お忙しい中、ご返信ありがとうございます 英語。 敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

「お忙しい中」の意味と正しい使い方・メール挨拶の例文

お忙しい中、ご返信ありがとうございます 英語

Thank you for contacting me. I appreciate your contacting me. どちらともにある動詞の「contact(コンタクト)」は「連絡する(コンタクトを取る)」という意味になります。 また、『』の記事でも色々と解説していますが、「appreciate」は「thank」より、より丁寧でフォーマルな言い方となります。 今回は「contacting me」と代名詞を「me」としていますが、会社自体に何かしらの問い合わせが来た場合は、「us(私たちに)」という代名詞を使います。 そして、次で解説するように、「ご連絡ありがとうございます」に付け足して表現することもあります。 お忙しいところわざわざご連絡ありがとうございます。 「お忙しいところわざわざ」を直訳して英文にするとすれば、「Thank you very much for contacting me out of your busy schedule. 」などとなります。 しかし、もっと短く簡潔に表現するとすると、 「Thank you very much for your time to contact me. 」(直訳:私に連絡するために割いていただいた時間に感謝します)というのがいいでしょう。 シンプルですが、ストレートに相手に伝わります。 ご丁寧に連絡ありがとうございます。 「ご丁寧に」はどのような表現がいいのでしょうか? 基本的に「Thank you very much for conotacting me. 」か「Thank you very much for your contact. 」などでもいいのです。 しかし、あえて「丁寧に」を言うなら 「Thank you very much for your kind contact. 」か 「Thank you for kindly contacting me. 」など 「kind(kindly)」を付け足すといいでしょう。 「contact」を今回は名詞としても使っています。 ご連絡ありがとうございます。 承知しました。 「分かりました。 ご連絡ありがとうございます。 」という場合もありますね。 しかし、『』の記事でも書いている通り、「thank you for contacting me. 」という表現だけで、そのことについては了解しました(承知しました)という表現が含まれていると考えてOKです。 ご丁寧に、お忙しいところ、などの表現は特に日本語では丁寧に聞こえて相手に対しても失礼のない言い方なのですが、英語では「ご連絡ありがとうございます」のみの表現でも全然問題ないので留意しておきましょう。 2.その他の英文で「ご連絡ありがとうございます」を表現できる? 先ほどは「ご連絡ありがとうございます」をそのまま直訳した表現を中心にご紹介しましたが、それだけの表現だけではありません。 それぞれの状況などに応じて変更することが可能です。 一つのパターンよりも様々なな表現を知っておくことで英語の幅が広がります。 お知らせ頂きありがとうございます。 相手に何かしらの情報を知らせてくれたことに対してのお礼となる言い方ですね。 次のような表現でOKです。 Thank you for your kind notice. I really appreciate your information. 」となります。 メールありがとうございます。 メールで連絡することはビジネスでは多いですね。 よってそのままのお礼を言うことで「ご連絡ありがとうございます」と表現できます。 単純に、 「Thank you for your e-mail. 」でOKです。 ご返信ありがとうございます。 『』の記事でもあるように、返信は「reply(リプライ)」という単語をよく使います。 「メール受領のご連絡ありがとうございます」というニュアンスも含みますね。 その時は、 「Thank you for your kind reply. 」などでも十分な言い方になります。 お電話ありがとうございます。 メールだけではなく電話で連絡がくることもありますね。 その場合は、 「Thank you veru much for your call. 」でOKです。 まとめ:ワンパターンにならないことが大切! ここまでご紹介した表現を参考にして、色々な場面で活用してみて下さい。 先ほども申し上げたように、ワンパターンにならないように注意しましょう! 相手の印象も変わります。 ビジネスシーンで「ご連絡ありがとうございます」を使い分けれるようになるとかっこいいですよ!是非、ご参考下さい。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」は英語でなんて言う?シーン別に例文を紹介します

