調布 市 少年 野球 連盟。 調布サンライズ《東京都調布市の子ども野球スクール》

感染症予防について

調布 市 少年 野球 連盟

年頭のご挨拶 令和2年1月1日 調布市剣道連盟 会長 長田 克巳 あけましておめでとうございます。 今年も昨年同様、調布市剣道連盟の諸事業にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。 令和2年がスタートしました。 昨年は年号が平成から令和に変わりいろいろと変化の多い年でありました。 その中でも、2019ラグビーワールドカップが開かれ日本選手の戦いぶりに日本中の方々が大いに盛り上がったことは記憶に新しいところです。 調布駅前もファンゾーンにたくさんの方が集まり大変なにぎわいでした。 そして今年、いよいよ2020東京オリンピック・パラリンピックを迎えます。 昨年以上の感動が日本中をかけめぐることでしょう。 調布の街にもたくさんの外国人の方が来られます。 「おもてなしの心」を忘れないようにしたいものです。 さて、バスケットボールの八村塁選手はNBAで活躍していますが、彼は最初は野球選手のイチローにあこがれていたようです。 しかし、中学校に入り仲間からバスケットボールを勧められました。 そして、「中学時代のコーチは最初の練習で目の前でこう言いました。 『お前はNBAに行くんだ』。 八村選手は彼の言葉を信じました。 そして、野球少年は高校卒業後に海を渡り、米カレッジ界のスターとなったわけです。 この一言が現在の彼を作ったといっても過言ではありません。 子供は指導者の一言がきっかけとなり大きく成長するものだと改めて感じました。 私たちも指導者として、子供たちにかける一言を大切にしていきましょう。 2月には昇級審査があります。 それぞれの団体の指導者の皆様、何卒明日の子供たちのためにご指導をよろしくお願いいたします。

次の

調布基地跡地運動広場

調布 市 少年 野球 連盟

みなさん、こんにちは。 TOHOパイレーツ会長の金内義喜です。 TOHOパイレーツは調布市少年野球連盟に加盟致し活動する学童軟式野球 チームです。 学童軟式野球を通じて子供たちの体力はもとより団体活動による社会のルール、 マナー等を学び、人間形成の一助を担う活動と同時に社会福祉事業の 赤い羽根共同募金活動、多摩川クリーン作戦参加等、福祉活動に積極的に参加 する意識向上を計る事こそ学童野球の姿であると肝に銘じ活動致しています。 この学童野球での経験、体験こそが子供たちの成長にとって決して消える事 のない最高の思い出に成ると信じておりますのでTOHOパイレーツを何卒宜しく お願い申し上げます。 調布市少年野球連盟 副理事長 TOHOパイレーツ 会長 金内 義喜 代表挨拶 みなさん、こんにちは。 TOHOパイレーツ代表の蓮沼良尚です。 1996年の創設以来、一貫して『最高の思い出』が出来る環境を目指し、学童野球 を通じて日々実践しております。 その理念に基づき、野球やスポーツが大好きなまま、子供たちに卒団してもらう ことを第一に考えています。 『怪我をしないこと』 無理な練習や試合はしないこと、怪我をしにくいフォームが身につく様に指導すること、ケアの大事さを指導すること 2. 『健康や安全を第一とすること』 健康や安全が確保されない状況では、絶対に活動をしないこと 3. 『勉強やご家庭の用事、お仕事を優先すること』 学校あっての活動、ご家庭あっての活動であることを深く理解し優先することを大事に活動しています。 小学校時代に行う野球だからこその全員野球を大事に、一人一人の選手にとって、 かけがえのない経験が出来るように努めており、チームワークを学んだり、努力が報 われること、助け合うことなどを体を動かす中で子供たちに自然に伝わっていくよう 取り組んでおります。 小学校最終学年の6年生クラスの大会になると、野球らしいプレーに溢れたスピード 感のある白熱した試合になり、子供も大人も夢中になってプレーや応援をするような 盛り上がりがあります。 是非一度、グランドにお越しになり、雰囲気を感じて頂けますと嬉しく思います。 今後ともTOHOパイレーツを何卒宜しく お願い申し上げます。 TOHOパイレーツ 代表 蓮沼 良尚.

次の

TOHO パイレーツ 会長・代表挨拶

調布 市 少年 野球 連盟

みなさん、こんにちは。 TOHOパイレーツ会長の金内義喜です。 TOHOパイレーツは調布市少年野球連盟に加盟致し活動する学童軟式野球 チームです。 学童軟式野球を通じて子供たちの体力はもとより団体活動による社会のルール、 マナー等を学び、人間形成の一助を担う活動と同時に社会福祉事業の 赤い羽根共同募金活動、多摩川クリーン作戦参加等、福祉活動に積極的に参加 する意識向上を計る事こそ学童野球の姿であると肝に銘じ活動致しています。 この学童野球での経験、体験こそが子供たちの成長にとって決して消える事 のない最高の思い出に成ると信じておりますのでTOHOパイレーツを何卒宜しく お願い申し上げます。 調布市少年野球連盟 副理事長 TOHOパイレーツ 会長 金内 義喜 代表挨拶 みなさん、こんにちは。 TOHOパイレーツ代表の蓮沼良尚です。 1996年の創設以来、一貫して『最高の思い出』が出来る環境を目指し、学童野球 を通じて日々実践しております。 その理念に基づき、野球やスポーツが大好きなまま、子供たちに卒団してもらう ことを第一に考えています。 『怪我をしないこと』 無理な練習や試合はしないこと、怪我をしにくいフォームが身につく様に指導すること、ケアの大事さを指導すること 2. 『健康や安全を第一とすること』 健康や安全が確保されない状況では、絶対に活動をしないこと 3. 『勉強やご家庭の用事、お仕事を優先すること』 学校あっての活動、ご家庭あっての活動であることを深く理解し優先することを大事に活動しています。 小学校時代に行う野球だからこその全員野球を大事に、一人一人の選手にとって、 かけがえのない経験が出来るように努めており、チームワークを学んだり、努力が報 われること、助け合うことなどを体を動かす中で子供たちに自然に伝わっていくよう 取り組んでおります。 小学校最終学年の6年生クラスの大会になると、野球らしいプレーに溢れたスピード 感のある白熱した試合になり、子供も大人も夢中になってプレーや応援をするような 盛り上がりがあります。 是非一度、グランドにお越しになり、雰囲気を感じて頂けますと嬉しく思います。 今後ともTOHOパイレーツを何卒宜しく お願い申し上げます。 TOHOパイレーツ 代表 蓮沼 良尚.

次の