年金 手帳 名義 変更。 年金手帳の名義・住所変更:必要書類と手続き方法|婚姻届ガイド

結婚したときの年金(氏名・住所)変更手続き!年金手帳の変更も必要?

年金 手帳 名義 変更

名前が変わるタイミングは自分が結婚する場合が最も多いですが、結婚してから離婚し、姓が元に戻る場合も変更になります。 また、自分以外でも親と同一の戸籍であれば、親が離婚した場合や再婚した場合にも変わります。 国民年金に加入している方の氏名変更ですが、基本的には手続きが必要ありません。 それは、婚姻届けを提出することによって自動更新されるからです。 これは年金事務所が個人の年金の情報を年金番号で管理しており、戸籍や住民票の情報と連動しているからです。 年金手帳には氏名変更欄がありますので、こちらに自分で記入します。 書き方は変更後の氏名と変更した日付を書く項目があるので、こちらを記載すれば完了です。 このように結婚した場合は自動で更新されているため、自分で変更する書き方で大丈夫です。 厚生年金の場合は結婚して自分の姓が変わると自分で手続きをするのではなく、勤務先の担当者が対応します。 この場合の必要書類も被保険者氏名変更届と年金手帳になります。 年金手帳は会社で保管している場合もあるので、その担当者に書き方なども相談すると良いでしょう。 結婚以外で姓が変わった場合に関しては、自分が住んでいる地域の国民年金事務所に「被保険者氏名変更届」という必要書類を提出しなければなりません。 このときの他の必要書類は年金手帳のみとなります。

次の

氏名が変わったとき|日本年金機構

年金 手帳 名義 変更

年金手帳の氏名変更について 会社員、厚生年金加入者です。 年金手帳を久々にみてみると、名字が旧姓でした。 会社や市町村には届け出ていたので、すっかり新しいものが届いてると思い込んでいたのですが、 この場合、どこに行けばいいゆでしょう? 市役所? 年金事務所?? 一緒に保管していた雇用保険被保険者証は一社目で旧姓と新しいので二枚発行されています 補足皆様ご丁寧にありがとうございます。 どなたにするか迷いましたが、自分的に分かりやすかった方にさせていただきました。 変更事由は両親の離婚でした(1社目勤続中) 会社に理由を話して必要書類は提出し、その際に年金手帳も提出したのですが新姓は追記されていませんでした・・・ 公的な郵送物は変更後の姓できているので不備は無いと思います。 新しい年金手帳は会社を通さなくても発行されるのですね、ありがとうございました! 会社に氏名変更を提出しても変更後の氏名で年金手帳は作成されません。 年金手帳の下のほうに変更後の氏名を記入するらんがあります。 そこに変更後の氏名を本人が記入するだけでおしまいです。 年金は基礎年金番号で管理されているため氏名が変更になっても年金手帳は本人からの再交付申請がないかぎり、そのまま利用することになります。 旧姓の氏名が年金手帳に記載されているのが嫌な場合は年金手帳の再交付申請をすると新姓名が記載さます。 (氏名変更のとき同時に上記の届書を提出していれば変更後の手帳が交付されました) なお、会社を通したくないときは、会社を管轄する年金事務所の窓口でも手続きすることができます。 3 事業主は、第一項の規定によって年金手帳に変更後の氏名を記載したときは、速やかに、これを被保険者に返却しなければならないとあります。 「返却」ですから古い年金手帳に変更後の氏名を記載して返すという意味です。 変更後は氏名記載をするだけで年金手帳までは再交付されないのです。 会社員の方(年金第3号ではない)と解釈して回答します。 厚生年金加入者なら、会社経由で「氏名変更届」 を出して、変えてもらいます。 すでに出ていたら、そのままでも問題はありません。 健康保険証の氏名は、新姓ですか? 被保険者で、新姓になっていれば、 厚生年金のデータベースも、新姓に変わっていると思います。 ねんきん定期便でも確認してください。 (届いていますね?) <参考> 「氏名を変更した場合、速やかに年金手帳を添えて変更後の 氏名を事業主に申し出ます」(年金機構、下記) 「申出を受けた事業主は、変更後の氏名を年金手帳に記載するとともに、 「被保険者氏名変更届」を日本年金機構へ提出します。 変更後の氏名 が記載された年金手帳は、事業主から返却されます。 自作自演か。 ・・・誰かが間違った回答をしたと思わせる意図的な書き方。 「変更後の氏名を本人が記入するだけでおしまいです。 実際には、このあと、本人が事業主に提出し、事業主は内容確認し、 押印し、年金事務所に提出します。 その後、返却されます。

次の

年金手帳の氏名変更・住所変更!結婚や離婚で氏名が変わったり引っ越しで住所が変わったらどうする?

年金 手帳 名義 変更

名前が変わるタイミングは自分が結婚する場合が最も多いですが、結婚してから離婚し、姓が元に戻る場合も変更になります。 また、自分以外でも親と同一の戸籍であれば、親が離婚した場合や再婚した場合にも変わります。 国民年金に加入している方の氏名変更ですが、基本的には手続きが必要ありません。 それは、婚姻届けを提出することによって自動更新されるからです。 これは年金事務所が個人の年金の情報を年金番号で管理しており、戸籍や住民票の情報と連動しているからです。 年金手帳には氏名変更欄がありますので、こちらに自分で記入します。 書き方は変更後の氏名と変更した日付を書く項目があるので、こちらを記載すれば完了です。 このように結婚した場合は自動で更新されているため、自分で変更する書き方で大丈夫です。 厚生年金の場合は結婚して自分の姓が変わると自分で手続きをするのではなく、勤務先の担当者が対応します。 この場合の必要書類も被保険者氏名変更届と年金手帳になります。 年金手帳は会社で保管している場合もあるので、その担当者に書き方なども相談すると良いでしょう。 結婚以外で姓が変わった場合に関しては、自分が住んでいる地域の国民年金事務所に「被保険者氏名変更届」という必要書類を提出しなければなりません。 このときの他の必要書類は年金手帳のみとなります。

次の