっと複雑なのですから」とベルグレンは言う。 昆虫はひとつのチャンスである。 地球の食料ネットワークをつくり直して、正常な状態になるところを想像してほしい。

次の

昆虫

昆虫人間

巨大化した昆虫がヤバイ件 そもそも、現時点でのサイズですら昆虫は僕にとっての脅威なのに、それが巨大化するとかもう 地球に住めないこと間違い無しでしょう。 特に ビジュアル面。 まあちょっと、 身近な昆虫たちが巨大化したらどうなるのか考えてみましょうか。 人間サイズの蚊 例えば、夏の刺客「 蚊」ですけど、こいつがもし人間サイズだったとしたら、一回の吸血によっておよそ 0. 6リットルの血液が奪われます。 体重60kgの人の体内には、約4. 人間サイズの蟻 小学生に圧死させられたり水没死させられたりと、 虐められる昆虫No1なアリですけど、こいつらも人間サイズになったらマジでヤバイ。 僕らがよく見かけるアリことクロヤマアリは、自分の体重の5倍のものを持ち上げることが出来るし、自分の体重の 25倍のものまで引きずって運ぶことが出来る。 つまり体重が60kgだとしたら、死んだキリンを1匹のアリが引きずれるってことになります。 こんなのが軍団で現れたら東京が整地されちゃいます。 人間サイズの蜂 人間サイズになったアリのパワーもすごいですが、 蜂はもっとヤバイです。 ミツバチは 体重の300倍の物を引っ張ることができると言われていますから、客を満員に乗せた路面電車2両をミツバチ1匹が牽引できるって事になります。 ヤバスぎ。 しかもオオスズメバチの 毒針の長さは40cm近くになってします。 お尻からぶっ刺されたら口から出てきそうな長さですよ。 あと、巣の大きさとかも想像するだけでゾッとします。 ああ気持ち悪い・・・。 昆虫が巨大化する未来はあるのか? テラフォーマーズじゃありませんが、この「昆虫が巨大化していたらどうなるか」みたいな会話、確かに昆虫の恐るべき能力にフォーカスした夢のある会話のような気もしますが、 昆虫が苦手な僕からしたら最悪の未来です。 っていうか、真面目に想像したら「 巨大化したセミのお腹の部分が蠢いている感じ」がエグすぎて妄想だけでトラウマになりそうなんですけど。 夢に出そうだ。 人間サイズまで大きくなる進化を遂げるだけでここまで強くなるのであれば、もしかしたら昆虫たちはもうすでに巨大化を虎視眈々と狙っているのかもしれない。 そして、いつの日か 地球を人間の手から奪い去ろうとしているのでは? おい!地球の国同士で喧嘩している場合じゃ無いぞ!俺たちの敵はアメリカでもシリアでも北朝鮮でも無く、目の前でウロウロしている昆虫だぞ!今こそ「地球軍」として手を取り合って戦うべきじゃ無いのか!? でも昔は昆虫って巨大だったんでしょ? そうそう、ふと思い出したんですが、僕の大好きなアノマロカリスたんが出てくる 古生代カンブリア紀とかの昆虫は超巨大だったんじゃ無いですか? ほらあの、風の谷のナウシカとか、のび太の創世日記とか、そういうのに出てくる感じの巨大なトンボとか、やばいサイジングの芋虫とかそういう感じですよ。 3億年前に存在したと言われるトンボの祖先的な「メガネウラ」は体長が60cm近くあったそうですが、 現代において最大の昆虫と言われるのが「ジャイアントウェタ」というコオロギのような見た目の昆虫で体長は10cmほどです。 まあ体長10cmのコウロギとかが家に急に出現したら 失神待った無しなんですけど、どうやら過去から現在にかけて昆虫は巨大化ではなく微小化という進化を辿ったようで安心しました。 つまり、昆虫にとっては大きくなるよりも小さくなることの方が、 種を存続したりするのに適していたってわけですな。 いやいや、とりあえず今後昆虫が巨大化し始める可能性が非常に低いということが理解できて一安心でございますよ。 なぜ昆虫は巨大化しないの? さて、ここからはより具体的に「 なんで昆虫は巨大化しないの?」という事に関してなのですが、そもそも昆虫は巨大化しないんじゃ無いくて巨大化できない様子です。 超安心。 ほんと巨大化だけはしないで、怖いから。 じゃ、ちょっと僕が知り得た情報をまとめて紹介しておきましょう。 自分の体重が支えられない 昆虫がそのままの形で人間のサイズ(n倍)に巨大化すると、体重自体はnの3乗倍になるのに、体重を支える筋肉や骨格強度は断面積に比例するためnの2乗倍にしかならず、巨大化した昆虫は自分の体重が支えられず 巨大化した瞬間にバラバラになる。 要するに 昆虫にビッグライトを使ったら死ぬ。 って事である。 他にも、 体液が外骨格の薄い部分を突き破ってしまう可能性もあったりして、かといって外骨格を厚くするとその分体重も増えてしまうという八方塞がりなのである。 しかしこの、外骨格によって巨大化できないという説は、今の所証明する十分なデータが無いとされています。 酸素が供給できない 人間は、口から肺に空気を取り入れて、その中の酸素を血液に乗せて全身に運ぶわけだが、 昆虫は肺を使わずに直接空気を全身に送って酸素を各組織に取り入れるという仕組みを持っています。 昆虫の 体の側面には無数の穴があって、その管はミクロサイズの小ささとなって無数に枝分かれしており、そこを空気が通る事で全身の細胞に酸素が届くわけです。 この構造も巨大化には大きな障害となるようで、体が大きくなってしまうと酸素が体の奥まで届かなくなってしまい、 気管から遠い組織は壊死していってしまうんだとか。 この酸素問題は「昆虫と巨大化」において、外骨格問題よりも重要だとされており、 古生代の地球は現在と比べて酸素濃度が濃かったため昆虫は巨大だったとも考えられているほどです。 食料が全然足りない 昆虫の体が3乗倍に巨大化するとなれば、もちろん胃袋の体積だって3乗倍で巨大化するわけで、そうなると地球如きの狭い面積では圧倒まに地上の食料は昆虫に食べ尽くされて、 地球は死の星へとまっしぐらだそうです。 しかもコイツら、結構肉食なのも多いですからね。 ゴキブリに食われて死ぬとか・・・ああもう想像するだけで最悪の最後ですわ。 昆虫が巨大化したら 自決用の拳銃を配布してください。 つまり昆虫は巨大化しない(だろう) まとめると• 外骨格的に巨大化は無理• 酸素供給システム的に巨大化は無理• 食料が足りなくて巨大化は無理 って事になります。 となると「 不便な体だな〜」って思ってしまいますが、そんなことはないんです。 昆虫の外骨格には クチクラという膜が張られており、これによって雨風や乾燥を防ぎ、砂漠のような過酷な環境下でも生き延びることができて生息範囲を拡大してきました。 そして体を小さくすることで、空気抵抗を受けにくく 翅を羽ばたかせるだけで飛ぶことができ、それによって生息地を広げているわけです。 もちろん、 少ない食料で生き延びることもできます。 つまり、昆虫は小型であるからこそ「どこにでも出没する」ほどに生息数を増やして繁栄を築き上げたというわけですな。 昆虫嫌いな僕としては、巨大化されるのはまっぴらごめんですが、小型化して繁栄されるのも嫌ですね。 うむ〜。 困ったもんです。

