神棚 作り方。 自宅にパワースポットを作ろう!モダンな神棚の作り方

初めての神棚を洋室に設置!作り方、飾り方を説明します。

神棚 作り方

紙垂 しで とは、しめ縄や神棚などに飾りとして付いる稲妻のような形の白い紙の飾りのことです。 しかし一般人が、紙垂 しで と言われてもすぐに思い出すことは難しいです。 しかし「正月の鏡餅や、しめ縄」に付いている白い紙などと、身近な物で紙垂のことを説明することですぐに思い出してくれます。 また紙垂 しで は、日本の国技である相撲の中で、横綱が土俵入りするときの「まわし」にも付いているため、日本人にとっては馴染み深いものになります。 そんな紙垂が飾られているのが神社になります。 そんな神社は願掛けをしますが、どの様に願掛けをすることで効果的に神様へと伝えることができるのでしょうか。 そんな神社でおこなうと、効果的なお祈り方法などを詳しく紹介している関連記事を下記に付属しておきます。 ぜひ神社などの参拝する前に読んで、願掛けを効果的におこなってみてください。 紙垂 しで は神社などの神聖な場所との境界線! 紹介している紙垂 しで は、飾ることで境界線になると紹介しまたが、玉串になる榊に紙垂を付けることもあります。 この玉串に紙垂を付けることで、境界線として使われている紙垂れが、神道の儀式である「修祓」をおこなうときに使用する「祓具 はらいぐ 」へと変化します。 また、この紙垂を付けた玉串 榊 を神前にお供えした場合には、お供え物である「米・酒・水」などと同等の意味をもつことができます。 また紙垂 しで ができた由来には、複数の諸説があります。 その紙垂は、もともとは五穀豊穣を祈願するために作られたとも言われています。 そんな紙垂が、五穀豊穣祈願を願うものだと分かる理由は紙垂の「形」にあります。 そんな紙垂の形は、雷の形によく似ています。 紙垂がこの形になった理由は、「落雷があると稲が良く育つ」と言われていることから、稲がよく成長してくれるようにと雷の形に似せています。 紹介している紙垂には、「吉田流」、「白川流」、「伊勢流」の3つの流派が存在しています。 この3つの流派は、紙垂の裁ち方や折り方などの作り方が違うため、紙垂の形にもそれぞれの特徴があります。 また流派の使い分けは、地域などでの決まりもありますが、神社によっては境内の手前と奥で流派が違うこともあります。 そんな紙垂の材料は、昔は木綿 ゆう と呼ばれる楮 こうぞ の皮で作られた白い紙を使っていました。 しかし現代では、習字紙の半紙や身近なコピー用紙などの白い紙で作ることができます。 また神社によっては、屋外に置くときに湿気などで紙垂がダメにならないように、防水加工の紙を使っている場合もあります。 そんな紙垂を自宅で作る場合には、コピー用紙を利用できます。 またこのコピー用紙は、100均なでも購入することができます。 そんな100均で購入できるコピー用紙関連の記事を下記に付属しておくので、ぜひコピー用紙を購入するときの参考にしてください。 この吉田流は、紙垂の流派の中で1番有名な形の紙垂になります。 また紙垂と言われたら、この吉田流の紙垂を思い出す人が1番多いです。 そんな吉田流の紙垂作りの作り方を下記で紹介します。 また作っている動画も付属するので、ぜひ参考にしながら作ってみてください。 吉田流「紙垂」の作り方• 1半紙を縦に3等分し、3つの長方形を作る。 2長方形を二つに折る。 このときに、山が左側になるように置く。 3縦に4等分、横に3等分にして折り目をつける。 5その後に全てを下に向けて折ったら完成。 先ほども紹介しましたが、一般人が紙垂を触るのは神棚に付けるときになります。 