モビル スーツ アンサンブル 13。 MOBILE SUIT ENSEMBLE 13弾 ゼク・アイン レビュー

【レビュー】モビルスーツアンサンブル03 ヘイズル改

モビル スーツ アンサンブル 13

そんな詰め込みまくりのPART13。 次のEXは何が出るんでしょうね、もう(笑 〇S から堂々参戦。 待ってました!という方も多かったのでは?個人的にはSのような複雑で重量級のMSも出せるようになったかぁと感心。 完成度も非常に高いです。 これで500円なら安いかもしれませんね(原価は知らんけど)。 Sが出たので次のEXシリーズは順当ににEx-sでしょうかねぇ。 〇(モード) 突然のさんです。 PART13はセンチネル勢で占められているので、なんというか ものすごく浮いています。 何で?とかネロとかおるやろ!というツッコミが後を絶たないと思うのですが、出来はいいんですよね、まぁ。 ただ違う場所に来ちゃったというだけで。 大人の事情で変な立ち位置になったかわいそうなやつなんです。 かわいがってあげてください。 〇ゼク・アイン 最終的にはゲテモノに成長するの汎用MS。 進化前なのでまだかわいげがありますね。 建前上が開発した機体なんですが、モノアイなどジオンの技術が流用されてるんですよね(でいうみたいなもん)。 武器セットと組み合わせることで第一から第三兵装までを再現可能。 やりようによってはゼク・ツヴァイを超えるゲテモノを作り出せるかも……MSEの醍醐味を教えてくれる機体ですね。 ・第二兵装 ・第三兵装 〇S用ブースター ただのブースターなので、扱いとしては武器セットみたいなもんです。 実際にSと組み合わせると こんな感じに。 なんかうまいことすればもどきが作れそうですね。 PART13はを中心としたボリューム満点のラインナップだったわけですが、いつもこれぐらいのボリュームであればに1カプセル500円は安く感じますね。 Sの登場でレギュラーシリーズでも重量級MSが出るという期待が持てたのも大きいと思います。

次の

機動戦士ガンダム モビルスーツ アンサンブル 13 全5種+ディスプレイ台紙セット バンダイ ガチャポン ガチャガチャ ガシャポン :g20020bs02t:遊you

