副大臣。 平将明

経済産業副大臣 (METI/経済産業省)

副大臣

gaku. hashimoto がシェアした投稿 - 2017年 9月月28日午後4時31分PDT 大学院卒業後は、株式会社三菱総合研究所へ入社しています。 入社から7年間勤務して退職。 退職した年の9月に衆議院議員に初当選しています。 若干31歳という若さで衆議院議員に当選できたのは、 元総理大臣の橋本龍太郎さんの地盤を引き継いで岡山4区から立候補していることが大きいと言えるでしょう。 ですが、選挙区では負けていて、比例区での復活当選となっています。 2回目の選挙では、再び敗戦して、今度は比例区でも届かず落選。 浪人生活を送っています。 ちょうどこのときの選挙は民主党が圧勝したときの選挙ですね。 その後、東日本大震災の後に迎えた、 2012年12月の衆議院議員総選挙で、過去2回勝てていなかった、民主党公認の柚木道義さんを破り、国政に復帰を果たしています。 厚生労働副大臣の就任は2016年に1度就任しており、現在は2度目の就任となっています。 平成10年4月 株式会社三菱総合研究所 入社 平成17年9月 衆議院議員 当選(一期目) 平成24年12月 衆議院議員 当選(二期目) 平成26年9月4日 厚生労働大臣政務官就任(平成27年10月9日退任) 平成26年12月 衆議院議員 当選(三期目) 平成27年10月23日 自由民主党 政務調査会 外交部会長就任(平成28年8月5日退任) 平成28年8月5日 厚生労働副大臣就任(平成29年8月7日退任) 平成29年11月1日 衆議院議員 当選(四期目 平成29年8月22日 自由民主党 政務調査会 厚生労働部会長就任(平成30年10月退任) 平成30年10月 自由民主党 組織運動本部 団体総局次長就任(令和元年9月13日退任) 令和元年9月13日~現在 厚生労働副大臣就任 橋本岳厚生労働副大臣の家族構成は?兄や姉、妹など何人? 橋本岳厚生労働副大臣の家族構成を見ていきます。 橋本岳副大臣の家系は、代々政治家の流れを継いでいる由緒正しく家柄です。 橋本岳厚生労働副大臣の父親は橋本龍太郎元総理 橋本岳厚生労働副大臣の 父親は、 橋本龍太郎元総理大臣です。 橋本岳副大臣の祖父は衆議院議員。 祖母は官僚。 そして父親は、総理大臣。 その他にも親族には多数政治家や官僚、警視総監もいるという家柄です。 橋本岳厚生労働副大臣は兄と姉、妹の4人兄弟 橋本岳厚生労働副大臣は、5人兄弟の中で、4番目に産まれた次男です。 長女 寛子 (昭和42年8月15日生) 長男 龍 (昭和44年3月8日生) 二女 厚子 (昭和46年9月12日生) 二男 岳 (昭和49年2月5日生) 三女 旦子(昭和57年5月4日生) 兄弟姉妹の中で、 政治家として活躍しているのは、橋本岳さんのみです。 橋本岳厚生労働副大臣の子供は息子と娘、2人ずつ 橋本岳厚生労働副大臣も、実に多くの子供が居ます。 具体的には、 息子2人、娘2人の4人。 大学院生時代に、同級生と学生結婚していて、22歳という若さで父親となり、ベビーカーを押してキャンパスを歩くことで学内では有名だったということです。 スポンサーリンク 橋本岳厚生労働副大臣の子供も政治家になる?【岡山4区】 橋本岳副大臣が22歳のときに子供が産まれているということは、 早くも子供は22歳か23歳という年齢になっているということですね。 やはり 岡山4区の地盤を受け継ぎいずれは政治家として活躍されるのでしょうか。 気になるポイントですね。 橋本岳厚生労働副大臣は5人兄弟である上に、政治家の家系を持ちながら、一人のみ政治家になっています。 一概には言えないとは思いますが、引き継ぐ地盤は一つということも理由として考えられるのではないかと思います。 であるならば、代々受け継いでいる地盤を受け継ぐという可能性は少なからずあるのではないかと思います。 とはいえ、 橋本岳副大臣は、40代の国会議員ですので若手と呼べるので、まだ引き渡すには早いと言えるでしょう。 地盤という観点から見ても、岡山4区は、見どころのある選挙区なのかもしれませんね。 まとめ 以上、新型コロナウイルスの影響で、最前線で話題になっている 橋本岳構成労働副大臣について紹介してきました。 今回の新型コロナウイルの不安の大きさから、国の対応や政治家の一挙手一投足を注意深く見ている国民が多いように感じます。 どのような仕事をしている議員なのか? 情報の真贋もある世の中ですので、しっかりと情報を精査した上で国民の代表である政治家を選んでいけるようになると良いなと思います。 橋本岳副大臣とともに、今注目されているのが、 加藤勝信厚生労働大臣です。 こちらでは、加藤勝信厚生労働大臣の経歴や学歴などもまとめていますので、併せてご覧ください。

