ご連絡お待ち申し上げております。。 お待ち申し上げます。は日本語の使い方として正しいですか?

「ご連絡お待ちしております」の意味と使い方|ビジネスメールの敬語

ご連絡お待ち申し上げております。

相手に対して返事の催促などをする場合には最もスタンダードな表現と言われる「ご連絡お待ちしております」という使い方が無難であると言われています。 日常的にやりとりをする相手や、同じくらいの年齢の相手などには「またのご連絡お待ちしております」などの表現を使っておけば失礼のない話し方と考えて良いと言われています。 しかし相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった際は別の話です。 相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった場合には、相手に対して通常よりも大きな敬意を表す必要があります。 そのため「ご連絡お待ちしております」という表現では丁寧さに欠けると受け取られてしまったり、反省の色が見えないと受け取られてしまったりする恐れがあると言われています。 相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった場合には、最上級の敬意を表さなければ相手に失礼な印象を与えてしまうおそれがあります。 ビジネスは相手との人間関係が非常に重要ですので、相手に「失礼な人」と思われてしまうと、なかなか協力をしてくれなかったり気軽に連絡や相談ができなかったりと、円滑に仕事が進まなくなる恐れがあると言われています。 そのため相手がかなり目上の人であったり、こちら側に何らかのミスなどがあった場合には、最も丁寧な表現と言われる「ご連絡お待ち申し上げております」という表現を使ったメールが良いと言われています。 さらに「またのご連絡をお待ち申し上げております」などというと柔らかい印象を与えられると言われています。 「ご連絡いただければ幸いです」という表現には、ご連絡いただけるとありがたいです・嬉しいですといった意味合いが込められると言われています。 「ご連絡いただければ幸いです」という表現は、「いただく」という謙譲語表現が用いられており、さらに「ありがたいです」といった意味合いになる「幸いです」という丁重な言い回しが使われています。 このように「ご連絡いただければ幸いです」という表現は相手に対する丁重な姿勢を表す言い回しであることがわかります。 そのため聞き手に柔らかい印象を与えることから相手の好感度を上げたり親密な関係になるための距離を縮めるといった効果が得やすいと言われています。 ちなみに「ご連絡いただければ幸いです」という表現については以下の記事で詳しくお伝えしているのでぜひ合わせてご覧ください。 「お返事お待ちしております」という表現は「お返事を待っています」という意味合いになります。 「お待ちしております」という表現は待つという言葉の丁寧語表現に当たります。 「お返事お待ちしております」という表現は相手から「次回の会議について、詳細が決まりましたら改めてご連絡を差し上げます」などと言われた際の返事として重宝されると言われています。 「また連絡を差し上げます」と言われた時に「はい、お願いします」と返事するだけでは物足りないという場合があります。 こういった場合に「お返事お待ちしております」と返事ができると、よりしっかりとした受け答えのできる人物であると思われやすいと言われています。 こういった印象の積み重ねが信頼につながると言われていることから言葉遣いに気を付ける人は少なくないと言われています。 「お電話お待ちしております」という表現は「お電話を待っています」という意味合いになります。 お電話と表現していることから、いつものやりとりが電話である人に使われることが多い表現であると言われています。 いつも電話でのやりとりをするということが暗にわかっているという状況は、相手との人間関係が全く白紙の状態ではなく、ある程度の関係が構築できているケースが多いと言われています。 そういった相手に対して丁寧すぎる敬語表現を使ってしまうと相手から距離を置かれているのではないかと思われるおそれがあります。 ビジネスにおいて良好な人間関係を築くことは非常に大切ですので、その人との距離感を把握することは重要です。 ある程度親密であるというニュアンスを出したい場合は「お電話お待ちしております」という表現が使えると言われています。 