グーグルアドセンス ログイン。 【2020年最新】グーグルアドセンス登録や申請ができない?blog.datarank.comは無料ブログで使えるのか?

2020年グーグルアドセンス審査に通るコツと落ちた時の対処法10

グーグルアドセンス ログイン

この記事はこんな方におすすめ• グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントを取得したまま、パスワードを忘れてしまい、ログインできなくて困っている。 プロバイダ解約により、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントのメールアドレスが消滅してしまった。 グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントにまつわる質問をしたいが、どこにしてよいかわからなくて困っている。 グーグルアドセンス(GoogleAdSense)にどうしてもログインできない。 Googleの前では無力なのだろうか? と、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)にまつわる、いろいろな疑問、お悩み、を持つ方々に対して、声を大にして解説したいことがあります。 本記事の信頼性 目 次• 結論〜グーグルアドセンスアカウントにログインできない〜 グーグルアドセンスアカウントのトラブル解決手順 で情報収集するべし。 で回答者「プラチナプロダクトエキスパート」を探すべし。 で「プラチナプロダクトエキスパート」へ割って入って質問するべし。 には、過去の資料、情報、細かく伝達すべし。 最終的にはGoogleよりメールがあります。 グーグルアドセンスアカウントにログインできない 昨日の、2020年7月8日(水)午後10時30分すぎ、Googleから、一通のメールが着ました。 過去、約1年間にわたってログインできなかったグーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウント、がとうとう、ログインできるようになった日だったのです。 グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントにまつわるどういうトラブルだったのか 簡潔にいえば、ボクがグーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントの取得時に登録したメールアドレスが、example plala. jp のようなプロバイダメールで行いました。 しかし、その後、プロバイダを解約することで、メールアドレスが消滅してしまいました。 その後、ブログやYou Tubeを開始しようとグーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントにログインしようとしたところ、ログインする「メールアドレス」が消滅してしまった以上、ログインができない状態となったのです。 そもそも、現在では、プロバイダメールアドレスでグーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントを取得するケースはほとんどないかと思います。 Googleアカウント経由でGoogleアドセンスにログインするからです。 昔は、Googleアドセンスにログインするためには、プロバイダメールアドレスで登録することが必須だったのです。 ここでいう昔というのは、2010年前後のことです。 約10年前のことです。 10年前にグーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントを取得しようとしたのか ボクは、10年前の2010年前後、ブログを開始しようと思っていました。 当時、ボクは、ブログで儲けるというつもりはなく、どの程度収入を得ることができるのだろうかという興味本位で、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントを取得したのです。 しかしながら、自分の身に色々とあり、ブログ開始をしようとするような状況ではなくなり、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)に少し書きかけたブログに貼り付けをしたまま、放置されることになりました。 プロバイダ解約により、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントメールアドレス消滅 グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントを取得して約7年後の、2017年、自宅の光回線の調子が悪くなり、回線速度が「最大1Gbps」をうたっておきながら、実測が「3Mbps」というADSLでも出さないような速度を連発したのです。 さらに、光回線の代理店が、少し「詐欺っぽい」会社でもあったことから、光回線をそれまでのNTT系列からnuro光系列に変更します。 この光回線の乗り換えにともない、それまで20年近く利用していた「NTTぷらら」を解約したことにともない、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントのメールアドレスが消滅してしまうことになりました。 この頃、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)を利用していなかったということもあり、プロバイダを軽々に解約してしまったのです。 この解約によって、後々、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)にログインすることができなくなってしまうのです。 グーグルアドセンスを利用して2018年You Tubeに挑戦 2018年という年は、YouTuberが非常に増加した年だったのではないでしょうか。 自分もなんでも良いからYou Tubeを開始しようとします。 しかし、You Tubeの収益化には、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)との紐付けが必要となってしまいます。 早速、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントにアクセスしようとするも、プロバイダメールが消滅していたことから、ログインができない状態となっていました。 「これも、運命かな」と思い、YouTuberになることを諦めます。 