次の

雇用支援の副大臣会議発足へ 新型コロナ 失業増や就活影響で

副大臣

来歴 [ ] 、に生まれる。 、(ゼミは)卒業。 、家業であるの「山邦」に就職。 、同社の三代目就任。 に東京青年会議所入会。 大田区委員会委員長として活躍後、に行われた、の公開討論会を委員会委員長として、で初めて開催。 に第54代理事長に就任。 度の日本青年会議所会頭に立候補し、 7年ぶりとなる [ ]会頭選挙に持ち込んだが、名古屋青年会議所の(現衆議院議員)に 僅差で [ ]敗退。 、に東京4区から出馬・初当選。 、に東京4区から出馬・で再選(2期目)。 、所属していたを脱会。 のにおける「の議決」について、自民党のは「会期の70日延長に反対」であったが、の復旧・復興のために、国会を延長すべきだとして、党方針に反対し棄権した。 、情報調査局長に就任。 同年、衆議院本会議における「改正案の議決」について、が進めたの完全民営化路線を転換するものとして、党方針に反対し途中退席した。 同年、に東京4区から出馬・当選(3期目)。 同月27日、において・(担当 )に就任。 、・情報調査局長に就任。 、において(、、戦略、関連政策などを担当)に就任。 同年、に東京4区から出馬・当選(4期目)。 同月25日、において内閣府副大臣(これまでの担当に加え、政策、問題、が追加)に再任。 9月、衆議院に就任。 ので5選。 10月、(政策、・、、戦略、、、制度など担当)に就任。 9月13日、 において(主な担当は、政策、、、戦略、・政策、戦略、戦略、、、医療情報基盤、健康・医療戦略、 )に就任。 政策・主張・活動 [ ] 政策• 経済産業大臣政務官・内閣府大臣政務官(2012年12月 - 2013年10月 )• 中小企業支援策の分かりにくさの解消を目的として、支援策の情報提供や他の経営者・専門家と情報交換を行えるポータルサイト「ミラサポ」や 、「中小企業海外展開現地支援プラットフォーム」の開設・普及、さらに補助金申請書類の簡素化など、中小企業・小規模事業者政策を推進した。 内閣府副大臣(、など担当)(2014年9月 - 2015年10月 )• 民間人であった2001年に、「気軽に国際交流都民の会」会長として、羽田空港発着の国際チャーター便の解禁を働きかけ、法改正に合わせて羽田空港からハワイにチャーター便を飛ばすなど、羽田空港の国際化推進活動を展開。 そして、国家戦略特区担当副大臣時代には特区内の空港アクセスの充実のため、空港アクセスバスの運行計画設定の際の届出期間期限を短縮するなどのを進めた。 また、特区担当副大臣として、政務官のと共に、国家戦略特区の制度を利用した、自動飛行、自動運転などの実証実験の場を確保し、の喚起をコンセプトとした特区、「近未来技術実証特区」の新設に取り組んだ。 特区認定されたでは、レースの開催や 、完全自動運転(運転手がいない状態。 )の公道での実証実験が行われた。 また、地元であるの特区導入にも関わる。 自民党経済構造改革に関する特命委員会 事務局長代理など(2016年10月 - )• 前述の内閣府副大臣時代に、地方創生政策のひとつである地域経済分析システム「」で抽出できる、地域内の企業と取り引きが多く、地域外へ販売している企業、「コネクターハブ企業」の重要性を主張していたが 、平が事務局長代理をつとめる 、「経済構造改革に関する特命委員会」の2017年4月の最終報告では、そうした企業を「地域未来牽引企業」と位置づけ、その企業や取引群を含む全体を生態系と捉え、税制・補助制度、金融などの様々な支援や毎年公表を行う案が盛り込まれた。 また、最終報告には「近未来技術実証特区」に関連して、完全自動走行などの近未来技術の社会実装に向けた政府内の調整を一元的に行う組織や、「サンドボックス型特区制度」の創設などが含まれている。 中小企業を経営し、そしてバブル崩壊やその後の金融危機で資金繰り・経営立て直しに苦労した経験から、政府の中小企業に対しての政策がうまくいかないのは、資金繰りといったような現場の感覚がないからだと述べ、国のマネジメントも貸借対照表と損益計算書と資金繰りの3つの視点を大事にして、定量的・科学的根拠に基づいた施策をすべきと主張している。 