ちなみにいつもメールでやりとりする場合はメールお待ちしておりますも使える表現です。 」です。 「look forward to ~」という表現には「楽しみに~を待っています」という意味があります。 そのため「look forward to hearing from you. 」という言い方は「お返事をお待ちしております」という表現の定型文になっていると言われています。 お返事お待ちしておりますという表現では相手のメールをゆっくりと待つ時間的余裕があるケースが多いですが、相手からの連絡を早めにいただかなければならない場合には積極的に相手に返答を求める必要があります。 そういった際に「ご返答」といった表現が使えるので以下の記事を参考になさってください。 」です。 またのという表現を「again」で表しています。 またのは「次回の」といった意味があることから「again」でまたのを表現しています。 「contact」は、接触する・連絡をとるといった意味合いをもつ英語表現です。 「相手とコンタクトをとっておいてね」など、コンタクトという言葉は日本語としても使われるのでイメージしやすい表現であると言われています。 このように日本語の中に一部の英語が混じる表現はルー語と呼ばれています。 バイリンガルやマルチリンガルの方に多いのですが、片方の言語で適切な表現が思い浮かばない時にルー語になると言われています。 以下のサイトではルー語の原因などについて詳しく書かれていたので参考になさってください。 ご連絡お待ちしておりますというところを「連絡お待ちしております」や「ご連絡待ってます」などと表現してしまうと正しい敬語表現になっておらず相手に不快感を与えてしまうおそれがあると言われているので注意が必要です。 相手と頻繁にやりとりをすることがあったりある程度の人間関係ができている相手だったりすると、多少の敬語の使い間違いは許容されます。 しかしあまり親しくない関係性の人や、目上の人に対して敬語の使い間違いをしてしまうと失礼な人といった印象や正しい言葉遣いができないいい加減な人と思われてしまうかもしれません。 ビジネスにおいて人間関係は非常に重要です。 人間関係の良し悪しが仕事の成否に影響したり、円滑な仕事につながることは少なくありません。 ちなみに相手とやりとりするという時の「やりとり」という意味や使い方についても把握しておくと仕事に役立ちます。 以下のサイトで詳しく紹介されていたので参考になさってください。 敬語表現を間違えることにも注意しなければなりませんが、敬語以外の言葉の構成で間違えている人も少なくありません。 例えば、お待ちいたしておりますという表現をしている方は間違った言葉の構成になっていることに注意しましょう。 「いたしております」という表現は「する」の謙譲語である「いたす」に「いる」という丁重語の「おる」がくっつけた表現となり、言葉の構成が間違っていると言われています。 こういった言葉をしっかり把握している人ほど、周囲の信頼を得やすく出世しやすいと言われていることから地道に身につけていきましょう。 ちなみに出世する時などに相手の話を受け入れる意味を表す謹んでお受けいたしますという言葉について、以下の記事で詳しくお伝えしているのでぜひ合わせてご覧ください。 ご連絡お待ちしておりますの例文を把握してビジネスに活かしましょう ご連絡お待ちしておりますという表現はビジネスシーンにおいて非常に多く使われるフレーズです。 適切な言葉の使い方をすることで相手に安心感を与えることができ、より良い人間関係を構築することができると言われているので、ご連絡お待ちしておりますの例文を把握してビジネスに活かしましょう。 ちなみに現在のビジネス業界では1つの会社で定年まで働く人が減ってきていると言われており、転職する人は珍しくありません。 このように転職を希望する人やこれから社会人になる人が魅力を感じやすい業界がIT業界と言われています。 IT業界は未経験者や転職者を受け入れやすく人材が不足気味という声もあがっています。 以下の記事ではそんなIT業界の魅力や志望動機の書き方などを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 IT業界の仕事内容などの種類もわかる内容になっていますのでお役立てください。 また一流企業の定義や人気ランキングについての記事もお役立ててください。