お忙しい中、ご返信ありがとうございます 英語

【例文】 お忙しい中お時間を いただけるとのこと、誠にありがとうございます• 【例文】先日は お忙しい中お時間を いただき、ありがとうございました• 【例文】 お忙しい中 ご返信いただき、ありがとうございます• 【例文】 お忙しい中 ご連絡いただき、感謝申し上げます• 【例文】 お忙しい中 ご確認いただき、お礼申し上げます• 【例文】 お忙しい中 ご対応いただき、ありがとうございました• 【例文】 お忙しい中 ご教示いただき、恐れ入ります(恐縮です) というように「~してもらい」の意味の敬語「 お(ご)~いただき」というフレーズをくわえても丁寧です。 さらには「ありがとう」だけでなく「 恐縮です」「 恐れ入ります」などのお礼フレーズをつなげても丁寧。 また「お忙しい中」は「 ご多忙の中」「 ご多忙のところ」「 お忙しいところ」などに言い換えてもOKです。 どの例文も社内メールで目上の人(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現です。 ざっくりとした解説はこれにて終了。 くわしくは本文中にて意味と使い方、注意点を述べていきます。 この記事の目次• 【意味】お忙しい中ありがとうございます 「お忙しい中ありがとうございます」の意味は「 忙しい最中にありがとう!」となります。 たとえば「お忙しい中ご連絡いただきありがとうございます」とすれば、「忙しい最中に連絡してもらいありがとう」となります。 お忙しい中=「 忙しい最中に」の意味• ありがとうございます =「 ありがとう」の意味 これら2つの言葉をあわせているだけなのですが、念のためくわしく解説しておきます。 ここでつかう「〜の中」は「 〜の最中」という意味ですね。 「中」は他にもたとえば、• 「使用中」といえば「使用している 最中」• 「お取り込み中」といえば「取り込んでいる 最中」 のようにして使われます。 いずれも「最中」の意味でつかいます。 ちなみに「 ところ」に言い換えても似たような意味になります。 「お忙しいところありがとうございます」といえば「 忙しい最中にありがとう」の意味• 「お忙しいところご対応いただきありがとうございました」といえば「 忙しい最中に対応してもらいありがとう」の意味 というように言い換えできます。 「 忙しい最中にありがとう!」という意味ですので、社内目上なり上司・社外取引先を気づかうフレーズとして使われます。 使えるシーンはたくさんありますが代表的なものを箇条書きにしてまとめます。 【基本】お礼返信ビジネスメールなど(冒頭に使う) 「お忙しい中ありがとうございます」の使い方、まずは基本。 上司や目上・社外取引先に何かしらお願いしたり、問い合わせしたり、教えてもらった後。 返信メールでお礼する時によくつかわれるフレーズです。 「お忙しい中ありがとうございます」でひとつのお礼フレーズとして メール冒頭・書き出しにつかいます。 すでに紹介はしましたが… 「~してもらい」の意味の敬語「お(ご)~いただき」をくっつけて「 お忙しい中~いただきありがとうございます」という形でもつかわれます。 「~」の部分にいろいろな語をもってくるとお礼フレーズになりますね。 たとえば上司なり社内目上・社外取引先にメール返信やメール連絡してもらったときは?? 「 お忙しい中ご返信(ご連絡)いただきありがとうございます」とすると丁寧。 他にもたとえば、• 【例文】お忙しい中ご返信いただきありがとうございました。 【例文】お忙しい中ご連絡いただき恐縮です。 【例文】お忙しい中お返事いただきありがとうございました。 【例文】お忙しい中お返事いただき大変恐縮です。 【例文】お忙しい中ご連絡いただき感謝申し上げます。 【例文】お忙しい中ご回答いただきお礼申し上げます。 【例文】お忙しい中ご回答いただき恐れ入ります。 というように、まずメールの冒頭・書き出しでお礼すると相手への配慮が感じられて好感がもてます。 なお著しく相手に負担をかけたのであれば…ありがとうではなく「申し訳なく思います」の意味で「 恐縮です」「 恐れ入ります」のようなフレーズを使ったほうがよいでしょう。 「 お忙しい中~いただきありがとうございます」の「お(ご)~いただき」の部分には「ご返信・お返事・ご連絡…」だけでなく、いろいろなフレーズがきます。 たとえばアポイントや面談・打ち合わせを相手に了解してもらったときは??• アポイント 面談・打合せ を了解してもらったのであれば… 例文「お忙しい中お時間をいただけるとのこと、有難うございます。 