消しゴム 英語 スペル。 英語の曜日(日曜日から土曜日まで)の単語・省略形・発音一覧表:「今日は何曜日?」と毎週、隔週、先週、来週の言い方

消すって英語でなんて言うの?

消しゴム 英語 スペル

日本語の「面白い」は、「あの人、面白いね」「映画おもしろかったね」「おもしろい格好しているね」など、使う状況によって微妙に意味が違いますが、すべて「面白い」の一言で表現できます。 しかし英語では、どのように面白いのかによって言い方が異なります。 「面白い」=「Funny」と直訳して覚えている人が多いようですが、「Funny」を使うと間違った意味で捉われてしまう場合もあるので注意が必要です。 今日のコラムでは、英語で「面白い」を意味する代表的な4つの使い方をご紹介します。 例えば、お笑い芸人のような性格の持ち主や、面白いコメディー番組のことなどを指します。 ・ Matsumoto Hitoshi is funny. (松本人志は面白い[愉快な]人だね。 ) ・ That movie was funny. (面白い[おかしな]映画だったね。 ) ・ That movie was hilarious! (あの映画、超おもしろかった。 」となります。 」と表現することもできる。 ・ Matsumoto Hitoshi is interesting. (松本人志は面白い[興味深い]人だね。 ) ・ That movie was interesting. (面白い[興味深い]映画だったね。 ) ・ I saw an interesting documentary about this guy who is traveling the world. (世界一周している人の、おもしろいドキュメンタリー番組を見ました。 ) ・ That sounds interesting! 例えば、「昨夜のコンサートは面白かったね。 」は「The concert last night was entertaining. 」となります。 ・ Matsumoto Hitoshi is entertaining. (松本人志は面白い[楽しい]人だね。 ) ・ That movie was entertaining. (面白い[楽しい]映画だったね。 ) ・ What an entertaining game! (おもしろい一年になりそうですね。 この場合、状況によっては多少ネガティブなニュアンスが含まれます。 例えば、「変な味がする」は「Tastes funny」、「変な匂いがする」は「Smells funny」、「変な音がする」は「Sounds funny」、「変な風に見える」は「Looks funny」となります。 その他、「胸騒ぎがする」を「I have a funny feeling」と表現する。 This is really INTERESTING! It must sound cool. I have a question. It tastes strange. or It tastes funny. Which is more natural?

次の

「面白い」は「Funny」で正しいの?

