経済 産業 省 次 亜 塩素 酸 水。 次亜塩素酸水「一定濃度なら効果」…経産省検証、手指の消毒目的は推奨せず : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

こんな時どうするQ&A:次亜塩素酸水を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

経済 産業 省 次 亜 塩素 酸 水

新型コロナウイルスが広がり、消毒用のエタノールが品薄となるなか、代替になりそうな「次亜塩素酸水」が注目されてきた。 名前の似た「次亜塩素酸ナトリウム液」には、新型コロナに対する有効性が認められている。 だが両者は別物で、勘違いや混乱が少なくない。 次亜塩素酸水については5月末、検証していた経済産業省などが「現時点では有効性は確認されていない」との中間結果を示した。 これに次亜塩素酸水生成器のメーカーなどが「効果を示すデータはある」と反発し、対立も生まれている。 どう考えればよいだろうか。 この話には、つまずきの石がいくつも転がっている。 ちょっとややこしくて、誤解しやすいのだ。 つまり、 【問題1】次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム液、どちらの話題か? と混同しがちで、この両者それぞれに、 【問題2】ウイルスや菌に効くのか? また新型コロナにも効くか? という有効性の疑問がからみ、さらに、 【問題3】手や指に使って大丈夫か。 室内で噴霧しても安全か? といった安全性の問題が重なるからだ。 食い違いや誤解が二重三重に積み上がって、対立も複雑になりがちだ。 だがそもそも「感染症の被害やリスクを抑えたい」という切なる願いは、みんなに同じはず。 いがみ合いばかりが深まれば不幸だ。 まずは順番にこれらの問題点を整理してみたい。 混乱1 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いは? いささか不遜な言い方だが、ごく基礎的な化学知識がある人にとっては、ここで混乱が生じることを想像しづらいようだ。 もうすこし身近なもので置き換えて、直感的につかんでみてはどうだろう。

次の

新型コロナ対策の次亜塩素酸水で「本当に怖いこと」

経済 産業 省 次 亜 塩素 酸 水

次亜塩素酸水のウイルス感染予防効果は? 次亜塩素酸水は新型コロナウイルスの感染予防に効果はあるのか? まず、新型コロナウイルスの感染予防効果に関しては、現段階で確認できないので、「効果がある」とは言えない。 新型コロナウイルスの感染予防効果に関しては、次亜塩素酸水に限らず、新型コロナウイルスの感染予防対策グッズ全般に同じことが言える。 これに関しては、首掛けタイプのウイルスブロッカーに関する記事で言及しているので、興味のある方はご参照ください。 一般的なウイルスに対して効果が確認できていれば、新型コロナウイルスに対して効果を発揮できる可能性が期待できる。 厚生労働省の見解 厚生労働省(=政府と言えるだろう)は、の中で、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの抗菌・抗ウイルス活性の比較表を掲載している。 資料が古い為か、コロナウイルスに関する記述はないが、 ノロウイルス、ヘルペスウイルス、インフルエンザウイルスに対して、抗ウイルス活性をあり(二重丸)としている。 経済産業省の見解 経済産業省では、新型コロナウイルスに有効な可能性がある消毒方法として以下を選定した。 次亜塩素酸水(有効塩素濃度 10~80ppm)は、各種の病原細菌やウイルスに対して高い殺菌活性や不活化活性を示します。 新型コロナウイルスを含めてコロナウイルスは、インフルエンザウイルスと同じくエンベロープをもつ粒子構造をもっています(図 2)。 したがって、次亜塩素酸水は新型コロナウイルスに対しても有効性を示すと推察できます。 前述の厚生労働省のの内容を新型コロナウイルスに特化してまとめているだけだ。 しかし、以下の文章には、ハッとした。 酸性電解水(次亜塩素酸水)は、ヒトや動物に感染する様々なウイルスに殺ウイルス効果を発揮します。 特に、 ウイルス粒子にエンベロープを有しているインフルエンザウイルスには効果が優れているので、同じようなエンベロープを有しているコロナウイルスにも効果があることが考えられます。 では、次亜塩素酸水はコロナウイルスの感染予防に効果は期待できるのか? 厚生労働省に関しては、古い資料にインフルエンザウイルスに効果があることを明言している。 あくまでも可能性の話だが、期待度は大である。

次の

経済産業省が一転して認めた次亜塩素酸水!私に文句を言ったの誰だっけ?

経済 産業 省 次 亜 塩素 酸 水

新型コロナウィルスの感染拡大防止のために様々な予防策が講じられております。 ご存じのように厚労省は「手洗い、マスク、うがい、口腔ケアとともに消毒の重要性」を発表しております。 消毒には、消毒用アルコールと0. 1%次亜塩素酸ナトリウムの使用が勧められております。 現在、消毒用アルコールが不足しているため、厚労省は酒造メーカーがつくるアルコール濃度が高い酒を消毒液の代用として使用することを特例に限り認めることを決めております。 さて、アルコールや次亜塩素酸ナトリウムに勝るとも劣らない殺菌活性があり、人体や環境に対する安全性が極めて高い「次亜塩素酸水」の活用が感染防御に対し有効であると判断・期待されております。 次亜塩素酸水とは また、経済産業省からの要請を受けた、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE はでは「電気分解法で生成した次亜塩素酸水」を、新型コロナウイルスに有効である可能性がある消毒方法として選定しております。 そして「塩酸や食塩水を電気分解した次亜塩素酸水」は手指には適用外としていた判断を修正し「一部商品では適用されているものがある」との見解を公表しました。 電解酸性機能水はpHが酸性であり、殺菌力のもととなる次亜塩素酸を非常に多く含んでおります。 次亜塩素酸は細菌の細胞壁や細菌膜を破壊し、細胞内のDNAや酵素などのタンパク質を分解します。 これらの作用によって細菌を死滅させることができます。 ウィルスに対する次亜塩素酸水の効果 次亜塩素酸水は、各種の病原細菌やウィルスに対して高い殺菌活性や不活化活性を示します。 それらの活性は、消毒用アルコール(70%)より高く、0. 1%次亜塩素酸ナトリウムと同等です。 一般的に消毒薬に対して、インフルエンザのようなエンベロープをもつものは抵抗性が低く、ノロウィルスのようにエンベロープを持たないものは抵抗性が強いことが知られいます。 新型コロナウィルスを含めたコロナウィルスは、インフルエンザウィルスと同じくエンベロープを持つ粒子構造をしており、ゆえに次亜塩素酸水は新型コロナウィルスに対しても高い有効性を示すことが推察されます。 コロナウィルスの薬剤抵抗性.

次の