そんな紙垂を神棚に付ける理由は、神々がいる神聖な天界と、人間が生活して生きている下界とを分ける大事な「境界線」になってくれるからです。 また境界線である紙垂を付けることで、神々がいる神聖な天界に「魔物」が入りこむことを防いでもくれます。 そのため紙垂を付けるときには、下界側に紙垂の「表側」がくるように付けるのが正しい付け方になるので、付ける方向が間違っていないかを確認しながら付けましょう。 【番外編】神棚の参拝方法は? 神棚を参拝する基本回数は1日2回! 神棚の参拝は、1日2回が基本のスタイルです。 この2回とは、基本的には朝・夜になりますが、現代では人々の生活スタイルはさまざまです。 また無理して、基本のスタイルに合わせても無理している場合には長続きしません。 そのため、自身の生活スタイルに合わせて、参拝方法を選ぶことが参拝を長く続けるコツになります。 そんな神棚の参拝方法は、「二拝二拍手一拝」になりますが、地域では「二礼四拍手一礼」などのこともあるため、住む地域の風習に合わせましょう。 一般的な神棚の参拝方法を、下記で紹介するので確認してみてください。 また丁寧に参拝したいときは、一般的な二拝二拍手一拝の前に神棚に拝詞を奏上することをおすすめします。 今回は、神棚の参拝方法を紹介しましたが、参拝する場所の中に神社があります。 そんな神社を参拝する夢を見た場合には、どんな意味をもつのでしょうか。 「神社参拝」の夢占いの結果などのことを詳しく紹介している関連記事を、下記に付属しておくのでぜひ読んでみてください。 一般的な神棚の参拝方法• 1水で口と手をすすいで清める• 2清めたら、二回お辞儀をする• 3次に二回拍手 かしわ手 をする• 4最後に、一度お辞儀をしたら参拝は終了 神棚の参拝方法にはお供え物が大切 神棚にお供えてある供物のことを「神饌 しんせん 」と呼びます。 この神饌とは、「お米・お塩・お水」の3種類のことになります。 またこの神饌は、常に新しい方が良いとされています。 そのため毎朝、参拝をする前に取り替えておき、夕方の参拝後に「お下がり」として夕飯などに使って食すことをおすすめします。 またこの神饌には、毎月の1・15日の2日はお酒・榊と一緒に季節の食べ物をお供えすることが一般的だと言われていますが、地域にもよるため周囲の風習に従いましょう。 またお供え物が、傷みやすい物ならば、参拝した後にお下げしますがお酒や榊は日持ちします。 そのため月2回程傷んでないかの確認をしましょう。 また「お米・お塩・お水」を神棚に飾るときには、中央にお米、向かって右側がお塩、逆の左側がお水になるなどの基本的な配置場所があります。 お供え物になるお米は、どのように保存しておくことで長期的に保存できるのでしょうか。 そんな、お米の保存などに関連している関連記事を、下記に付属するので参考にしてください。 紙垂は色々な意味を持つ日本人にとって大切な白い紙! 今回紹介している紙垂 しで は、名前だけ聞くと分かる方は少ないです。 しかし、鏡餅や、神棚や神社のしめ縄などに付いていることを説明すると、多くの日本人はすぐに思い出してくれる物になります。 そんな紙垂は、横綱の土俵入りではまわしに付いているなど、日本人にとってはとても大切なものになります。 またこの紙垂を付けることで、神聖な天界と人間が住んでいる下界との境界線にもなります。 そんな紙垂は、半紙やコピー用紙などを使って簡単に作ることができます。 そんな紙垂を飾るのは、神棚など最近では廃れてきている風習になりますが、ぜひ今回紙垂のことを学んだ機会に神棚などのことも学んでみてはいかがでしょうか。

