アウディ レクサス どっち。 レクサスかベンツ!維持費で比較するならどっちがいい!?

レクサス UX と アウディ Q2を比較!どっちがアドバンテージがあるの?

アウディ レクサス どっち

中ではも一番古株のRS5は、近代的というには差支えのあるデザインではあるが、残す2台は見た目までもどこか似通っている。 睨みを効かせたヘッドライトにエッジの立ったライン。 どちらかが真似したわけではなく、きっとお互いに意識しあっているのだろう。 なかでもRC Fはややガンダム的。 ギラギラと光るネオンや、これでもかと吹き出す蒸気が似合いそうであり、少なくともロケ地となった英国はピークディストリクト国立公園の山々にはそぐわないと感じた。 内装も残念ながらあまり良く響かない。 きっとレクサスのデザイナーは、アップルのデザイン部門のボス、ジョナサン・アイヴ氏が成し得たプラスティック革命よりも、70年台のゼロックスのコピー機を参考にしたのだろう。 無愛想なギアボックス周辺のデザインから上に目をやると、30はあろうかというボタンがひしめくセンター・コンソールが視界に入ってくる。 もちろんタッチ感応式のマウス・パッドも忘れてはならない。 四角形のボタンを羅列したRC Fと比べると、他2台の方がスタイリッシュであるうえ、使い勝手にも優れているように感じられる。 ただし、どのクルマもさすがは1000万円を軽々と超えるだけある。 それぞれのモードを選んでみると、実に情緒あふれるキャラクターの切り替えを見せてくれるのだ。 詳細は後に述べるとしてまずはRS5のインプレッションから行うとしよう。 RS5はライフサイクル末期であるにも関わらず、一見精彩を欠いている様子は見当たらない。 足さばきはコシがある印象。 ステア感覚は、実に思慮深く、だからといってフットワークが重くなっているようなこともない。 ユニットのサイズゆえにノーズ・ヘビーに感じるのは事実。 7300rpmまで突き抜けるように回るのは、RS5の開発時に専用で設計されたチタン製バルブと鍛造のコンロッドによる影響が大きい。 7速デュアル・クラッチATによる変速の賢さは、ある種の冷徹さをもたらしている。 レブ・リミットまで淡々と変速していくさまはいかにも戦闘的であり、ダウン・シフト時のブリッピングさえもそつなくこなすため、あるいは情熱に欠けると判断する向きも多いかもしれない。

次の

BMW、ベンツ、アウディ… 最安仕様でも「高級ブランド」を味わえるのか!? その満足度何%!?

アウディ レクサス どっち

生産期間:2017年10月~2017年11月 モジュラープラットフォームが用いられたミドルサイズSUV アウディのプレミアムミドルサイズSUVの2代目。 新しいMLB・evoモジュラープラットフォームをベースに、メカニズム、デザインを一新。 ボディサイズを若干拡大させつつも、従来型比? 60kgの軽量化が図られている。 インターネットからの情報サービスやWi-Fiスポット機能などが備わるコネクティビティー機能も標準装備された。 エンジンは最高出力252ps/最大トルク370N・mを発生する2L直4ターボのTFSIエンジンを採用。 ミッションはツインクラッチ式の7速Sトロニックとなる。 駆動方式はアウディ独自のフルタイム4WDシステムであるクワトロが採用され、刷新されたシャシーとの組み合わせにより、ハンドリングと乗り心地が高度なレベルで両立されている(2017. 10) 生産期間:2015年10月~2017年11月 ダウンサイジングターボも用意されたプレミアムクロスオーバー レクサスのプレミアムクロスオーバーの2代目。 エクステリアはRXのDNAを進化させ、SUVらしい「力強さ」と知的な「大人の色気」を両立。 インテリアは、先進性とエレガントさを兼ね備えた室内となっている。 パワートレインは直噴技術D-4Sを新たに搭載した3. 5Lと、同エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド、さらに最高出力238ps/最大トルク350N・mを発生し爽快な加速フィールを実現する直噴2Lのダウンサイジングターボがラインナップされている。 歩行者検知機能付衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティシステム」など最新の安全装備も採用されている(2015. 10).