また、現場の皮膚感覚を知らない政治家は、なにか問題が起きると規制という考えに走りがちだが、規制をすると現場がどうなるかという想像力が重要で、規制改革・緩和といった場合でも、いかに副作用を抑えて効果を最大化するか、民間が自由に動けるような環境を整えるか、想像力を働かせて政策を打つべきと述べている。 解消のため、国会議員の4割削減の検討も含めた、一院制の導入を主張している。 地方創生に対して「地方がそれぞれの成長戦略を描き、成功事例が生まれそうなところは集中的に応援する。 農林水産や観光が主力となる地方の実情を踏まえると、もともと付加価値が高い日本の農産物をの高所得者層に売るなど、ローカル経済圏がアジアの成長を取り組む戦略が有効だ。 海外から観光客を呼び込む『ビジット・ジャパン』も効果的なツールになる。 国家戦略特区や規制緩和によって後押ししたい」と述べている。 や、誕生の背景には、グローバル経済の中で成長していく人たちと、ローカル経済の中でに取り残される人たちの間で分断・格差があるが、そうした問題の解決策として、外需を獲得する企業と、その企業と取り引きのあるローカル経済圏の企業の取引群全体を支援し、地域経済の底上げを行うことで、ローカル経済圏にいながら、ローカル経済圏の中にグローバル経済圏の成長を組み入れることができると述べている。 の流通について、やを介す仕組みは、流通段階ごとに手数料がかかったり、生産者に価格決定権がなく、更に最近では生産者からの直接買い付けや、生産者が直接販売するケースが増えているので、卸売市場は不要だという意見もあるが、卸売市場なら日持ちしない生鮮品を全て買い取るので売れ残りのリスクがなく、売上も3日以内に現金で受け取れるので貸倒れリスクもないと述べている。 また、は分業化された専門会社が担うので効率的との意見に対して、生産者の手取りは日本のほうが多いことも挙げ、経済合理性の観点から卸売市場の存在意義を語っている。 、に掲載されたの全面撤回を求める広告「」の賛同者に名を連ねている。 その他の活動• 12月から番組を始め、4月の時点で放送回数は150回を超えている。 から自民党への入党が可能なシステムを先行運用している。 将来的には自民党総裁選のネット投票を目指している。 (石破派)広報委員長として 、国会議員では初とされるのスタンプ作成を企画した。 日本では政治家・派閥を応援するとなると、で万単位の参加費がかかるなど、単価が高額であるが、スタンプは120円というハードルの低い価格設定で簡単に応援できる仕組みだと述べている。 2014年より、政治・経済情報を発信するWEBマガジン「」にて、「平将明の『言いたい放題』」という連載を持ち、政治や政策について語っている。 以下は複数の選択肢の中から一つを選ぶ形式のアンケートへの回答。 のに賛成。 の行使に賛成。 日本のについて、今後の国際情勢によっては検討すべきだとしている。 の参拝を問題ないとしている。 「」を見直すべきでないとしている。 「」を見直すべきとしている。 を必要としている。 負担増が耐えられないため、の給付水準が下がるのはやむをえないとしている。 を法律で規制することに賛成。 は日本に必要としている。 の創設に反対。 「」を小中学校の授業で教える事に賛成。 の解禁に賛成。 人物 [ ]• サラリーマンとして就職した後、1991年に父の病気をきっかけに、祖父が創った大田市場の仲卸会社「山邦」に入社した。 モートラなどを操縦し3年間下積みを経て、社長に就任した。 金融危機で資金繰りに奔走し、克服して、22億円だった売上を60億円にしたと述べている。 平将門および平家の子孫ではない。 母方は源氏の血筋である。 を中学校から大学まで嗜む。 高校では部長を務め、大学時代はバドミントン部のを務めた。 普段の食事は、を好んで食べるほか、を頻繁に利用する。 また、なか卯に関しては、同僚議員のとのやりとりの中で「なか卯議連」なるものを立ち上げようと冗談を飛ばしていたり 、によれば、「なか卯で食べた時は、平将明代議士にツィッターで報告することになっている」(ただし真偽は不明)。 で誰が好きかとの自身のブログ上での質問に対し、「こじはる()です。 」と答えている。 やが好きであると公言している。 2004年、の発言がきっかけとなり設立したで発起人の1人となるが 、同行は買い取った債権を回収できず2010年に経営破綻。 翌年に同行から損害賠償請求権を譲り受けたが、旧経営陣7人に50億円の賠償を求めて提訴。 