な う しろ。 宇佐崎しろ

宇佐崎しろ

な う しろ

(C)まいじつ 撮影会モデル・コスプレーヤーとして活動する瀬山しろが、6月24日に発売を控えたファーストDVD『初恋』の画像を続々と解禁している。 透明感のあるルックスや抜群のプロポーション、ファン思いの性格から、コスプレイベントや撮影会で大人気の瀬山。 かねてグラビア進出が熱望されており、4月27日には全世界待望のDVDリリースが発表された。 5月13日にはジャケット画像が公開されたのだが、何とそこにはハイレグや下乳全開の水着姿が。 普段は露出の多い服すら着ない瀬山が1作目から飛ばしまくり、『Amazon』の予約ランキングでは1位を獲得するスタートダッシュを切ることとなった。 6月に入ると、瀬山はDVDの宣材画像を続々と公開。 9日には豊満なバストとヒップが収まり切れていないようなキワキワのビキニ画像を投稿し、1000件以上の〝いいね〟を獲得している。 下着風のデザインは満ちあふれた色気を放出し、1作目とは思えないセクシーオーラが全開。 その2日後には店舗特典のオフショットチェキを公開したのだが、ここにもセクシー水着の数々が収められている。 発売日が待ち遠し過ぎてしばらく何も手につかん》 など、発売を待ち遠しくする声が殺到中だ。 「6月16日現在、瀬山は『Amazon』のアイドルDVDカテゴリで『新着ランキング』『予約ランキング』『ほしい物ランキング』の3冠を達成中。 デビュー作でこれだけの人気があるのは異例で、その期待値の高さがうかがえます。 以前からグラビア進出は熱望されていましたが、ここまでの結果をいきなりたたき出す逸材はめったにいませんよ。 新人ですが、某グラビア誌が格付けしているグラドル番付には確実に入ってくるでしょう」(アイドル雑誌ライター) まもなく公開されることが予想されるサンプル動画でも、また大きな反響を起こしそうだ。

次の

マンボウやしろ

な う しろ

横浜指路教会 www. yokohamashiloh. jp 今月(2020年6月)の聖句 一同の集まっていた場所が揺れ動き、 皆、聖霊に満たされて (使徒言行録第4章31節) 礼拝再開のお知らせ 2020年6月14日更新 6月21日(日)より、毎週日曜日の主日礼拝を再開します。 密集を避けるために、午前9時、11時、午後2時の三回、同じ内容で、簡略化された礼拝を行います。 礼拝開始15分前から入場できます。 礼拝時間は45分ほどです。 どれか一回の礼拝にご参加ください。 なお、夕礼拝はまだ休止中です。 教会学校も再開の予定は立っていません。 6月21日礼拝説教 「光を信じなさい」 6月14日礼拝説教 「一粒の麦」 6月7日礼拝説教 「恐れるな」 5月31日礼拝説教 「主の霊が注がれる」 [牧師:藤掛 順一] fujikake yokohamashiloh. jp [伝道師:川嶋 章弘] kawashima yokohamashiloh. jp 日本キリスト教団横浜指路教会は、統一協会(統一原理)、エホバの証人(ものみの塔)、末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)とは一切関係がありません。 正統的なキリスト教信仰にたつ教会の一つです。 その中でも、東方教会(ギリシア正教やロシア正教など)に対して、西方教会に所属します。 さらにその西方教会のうち、ローマカトリック教会から、16世紀に分かれた福音主義(プロテスタント)教会で、改革派・長老教会の伝統にたっており、日本キリスト教団の中ではに加盟しています。 このホームページに引用される聖書は、『聖書 新共同訳』であり、その著作権は以下に帰属します。 c 共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of TheCommon Bible Translation, c 財団法人 日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988 Copyright c Yokohama Shiloh Church 2001-2020.

次の

マンボウやしろ

な う しろ

元AKB48メンバーで、実業家でもあるタレントの川崎希さんが10月8日、公式ブログで、ネット上での嫌がらせに対して、発信者情報開示請求をおこなったことを公表した。 ブログによると、3年くらい前から、レストランなど行った場所ほぼすべてに、無銭飲食や窃盗をしていたなどの連絡を入れられたり、妊娠を発表してから「嘘つくな」「流産しろ」などのメッセージが毎日届いていたという。 さらに、匿名の掲示板で「みんなで自宅に着払いで荷物を送ろう」「海外にいる間は放火するチャンス」などと投稿されたこともあるそうだ。 その後、所属事務所に相談して、発信者情報開示請求をすることになったという。 弁護士に依頼してから、5カ月ほどかけて、投稿していた人たちを特定することができたようだ。 川崎さんは今後、その人たちに対して、民事・刑事の両面で、法的措置をとっていくことを明らかにしている。 今回、話題になった発信者情報開示請求とは、どのような手続きなのか。 今後、どのような展開が考えられるのか。 ITの法律問題にくわしいに聞いた。 一般的な手続きのフローとしては、次のような2段階の請求が必要になります。 (1)書込まれた掲示板に対するIPアドレスなどの開示請求 (2)IPアドレスから判明するプロバイダ(OCN、ドコモなど)に対する契約者の氏名住所などの開示請求 掲示板やSNSなど、サイトに書込みをする際に、基本的には、氏名や住所などの個人情報は入力しないので、サイト運営側も、誰が書いているのかを知ることができません。 そこで、サイトに接続した際のIPアドレスなどの情報を、まず開示してもらうのです。 そして、IPアドレスは、各プロバイダが付与しているものなので、IPアドレスを調べれば、その投稿をした人が、どのプロバイダを使用したのかわかります。 そこで、次に、プロバイダに対して、そのIPアドレスをある時間(=接続した時間)に使用した契約者が誰かという開示請求をすることになります。 ただし、開示請求がされると、プロバイダは契約者に開示に同意するかどうかの意見照会をおこなうのですが、そこで同意がされれば例外的にすぐに開示をしてくれます。 なお、最終的に開示されるのは、プロバイダ契約者の情報で、かならずしも書き込みをした本人の情報ではないことがある、という点はやや注意が必要です。 たとえば、家族が契約する回線から書き込んでいるというケースがあるためです。 今後の請求としては、大きく分けて、民事での請求と、刑事処分を求めることの2つが考えられます。 民事とは、簡単にいえば、お金の問題であり、損害賠償請求をするというものです。 請求は、裁判を使わない方法と使う方法がありますが、この点は請求者の選択次第です。 最終的に認められる賠償額は、その内容や執拗さなどによってもケースバイケースですが、慰謝料としては、最大で100万円程度のことが多いという印象です。 ただし、これに加えて調査にかかった費用の賠償も、かならずしも全額というわけではありませんが、認めてもらえます。 刑事処分については、書き込まれていた内容によっては、名誉毀損罪や脅迫罪などにあたりうるので、刑事告訴や被害届を出すことで、警察が捜査をすすめていく可能性は十分あると思います。 こちらは検察官が起訴・不起訴の判断して、場合によって、最終的に有罪判決を受けるという例もあるのではないかと思います。

次の