次の

大きいのはどっち? アウディA8とレクサスLS プレミアムブランドの旗艦サルーン サイズ比較|セダン|MotorFan[モーターファン]

アウディ レクサス どっち

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。 どうも、Mです。 メルセデスベンツのコンセプトカーシーリーズである「Aクラス」としては初となるセダンモデル「Aクラスセダン」が発表されました。 全長4600mm以下のセダン車となる「Aクラスセダン」はあまり道路が広くない日本ではとても重宝なサイズです。 そんなメルセデスベンツのコンパクトセダンにとって競合となるのが、同じドイツの自動車メーカーであるアウディ「A3セダン」でしょう。 アウディ「A3セダン」は欧州では2013年、日本では1204年から発売されているコンパクトセダンで、世界一コストパフォーマンスが高いと称されるパッケージングの良さで世界中で人気の高いモデルです。 2019年に満を持して日本に導入されるメルセデスベンツ「Aクラスセダン」はアウディ「A3セダン」にとって驚異的なライバルとなるのか? ということで、今回はメルセデスベンツ「Aクラスセダン」とアウディ「A3セダン」を比較してみたいと思います。 「Aクラスセダン」と「A3セダン」をグレード別に比較 「Aクラスセダン」と「A3セダン」を比較します。 当たり前ですが、グレードによりエンジンや装備、そして価格が違います。 比較するにあたり、同じグレード別に比較してみたいと思います。 ぜひあなたの検討しているグレードで比較してみてください。 「Aクラス A180セダン」 vs 「A3セダン 30TFSI」 まずはエントリーモデル同士を比較してみましょう。 最初に比較するのは「サイズ」「エンジン」などのスペックからです。 Aクラス A180セダン A3セダン 30TFSI エンジン種類 1. つまり、最高速度では「Aクラスセダン」の方が僅かながら上回っていると予想できます。 サイズでは、「A3セダン」の方が「Aクラスセダン」よりも84mm短く、1mm狭く、40mm低いという結果となっています。 長さが気になるドライバーには「A3セダン」の方が良さそうですね。 次は「装備」です。 装備 Aクラス A180セダン A3セダン 30TFSI ブレーキホールド 標準 設定無 リアカメラ 標準 オプション タイヤ空気圧警告 標準 設定無 アクティブボンネット 標準 設定無 デイライト 標準 標準 LEDヘッドライト 標準 オプション LEDテールライト 標準 オプション リアシート 40:20:40 40:60 クルーズコントロール 標準 アダプティブクルーズコントロール スターターボタン 標準 オプション スピーカー数 6スピーカー 8スピーカー デジタルコックピット 7インチ オプション ナビゲーションシステム オプション オプション 通信機能 標準 オプション コンシェルジュサービス 設定無 オプション 緊急時通報サービス 標準 設定無 故障時通報サービス 標準 設定無 当然と言えば当然ですが、最新のモデルである「Aクラスセダン」の方が装備が充実していますね。 特にリアカメラが標準装備なのは有り難いですね。 最後は「価格」です。 Aクラス A180セダン A3セダン 30TFSI 車両価格 3,340,000円 3,140,000円 一見すると価格はアウディ「A3セダン」の方が低く設定されています。 しかしながら、「A3セダン」の場合「Aクラスセダン」と同等の装備にするとすると以下のオプションが必要となります。 さらに「Aクラスセダン」の価格はすでに消費税10%の価格になっているのに対して、「A3セダン」は消費税8%の価格となっています。 「A3セダン」の価格にさらに消費税が2%が加われば、「Aクラスセダン」との価格差はさらに顕著なものになるでしょう。 「Aクラス A180 スタイル セダン」 vs 「A3セダン 30TFSI Sport」 次は装備が重質下売れ筋と思われるグレードを比較しましょう。 スペックはエントリーモデルと一緒なので、「スペック」は割愛して「装備」の比較をします。 装備 Aクラス A180 スタイル セダン A3セダン 30TFSI Sport LEDヘッドライト 標準 オプション ハイテクLEDヘッドライト オプション 設定無 パーキングアシスト 標準 設定無 タイヤ空気圧警告 標準 標準 プライバシーガラス 標準 オプション 電動シート 標準 運転席のみ メモリー機能 標準 設定無 シートヒーター 標準 標準 後席アームレスト 標準 設定無 キーレスエントリー 標準 オプション フットトランクオープナー 標準 設定無 デジタルコックピット 10. 25インチ オプション グレードが上がると標準装備の内容も変わります。 ご覧の通り、アウディ「A3セダン」では「オプション」か「設定無」が目立ちます。 ここまで装備に差が出るとさすがにアウディには分が悪いとおもわれますね。 「コンパクトカー=安価な車」という概念を根底から覆すような装備の充実ぶりです。 そして肝心「価格」です。 Aクラス A180 スタイル セダン A3セダン 30TFSI Sport 車両価格 3,960,000円 3,500,000円 ご覧の通り、「Aクラスセダン」は「A3セダン」よりも460,000円も割高となっています。 しかし、「A3セダン」が「Aクラスセダン」と同じ土俵に立つには、最低でも下記のオプションを付帯する必要があります。 