プラバン の 作り方。 プラバンの指輪の作り方!丸める時の曲げ方のコツとサイズ調節の方法!|DIYと暮らしを楽しむ

プラバンの作り方!トースターを使った歪まない焼き方のコツ

プラバン の 作り方

Contents• ダイソーのプラバンなど材料を用意 用意するもの ・ダイソー プラバン半透明フロストタイプ ・コピー用紙などの白い紙 ・はさみ ・シャーペン ・マジックペン ・パステル ・マステ ・アルミホイル ・トースター ・分厚い雑誌や本など プラバンのフロストタイプはこのようにやすりをかけたような質感になっています。 普通の透明のプラバンしかない場合は紙やすりで隙間なくやすりがけしてください。 フロストタイプは普通のプラバンよりもお値段が割高なので、作品をたくさん作る方や、やすりがけが面倒じゃない方は普通のプラバンで大丈夫です。 焼くと縮んでしまうので量を作る時はプラバンが結構たくさんいるんですよね! 今回は着色にパステルを使います。 パステルはダイソーで100円で売られています。 写真のパステルはダイソーではないです。 プラバンで蝶の作り方と型紙の取り方 まず蝶の型紙を作ります。 パソコンで蝶の写真を用意してプリントするのが簡単なのですが、私はパソコンの画面に好きな大きさで表示させて、紙を画面に貼り直接描き写してさらに簡単にしています 笑 自分のアクセサリーを一つ作るくらいだといちいちプリントするのは面倒なんですよね! 笑 パソコン画面が傷つかないように触れるか触れないかくらいに薄ーーーく描いて、紙を外したら上から濃く描いてください。 こんな感じに描き写せました! あっという間に型紙の出来上がりです。 蝶の模様の丸や四角などの中は後で色付けします。 その周りの隙間はマジックで塗りつぶします。 私は黒色と色付きの箇所の配分が、黒が少ない方が好きなので実際の蝶の色よりも黒が少なくなるように模様を大きく描いてアレンジしています。 マジックが乾いたら色付けします。 プラバンは焼くと縮んで大きさが小さくなるので、その分色も塗った時よりかなり濃くなります。 なので、淡く薄い色にしたい場合は、色がほんのり付く程度で十分です。 今回はパステルカラーのカラフルな蝶を作ろうと思うので、うすーくパステルを塗って指でこすってぼかしました。 プラバンの着色方法はたくさんありますが、パステルは伸びが良く、指でこすると綺麗にぼやけてくれるのでグラデーションを作りたい時におすすめです! 着色出来ました! はっきり何色が塗ってあるか分からないくらい、ほんのり薄く色付けをしてあります。 焼いたらどんな色になるのかわくわくするのもプラバンの楽しみの一つですよね。 ^^ 次に蝶の形にそってハサミでカットします。 ピアスやネックレスなどのアクセサリーにする場合は、お好きな場所に穴あけパンチで穴を開けておきます。 ぐにゃぐにゃと縮んでまた元の蝶の形に戻って動かなくなったら取り出します。 縮んでいる時は丸まったり、羽と羽がくっつきそうになったりしてハラハラしますが意外とくっつきにくいです。 経験した方はあのハラハラを分かってもらえると思います! 笑 くっ付いてしまった場合は、まだ柔らかいうちに取り出して手で元に戻してあげてください。 変な形で固まってしまっても、プラバンはまたトースターで熱して柔らかくすると何度でも形成出来るので大丈夫です。 トースターから出したプラバンはかなり熱いので火傷に気を付けてくださいね! 軍手などの手袋をするのをおすすめします。 取り出したら分厚い雑誌などに挟んで上から押して平らにします。 この時、雑誌の紙がザラザラだとプラバンの表面もザラザラになってしまうので、気になる方はクッキングシートをプラバンと一緒に挟むとツルツルになります。 プラバンが冷えて固まったら 蝶の完成です!! 淡くて綺麗な色の蝶が出来ました。 ^^ 絵を描くのが苦手な私でもこんなに簡単に綺麗な蝶が出来てしまいます。 今度はブルーのグラデーションが綺麗な蝶にしてみました! 指でぼかすだけでこんなに綺麗なグラデーションが作れるパステルは素晴らしいですね! 蝶を焼いて縮んだら取り出して、柔らかいうちに両方の羽を内側に曲げて立体的にします。 すぐに固まってしまうので、好みの形にならなかったらまた熱して柔らかくして立体的にして・・を繰り返します。 蝶の下の羽の細い部分などねじれてしまったり、最初は難しいかもしれませんが何度でも直せるのでお好きな形になるまでやってみてください。 いかがでしたか? ダイソーのプラバンで本格的な蝶のパーツが作れるのでアクセサリー作りにおすすめです! ぜひお好きな色の蝶を描いて作ってみてください~。 次回はこの蝶のパーツを使ったピアスの作り方をご紹介したいと思います。