次の

ご連絡お待ちしておりますって英語でなんて言うの?

ご連絡お待ち申し上げております。

ビジネスシーンで取引先から「お待ちしております」という言葉をかけられることがあります。 さて、この言葉は、敬語として使えるのでしょうか。 こちらから、取引先相手に対して「弊社にてお待ちしております」と伝えても、失礼にあたることはないのでしょうか。 「お待ちしております」は一見「待つ」に「お」がつけられており、敬語としての形態をとっているようにも見えますが、果たして本当に敬語なのか、確認してみましょう。 「待っています」の敬語 結論からいえば「お待ちしております」は「待っています」の敬語です。 「お待ち」の部分が「待つ」という言葉を丁寧な表現にしています。 「おります」は「いる(居る)」の謙譲語です。 謙譲語は「自分が一歩引くことで、相手が目上であることを示す」敬語表現です。 「お待ちしております」は、相手への敬意と丁寧さを込めた言葉であり、上司・取引先・お客様といった立場が上の相手に対して、使用する言葉です。 お待ちしておりますのバリエーション7つ ここでは、「お待ちしております」がビジネスシーンなどで使われる際のバリエーションを紹介します。 どのバリエーションもよく使われている表現なので、耳にすることも多いです。 しかし、使われる頻度と正しい使用法かの判断とが正比例するとは限りません。 周囲の使い方にならって、誤った使い方をしてしまうことはありがちです。 「お待ちしております」のきちんとした使い方を覚えておきましょう。 語尾に変化をつけるバリエーション ここでは、「お待ちしております」の語尾を、相手に合わせた使い方に変化させているバリエーションを紹介します。 いずれも使っている本人は、「敬語」として使っていますが、日本語の文法として正しい敬語になっているとは限りません。 特に、ビジネスシーンで間違った日本語を使っていると、「母国語すら満足に使いこなせない人間」として見られ、ビジネスへ影響を及ぼす危険性があります。 気をつけましょう。 バリエーション1:お待ち申し上げております 「お待ち申し上げております」は、「お待ちしております」をさらに丁寧にした言葉として用いられることも多いです。 「お待ちして」とは、「お待ちする」の「する」を活用した形です。 「お待ちする」を謙譲語にすると「お待ち申す」「お待ち申し上げる」になります。 「おります」も「いる」の謙譲語です。 「お待ち申し上げております」は、「して」「います」双方を謙譲語に変えた、二重の謙譲表現になっているといえます。 バリエーション2:お待ちしております 「待っている」の敬語表現が「お待ちしております」という言葉になります。 「お待ち」は丁寧な表現で、「しております」が「している」の謙譲表現です。 「お待ちしております」とは、丁寧語+謙譲語という作りで、敬語として正しい構成です。 自分が誰かを「待つ」ことを伝える場合に使用するのに最適の敬語といえます。 「お待ちしております」は謙譲表現なので、目下の相手に対して使用する表現とはいえないでしょう。 バリエーション3:お待ちしています 「お待ちしています」の「しています」は丁寧語です。 「お待ち」「しています」は、丁寧語+丁寧語という構成で、全体としても丁寧語の扱いになります。 丁寧語は、基本的に誰に対して使っても問題ないです。 目上の人に対して使っても、逆に親しみが感じられて、お互いの距離を縮める役割りをしてくれるでしょう。 まずは、「お待ちしています」というバリエーションを使いこなして、丁寧語や謙譲語に慣れていきましょう。 前に言葉を付け足すバリエーション 次に、「お待ちしております」をベースにして、前の方に言葉を付け足すことで「待っている」側の心理状態を表現できるバリエーションを紹介します。 ここで紹介するバリエーションは、一種の慣用句ともいえる、よく使われている決まり文句ばかりです。 言葉全体の意味を理解し、場面に応じて使えるようにしておきましょう。 バリエーション4:心よりお待ちしています 「心よりお待ちしています」は、こちらが待ち望んでいる様子を伝えるのに適切な表現と言えます。 