裁判の過程で元取締役3人は責任を認め訴訟が終結、平を含むの3人とはが成立した。 ちなみに、会長であった木村には2016年の東京地裁の判決で注意義務違反による損害が認定され、約37億円の賠償命令が下されている。 内閣府副大臣としてと共になどに取り組んだことで、『』(2016年2月新春号)から「日本を元気にする逸材125人」に選ばれたと述べている。 主な所属団体 [ ] (2016年11月現在) 国会• 衆議院環境委員会 委員長 自民党• 選挙対策委員会( 委員長) 副委員長• 行政改革推進本部( 本部長) 本部長代理• クールジャパン戦略推進特命委員会( 委員長) 委員長代理• IT戦略特命委員会( 委員長) 副委員長• 経済構造改革に関する特命委員会( 委員長) 事務局長代理• 中小企業・小規模事業者政策調査会( 会長) 副幹事長• 同中小企業金融のあり方検討小委員会( 小委員長) 小委員長代理 著書 [ ]• 『超現場主義-超現場主義中小企業金融論:役人、学者、銀行員…エリートにはわかるまい! 』カナリア書房、2006年 出演番組 [ ] テレビ [ ]• () インターネット映像配信 [ ]• ()- 2017年9月25日• ()- 2016年7月5日 脚注 [ ] []• 毎日新聞 2015年9月28日 2015年9月29日閲覧。 『公益社団法人 東京青年会議所』2016年11月17日閲覧• 『池田よしたかホームページ』2016年11月17日閲覧• 『公益社団法人 東京青年会議所』2016年11月17日閲覧• 『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』2016年11月17日閲覧• 『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』2016年11月17日閲覧• 『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』2016年11月17日閲覧• 『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』2016年11月17日閲覧• 『平将明衆議院議員公式サイト』2018年10月15日閲覧• Qnewニュース. 2019年9月17日閲覧。 『平将明衆議院議員公式サイト』2014年3月18日• 『中小企業庁』2017年1月29日閲覧• をもとに編集『地方創生推進事務局>国家戦略特区』2016年11月17日閲覧• 1-2頁をもとに編集『地方創生推進室>国家戦略特区>近未来技術実証特区検討会』2015年2月6日• 『Catalyst』2016年11月17日閲覧• 『朝日新聞デジタル』2016年11月13日• 『Bloomberg』2016年2月19日• 36分14秒から『自民党Youtubeチャンネル』2015年8月24日• 2-7頁『』2017年4月28日• 『another life. 』2016年9月6日• 『平将明衆議院議員公式サイト』2016年11月19日閲覧• Fuji Sankei Business i(2014年11月14日)総合3面• 39分34秒から『自民党Youtubeチャンネル』2017年5月8日• 『平将明衆議院議員公式サイト』2016年12月7日• 『自由民主党』2017年5月14日閲覧• 『平将明衆議院議員公式サイト』2016年11月19日閲覧• 『水月会-公式ウェブサイト』2016年11月18日閲覧• 『産経ニュース』2016年11月10日• 平将明の『言いたい放題』• GREEに開設されている平のブログの記事。 『東京青年会議所メールマガジン バックナンバー』2003年8月22日• 『ダイヤモンド・オンライン』2010年9月14日• 『整理回収機構>対外発表>関与者責任追及(進行中のもの)』2011年8月23日• 『産経ニュース』2016年9月29日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• Facebook• TAIRAMASAAKI -• masaaki5392 - 公職 先代: と共同 2019年 - 次代: 現職 先代: と共同 2014年 -2015年 次代: 先代: と共同 2012年 - 2013年 次代: 議会 先代: 2016年 - 2017年 次代:.

