ラーメン かまくら。 白石区 やさしい、とんこつ麺 かまくら

白石区 やさしい、とんこつ麺 かまくら

ラーメン かまくら

8か月ぶり2回目の訪問。 以前までは、超絶止めづらい店前2台のみだった駐車スペースも少し離れた場所に追加で確保されており、訪問しやすくなりましたね。 醤油ラーメンをいただきました。 豚骨ベースの円やかな醤油スープは、ワンコインとは思えないぐらいコク深い味わいでクオリの高い一杯です。 量少なめの食べきりサイズなので、ちょいと物足りないと感じる方もいると思いますが、サイドメニューも頼んでちょうどいいボリュームかなと。 ということでw まかないチャーハン 白 もいただきました。 こちらも量少なめの食べきりサイズで180円という破格値での提供です。 前回食べた黒に比べるとあっさりいしても味付けが足りないかな... ということで、最後はラーメンのスープを入れて茶漬け風にして美味しくいただきました。 ごちそうさまでした。

次の

【やさしい、とんこつ 麺 かまくら】朝ラーメン可!白石区の激安店で一人ラーメン│札幌ソロ活グルメブログ

ラーメン かまくら

家系・かまくら家・鎌倉家 [ ]• 横浜市南区通町3-48• 横浜市営地下鉄線「弘明寺」駅歩5分(鎌倉街道を横浜方向)• 11:00〜27:00(日〜26:00)• 定休月曜• 045-731-9223• 席数11・食券制・店内喫煙可• 駐なし• 店長 海添嘉次郎• 開店1994• 2 Sun. 特に昼間。 店長の作ったもの・・・今まで食べに行ったのは、杉田にあった頃の「吉村家」は私には味が濃いんです。 醤油だれが多くてしょっぱく感じます。 今現在ある「杉田家」はチャーシューにガッカリ・・・井土ヶ谷の「六角家」は夏はクーラーが効いてて涼しかった。 環2沿いにある「環2家」は「杉田家」のうちの一人がやってるのでチャーシューがおんなじ・・・その他いろいろ行きましたが、「かまくら家」さんが私には一番おいしく感じられます。 2階に座敷もあり小さなお子さん連れでも安心です。 ちなみに休みは月曜日です。 掲載されてもかまいませんが、あんまり「かまくら家」さんが混むのは困ります。 でもあまりに批評が厳しかったので一筆。 子どもが生まれる度に、離乳食代わりに食べさせていたものです。 今、わけあって、バングラデシュのダッカという町で仕事をしていますが、子どもたちと、よく「かまくら屋のラーメンが食べたいねえ・・・」とつぶやいています。 この夏、8月に一時帰国したら、まっさきに飛んで行くでしょう。 バングラデシュのおみやげもって行きます。 スープの味もマイルドになり、ご家族に喜ばれそうな味となりました。 ただ、日と時間によって、かなりばらつきはあります。 日中の店長?が作る時間帯は、普通の硬さで仕上げるのですが、夜中のあんちゃんが作ると、かなり固めで仕上げてきます。 ですから、夜、固めを頼むと、確かにゴムのようになります。 ですが、日中では、かためでも十分いけます。 #店長?は鎌倉家の存在をしらないようでした。 うまくいえませんが、「油少な目」にしたときに、スープに 一番こくがあるなぁ、と感じるのが、かまくら家なのです。 ------かまくら家姉妹店として高田馬場に「千代作」という店があるようです.97. 横浜市青葉区奈良5丁目4-8(奈良1183-2-101)• 東急こどもの国線「こどもの国」駅歩5分• 11:30〜24:00(日祭〜22:00)(15:00-18:00仕込みで閉店)• 045-961-3587• 席数16・後払い• 駐なし• 開店1995• 2 3pm鎌倉ラーメンあっさり醤油味.店内に漂う香りは今まで家系では嗅いだことのない香り.その香りがどんぶりに漂う.あっさりしているが,旨味はなかなかなもの.麺は,太目だが縮れがある.具は,海苔,家系としては上出来のチャーシュー,万能ネギ(普通のラーメンでは白ネギ),メンマ.藤沢の支那そばやを意識した味かもしれない.普通のラーメンもメンマはのるが,ホウレン草はなし.カウンターにショウガと辛味噌とニンニクがおいていない.清潔で女性の店員も多く,新興住宅地では家族連れも利用しそう.今回は時間を過ぎても入れてくれたが,午後3時から6時まで休憩なので要注意.家系のニューウェーブとしてお薦めできる店である.-----出来が悪い日は開店しないので,電話で確認してから行った方が良い.材料費に掛ける割合は,他店は25%程度だが,ここはは35%もかけてるらしい. Last updated : 2002.

次の

【新店】白石本通の『麺かまくら』内に『間借りラーメン 煮干の☆☆』が12月14日オープン!

ラーメン かまくら

雪深い山形県置賜地方の冬の楽しみ方は様々です。 観光で訪れる方の多くは スキーやスノボ、温泉に浸かりながら山形の魅力に触れます。 米沢牛など食事を目当てに来る人もいるでしょう。 今回は、東北ならでは かまくらで食事ができる場所を紹介します。 関東の人間からすると、かまくらを実際見る経験はありませんし かまくらの中で食事をするなんてなかなか経験できないのでワクワクです。 こちらの 小野川温泉で冬季営業しております。 すぐ近くに無料駐車場がありますので こちらに車を止めましょう。 さすが温泉街、足湯もあります。 ほんのり硫黄の香りが漂ってきます。 足湯は近くにもう一か所あります。 ちょっとした休憩所にもなっています。 それでは、かまくら村に行ってみましょう! それほど規模は大きくないですが かまくらは4基ほどあります。 中を覗いてみると 既に誰かが食べた後でしょうか。 ラーメンの器が置いてありました。 平日に来たせいか あまり人はいませんでした。 どのかまくらにしようか吟味していきます。 綺麗そうな、このかまくらに決めました。 かまくら名は『 清水山』です。 中に入るとこんな感じです。 意外と温かいですね。 ただ、気温が温かかったせいか 上から少し雪解け水が垂れてきます。 崩れないか心配になりながら テーブルにおいてあるメニュー表を確認します。 なぬ・・・ この時期に冷し中華始めちゃった店があるみたいです(笑) 今回は無難に 『 せいの』さんの 米沢ラーメンを注文してみました。 いや~、肌寒い中での ラーメンは美味そうです! 体の中から温まってきますね。 かまくらでラーメンを食べるなんて子供のころの夢がかなった気分です。 きっと、お子さんは大喜びですね。 山形の大自然の中で スキーを滑り、温泉に浸かり、かまくらで美味しいラーメンを食べる。 そんな経験を、冬の思い出にいかがですか? ========================= ランキングに参加しています。

次の