「心より」をつけ加えることで「待つ」気持ちがストレートに伝わります。 【例文】 ・〇〇様のご来店を、従業員一同心よりお待ちしています 「心よりお待ちしています」という表現は、ショップからの来店を促す文書などによく見かけることがありますが、親しい間柄の人に合うのを待ちきれずにいるときに使ってみると、案外おしゃれです。 バリエーション5:ご連絡お待ちしております 「ご連絡お待ちしております」は、ビジネスシーンで多用されています。 相手からの連絡を再度促す意味も込めて、メールの末尾に書き添えるのが一般的な使い方です。 また、メール末尾のこの言葉によって、相手に待たれていることがより伝わって、メモをするとかメールをプリントアウトしようとする行動へつながるでしょう。 【例文】 ・それでは、ご連絡をお待ちしております ・〇月〇日までのご連絡をお待ちしております バリエーション6:またのご利用をお待ちしてます 「またのご利用をお待ちしてます」もショップなどの、お客様と直接接する機会の多い業種などで多用されています。 航空機の最終アナウンスにも使われていることがあります。 「お待ちしてます」という言葉の使い方が、聞き手の耳にはちょっと軽い感じに聞こえそうではあります。 【例文】 ・本日はご来店ありがとうございました。 またのご利用をお待ちしてます ・本日はご乗車ありがとうございました。 またのご利用をお待ちしてます バリエーション7:気長にお待ちしております 「気長にお待ちしております」は、「気長に」が期日を切った表現ではないため、ビジネスシーンなどではあまり使われる表現ではないでしょう。 使い方を間違うと、「気長に」が「待たされている感じ」の表現となってしまい、不快に感じてしまう人もいます。 相手に納期などのプレッシャーをかけないという意図で使うのに適しているでしょう。 【例文】 ・気長にお待ちしておりますので、あまり気になさらずご対応ください 言葉の表現力が弱い人におすすめ どうもストレートな物言いしかできなくて、他人との円滑なコミュニケーションが取りにくいと悩んでいる人には、「できる大人のモノの言い方大全」をおすすめします。 相手に対する敬意を払ったり、ストレートに伝えずオブラートに包んだ言い方で伝えたり、など「大人のモノ言い」を覚えておくと便利ですし、人としての風格もアップするでしょう。 今までの経験で養うことができなかった日本語力の補完に役立ちます。 「お待ち申し上げております」は、先に紹介したように、「丁寧語+謙譲語+謙譲語」という構成になっています。 丁寧語の「お待ち」を「申し上げて」が強調する役割を果たしています。 一文の中に2つの謙譲語や尊敬語が使われている場合、「二重敬語」と呼ばれ、本来の敬語表現からすると「誤った敬語」とされますが、一般的にはわりと使われてもいます。 二重敬語に気をつける 二重敬語は基本的に誤った敬語表現として使用は避けるべきでしょう。 しかしながら、「お待ち申し上げております」に関してはビジネスシーンでよく用いられています。 ビジネスシーンで使用される敬語には特殊なルールがあり、取引への思い入れもあって、二重敬語が使われているということでしょう。 ビジネスシーンでは二重敬語自体を許容している、ということではないので、なるべく正しい敬語を使う習慣を身につけましょう。 正しいが丁寧すぎて冷たい印象 「お待ち申し上げております」は、二重敬語という本来は日本語として誤った表現ながら、ビジネスシーンでは許容されています。 つまり、常用されているのでしょうが、だからといって多用するのも考え物です。 「お待ち申し上げております」は二重に謙って相手を待っていることを伝えています。 相手に対して敬意を払う気持ちが強すぎて、他人行儀で冷たい感じになるのは否めませんので、気をつけましょう。 お待ちしておりますを使いこなそう 今の仕事を続けていいのか不安に感じる 「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。 また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!.