2019年、グーグルアドセンスを利用して再度、YouTuberに挑戦 2019年11月2日、映画の帰りに、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)を利用してYou Tubeを開始しようとしましたが、やはり、何度ログインを試みても、できません。 グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントへのログインは、考えられるありとあらゆるメールアドレス、パスワードを入力して試みます。 おそらく1000回以上は試行錯誤をしました。 それでも、ログインは叶いません。 この頃、会社を辞めようと思っていたのですが、この1件があり、退職を延期してしまいます。 目的のためには、手段を選べないような状況だったボクは、Googleのお問い合わせフォームを探し回ります。 そうすると、「ハッキングなどの被害を受けた場合の窓口」というものが2019年11月にありました(2020年7月現在はなくなっています。 その窓口に提出する資料は、「身元証明書(本人確認書類ではない)」、「運営ID」「グーグルアドセンス(GoogleAdSense)にログインできない理由」などを入力して、Googleに対して送信するものです。 身元証明書として「運転免許証」を送付したのですが、後ほど、通知がきたところ、「運転免許証」ではなく「引落口座請求書」などのように、住所と銀行名が入った証明書が必要だということで、「預金残高証明書」をGoogleにスキャンして送信します。 しかし、1ヶ月後、Googleに送信しましたが、結果として、「お使いのメールアドレスは、example plala. jp に紐付けられています。 」というメールが届いただけで、全く問題の解決にはならない状況となりました。 その後、Googleのこのお問い合わせ窓口は閉じられることとなります。 何をやっても、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントにログインできないのかと、断念してしまいます。 2020年、会社を辞めてブログを開始する。 (グーグルアドセンスアカウントログイン3度目の挑戦) 今年、2020年3月、会社を辞めてしまいます。 辞めてしまった理由は、様々な理由があったので、You Tubeを開始したかったから会社を辞めたわけではありません。 会社を辞めて、ブログを開始しようとします。 そして、2020年5月、再度、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントログインを達成するため、いや、ブログを開始する以上、この問題をそのままにしておくわけにはいきません。 どのような手段をつかってでも、グーグルアドセンスアカウントを奪還しなければいけないという気持ちで一杯になりました。 とりあえず、グーグル検索をします。 様々な検索結果は出ますが、情報が一部古いということもあり、どれもあまり役に立ちませんでした。 結果として、たどり着いたのが、 だったのです。 アドセンスアカウントログイントラブルは、Google Adsenseヘルプコミュニティ グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントのログイン問題で困っていたボクが、最終的に行き着いたのが、 「 」だったのです。 「そんな、一番始めにいくところだろ、」とお思いの方がいるかと思います。 ボクの、このコミュニティで、既に何回か質問をしているのですが、解決できるような内容ではなく、簡単にあしらってくる方もいました。 中には、「諦めた方がいい。 住所を改ざんして申請してみてはどうか?」などと、違法行為を示唆するような内容もありました。 こうしたことから、あまり、「 」でのアドバイスを信用できないものと思ってしまいました。 しかし、今回、偶然にも回答していただける方が、 「 プラチナプロダクトエキスパート」という称号を持つ、Googleお墨付きを持つ方だったのです。 プラチナプロダクトエキスパートのスゴさ トラブルの回答者のなかで「プラチナプロダクトエキスパート」のスゴさは、次のとおりです。 知識、経験が尋常ではない。 Google社員との間にパイプがある。 Googleへ問題解決の取次ぎができる。 非常に有意義な回答が得られます。 今回のボクの問題も、この「プラチナプロダクトエキスパート」により解決してもらったものです。 この方が、Googleへ問題解決の取次ぎをしていただき、運営IDを示すことによって、解決することができました。 プラチナプロダクトエキスパートの見つけ方 プラチナプロダクトエキスパートに会いたいと思っても会うことはできません。 ボク自身もそうでしたが、同じような案件の問題を解決しようとしている「プラチナプロダクトエキスパート」を探し出します。 これは本来、オススメできるものではないのですが、どうしても、回答者として「ゴールデンプロダクトエキスパート以上」の方に出会えないと思ったら、最終手段として、トラブル案件の中に横やりして、質問してみるのです。 そうすると、失礼に当たりますが、トラブル案件が解決されたら、自分の案件を解決してくれるようになります。 また、「プラチナプロダクトエキスパート」にこだわらなくとも、「ゴールデン(シルバー)プロダクトエキスパート」であっても、同様の権限を持ちますので、積極的にアタックしてみましょう。 グーグルアドセンスアカウントのトラブルの解決へ 2020年7月8日(水)午後10時30分すぎ、Googleより一つのメールがあり、グーグルアドセンス(GoogleAdSense)アカウントにログインできるようになりました。 最終的には、プラチナプロダクトエキスパートの方が、GoogleAdSense運営者IDを示した後、それをGoogle社員に取り次いで頂けたことにより、2日後にメールが届きました。 解決に当たっては、決定打となったのは、2009年のGoogleAdSenseアカウント開設時のメールに記載されていた運営IDが残っていたということになります。 トラブル解決にあたっては、そうした過去の資料が非常に重要となりますので、必要な資料はしっかりと残しておきましょう。 GoogleAdSense審査12時間で通過 最近読まれている記事• 82件のビュー 2020年7月11日 に投稿された• 54件のビュー 2020年6月27日 に投稿された• 46件のビュー 2020年6月22日 に投稿された• 26件のビュー 2020年6月16日 に投稿された• 23件のビュー 2020年6月20日 に投稿された• 18件のビュー 2020年6月11日 に投稿された• 18件のビュー 2020年7月10日 に投稿された• 14件のビュー 2020年6月19日 に投稿された• 14件のビュー 2020年6月25日 に投稿された• 14件のビュー 2020年7月9日 に投稿された.