次の

『むしコラ』 昆虫と人間の違いは?

昆虫人間

進化の歴史に存在するミッシングリンクとは? ミッシングリンクとは生物の進化の過程に存在する 謎の空白期間の事を指す。 進化過程の繋がり(リンク)が消えている(ミッシング)期間があるという事。 人間は猿から進化したといわれている。 猿から人間への進化過程には、ネアンデルタール人などの原人が登場している。 常識的に考えると、人間にはミッシングリンクは存在しないといわれている。 しかし生物の中には、進化の過程がまったく化石として残っていない種がある。 ある日突然に、この地球上に現れたように見える種があるのだ。 そしてミッシングリンクを持つ種のひとつに 昆虫がある。 昆虫のミッシングリンクとはどういった内容なのだろうか? 昆虫の進化に潜む空白期間 地球上に存在する生物種の80%以上が昆虫に占められている。 その数は、実に85万種以上と言われている。 そんな地球上のどこにでもいる昆虫、その起源は3億7千万年前の「デボン記」だ。 最初に出現したのは、シンプルな仕組みを持つ「トビムシ」。 その体長はわずか3mmで、世界中のどこにでも生息している。 トビムシの次に昆虫が現れるのはーつまり昆虫の化石が発見されるのはーそこから7000万年後の地層からだ。 この時期にいきなり 沢山の種類の昆虫が大発生している。 その数は実に23目。 羽をもっていたり、甲殻類だったり多種多様。 それはトビムシとは似ても似つかない種たちであった。 シンプルで芋虫のような形状のトビムシから、羽を持ったりといった様々な特徴を持つバラエティに富んだ進化をしている。 昆虫の専門家から見ても、たったの7000万年でこれほどの凄まじい進化は考えられないという。 さらにもうひとつ。 昆虫の表皮は「クチクラ」という物質で出来ていて、死後にとっても化石化しやすい。 だけど、この7000万年の間に トビムシと他の昆虫をつなぐ化石がまったく発見されていないのだ。 進化の過程を示す化石が全く発見されていない。 そしていきなり新種の昆虫が大量発生する。 この空白期間が昆虫のミッシングリンクと呼ばれるのだ。 昆虫のミッシングリンクを埋める宇宙人説 この謎のミッシングリンクを説明する説のひとつに「 昆虫は宇宙からやってきた!!」というとんでもないモノがある。 たしかに、昆虫の奇妙なフォルムや擬態のデザインなどをみると、エイリアンっぽい…。 その顔をよ~く見ると、目玉の仕組みやら口やらなにやら、確かに他の地球上の生物とは一線を画している。 といっても、ハエが飛んでくるように「ぶ~ん」と宇宙空間から地球に飛来したってわけじゃない。 宇宙から飛来したDNAの影響で、いきなりたくさんの昆虫が誕生したというのだ。 宇宙からのDNA? どうやって地球にやってくるのか? どうやら宇宙空間にはバクテリアやウィルスが存在し、それが彗星に付着して地球に落ちてくるらしいのだ。 そのウィルスの影響で、単純な生命体だったトビムシが爆発的に進化したという。 ひょっとしらた、宇宙には昆虫が進化した「昆虫人間」が住む星があるのかもしれない。 う~ん、行きたくない。 こんな昆虫宇宙人説だけど、それを否定する事実が ふたつある。 まじで!宇宙に生命はいない? ウィルスやバクテリアは宇宙空間でも生存できるという。 これが昆虫の起源宇宙説の根拠の一つとなっている。 だけど少なくとも現在、宇宙空間に生命の痕跡は発見されていない。 もちろん宇宙空間では、未だバクテリアやウィルスなどが発見された例はない。 火星に水の痕跡が発見されたぞ~生命がいるかも!ってくらいなら聞いたことがあるけれど。 つまり「彗星に付着して何らかの未知のDNAが地球に飛来した」という考えは間違っているということ。 今のところは。 