」 例文「お忙しい中面談のお時間をいただけるとのこと、大変恐縮です。 」 例文「お忙しい中貴重なお時間をいただけるとのこと、大変恐れ入ります。 」 例文「先日はお忙しい中面談のお時間をいただき、ありがとうございました。 」 例文「本日はお忙しい中お時間をいただき、誠にありがとうございました。 」 あるいは上司なり社内目上・社外取引先に出席してもらう(もらった)ときは??• これから出席(参加)してもらうのであれば… 例文「お忙しい中ご出席 ご参加 いただけるとのこと、有難うございます」 例文「お忙しい中ご出席 ご参加 いただけるとのこと、大変恐縮です。 」 例文「お忙しい中ご出席 ご参加 いただけるとのこと大変恐れ入ります。 すでに終わったことであれば… 例文「先般はお忙しい中ご出席 ご参加 いただき、ありがとうございました」 例文「お忙しい中ご出席 ご参加 いただき感謝申し上げます。 」 例文「お忙しい中ご出席 ご参加 いただきお礼申し上げます。 」 というように、ビジネスメール冒頭・書き出しではまず出席してもらう(もらった)事にたいするお礼をします。 なお著しく相手に負担をかけたのであれば…ありがとうではなく「申し訳なく思います」の意味で「 恐縮です」「 恐れ入ります」のようなフレーズを使ったほうがよいでしょう。 いずれも「 お忙しい中~いただきありがとうございます」の「~」に相手にしてもらう(もらったこと)を加えるだけで丁寧なお礼フレーズの完成です。 対応してもらう(もらった)お礼返信 例文「お忙しい中早々にご対応いただき誠にありがとうございました。 」 例文「お忙しい中ご対応いただき恐れ入ります。 」 例文「お忙しい中ご対応いただき感謝申し上げます。 」 例文「お忙しい中早々にお取り計らい頂きありがとうございました。 教えてもらった後のお礼返信メール 例文「お忙しい中ご教示いただきありがとうございました。 」 例文「お忙しい中ご教示いただき感謝申し上げます。 」 例文「お忙しい中ご教示いただき恐縮です。 確認してもらったお礼返信 例文「お忙しい中、早々にご確認いただきありがとうございました。 」 例文「お忙しい中ご確認いただき誠にありがとうございます。 送付してもらったお礼返信 例文「お忙しい中、早々に送付いただきお礼申し上げます。 」 例文「お忙しい中、早速送付いただき誠にありがとうございます。 」 例文「お忙しい中、早々に送付くださいましてありがとうございます。 」 上記はほんの一例。 ビジネスシーンにおうじて無限のバリエーションがあります。 あなたの語彙が広がるほどにつかえる敬語も増えていくでしょう。 【敬語・意味の補足】 ・ご教示は「教えること」の意味 ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 ・「恐縮」「恐れ入る」はどちらも「申し訳なく思うこと」の意味 ・「いただく」は「もらう」の謙譲語 ・「いただけるとのこと」は「もらえるとのこと」の意味の敬語(謙譲語) 【例文】ビジネスメール全文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは 「お忙しい中ありがとうございます」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 ・「受け取った」という意味の謙譲表現「拝受しました」を使うと丁寧。 先ほどお見積書のほう拝受しました。 お忙しい中、早々にご対応いただき誠にありがとうございます。 それでは弊社内にてお見積もり内容につき検討し、結果につき改めて報告いたします。 また追加でご相談することもあるかと存じますが、その際にはお力添えいただければ幸いです。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 日時決定の連絡をするだけでなく、会議の目的や場所なども案内すると丁寧。 さて、ご都合につき承知いたしました。 それでは以下の通りに打合せを実施いたしたく、仔細につきご案内申し上げます。 お忙しい中お時間を頂けるとのこと、誠にありがとうございます。 それでは以下の通りにOB訪問をいたしたく、仔細につきご案内申し上げます。 メール件名: Re:Re:Re: 貴社訪問のお願い(転職・ノマド) 株式会社転職 営業部 ノマド 様 (社外取引先) お忙しい中ご連絡いただき誠にありがとうございます。 さて、日時等の仔細につき承知いたしました。 ご足労をおかけいたしますが、当日は何卒よろしくお願い申し上げます。 さらに返信メールでシンプルにお礼する転職メール例文。 面接の日程等、仔細につき承知しました。 こちらこそ宜しくお願い致します。 本日はお忙しい中ありがとうございました。 