消しゴム 英語 スペル

絶対間違ってはいけない!イギリス英語とアメリカ英語の違い絶対間違ってはいけない!イギリス英語とアメリカ英語の違い おすすめ記事:• 間違ってはいけない!イギリス英語とアメリカ英語の違い:その1. 「Trousers vs Pants」 日本語:ズボン イギリス英語:trousers アメリカ英語:pants 日本語:下着、パンツ イギリス英語:pants アメリカ英語:underwear 「Pants」という単語は英語では間違いやすいです。 アメリカ英語では「ズボン」になりますが、イギリス英語では「下着」という意味になります。 ですから、アメリカ人がイギリス人に「Nice pants! 」(素敵なズボンですね!)という「褒め言葉」を言う際に、そのイギリス人は「素敵な下着ですね!」という変態っぽい表現に聞こえます(笑) 間違ってはいけない!イギリス英語とアメリカ英語の違い:その2. 「rubber vs eraser」 日本語:消しゴム イギリス英語:rubber アメリカ英語:eraser 日本語: コンドーム イギリス英語:condom アメリカ英語:rubber イギリス人の子供は学校で「消しゴム」を「rubber」と呼びます。 私も「rubber」という単語を使います。 そして、私にとって「黒板消し」は「blackboard rubber」です。 しかし、アメリカ英語では「rubber」は「コンドーム」のニックネームになります!私は初めて日本に来た時、アメリカ人の友達に「Can I borrow your rubber? (消しゴムを借りていい?)と言いましたが、その友達はビックリしていました! それも当然です。 アメリカ人の彼女は「コンドームを貸してくれ!」という意味だと思ったからです(笑)。 間違ってはいけない!イギリス英語とアメリカ英語の違い:その3. 「cigarette vs fag」 日本語:タバコ イギリス英語:fag (スラング) アメリカ英語:cigarette 日本語:ゲイ イギリス英語:gay アメリカ英語:fag (とても失礼で差別用語です!) この違いはとても危ないので気をつけましょう。 イギリス英語では「fag」という単語は「タバコ」という意味のスラングで失礼な単語ではありません。 しかし、アメリカ英語では「fag」はとても失礼で、差別的な「ゲイ」という意味になるスラングです。 日常会話で絶対に使ってはいけない単語です。 正しい言い方は「gay」になります。 ですから、イギリス英語の「fag」という単語を覚えてもアメリカ人の友達と話す際には十分気をつけましょう! 間違ってはいけない!イギリス英語とアメリカ英語の違い:その4. 「fanny vs bum」 日本語:お尻、ケツ イギリス英語:bum, bottom, backside アメリカ英語:fanny, butt 日本語:女性の性器 イギリス英語:fanny アメリカ英語:色々あります! この違いについては、少し子供っぽいですが、イギリス英語では「fanny」は「女性の性器」というちょっとふざけた言い方です。 しかし、この単語はアメリカ英語で「お尻」という意味のスラングになります。 「ウェストにかける(まく)ポーチ」は、イギリス英語で「bum bag」になりますが、アメリカ英語では「fanny pack」という言い方になります。 イギリス人はその「fanny pack」という言い方を聞いてびっくりして笑ってしまいます。 そして、アメリカ人は平気で「sitting on my fanny all day」(一日中お尻に座っている)や「Does my fanny look big in these pants? 」(このズボンを穿くと、私のお尻は大きく見えるかな?)などの怪しいフレーズを使います(笑)。 結局、「fanny」というスラングはイギリス人と話す際には言ってはいけない単語です。 以上、今回の記事では、イギリス英語とアメリカ英語の違いの中でも間違ってはいけない単語やスラングについて紹介してみました^^ この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。 制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。 ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、 アメリカ英語との違いを中心に イギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。 教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、 イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。 イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。 イギリス英語のイディオム専門教材 この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」は イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。 本教材では イギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にも マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。 イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。 1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。 この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

次の

絶対間違ってはいけない!イギリス英語とアメリカ英語の違い:「パンツ? 消しゴム?! タバコ?!」|イギリス英語を勉強する為の専門サイト ブリティッシュ英語.COM

消しゴム 英語 スペル

スポンサーリンク 先日、子ども用の工作のアイデアを紹介する動画を見ていて、ふと思ったことがあります。 それは「ゴム」を英語で言う場合、いくつかの表現があるなぁということです。 例えば、パッと思いついたものを挙げてみると「輪ゴム」、台所などで使う「ゴム手袋」や作業時に役立つ「ゴム長靴」、洋服のウエスト部分に入っている「ゴムひも」、手帳などについている「ゴムバンド」、そして髪の毛を結ぶ時に使う「ヘアゴム」なんかがありますよね。 「ガム」と言えばお菓子の「ガム」を連想する人も多いと思います。 では、日常生活で使う「輪ゴム」「ゴム手袋」「ゴム長靴」「ゴムひも」「ゴムバンド」「髪の毛を束ねるヘアゴム」は英語でどう言うのでしょうか。 ちなみに、トイレの詰まりを解消する、通称「トイレのスッポン」は「ラバーカップ」という名前だそうです。 先端がゴムのカップみたいになっているからですね。 これは「ゴムひも」という意味になり、数えられない名詞です。 ズボンのウエスト部分に入っていたり、小学生の通学帽についているような「ゴム」を想像してもらうといいと思います。 elastic:ゴムひも• elastic band:輪ゴム、ゴムバンド• elastic waist pants:伸縮性のあるウエストのズボン• elastic cord:ゴム製の伸び縮みするコード などがあります。 「ヘアゴム(髪の毛のゴム)」を英語で言うと? 私がニュージーランドに来てから、髪を結ぶ「ヘアゴム」を買おうと思ったことがあります。 でもその時は、英語で何と言えばいいのか分かりませんでした。 hair ties• hair elastic• なので「髪を結ぶためのもの=hair tie」です。

次の