スーパー ファイナル ミレニアム タワー 攻略。 【龍が如く7】ファイナルミレニアムタワーの解放条件と攻略方法

龍が如く7 スーパー・ファイナルミレニアムタワーをクリア

スーパー ファイナル ミレニアム タワー 攻略

龍が如く7のストーリーを最後までクリアすると、ファイナルミレニアムタワーが解放される。 ラストダンジョンのミレニアムタワーの中に更に強力な敵が出現する。 最上階のボスを倒すとクリアとなる。 最高効率のレベル上げ ファイナルミレニアムタワーに出現する敵は、非常に強力で、得られる経験値も多い。 バトルアリーナよりも効率よく稼げるので、何度も周回しよう。 お金も大量に稼げる ファイナルミレニアムタワーに出現する特定の敵を倒すと、1回の戦闘で500万超えのお金を貰える。 経営にも引けを取らないくらいに稼げるので、ストーリーをクリアしたらガンガン挑戦しよう。 死んだら強制的にタイトルへ戻る ファイナルミレニアムタワー内で春日のHPが0になると、ゲームオーバーとなり、強制的にタイトルに戻される。 つまり、死んでしまったらタワー内で獲得したものは一切手に入らない。 チェックポイントから帰ろう タワーを登っていくと、エリアが大きく切り替わるタイミングで、タワーから抜けられる。 周回でレベル上げをする場合は、ある程度進んだら無理せず離脱しよう。 亜門がラスボスとして出現 ファイナルミレニアムタワーの最上階まで登ると、如くシリーズおなじみの亜門がラスボスとして登場する。 レベルは80と非常に強敵なので、十分にレベルを上げてから挑もう。 2回目以降は亜門の反応が変化する 1度ファイナルミレニアムタワーをクリアし、2度目の亜門に会うと戦闘前の反応が変化する。 1回目とは全く違う反応が見れるのでぜひ自分で確認してほしい! ファイナルタワーの攻略ポイント MP回復アイテムを揃えておこう ファイナルミレニアムタワーでは、ラストダンジョンと同じ様に、敵との連戦となる。 MPが枯渇するので、タワーに入る前に最大数買い揃えておこう。 全体攻撃でガンガン攻略 ファイナルミレニアムタワーでは、1回の戦闘で複数の敵が出現することが多い。 全体攻撃を使用して、ガンガン攻略すると効率よく回れる。 戦闘後はMP回復を忘れずに。 ロケットランチャーを買っておこう 敵全体に大ダメージを与えるロケットランチャーが優秀。 MPが切れたときや、弱点をつけないときに便利。 タワーに入る前に購入しておこう。 属性攻撃が豊富なパーティが有利 どの敵も、耐性持ちが多く非常に硬い。 パーティ全体で属性攻撃の多い編成にしておくと、攻略しやすい。 出現スジモン情報 B1F.