さて、xx会議の議事録を添付ファイルにて送付いたします。 ご査収くださいますよう宜しくお願い致します。 ビジネスメールではこれらの表現に言い換えすることもできますので、お好みの表現を用いてください。 どれも目上の人(社内上司・先輩)にはもちろんのこと、社外取引先にもつかえる丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 使い分けする必要はありませんが、すでに述べたとおり結婚や出産・その他めでたいシーンで「お忙しい」はNG。 【言い換え】ご多用の中ありがとうございました。 /ご多用の中ありがとうございます。 というシンプルな言い換えのほかにも「~にもかかわらず」をくっつけて、• 【例文】ご多用にもかかわらずご参加 ご出席・お時間を いただけるとのこと、ありがとうございます。 【例文】ご多用にも関わらずご参加 ご出席・お時間を いただけるとのこと、大変恐れ入ります。 【例文】ご多用にも関わらずご返信 ご連絡・お返事 いただき、ありがとうございます。 【例文】ご多用にも関わらずご対応 ご確認・ご教示 いただき、ありがとうございます。 としても丁寧です。 さらに以下の言い換えもできますね。 【言い換え】ご多用中にもかかわらず 例文は同上〃• 【言い換え】ご多用の折にもかかわらず 例文は同上〃• こちらも使い分けする必要はありません。 お好みでお使いください。 【言い換え】ご多忙の中ありがとうございました。 /ご多忙の中ありがとうございます。 というシンプルな言い換えのほかにも「~にもかかわらず」をくっつけて、• 【例文】ご多忙にもかかわらずご参加 ご出席・お時間を いただけるとのこと、ありがとうございます。 【例文】ご多忙にも関わらずご参加 ご出席・お時間を いただけるとのこと、大変恐れ入ります。 【例文】ご多忙にも関わらずご返信 ご連絡・お返事 いただき、ありがとうございます。 【例文】ご多忙にも関わらずご対応 ご確認・ご教示 いただき、ありがとうございます。 としても丁寧です。 さらに以下の言い換えもできますね。 【言い換え】ご多忙中にもかかわらず 例文は同上〃• 【言い換え】ご多忙の折にもかかわらず 例文は同上〃• 【言い換え】お忙しいところありがとうございました。 /お忙しいところありがとうございます。 【言い換え】お忙しいところにもかかわらずご参加(ご出席・お時間を)いただき、+お礼• 【言い換え】お忙しい折にもかかわらずご返信(お返事・ご連絡)いただき、+お礼• 絶対にお礼しなけきゃダメ!というのではなくまぁちょっとした気づかい、心づかいとして「お忙しい中ありがとうございます」をつかうと丁寧ですね。 ほかにも返信ビジネスメールの冒頭・書き出しお礼に使える敬語フレーズとしては… 「 ご丁寧にご連絡いただきありがとうございます」などもあります。 ようは相手にメール返信してもらったり、なにかしら負担をかけたのであれば、どんな表現でもいいのでとりあえず感謝の気持ちをつたえましょう。 そうするとあなたの好感度もアップすること間違いなしです。 したがって実際にはヒマな相手にメールするときに使ってもOK。 この採用担当者はヒマそうだから「お忙しい中ありがとうございます」はメールに使えないよなぁ…。 このお客さんはいっつも忙しそうだから「お忙しい中ありがとうございます」をメールで絶対に使うべきだ!。 とか、そういう使い分けは必要ありません。 ビジネスメールでは 相手が誰であろうと等しく使えますのでご安心ください。 「お忙しい中ありがとうございます」は相手を気遣うときに使う表現=社交辞令でもあります。 としている人が結構います。 たしかに「忙」という字には「亡くなる」という文字がふくまれるため、縁起の悪い言葉として考えられます。 でもビジネスシーンでは「忙しい」「お忙しい」を使っても何ら問題はありません。 なぜなら「忙しい」「お忙しい」にはよい意味もあるから。 「忙しい・お忙しい」という言葉のニュアンスには2つあり、相手への配慮のほかに 「ビジネスが上手くいっているからこそ忙しい = よい意味」もふくみます。 したがってビジネスメールで「忙しい」を使うのは、しごく当たり前のことなのです。 「ご多用」に言い換えます。 参考になる記事:• まとめ 今回は「お忙しい中ありがとうございます」の意味と使い方、注意点について、これでもかというくらい語ってみました。 この表現はとても便利で、ビジネスメールでは万能に活躍します。 ぜひ、ありとあらゆる場面を経験し、使い倒してください。 頭でどうこうなるものではないので、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。 ではでは~~。

次の

「お忙しい中」の意味とは?類語とメールで使える例文を紹介!