次の

「お待ちしております」の意味と使い方

ご連絡お待ち申し上げております。

「ご連絡いたします」は厳密には二重敬語だが、使っても問題なし 「ご連絡いたします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「いたす」=「する」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 本来は誤用になりますが、 「ご連絡いたします」は慣習的に多く使われているため、使用しても問題ではありません。 ただ、相手によっては失礼な印象を与えてしまう恐れがあるので、注意して使用するようにしましょう。 「連絡します」ということを伝えたい場合、厳密には、 ・連絡いたします ・ご連絡します が適切です。 また、 「ご連絡いたします」の「いたします」は補助動詞なのでひらがなで表記するのが望ましいです。 「致す」とする際はそれ自身が動詞になる場合。 「至らせる・引き寄せる・尽くす」という意味で使うときは「致す」にします。 「いたす」とする際は補助動詞になる場合。 「お願いいたします・失礼いたします」などと使うときは「いたす」にします。 接頭語の「ご」「お」は色々な意味になるので注意 「ご連絡」は漢字だと「御連絡」と書きます。 「御」は音読みだと「ゴ」、訓読みだと「お」と読みます。 一般的に、「お」は和語につけて、「ご」は漢語につけるとされています。 「連絡」は音読みなので、「ご連絡」が適切です。 他にも、例えば「名前」であれば「お名前」、「説明」であれば「ご説明」となります。 また、「お返事」「ご返事」と2つの接頭語が対応する場合もあります。 「ご」と「お」は動詞に接続する場合、後に続く文章によって意味合いが異なります。 その他の「ご連絡」を含む表現 「ご連絡させていただきます」は不適切 「ご連絡させていただきます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「させて」=使役の助動詞「させて」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 要するに「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 相手に自分が連絡することに対して許可を得ていない場合は「ご連絡させていただく」は使えません。 もし、相手に許可を得ていたとしても「ご連絡させていただきます」は 二重敬語のため、不適切です。 「ご連絡申しあげます」は正しい敬語 「ご連絡申し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「連絡申し上げます」は、取引先の会社やお客様に対してなど目上の相手へ使い、主にお礼や謝罪をするときに使うことが多い表現です。 「ご連絡申し上げます」の「申し上げる」は、「言う」の謙譲語としては使いません。 「ご〜申し上げる」という形では、「ご説明申し上げます」や「ご報告申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 ですので、「ご連絡申し上げます」は、謙譲表現「ご〜申し上げる」+丁寧語「ます」になり、二重敬語ではないため、目上の人に対して使うことのできる表現になります。 「ご連絡差し上げます」は避けるべし 「ご連絡差し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「差し上げる」=「与える」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「連絡差し上げます」は正しい表現ですが、 「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 例えば、「今日は都合が悪いので、明日にまた連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じてしまいます。 「連絡差し上げます」は、相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。 明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切になります。 「連絡差し上げます」は、相手にとってメリットがある場合にのみ使用するようにしましょう。 「ご連絡」のビジネスメールでの使い方と例文 「ご連絡〜」はビジネスメールで使われる機会が多く、特に目上の人へメールに対して使用するのが適しています。 「ご連絡いたします」「ご連絡申し上げます」は、自分から連絡をするときに使う言い回しです。 ・こちらから追って連絡いたします。 ・いつもお世話になっております。 ・検査の結果が分かり次第ご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。 ・先日の打ち合わせの件でお伺いしたいことがあり、連絡いたしました。 ・不良品の代替については発送日の確認が取れ次第、改めて連絡いたします。 ・その件については一旦確認をしてから、折り返し連絡申し上げます。 ・原因が判明次第、ご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。 ・このような事態になってしまったことについて確認でき次第、ご連絡いたします。 相手に連絡をお願いしたり催促するときに便利な例文集 相手に連絡をお願いしたり、催促する場合は、相手にできるだけ不快感を与えないよう、丁寧な言葉を使うことが重要です。 悪気がなかったとしても、相手は失礼に感じたり、きつい印象を持ってしまうことがあるので、注意してお願いするようにしましょう。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご連絡をお待ちしております。 ・お忙しいところ、恐れ入りますが、今週中にご連絡いただけましたら幸いです。 ・再度ご連絡申し上げておりますが、お返事をいただけておりません。 よろしくお願いいたします。 ・先日、新しいプロジェクトに関するお問い合わせをいただきましたが、その後はいかがでしょうか。 「ご連絡いたします」と「ご報告いたします」の使い分け 「報告」とは、「ある任務を与えられたものが、その遂行の経過・結果について述べること。 また、その内容」を意味しています。 「ご報告」は、上司や先輩など目上の相手に対して使います。 「ご連絡」は今現在も進行している事項を伝えるときに使い、「ご報告」は完了した事項を伝えるときに使います。 「ご連絡」はあくまでも物事の内容を簡単に伝えることを意味していて、「ご報告」は、物事の展開や結果などを伝えることを意味しています。 ・今年度の業績について、ご報告いたします。 ・先日の打ち合わせの内容をご報告いたします。

次の