次の

【龍が如く7】「ストーリークリア後」攻略情報まとめ【龍7】

スーパー ファイナル ミレニアム タワー 攻略

龍が如く7のストーリーを最後までクリアすると、ファイナルミレニアムタワーが解放される。 ラストダンジョンのミレニアムタワーの中に更に強力な敵が出現する。 最上階のボスを倒すとクリアとなる。 最高効率のレベル上げ ファイナルミレニアムタワーに出現する敵は、非常に強力で、得られる経験値も多い。 バトルアリーナよりも効率よく稼げるので、何度も周回しよう。 お金も大量に稼げる ファイナルミレニアムタワーに出現する特定の敵を倒すと、1回の戦闘で500万超えのお金を貰える。 経営にも引けを取らないくらいに稼げるので、ストーリーをクリアしたらガンガン挑戦しよう。 死んだら強制的にタイトルへ戻る ファイナルミレニアムタワー内で春日のHPが0になると、ゲームオーバーとなり、強制的にタイトルに戻される。 つまり、死んでしまったらタワー内で獲得したものは一切手に入らない。 チェックポイントから帰ろう タワーを登っていくと、エリアが大きく切り替わるタイミングで、タワーから抜けられる。 周回でレベル上げをする場合は、ある程度進んだら無理せず離脱しよう。 亜門がラスボスとして出現 ファイナルミレニアムタワーの最上階まで登ると、如くシリーズおなじみの亜門がラスボスとして登場する。 レベルは80と非常に強敵なので、十分にレベルを上げてから挑もう。 2回目以降は亜門の反応が変化する 1度ファイナルミレニアムタワーをクリアし、2度目の亜門に会うと戦闘前の反応が変化する。 1回目とは全く違う反応が見れるのでぜひ自分で確認してほしい! ファイナルタワーの攻略ポイント MP回復アイテムを揃えておこう ファイナルミレニアムタワーでは、ラストダンジョンと同じ様に、敵との連戦となる。 MPが枯渇するので、タワーに入る前に最大数買い揃えておこう。 全体攻撃でガンガン攻略 ファイナルミレニアムタワーでは、1回の戦闘で複数の敵が出現することが多い。 全体攻撃を使用して、ガンガン攻略すると効率よく回れる。 戦闘後はMP回復を忘れずに。 ロケットランチャーを買っておこう 敵全体に大ダメージを与えるロケットランチャーが優秀。 MPが切れたときや、弱点をつけないときに便利。 タワーに入る前に購入しておこう。 属性攻撃が豊富なパーティが有利 どの敵も、耐性持ちが多く非常に硬い。 パーティ全体で属性攻撃の多い編成にしておくと、攻略しやすい。 出現スジモン情報 B1F.