お忙しい中、ご返信ありがとうございます 英語

「お忙しい中」の意味とは? お忙しい中は相手が忙しい状態かよりも気遣いを表す お忙しい中は、相手が忙しい状態かよりも相手への気遣いを表す意味があります。 「お忙しい中」を使うときは、お願いや依頼をしたり、催促をするときに使われる言葉です。 ビジネスシーンで使われるときには、実際に相手が忙しいかはあまり関係がなく、相手への気遣いや心遣いでつける場合が多いです。 唐突に「ご確認をお願いします」というメールを送るよりも、「お忙しい中申し訳ありませんが、ご確認をお願いします」と枕詞としてつけていた方が、相手に気遣いを表現することができます。 お忙しい中をつけることでビジネス相手へ謙虚さを表している お忙しい中をつけることで、ビジネス相手へ謙虚さを表しているともいえます。 ビジネスでは会議やクライアントとのアポイントメントなどのスケジュールの中で、慌ただしく働いています。 そんな中メールなどで依頼をすることは、予定外の手間をかけたり、時間を割いてもらうことを必要としていまします。 そんなときに恐縮してしまう申し訳なさや、謙虚な気持ちを表しているのが「お忙しい中」です。 「お忙しい中」を一つつけておくことで、「もし可能であれば」というニュアンスを含ませることができるので、謙虚さを示すことができます。 相手への印象も良いので、その後の仕事もスムーズに進めることができるでしょう。 「お忙しい中」をつけるときには、「恐縮ですが」という言葉をつけるとその後の文章もスムーズに進めます。 何かお願いをしたり、依頼をしたり、確認してもらったりという場面で使われます。 相手の時間を割いてしまうことに恐縮する言い方となりますので、目上の方や上司、先輩などに使うことができます。 たとえば「お忙しい中恐縮ですが、月曜日までにご確認いただけますようお願いします。 」「お忙しい中恐縮ですが、お返事いただければ幸いです。 」と使います。 「お忙しい中恐れ入りますが」は「恐縮ですが」とほとんど同じ意味になりますので、お願いをするときによく使われます。 たとえば「お忙しい中恐れ入りますが、ご返信いただければ幸いです。 」 「お忙しい中恐れ入りますが、15日のミーティングまでにお目通しのほどよろしくお願いいたします。 」などと使われます。 相手の状況に気遣いながら、自分の依頼を謙虚な気持ちで伝えたいという姿勢を伝えることができます。 「すみません」は敬語になりますのでもちろん目上の方にも使えますが、より丁寧な印象を残したいのであれば「恐縮ですが」「恐れ入りますが」を使うのがおすすめです。 「お忙しい中すみませんが、後ほどお時間いただけますか。 」「お忙しい中すみませんが、一つご相談があります。 」「お忙しい中すみませんが、お手すきの時間がありましたら、お手伝いいただくことは可能でしょうか。 」というように使います。 社内の方や口語で使うと堅苦しくなく、気遣いの気持ちを伝えることができます。 感謝の気持ちを伝えるときにも「お忙しい中」というフレーズは使うことができます。 忙しい中でも、自分のためにわざわざ時間を割いてくれたという意味合いを持たせることができるのです。 「先ほどはお忙しい中お電話いただきまして、ありがとうございます。 」「本日はお忙しい中お越しくださり、誠にありがとうございます。 」「先日はお忙しい中貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。 」と使います。 単にありがとうございますと伝えるよりも、厚みのある言葉を伝えることができるでしょう。 「お忙しい中」は相手の時間を割いてもらっているという意味合いを持つので、時間を割いてくれたことにも感謝を伝えたいときにも使われます。 たとえば「本日はお忙しい中お時間をいただき、ありがとうございます。 」 「この度はお忙しい中お時間を作っていただき、社員一同感謝申し上げます。 」「年末のお忙しい中お時間をいただきありがとうございます。 本日はよろしくお願いいたします。 」「先日は大変助かりました。 お忙しい中お時間を割いていただき、ありがとうございました。 」というように使われます。 忙しい中なのにありがとうと感謝を伝えたいときや、お礼を伝えたいときによく使われます。 たとえば「先日はお忙しい中にも関わらず、お越し下さりありがとうございました。 」 「お忙しい中にも関わらず、出席のご連絡をいただ嬉しい限りです。 当日を楽しみにしております。 」「お忙しい中にも関わらず、時間を作っていただき感謝申し上げます。 」などと使います。 何に感謝しているのかを具体的に伝えられるといいですね。 「お忙しいところ」は「お忙しい中」と意味はまったく同じの言葉です。 