次の

プラバンの指輪の作り方!丸める時の曲げ方のコツとサイズ調節の方法!|DIYと暮らしを楽しむ

プラバン の 作り方

プラバンキーホルダーやアクセサリーの作り方や塗り方のコツを紹介する前に、必要な道具を紹介します。 ですが、もともと家にあるものや100円ショップでそろうものばかりなので、やろうとした時点で簡単に始めることができます。 基本的な道具• プラバン(100均のもので大丈夫です)• はさみ• アルミホイル• 厚めの本2冊(平らなものなら本でなくても大丈夫です)• 着色に必要な画材(油性マジックペン、アクリル絵の具、色鉛筆、パステルなど)• クッキングシート• トースター(電子レンジ不可) プラバン作りには最低限上記のものだけを用意すれば大丈夫です。 その他必要に応じて、穴あけパンチ、紙やすり、ニスやレジンなどのつやを出す画材、キーホルダーやアクセサリーの金具などを用意しましょう。 特にやすり(目の細かいもの)は色鉛筆やパステルを使う際は、専用のプラバンでない限り必須となります。 プラバンの着色にはいろんな画材が使える プラバンアクセサリーを実際に作ってみましょう。 コツさえ掴んでしまえば、焼く工程も簡単にできてしまいますよ。 今回はプラバンキーホルダーの作り方の紹介をしていきます。 プラバンキーホルダーの作り方• まず、モチーフとなる絵を用意します。 (自分で絵が描ける方はこの過程は不要です。 プラバンを準備し、プラバンにやすりがけをします。 (フロストタイプのプラバンを使っている場合、油性マジックのみで絵を描く場合はこの過程は不要です。 実際に絵や文字など描いて着色していきます。 着色したプラバンをはさみカットしたり、穴あけパンチでキーホルダーの金具を通すための穴をあけます。 トースターにしわくちゃにしたアルミホイルを敷いて余熱しておきます。 アルミホイルの上にプラバンを乗せ、様子を見ながら実際に焼く。 縮みきったタイミングで素早く取り出し、クッキングシートを敷いた厚めの本の間に挟み、プレスします。 熱が冷めるのを待ち、プラバンに金具を通せばプラバンキーホルダーの完成です。 (お好みでレジンなどでつや出ししてもきれいです。 ) プラバン自体の作り方のコツをマスターしてしまえば、応用することも可能になります。 プラバンにつける金具を変えるだけでもいろんなアクセサリーが作れてしまいますし、たくさん量産したい場合も同じ下絵を使えば同じデザインのものも作ることができてしまいます。 ストラップやピアス、ブローチなども作れますよ。