次の

神棚DIYのインテリア・手作りの実例 | RoomClip(ルームクリップ)

神棚 作り方

紙垂 しで とは、しめ縄や神棚などに飾りとして付いる稲妻のような形の白い紙の飾りのことです。 しかし一般人が、紙垂 しで と言われてもすぐに思い出すことは難しいです。 しかし「正月の鏡餅や、しめ縄」に付いている白い紙などと、身近な物で紙垂のことを説明することですぐに思い出してくれます。 また紙垂 しで は、日本の国技である相撲の中で、横綱が土俵入りするときの「まわし」にも付いているため、日本人にとっては馴染み深いものになります。 そんな紙垂が飾られているのが神社になります。 そんな神社は願掛けをしますが、どの様に願掛けをすることで効果的に神様へと伝えることができるのでしょうか。 そんな神社でおこなうと、効果的なお祈り方法などを詳しく紹介している関連記事を下記に付属しておきます。 ぜひ神社などの参拝する前に読んで、願掛けを効果的におこなってみてください。 紙垂 しで は神社などの神聖な場所との境界線! 紹介している紙垂 しで は、飾ることで境界線になると紹介しまたが、玉串になる榊に紙垂を付けることもあります。 この玉串に紙垂を付けることで、境界線として使われている紙垂れが、神道の儀式である「修祓」をおこなうときに使用する「祓具 はらいぐ 」へと変化します。 また、この紙垂を付けた玉串 榊 を神前にお供えした場合には、お供え物である「米・酒・水」などと同等の意味をもつことができます。 また紙垂 しで ができた由来には、複数の諸説があります。 その紙垂は、もともとは五穀豊穣を祈願するために作られたとも言われています。 そんな紙垂が、五穀豊穣祈願を願うものだと分かる理由は紙垂の「形」にあります。 そんな紙垂の形は、雷の形によく似ています。 紙垂がこの形になった理由は、「落雷があると稲が良く育つ」と言われていることから、稲がよく成長してくれるようにと雷の形に似せています。 紹介している紙垂には、「吉田流」、「白川流」、「伊勢流」の3つの流派が存在しています。 この3つの流派は、紙垂の裁ち方や折り方などの作り方が違うため、紙垂の形にもそれぞれの特徴があります。 また流派の使い分けは、地域などでの決まりもありますが、神社によっては境内の手前と奥で流派が違うこともあります。 そんな紙垂の材料は、昔は木綿 ゆう と呼ばれる楮 こうぞ の皮で作られた白い紙を使っていました。 しかし現代では、習字紙の半紙や身近なコピー用紙などの白い紙で作ることができます。 また神社によっては、屋外に置くときに湿気などで紙垂がダメにならないように、防水加工の紙を使っている場合もあります。 そんな紙垂を自宅で作る場合には、コピー用紙を利用できます。 またこのコピー用紙は、100均なでも購入することができます。 そんな100均で購入できるコピー用紙関連の記事を下記に付属しておくので、ぜひコピー用紙を購入するときの参考にしてください。 この吉田流は、紙垂の流派の中で1番有名な形の紙垂になります。 また紙垂と言われたら、この吉田流の紙垂を思い出す人が1番多いです。 そんな吉田流の紙垂作りの作り方を下記で紹介します。 また作っている動画も付属するので、ぜひ参考にしながら作ってみてください。 吉田流「紙垂」の作り方• 1半紙を縦に3等分し、3つの長方形を作る。 2長方形を二つに折る。 このときに、山が左側になるように置く。 3縦に4等分、横に3等分にして折り目をつける。 5その後に全てを下に向けて折ったら完成。 先ほども紹介しましたが、一般人が紙垂を触るのは神棚に付けるときになります。 そんな紙垂を神棚に付ける理由は、神々がいる神聖な天界と、人間が生活して生きている下界とを分ける大事な「境界線」になってくれるからです。 また境界線である紙垂を付けることで、神々がいる神聖な天界に「魔物」が入りこむことを防いでもくれます。 そのため紙垂を付けるときには、下界側に紙垂の「表側」がくるように付けるのが正しい付け方になるので、付ける方向が間違っていないかを確認しながら付けましょう。 【番外編】神棚の参拝方法は? 神棚を参拝する基本回数は1日2回! 神棚の参拝は、1日2回が基本のスタイルです。 この2回とは、基本的には朝・夜になりますが、現代では人々の生活スタイルはさまざまです。 また無理して、基本のスタイルに合わせても無理している場合には長続きしません。 そのため、自身の生活スタイルに合わせて、参拝方法を選ぶことが参拝を長く続けるコツになります。 そんな神棚の参拝方法は、「二拝二拍手一拝」になりますが、地域では「二礼四拍手一礼」などのこともあるため、住む地域の風習に合わせましょう。 一般的な神棚の参拝方法を、下記で紹介するので確認してみてください。 また丁寧に参拝したいときは、一般的な二拝二拍手一拝の前に神棚に拝詞を奏上することをおすすめします。 今回は、神棚の参拝方法を紹介しましたが、参拝する場所の中に神社があります。 そんな神社を参拝する夢を見た場合には、どんな意味をもつのでしょうか。 「神社参拝」の夢占いの結果などのことを詳しく紹介している関連記事を、下記に付属しておくのでぜひ読んでみてください。 一般的な神棚の参拝方法• 1水で口と手をすすいで清める• 2清めたら、二回お辞儀をする• 3次に二回拍手 かしわ手 をする• 4最後に、一度お辞儀をしたら参拝は終了 神棚の参拝方法にはお供え物が大切 神棚にお供えてある供物のことを「神饌 しんせん 」と呼びます。 この神饌とは、「お米・お塩・お水」の3種類のことになります。 またこの神饌は、常に新しい方が良いとされています。 そのため毎朝、参拝をする前に取り替えておき、夕方の参拝後に「お下がり」として夕飯などに使って食すことをおすすめします。 またこの神饌には、毎月の1・15日の2日はお酒・榊と一緒に季節の食べ物をお供えすることが一般的だと言われていますが、地域にもよるため周囲の風習に従いましょう。 またお供え物が、傷みやすい物ならば、参拝した後にお下げしますがお酒や榊は日持ちします。 そのため月2回程傷んでないかの確認をしましょう。 また「お米・お塩・お水」を神棚に飾るときには、中央にお米、向かって右側がお塩、逆の左側がお水になるなどの基本的な配置場所があります。 お供え物になるお米は、どのように保存しておくことで長期的に保存できるのでしょうか。 そんな、お米の保存などに関連している関連記事を、下記に付属するので参考にしてください。 紙垂は色々な意味を持つ日本人にとって大切な白い紙! 今回紹介している紙垂 しで は、名前だけ聞くと分かる方は少ないです。 しかし、鏡餅や、神棚や神社のしめ縄などに付いていることを説明すると、多くの日本人はすぐに思い出してくれる物になります。 そんな紙垂は、横綱の土俵入りではまわしに付いているなど、日本人にとってはとても大切なものになります。 またこの紙垂を付けることで、神聖な天界と人間が住んでいる下界との境界線にもなります。 そんな紙垂は、半紙やコピー用紙などを使って簡単に作ることができます。 そんな紙垂を飾るのは、神棚など最近では廃れてきている風習になりますが、ぜひ今回紙垂のことを学んだ機会に神棚などのことも学んでみてはいかがでしょうか。