枕詞としてつけることで、相手への謙虚な気持ちや気遣いを表すことができます。 たとえば「お忙しいところすみませんが、月曜日までにチェックしていただけると幸いです。 」「お忙しいところ恐縮ですが、ご返信んをよろしくお願いします。 」というように使います。 いくつかバリエーションがあると、ビジネスメールでもしつこい印象を与えずに使うことができるでしょう。 「ご多忙」とは何かと忙しい様子を表す「多忙」に、丁寧の「御」をつけた言葉です。 つまり「お忙しい中」と意味はほとんど同じということになります。 一般的には「お忙しい中」は口頭で、「ご多忙」は文書や手紙などで使われることが多いです。 たとえば「ご多忙の中恐縮ですが、お返事をお待ちしております。 」「ご多忙の中、先日はお越し下さいましてありがとうございました。 」と使われます。 「ご多用(たよう)」は、用事が多くて忙しい状態に、丁寧の「御」をつけた敬語です。 ビジネスシーンでは何かを依頼したり、お礼を伝えるのに使うのに便利なフレーズです。 たとえば「ご多用の中とは存じますが、どうぞよろしくお願いいたします。 」「ご多用中にも関わらず、ご対応いただきましてありがとうございました。 」と使われます。 先ほどご紹介した「ご多忙」に「折」をつけた表現になり、「折」は時間を示している言葉になるので、「ご多忙のとき」と同じ意味になります。 目上の方に使いやすい表現ですので、イベントや会合の招待状や案内状などに使われます。 たとえば「ご多忙の折、お手数をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。 」「ご多忙の折とは存じますが、ご返信をお待ちしております。 」と使います。 「ご多忙の折」を使うことで、相手によりきちんとした印象を与えることができる文書に仕上げることができるでしょう。 」です。 英語でも時間を割いてくれてありがとうというお礼を伝える表現があり、「Thank you for taking your time. 」と言います。 たとえば「お忙しい中お時間を作ってくたさりありがとうございます。 」は「Thank you for taking your time out of your busy schedule. 」と伝えると良いでしょう。 「お忙しいところ恐れ入ります」は「I am sorry for troubling you when you are busy. 」と言います。 これを応用して「お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いします。 」を表現すると「I am sorry to trouble you despite being busy, but I highly appreciate your cooperation. 」と言うことができます。 「お忙しい中」は依頼やお誘いのときに使える便利なフレーズですが、あまりにも何度も使ってしまうと、相手にしつこい印象を与えかねません。 気遣いで使っているつもりが、逆に失礼な印象を与えてしまうこともありますから気をつけましょう。 類語などを使って言い換えることで、使いすぎている印象を避けていきます。 「お忙しい中」を使っているのは、相手が忙しいところをわかっていて使っているはずです。 それなのに「いつまでに」「これとこれをお願いします」など、時間がかかったり負担がかかるようなことを依頼するのは失礼にあたります。 「もし可能ならば」と言うニュアンスを含めていることを忘れずに、使えると良いですね。 ついつい「早めに返事が欲しい」からと行って、「早めのご返信をお願いします」と書いてしまうこともあるかもしれませんが、これは相手に早く返信するようにと指示しているのと同じことです。 いくら「お忙しい中」と枕詞で入れていたとしても、相手に催促したり要求するような内容を書くと、失礼な印象を与えてしまうことがありますから気をつけましょう。 「お忙しい中」を使うのであれば、相手の都合で動いてもらえるように配慮することが大切です。 「お忙しい中」を使って仕事を円滑に進めよう! 「お忙しい中」というフレーズは、相手の状況を気遣っている姿勢や、謙虚な気持ちを表現することができる枕詞です。 依頼やお礼をするときにも、「お忙しい中」をつけておくだけで、相手に柔らかい印象やきちんとした印象を与えることができます。 うまく使いこなすことで、仕事を円滑に進めていきましょう。 ビジネスメールでは、独特の言い回しや表現、マナーも知っておくことが大切です。 「お忙しい中」でも出てきた「恐縮ですが」の使い方や、ビジネスメールの件名のマナーも押さえておきましょう。 こちらの記事もぜひ参考にしてくださいね。

次の