しかも、「Aクラスセダン」の価格は消費税10%の価格となっているのに対して、「A3セダン」は消費税8%の価格となっています。 それに加えて、「A3セダン」では設定そのものがない「設定無」となる装備もあることを考えると、「Aクラスセダン」に分があると思われます。 「Aクラス A250セダン」 vs 「A3セダン 40TFSI Sport」 最後は、トップグレード対決です。 「サイズ」には変化はありませんので、「エンジン」の比較からご紹介します。 Aクラス A250セダン A3セダン 40TFSI Sport エンジン種類 2. どちらの車もコンパクトセダンとしては十分なスペックですね。 ちなみに、装備に関しては『「Aクラス スタイル セダン」vs. 「A3 30TFSI Sportセダン」』とほぼと同じです。 ということで、価格を比べてみましょう。 Aクラス A250セダン A3セダン 40TFSI Sport 車両価格 4,760,000円 4,510,000円 「Aクラスセダン」の方が25万円高い価格になっていますが、『「Aクラス スタイル セダン」vs. 「A3 30TFSI Sportセダン」』同様に、48万円のオプションを追加し、さらに消費税を2%引き上げた価格にすると、結果的に「Aクラスセダン」の方が割安になるとことがわかります。 「Aクラスセダン」には設定があるのに「A3セダン」には設定すらない装備もあるので、その辺を考えるとメルセデスベンツ「Aクラスセダン」のコストパフォーマンスの高さが分かります。 まとめ メルセデスベンツ「Aクラスセダン」とアウディ「A3セダン」を比較してました。 結果から言うと、「Aクラスセダン」の方がお買い得感が高いと思われます。 どちらもいい車のですが、メルセデスベンツ「Aクラスセダン」の方が装備が充実していますね。 「Aクラスセダン」は最新モデルなので、ハイテク装備などの進化では単純に比較できませんが、グレード別の装備内容だけ見ても全く違ったものになっています。 「A3セダン」はグレードに関係なく個別で必要なオプションを追加するので結果的に割高になる印象です。 一方「Aクラスセダン」では、「ナビゲーションシステム」のみ追加すれば必要十分な装備を手に入れることができます。 そして決定的なのは価格です。 新しいモデルである「Aクラスセダン」の方が装備が充実している上に価格が安いのには驚きですね。 ハイテク装置が付いている分価格が高くなるのなら分かるのですが、ライバルより随分と価格を低く設定しています。 正直アウディ「A3セダン」の勝機は薄いといった印象を受けました。 どうしてもメルセデスベンツ「Aクラスセダン」のデザインが受け入れられないという人が、アウディ「A3セダン」を検討するのかな? アウディA3オーナーから見ても、「Aクラスセダン」の装備は魅力的です。 輸入車のコンパクトセダンはメルセデスベンツ「Aクラスセダン」一択になるかもしれませんね。 とは言え、アウディも新型「A3」の開発が進んでいるようなので、こちらの登場にも期待したいところです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか? 愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。 「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。 しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました! 35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ! そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、 中古車買取実績No. 1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい! ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。 どうせ値段が付かないからと諦めていませんか? あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません! だからこそ、まずは査定してみましょう。 それに、中古車買取実績No. 1のガリバーは買取専門店ではありません! ガリバーは中古車販売実績No. 1の中古車販売店です!! 「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。 完全無料• 45秒のカンタン入力 たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます! もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。 「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます! あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、 まずは中古車買取実績No. 1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

次の