次の

神棚の作法を解説!祀り方・飾り方・お参りの作法

神棚 作り方

初めての神棚を洋室に設置!作り方、飾り方を説明します。 katsuです。 先日、我が家に 初めての神棚を設置しました! いや、本当に思いつきだったんですけどね。 でも、 思い立ったが吉日。 いろいろと調べて設置にチャレンジしてみました。 そもそも神棚がどのようなものかも知りませんし、何が必要なのかも知りません。 そんな初心者の僕ですが、思ったより簡単に設置することができました。 神棚を作ってみた感想ですが・・・ リビングに神棚があるのは結構良い!! というのが素直な感想です。 神社で頂いた御札を入れておくわけですが、神々しく檜の社が佇んでいるのはなかなか良いものです。 部屋の中がキリッと引き締まった気がします。 それに、今どきの神棚は モダンですよ! 例えばこちらをご覧ください。 ちょっとびっくりしますよ。 上の画像の商品も、 えっ・・・位牌みたい?なんて思ってしまいました。 最近は洋風の部屋向けのシンプルな神棚もたくさんあります。 それでは、僕が神棚作りにチャレンジした時系列で詳しく説明してみましょう。 神棚ってそもそも何? 何となく思い立った神棚づくりですが、まず神棚が何なのかを調べるところから作業は始まりました。 神棚とは、簡単に説明すると・・・ 家の中に神社が出来上がるという代物。 これは僕の解釈ですが、端的に言うとこういうことです。 神様を家の中にお祀りするための社のことで、中に神社でもらった御札を入れることで神棚として機能します。 形状は特に決められているわけではなく、御札をしっかりとお祀りすることができればOKです。 「家の中に神社」と書きましたが、 神棚は毎日二礼二拍手一礼するもの。 まさに家の中の小さな神社なんですよ。 神社でお祓いをしってもらったときなどに御札をもらうことってありませんか?その御札、どうしていますか?ぜひ神棚に置いておきたいですよね。 それでは神棚を作った手順、順番に説明しましょう。 神棚を作るために必要なもの 神棚を作るために必要なものは、大きく分けてこのふたつです。 伊勢神宮は日本で最高位の国家レベルの神社。 本来は個人のお願いごとではなく、国の安全を祈願するための神宮です。 伊勢神宮まで行かないとダメなの?と思われそうですが、 どの神社でも取り扱っている御札です。 頂くには1,000円お納めする必要があります。 次に 氏神神社の御札。 本来は自分の住んでいる場所の氏神様を調べる必要があります。 僕はいつも初詣をしている神社で頂くことにしました。 この神社でお伊勢さんの御札も一緒にいただいたわけです。 こちらです。 神宮大麻と書いてあるのが伊勢神宮の御札ですね。 さて、次は 崇敬神社の御札です。 これは 好きな神社の御札を頂けばOK。 僕は他の神社を訪れていないので、今のところ「無し」です。 そう、神棚のルールは絶対というわけではなく、御札が足りていなくても大丈夫です。 ちなみに伊勢神宮の御札の裏にはしっかり説明がありました。 御札の祀り方、神具の置き方もしっかり書かれています。 神棚本体と神具一式を揃える さて、次に 御札をお祀りするための神棚と神具です。 僕はネットで購入しました。 神棚だから専門店で買わないとだめだということはありません。 ホームセンターでも良いし、もちろんネット通販で購入でも大丈夫です。 要は気持ちです。 それでは、順に必要なものを挙げていきましょう。 4種類のものを買うだけで済みます。 簡単! 神棚本体 僕は「 神棚の里」というネットのお店で全て購入しました。 まずは 神棚本体。 神棚を設置してみよう! それでは写真付きで順に設置をしていきます。 こちらが「 神棚の里」から届いた商品一式です。 まずは神棚。 