次の

Googleアドセンス(AdSense )の登録申請方法を[初心者向け]に解説

グーグルアドセンス ログイン

申請から7日以上が経ちましたが審査結果が返ってきていない為、一度ご確認をお願いいたします。 お支払い住所・電話番号・HTMLコードすべて入力済みです。 僕はこのような文面でお送りしました。 コピペして使ってください! 送る際の注意事項 AdSenseの審査の返答が1週間以上来ない場合や、非承認の理由が現状と異なる場合は、大変お手数ですが以下のフォームよりご報告ください。 こちらが審査状況確認フォームに記載のある注意事項です。 1週間以上返事が来ていない方限定ですので、 くれぐれも1週間未満の方は送らないように! Google先生を怒らせないようにしましょうね 笑• Googleアドセンスを申請して、有効化のまま動かなくても返事は返ってくる。 グーグルアドセンスの申請を行って1週間以上返事が来ない方はここへ連絡する。 Googleアドセンスリンクを何度も貼りなおしても大丈夫 ちなみに僕は3記事の時に申請し、14記事の時に返事がきました。 申請してからは、ほとんど毎日更新していましたね。 申請し2週間ぐらい返事がこず、確認フォームで問い合わせ。 すると、その2日後に返信が送られてきました。 皆さんも、不安だとは思いますが、大丈夫です! 気長に待ちましょう。 ぶちょー🐶 サラリーマンで仕事終わりにブログをコツコツと書いています。 Twitterもやってるんでよかったらフォローお願いします!.

次の

【2020年最新】グーグルアドセンス登録や申請ができない?blog.datarank.comは無料ブログで使えるのか?

グーグルアドセンス ログイン

プライバシーポリシーの用意• Googleアドセンス広告をブログに設置するためにはプライバシーポリシーの設置が必要となります。 プライバシーポリシーの原稿はブログの内容に応じてご自身でご用意ください。 信頼性を高めるため、はてなブログでは、プライバシーポリシーをし、を推奨しています。 サイドバーにリンクを貼る際、モジュールは「リンク」もしくは「HTML」を使用することができます。 Googleアドセンスが指定するプライバシーポリシーの必須コンテンツについては下記の公式ドキュメントをご参考ください。 お問い合わせフォームの設置• Googleアドセンスの申請に際し、はてなブログでは、に従ってお問い合わせフォームの設置を必須としています。 プライバシーポリシーと同様に、お問い合わせを固定ページとして設置する方法を推奨しています。 独自ドメインの設定• はてなブログProへの加入がお済みの方は、を行ってください。 独自ドメインをサブドメインで指定される場合、 wwwを設定してください• 独自ドメインをネイキッドドメインで設定されている場合にはそのままお申込みください• はてなブログで独自ドメインの設定をするためには、への加入が必要です。 独自ドメインをご利用でない場合でもGoogleアドセンスの申請が可能な場合がありますが、Googleアドセンスの公式ヘルプサイトでは、サブドメインを使用していないアドレス( example. com)かサブドメインを wwwに設定したアドレス( www. example. com)による申請が推奨されています。 【参考情報】 Googleアドセンスアカウントの取得• にアクセスし、お持ちのGoogleアカウントでログインしてください。 Googleアカウントをお持ちでない場合はアカウントの作成が必要となります。 サービスの説明を読んだ上で、Googleアドセンスの利用を開始する場合は、「 お申し込みはこちら」ボタンを押してください。 「 お申し込み」画面に移行したら、それぞれの項目を入力してください。 「 お客様のウェブサイト」にはブログのURLを入力してください(例: www. example. com)。 「 こちらのメールアドレスに AdSense の有益な情報をお届けします」では、「ヘルプや提案に関するメールの受け取り」の可否を選んでください。 「 国または地域を選択」は「日本」を選択してください(必要に応じて他の地域も選択できます)。 お住いの地域の利用規約を読んでOKであれば同意します。 入力項目を確認の上、「 アカウントを作成」ボタンを押してください。 以上でアカウントの取得は完了です。 この時点では、Googleアドセンス広告掲載の審査は完了していませんので、ご注意ください。 Googleアドセンス広告掲載の審査の申請• Googleアドセンスアカウントの取得が完了すると、「支払い先住所の詳細」入力ページに遷移します。 「 アカウントの種類」、「 ご自身の住所」、「 名前」、「 電話番号」の項目を入力してください。 入力内容を確認の上、「 送信」ボタンを押してください。 電話番号による本人確認が開始します。 Googleアカウントに事前に電話番号が登録されている場合、「電話番号による確認コードの取得」および「確認コードの入力」項目はスキップされる場合があります。 「電話番号の説明」に電話番号を記入してください。 「ショートメッセージサービス(SMS)」あるいは「通話」で確認コードを受け取ることができます。 数字6桁の確認コードを受け取ったら、「確認コードの入力」画面にて、コードを入力し、「 送信」を押してください。 「サイトをAdSenseにリンク」画面に移ったら、表示されたAdSenseコードをコピーしてください。 続いて、はてなブログ側での設定に移行します。 審査に落ちた場合のヒント Googleアドセンスの審査に落ち、再度、審査の申請を行う場合、下記の項目について確認、検討してください。 なお、下記の項目を満たしていても審査を通過できない場合があります。

次の