まじで!ゲノム解析で明らかになった昆虫の歴史 昆虫が初めて地球上に登場したのは3億7千年前と先ほど紹介した。 しかし最新のゲノム解析によると、昆虫の最初の発生は 4億8千年も前となるという。 そして4億年前には、もう羽をもつ昆虫が登場しているというのだ。 この羽をもつ昆虫を 「有翅昆虫類」と呼び、有翅昆虫類は昆虫全体の99%を占めるほど多い。 対してトビムシは羽をもたない 「内顎類」に属する。 注目すべきは、昆虫が発生した4億8千万年の直後に、すでに有翅昆虫類と内顎類は 種として枝分かれしているという事実。 昆虫ミッシングリンクの最大の謎は、トビムシが生まれてたったの7000万年後に多種多様な昆虫が大量発生したことにある。 しかしその多種多様な昆虫の起源をさかのぼっても、トビムシにはたどり着かないのだ。 あらためて言おう、昆虫の99%を占める多種多様な有翅昆虫類、その進化の過程をさかのぼっても、 トビムシには結びつかない!! 単純な構造のトビムシがたったの7000万年で爆発的に進化した…これが昆虫ミッシングリンクの大きな謎のひとつだった。 だけど、トビムシの登場前から違う種の昆虫が存在していたとしたら、多種多様な昆虫の進化も説明がつく。 昆虫のミッシング・リンクなど、そもそも存在していないのではないだろうか。 昆虫ミッシングリンクのまとめ 子どものころは平気だった昆虫が、なぜ大人になるとあんなにも気持ち悪く感じるのか? 本能に呼びかけるような嫌悪感。 人間の根源を揺さぶられる恐怖。 おぞましく蠢く四肢。 蛹になり変態を遂げる、独特の進化システム…。 これこそが正に昆虫エイリアン説の根拠になりえないだろうか? 先ほど最新ゲノム解析の結果をお伝えし、昆虫ミッシングリンクの存在は否定された。 たが依然として 化石の発見されていない空白期間も存在し続けている。 もし宇宙から飛来したなにかが地球に影響を与えたとするなら…これほどまでに科学が発達した今なお解明されていない 「生命の根源」すら説明がつくかもしれない。 昆虫、人間、そしてすべての生命…それらのルーツが宇宙から飛来したなにかだったとしても、なんら不思議ではないのではないだろうか。 常識的に想像するなら、「花の蜜を効率的に吸うために、ストローのような口に進化した」と考えるのが普通だ。 しかし、実際は順番が逆かもしれない。 最新の研究によると、 地球上に花が存在する前から蝶や蛾は地球に生息していたというのだ。 というのも、ドイツ北部で蝶や蛾の鱗粉が化石化したものが採掘されたから。 発掘された化石をオランダのユトレヒト大学の大学院生であるティモ・ファン・エルディク氏らが詳細に分析したところ、何と約2億1000万年前のチョウやガの鱗粉であることが明らかになっています。 約2億1000万年前というのは三畳紀後期からジュラ紀初期にかけての時代。 なお、化石を分析したところ、鱗粉は太古のチョウもしくはガの羽・体・足部分を覆っていたものであることが明らかになっています。 (中略) エルディク氏らの分析によると鱗粉の化石は約2億1000万年前のものだそうですが、花を開く開花植物が登場するのは約1億4千万~1億6千万年前とされています。 つまり、今回発表された研究論文は 初期のチョウやガは花が登場するよりも先に地球に生息していたことを示すものとなります。 参照元: 花の蜜を吸うのに特化した蝶や蛾が、地球上に花が登場する前から存在していた。 この奇妙な事実は何を示すのか? 研究者は花の蜜ではない別の何かを食べるために進化したのではないかと推測している。 だけど、こうは考えられないだろうか? 蝶や蛾を含めた昆虫類は、もともと進化した状態で地球に飛来してきたと。 そう考えると、この奇妙な矛盾もスッキリと解決する。

次の