こんなダンボール箱で届きました。 出してみるとこんな感じ!檜の良い香り。 白い木が何となく神棚の神聖な雰囲気を醸し出しています。 表面は3つの扉があって3種類の御札をお祀りできるようになっています。 説明書もこんな感じで入っています。 裏面はこんな感じ、壁掛け式です。 神具置き場はこんな感じで引き出し式です。 ひとつだけ注意! この神棚にはビスが付属していません。 僕はいろいろなビスを持っているのでこちらをチョイスしました。 それではさっそく取り付けです。 神棚は南、もしくは東を向く壁に取り付けます。 これは絶対条件です。 更に神様なのですから、 できる限り高い場所。 そして人がよく通る入り口などの近くは避ける必要があります。 さっそく本体を設置してみました! いいやん!本当にモダンです。 壁にはこんな感じでがっちりと取り付けました。 次に例の 雲文字を取り付けます。 こんな感じで神棚の上の天井に取り付けます。 雲文字は取り付け方向があるので注意です。 写真のような文字の向きで貼り付けてください。 本来神棚の上には人が住む部屋があってはなりません。 神様の上ですからね。 どうしても神棚の上に部屋がある場合は、このように雲文字(空文字とかもあります)を取り付けます。 神棚の上には何も無いということを表しているわけですね。 次に御札をお祀りします。 まず御札を覆っている白い薄い紙。 この紙はお祀りするまでに汚れが御札につかないようにするのが目的の紙なので取り外します。 ただ、最近では紙をはずすのが恐れ多い、ということで、このままお祀りする人も多いようですね。 僕は取り外しました。 さっそく神棚の中にお祀りしてみます。 このように、 神棚の中は立てかけられるようになっています。 表から見るとこんな感じ。 うん、やっぱり良い感じです。 扉をしっかり閉めて・・・ 真ん中には伊勢神宮の御札、右側には氏神様の御札を祀ります。 左側は空席。 そのうちどこかに頂きにいきます。 最後に神具でお供えをします。 この神棚は小さいので、 最低限必要だとされている3種類のお供え物をします。 水と 清めの塩、そして 米です。 塩と米は神棚に付属していました。 米はどうやら古代米ですが、どんなお米でも良いと思います。 では・・・ 伊勢神宮の御札の裏に書いてあったとおりにお祀りします! 手前(左)から水玉、お米、清めの塩です。 順番が決まっています。 これで神棚が完成しました!小さな神社の完成です! 神社ですから、毎日お参りできます。 水玉の水は毎日交換し、清めの塩、米は1日、15日頃の月に2回交換ということで良いようです。 そして正月などには榊をお供えしたりします。 御札は1年に一回、神社にお返し&新たに頂くことになります。 という感じで書きましたが、神棚を祀ろう、という気持ちが最も大事なのではないでしょうか。 多少邪道であっても、心がこもっていれば良いと思います。 さいごに さて、ここまで来ると僕がすごく信心深い人だとおわかりいただけたでしょうか。 ・・・いや、僕は信心深いというわけではありません。 それなのになぜ神棚を設置するのか。 それは神棚の力を科学的に信じているからです。 語ると長くなるのでやめておきますが、よく大企業の社内に神社があったり、歴史上の人物が神社を参拝していたのを知っていますか?こういった偉人や成功者は、例に違わず神社を参拝しているものです。 そんな神社ですから、未だに解明されていない何らかの力があってもおかしくありません。 その神社の一部が家の中に設置できると思うとワクワクしませんか?僕が神棚を設置したのはそういう理由です。 思ったよりお手軽に安く、自分で設置できますのでぜひ試してみては?お金の使いみちとして、かなりおすすめですよ。

次の