次の

副大臣(ふくだいじん)とは

副大臣

概要 [編集 ] その地位は第13条、第16条に基づいている。 従来のを廃止して設けられたであり、を充てることが慣例となっている。 各省の、又はの命を受け、政策及び企画をつかさどり、政務を処理する。 また、大臣不在の場合、大臣の事前の命令に基づいてその職務を代行することができる(の不在代理はたるが行うため、を除く)。 ただし国務大臣としての職権は代行できないためへの代理出席などはできない。 定数は各府省ごとに異なる(1人から3人)。 任免は、その府省の長である大臣の申出によりが行い、がこれを認証する()。 がなされると付随して地位を失う。 上のである。 また、内閣府及び各省の政策等に関し相互の調整に資するため、 副大臣会議が設置されている。 副大臣会議は、の下で、(政務)及び全副大臣により組織され、内閣官房長官が主宰し、内閣官房副長官(政務)が議長を務める。 副大臣はやよりも格上に位置づけられている。 一方、副大臣及び副大臣会議は決定案件に何らの権限も有しておらず、閣議決定案件の事前調整はもっぱらによって事実上担われてきた(事務次官等会議は、によって廃止されるが、2011年のを契機に事務次官等の事務方を中心とする「各府省連絡会議」が定例化)。 2012年2月10日、は内閣府副大臣の一部を各省の副大臣の一部と兼任させたが、この兼任システムは政権交代後も引き継がれている。 英語名称は、Senior Vice-Minister、Parliamentary Senior Vice-Minister、State Minister、State Secretary などと各府省庁がまちまちに訳語を与えている。 沿革 [編集 ] 従来の政治任用ポストであった政務次官は、権限も小さく役割も不明確であったため、「省庁の盲腸」と揶揄され軽んじられてきた。 この点を反省し、のにより、国会における制度及び政務次官が廃止され、副大臣と大臣政務官が新たに設置された。 副大臣には、適材適所の実力者を登用して国会答弁に当たらせることが期待された。 また法律上の根拠がなかった政務次官会議に代えて、同法第9条に基づく副大臣会議を創設、権威付けと実質的な省庁間の政策調整が行われることも期された。 副大臣・大臣政務官制度への移行が議論されていた・においては、重要官庁の政務次官に閣僚経験者を充てる試み(・外務政務次官、・大蔵政務次官、・外務政務次官など)がなされるなど、新制度の効果的な活用が期待されていた。 しかしながら、新制度が導入された後の閣僚人事においては、若手の抜擢や民間人の起用などが注目された小泉内閣下においても、副大臣・大臣政務官人事については、順送り・年功序列型の慣行がほぼ踏襲されるなど、大きな変化が見られないとする評価もなされた。 続くにおいては派閥の推薦をそのまま受け入れるのではなく、推薦リストをもとに総理や党幹部が決定するというスタイルがとられた。 では(経済産業)と(厚生労働)が、では(財務)と(外務)と、閣僚経験者が副大臣に起用されるなど新しい方向での模索もなされている。 備考 [編集 ] は、だけでなく内閣府の事務の特定事項も一部担当し、副大臣会議の構成員であるとともに、俸給等の待遇の面でも同等である等、職位としてはほぼ副大臣に相当するが、設置根拠・時の連帯失職の有無等が異なるため法的・学問的には副大臣に含まれない。 内閣官房副長官のほか、俸給等の待遇の面が副大臣に相当する職には、、国家公務員倫理審査会の常勤の会長、、、の一部がある。 においては、各議院の・、が、裁判所においては、がこれらに相当する。 副大臣一覧(計25人) [編集 ]• (2人)• (3人)• (2人)• (1人)• (2人)• (2人)• (2人)• (2人)• (2人)• (2人)• (2人)• (2人)• (1人) 現内閣での副大臣 [編集 ] を参照。 脚注 [編集 ].

次の