次の

【龍が如く7】「ストーリークリア後」攻略情報まとめ【龍7】

スーパー ファイナル ミレニアム タワー 攻略

そんな『龍7』だが、発売後から約3ヵ月を経た現在でも、まったく鮮度は落ちていない。 そもそも、99%OFF以上の値引率(2020年5月7日以降は980円)なので、コスパを重視するタイプの人にとってはそれだけで垂涎ものだろう。 なかなか衝撃的な価格! ほかのコンテンツが高く見えちゃうけど、そっちが正常。 プレミアム・マスターズパックがおかしいの! 実際にこのDLCを購入して、初見の気持ちになって改めて1周目から遊んでみた筆者の感想は、「マジで『龍7』プレイヤー、さらにこれから遊ぼうと思っている人の全員に勧めたい!」というもの。 もしも本作を積みゲーにしている人がいたら、期間内にこのDLCだけでも購入しておくべきだろう。 また、まだ買っていないけど将来的に本作を遊ぶ予定がある人は、このキャンペーンを逃すと実質1000円分損するかもしれないことを念頭に置いておくべき。 そのくらいの有能DLCなのだ。 なお、同DLCのおもな内容は下記の通り。 最難関ダンジョンのスーパー・ファイナルミレニアムタワーが追加される• ジョブランクが99まで育成可能になる• 「極」武器がさらに強化可能になる• 新規トロフィーが追加される• 作中のショップにレアアイテムが追加される(ただし、PREMIUM NEW GAME中およびPREMIUM NEW GAMEクリア後モードでのみ)• 春日専用の「勇者」衣装や『龍が如く』シリーズキャラをモチーフにした衣装が追加される• プレイに役立つ回復アイテムが追加される いわゆる目玉っぽい内容から書いていったわけだが、前述の一覧を見るとなんとなく「ああ、クリアーした人用のDLCコンテンツね」みたいに思う人も多いかもしれない。 確かにプレミアム・マスターズパックは、クリアー後の2周目や3周目プレイを楽しむための要素が充実したものになっている。 しかし、じつは1周目プレイの人にとっても有用な内容がいくつも揃っているのだ。 そこでまずは、「どんな要素が、なぜ初プレイの人に向いているのか」を説明していきたい。 1周目プレイでもうれしい内容ってどんなところ? 1周目のプレイで最高にありがたかったのが、ジョブランクの上限が99になるということ。 通常ならばジョブランクの上限は30で、これでももちろん初回クリアーは可能だ。 ところが、「ひとつのジョブをグイグイ育ててまずはクリアーしたい!」なんて思うと、ちょうどラスボスに向かう前あたりで上限に達してしまうのだ。 低ランクのジョブに転職すると一時的にキャラが弱くなるので、転職してある程度育ててからラスボスに挑戦するか、ジョブ経験値を捨ててさっさとクリアーするかの判断を迫られたりすることも。 だが、このDLCを適用しておけばジョブランクの上限を気にしなくてよくなるので、「1周目はお気に入りのジョブで貫いて、2周目以降で多彩な転職で楽しむ」ということが可能になるのだ。 これが仲間全員を回復する究極のアイテム。 MPも相当回復してくれるので、高レベル帯でも充分にピンチをひっくり返す切り札として活躍するハズ! このように、プレミアム・マスターズパックは初プレイ時のアシストとしても活躍してくれるDLC。 これから本作を遊ぼうという人も、ぜひキャンペーン期間中に購入しておくことをオススメする。 やり込み要素の名に恥じない、どっぷりコンテンツが満載! そもそも本作は、1周目だけですべての要素をコンプリートするのはとてもタイヘンなゲーム。 そういう意味では、何度も本編を遊べるPREMIUM NEW GAMEという目玉コンテンツは、本作に非常に向いているDLCと言えるだろう。 PREMIUM NEW GAME の難易度だが、NORMALは1周目と変わらず。 HARDの推奨レベルは50以上で、EX-HARDは推奨レベル70以上になっている。 クリアー後のレベルは低くても60手前あたりになることが多そうなので、一度クリアーしている人ならHARDは問題なく進めていけるだろう。 また、「クリアー後にそんなに高いレベルになっていないよ!」という人は、逆にRPGの腕前が高いと思われるので、やはり問題ないハズだ。 というのも、筆者は、レベル60にわずかに満たない春日でEX-HARDに挑んでみたのだが、チュートリアルレベルの敵でもガンガン極技を使っていかないときびしい印象だった。 第一章に登場する平塚は確かにパワータイプだけど……。 EX-HARDかつレベル60程度の場合、最高級の装備でジャストガード(タイミングよくコマンド入力するとダメージを軽減できる仕様)を決めても、これだけのダメージを食らう! 高難度好きには逆にオススメかも!! なお、試しにHARDも軽く遊んでみたが、こちらEX-HARDに比べれば、わりと楽勝ムード。 「俺強い!」感を楽しみたいか、歯ごたえのあるバトルを楽しみたいかを、難度を選ぶ基準にしてみるといいだろう。 そして、もうひとつの追加要素であるスーパー・ファイナルミレニアムタワーだが……これはプレイすることがかなわなかった。 挑戦するための条件とは1周目のクリアー後に挑戦できるファイナルミレニアムタワーをクリアーすることなのだが、そこまでプレイしてしまうと、せっかくのプレミアム・マスターズパックキャンペーン期間終了までに記事公開が間に合うかどうか……という状況になってしまいそうなので、泣く泣く断念することに。 そもそも、ファイナルミレニアムタワーですら1周目クリアー後のコンテンツで、クリアーするのもタイヘンなコンテンツ。 それに拍車がかかったスーパー・ファイナルミレニアムタワーは、推奨レベル99、推奨ジョブランク90以上という、通常のRPGでもなかなか見かけないレベル設定となっている。 鬼のようにやり込まなければクリアーどころか、最初の敵にも撃破されてしまうことだろう。 こんな状況なので、せっかくの大型連休といえども外出は避けなければならない。 それならばせめて、外出先を横浜・伊勢佐木異人町や東京・神室町、大阪・蒼天堀に変更し、スーパー・ファイナルミレニアムタワーに挑めるようにまでとことん『龍7』を堪能してはいかがだろうか?.

次の