次の

プラバンの指輪の作り方!丸める時の曲げ方のコツとサイズ調節の方法!|DIYと暮らしを楽しむ

プラバン の 作り方

必要な道具 (やけどしにくく、落ち着いて作業できるのでおすすめです) 下準備 事前にやっておくと失敗が減る下準備をご紹介します。 ちょっとしたことだけど、準備しておくと失敗が減ります! せっかくの力作を完成させるためのワンポイントです。 分厚い本を開いて、見開き部分にクッキングペーパーを貼る。 プラバンをはさむために分厚い本を使います。 平らにできる分厚いものであれば本でもなくても箱や板でもOK。 棒などに巻きつけて立体的な形で固めるという時はいりません。 クッキングシートはセロハンテープがくっつきにくいので、 クリップかホッチキスの方がよさそうです。 下記の写真ではマステで留めましたが、 ホッチキスがベストですね〜 ホッチキスできないやつは、マステだと綺麗にはがせます。 分厚い本はタウンページを使ってます。 別に汚れてもいいからとクッキングシートを挟まないでやると、 タウンページのインクなどがついたり、 プラバンに書いたマジックなどのインクが タウンページの紙にくっついて破れるということもあるので、 クッキングシートで両面挟んだ方が失敗がありません。 スポンサーリンク クッキングシートは、平らなものに巻きつけて上から押さえつけてもOKです。 (クッキングシートを敷いて、プラバンを置いて、上からクッキングシートを巻きつけた漫画本で抑えているのを見たことある) アルミホイルは、くしゃくしゃにしておく。 オーブントースターに入れて、プラバンを置いたときに、 アルミホイルとプラバンは面ではなくて 点で触れるようにするために、 くしゃくしゃにします。 破れないよう、気をつけて! 点で触れることでプラバンを加熱しすぎても、 アルミホイルにくっつきにくくなる効果がありました。 平らなアルミホイルだと、 プラバンとくっつきやすく、 外す時に糸を引く感じに、 はしっこの方がびよーんと伸びてしまうこともありました。 なので、シワでできる点でプラバンを支えるのがおすすめなのです。 失敗しないプラバンを縮める手順 下準備が完了したところで、 早速失敗しない、失敗が減るプラバンの縮め方の手順を紹介します! 失敗が減るプラバンの縮め方手順 ・アルミホイルを敷き、プラバンを置いて加熱 ・縮んだら、分厚い本に挟んで平らにする。 10秒ぐらい挟む。 自然な本の重みに任せる。 体重乗せたりぎゅうぎゅう抑えると変に歪むこともあるので、注意。 ・冷めたら本から取り出す。 手順は簡単です。 くれぐれもやけどは十分注意しましょう。 安全に落ち着いて作業するには綿の手袋がおすすめです。 sponsored link さらに失敗を減らすコツ 160度で焼く 温度設定があれば、 160度に設定するとうまくいきやすかったです。 木綿手袋をして手をいれると、 熱いけどちょっとは我慢できるかもと思える温度です。 1枚焼いてみて、様子を見ながら160度前後で調整してみてください。 160度でもしばらくやっていると、温度が上がりすぎるので、 休憩しながら、あまり熱くなりすぎないように注意が必要です。 あまり熱すぎると、よくないガスが出るかもしれないので注意です。 ここでの綺麗に仕上げるコツ ・なるべく手で触れないようにします。 火傷もしやすい。 ・アルミホイルは一緒にはさみません。 焦るあまりアルミホイルを巻き込まないように。 ・本を勢いよく閉じると風でプラバンが吹っ飛ぶことがあります。 スポンサーリンク む?プラバンが挟まれてない? そうです。 ちょっと、写真取りながら実際やるの難しくて、 写真はプラバン挟んでません、あしからず。 なるべくプラバンを手で触らないようにしましょう。 木綿手袋の繊維とか、繊維の跡がついてしまう恐れがあります。 素手でも、インクの色がついたり、形がゆがんだり、指紋がついたりします。 様子を見ながら、気持ちゆっくりめに本を閉じます。 早く閉じると、プラバンが吹っ飛びます(笑) 触る時は、なるべく端っこを触るようにしています。 腫れ物を優しく触るように慎重に。 油性ペンは挟む前に5秒待つ コピック¥や油性ペンで着色したものは、クッキングシートに色が移ってしまい、 せっかくキレイに塗ったのに、インクが剥がれて失敗することがあります。 挟んで平らにする前に、着色した面を5秒ぐらい乾かしてから、 挟んで平らにすると、インクが取れにくかったです。 もっとプラバンを上手に縮めるコツを知りたい どんだけ失敗してんだよと思われるかもしれませんが、 めっちゃ失敗しています。 んもーって何回言ったかわからない。 ぜひ私を人柱に素敵なプラバンを縮めてくださいましm.

次の