モビル スーツ アンサンブル 13

どうも、デジサンです! フルセットで買ったガシャポン戦士フォルテを開け切る前に、これが届いてしまった! モビルスーツアンサンブル第3弾!! 今回も楽天でフルセット購入していたので、ダブりや漏らしなく一発で全種入手です! まあ、ガチャる楽しさはないんですけどね! 第3弾のラインナップは、 <1>ヘイズル改 <2>フルドド <3>Zガンダム <4>アッガイ <5>MS武器セット となっています。 今回は、第3弾の顔になっているこちら。 GUNDAM TR-1 [HAZEL CUSTOM] ガンダムTR-1[ヘイズル改] を紹介します! この機体は、名前や見た目は知っていましたが、登場作品や設定・ストーリーはまったく知りません。 カプセルは黄色で、パーツ数はこんな感じ。 で、組んで正面から! ふおー、カッコイイ! ゴツっとした機体デザイン、白と黒のシンプルなカラーリング。 ・・・好きだ! 白の多い機体なので、シャーペンで軽く墨入れしています。 後ろから。 バックパックが独特な形状をしているんですね。 あ、ちなみにこのバックパックは軟質ではなく硬質素材でできていました。 横から。 ヘイズルはゴッツイ足が目立つMSですよね。 アンサンブルでもしっかりとその特徴が出ています。 斜め下から見上げる。 モールドが結構細かく入っているので、墨入れすると情報量が増えていい感じです。 斜め上から見下ろす。 見た目はほんとにちょっとしたプラモデルみたいな出来ですよ。 お顔アップ。 目はクリアグリーンで綺麗に光ります。 第1弾の時にあった口のへの字のずれはないです。 塗装も細かく、文句ないですね! ちょっと気合ポーズで。 なんとなくこの機体は、顔が全部見えているよりもちょっと俯いて目が隠れてるくらいがカッコイイ気がする。 頭頂部もグリーンのラインが塗装されています。 可動はいつもの、首・肩・ヒジ・手首・腰・股関節・ヒザ・足首。 これがアンサンブルの凄さですね。 可動箇所に関してはコンバージを大きく引き離しています。 肩はシンプルな形状なので、あまり干渉せずにここまで上げられます。 顔は、上を向こうとすると後頭部がバックパックにぶつかるので、これ以上上を向けません。 そこは残念。 同弾の武器セットの手を付ければ、武器なしでもポーズに箔が付きます。 いやー、アンサンブルほんとすごい。 武装は、こちらの・・・ ん、なんだろうこれ。 ビームライフルでいいんでしょうか? 銃身が短めの、小ぶりなサイズになってます。 撃つ! ビームライフルの先端下部にエネルギーパックが付いていますが、予備のパックが2個付属しています。 細かい! ビームライフルの予備エネルギーパックが付属しているガチャフィギュアとか、史上初なんじゃないの!? そしてこの予備エネルギーパック、腰に装備できます。 細かい! しかしこの腰横パックはポロッポロ取れてちょっとしたストレスになります。 ちなみにビームライフルに付いているエネルギーパックは取り外しできません。 そして左腕にはシールド! あーもう、こういうデザインのシールド大好きです! ジムカスタムのシールドに形状が似てますね。 黒い部分には「TR」の文字が粋な書体でプリントされています。 イイネ! というわけで、カプセル1個でのヘイズル改のフル装備はこちら。 非常に良いです。 惚れました、ヘイズル改。 あ、細かいですが左手の穴なし握り拳はこのカプセルには入ってないです。 反対斜め。 たまりません。 付属のスタンドで浮かせて。 浮かせられるのはいいですが、やっぱりこのスタンドはあまり好きじゃないです。 というわけで針金スタンドで浮かせてブンドドります。 この写真がキレイに撮れたのもありますが、500円のガチャフィギュアと思えません。 SEED撃ち風! 重奏・重装がコンセプトのアンサンブルですが、もうホントこれ単体で完結してるし、ゴチャゴチャ付けなくても十分カッコイイし楽しめます。 バックパックに手を伸ばし・・・ ビームサーベル! これはMS武器セットに付属のもので、ヘイズル改には付いていません。 やっぱりビームサーベルはカッコイイ! ビーム刃だけ赤く塗りましたが、グリップの白は面倒で塗ってません。 ちょっと近づいて。 大きく振りかぶって・・・ 斬! ガチャフィギュアなのにこんなに動くしポーズも決まる! 地上で決め。 剣ありのフル装備で。 さすがアンサンブル!今回も感動させてくれます! というわけで以上、モビルスールアンサンブル第3弾より、「ヘイズル改」単体の紹介でした。 フルドドとの合体で実現するヘイズル・ラーが今弾の肝だと思いますが、ヘイズル改単体でも感動的にカッコよく、アンサンブルの出来の良さを存分に発揮していますね。 モビルスールアンサンブル第3弾のフルセットはこちら。 レビューお疲れ様です。 今日帰りに回してきました。 Zが欲しかったのですが、3回回してフルドド、ヘイズル改、アッガイでした。 ヘイズル改は電撃ホビーマガジンに連載されたアドバンスオブZに出てきた機体ですが、あまり興味がわかなかったので本は買ってたんですが読んでませんでした。 なので機体の絵を見ていたくらいです。 Z、アッガイは数が少ないみたいで、セットの値段が上がっているみたいです。 Zはカッコいいのですが、シールドやフライングアーマーにオプションパーツを接続する穴が開いているのが気になります。 アッガイは手に入ったので組みましたが、お座りが出来て可愛いです(^^).

次の

「機動戦士ガンダム モビルスーツアンサンブル13」ボックス版 予約開始 | fig速

モビル スーツ アンサンブル 13

どうも、デジサンです! 届きました! モビルスーツアンサンブル第05弾! 今回もネットでフルセット予約してましたよ。 第5弾のラインナップは、 ・00クアンタ ・V2ガンダム ・ゲドラフ ・アインラッド ・MS武器セット ですね。 今回はリーフレットの顔にもなっている、こちらを紹介です! GNT-0000 00 QAN[T] 「ダブルオークアンタ」です! カプセルは緑で、内容物はこんな感じ。 クリアパーツがふんだんに使われているのが分かります。 それじゃさっそく、エンピツで軽く墨入れして、組み上げて正面から! おおお!カッケーです! 主役級の機体はいつもそうですが、パーツ分割や塗装による細かな色分けとか、これがガシャポンフィギュアとは思えないクオリティーですよ。 両手は、過去弾の穴なし握りこぶしをつけています。 今弾の武器セットには手が入ってないんですね。 左から。 左肩のGNシールドが目立ちます。 クリアパーツのクリア感がキレイです。 後ろから。 バックパック自体はこぶりでシンプル。 中央に3mm穴があります。 右から。 こっちから見ると顔が見えます。 斜め下から見上げる。 この美しさに軽く感動しますね。 目の奥にメカ演出がされているように見えますが、偶然なのか仕様なのか分かりません。 斜め上から見下ろす。 顔アップ! イケメン! 顔だけでもかなりのパーツ数を使っており、なんと7パーツ構成です。 胸の丸いクリアパーツも綺麗です。 耳?にもクリアパーツが使用されています。 はめ込むのがちょっと難しかったです。 足にもクリアパーツ! これもかなり細かく、はめ込みが大変なので、紛失にご注意ください。 僕は何度か手元から落としました… 可動はいつも通りの、首、肩、ヒジ、手首、腰、足、ヒザ、足首。 さらにクアンタの特徴として、左肩のGNシールドのアームが3か所可動します。 GNシールドのアームは動かせるので、ダブルオーの時のような「肩が上がらない」問題はなくなっています。 それでは武装紹介! 上でもさんざん写ってますが、まずは左肩のGNシールド。 すべて硬質パーツでできています。 クリアパーツが本当に美しいですね。 シールドは、バックパックから延びるアームで接続します。 アームは、バックパックから上下に動く一個、そこから丸軸で回転する一個、そこに丸軸でシールドをつなげます。 柔軟に動けそうでいて、意外と思うようには動かせない、という印象。 でもまあ動かないより全然いいですね。 シールドは以下の5パーツ構成です。 クリアパーツには青の塗装もされていますが、片面だけです。 大きい方のクリアパーツの丸軸の位置が違うのなんでーと思いましたが、後で分かりました。 お次はこちらのGNソード! こちらもクリアグリーンが美しい! グリップとブレードの2パーツ構成になっています。 腕に対して垂直ではなく、ちょっと斜めになるようになってます。 スチャッ 1カプセル分のフル装備で正面から。 いやー、たまりません! ダブルオーライザーのようなゴテゴテしさはないですが、スマートシンプルに洗練されたカッコよさがあります。 武器セットのほうになりますが、GNソードのライフルモード用のパーツがあります。 これによって射撃武器に変形! さらに、武器セットにはこんなパーツも入っていまして・・・ これにGNシールドのソードビットをつけることで・・・ 巨大武器の「バスターソード」モードにできちゃいます! すげーぜ! 大きい方のソードビットの丸軸の位置が違うのは、このバスターソードの時にぶつからないようにするためだったんですね。 バスターソードがすごい存在感を放ちます。 GNソードは腰にマウントできるので、居合い抜きっぽくできます。 が、かなり邪魔なので、ここに装備させることはないでしょうね。 じゃあちょっとブンドドしていきます! 飛びかかり! GNソード振りかぶり! ズバー! 足をここまで広げられるのはいいんですが、ヒザが意外とあまり曲がらないので、ポージングの際にちょっと残念に感じます。 クアンタっぽいポーズをとろうとしても、ヒザが曲がらくて微妙! バスターソード! 俺が、ガンダムだ! ライフル用グリップにバスターソードをつけて、ソードビットをちょっと広げることで、若干苦しいですがバスターライフルモードっぽくもできます。 GNシールドのアームは3㎜軸なので、アンサンブルっぽくパーツ交換ができます。 僕はあまりやりませんが、拡張遊びの幅が増えますね! 以上、モビルスーツアンサンブル第5弾から、「00クアンタ」の紹介でした! 脅威のクリアパーツ数で、今回もさすがのアンサンブルクオリティです! バスターソードにするには武器セットが必要なので、クアンタを引けた人はぜひ武器セットも頑張ってみてください。 楽天では5種フルセットで1950円がありましたよ。 僕は2400円で予約したのに!ずるい!(笑 次回はV2を紹介してみます。 まだ明けてないので、これも楽しみです。

次の