マイクロ led ディスプレイ。 JDIがマイクロLEDディスプレイを開発、中小型サイズで車載用途など提案

次世代ARグラス用マイクロLED開発に向けimecの技術者がベンチャーを設立

マイクロ led ディスプレイ

10月15日に開幕した技術展示会「CEATEC 2019」より。 京セラは次世代ディスプレイ技術「Micro LEDディスプレイ」の試作機を展示しています。 Micro LEDディスプレイ技術は、簡単に言うと超小型のカラーLEDをそのまま並べてディスプレイに使用するというもの。 有機ELと同様に自発光型(画素そのものが光る)ですが、有機ELディスプレイ以上の高輝度が実現可能。 さらには有機ELと異なり部材の劣化が遅く、長寿命という特徴があります。 国内では京セラ、ソニーやシャープなどが開発に取り組んでいるほか、海外ではサムスンディスプレイや台湾AUOなども技術を発表。 また、あのAppleもMicro LEDの要素技術を特許出願するなど、次世代のディスプレイとして国際的な開発競争が進んでいます。 関連: 京セラのMicro LEDディスプレイは他社と比べて高密度な実装が特徴。 CEATECで展示されていた製品は1. 8インチの小さなものですが、数十マイクロメートルのLEDを20万個近く敷き詰め、約200ppiの高精細を実現しているそうです。 前述のように輝度が高いという特徴があり、最大輝度はおよそ3000カンデラ毎平方メートルで、有機ELの6倍程度とのこと。 駆動速度も240Hzと、ゲーム向けのハイエンド液晶ディスプレイに匹敵するなめらかな表示が可能です。 スマートウォッチなど屋外で使うウェアラブルデバイスにも適していそうですが、小型デバイスでは高精細なディスプレイはすでに多数存在するため、京セラでは小型デバイス製品よりも、中小型のサイネージ用途を本命として製品化を検討を進めています。 それでも200ppi相当と、精細度ではモバイル向け有機ELディスプレイに負けています(展示品は許可を得て撮影しています) このディスプレイの面白い特徴として、"完全なベゼルレス"を実現できることがあります。 液晶や有機ELでは「シール部材」による封入が必要となるため、どうしてもベゼル(表示領域ではない部分)が生じますが、Micro LEDでは4辺無額縁も可能としています。 技術としては4辺無額縁も可能としています 京セラでは10インチ程度までのMicro LEDディスプレイ技術を制作しているとのことですが、このサイズでも多数つなげることで、高輝度な巨大なサイネージも実現できるとしています。 また、たとえば狭い家の玄関でも搬入できるユニット式テレビのようなデバイスも実現する可能性があるとのことです。 現時点では製品化の時期の目処は示されていませんが、京セラでは前述のサイネージ用途のほか、劣化しない高信頼性を強みとして車載向けなどでの製品化の可能性を追求していきたいとしています。

次の

有機ELを超える? 新技術「ミニLEDディスプレイ」を徹底解説【図解】

マイクロ led ディスプレイ

マイクロLEDディスプレイはソニーが先行 マイクロLEDディスプレイとは、小さなLED素子を並べて、それらを一つ一つの画素として画像表示を行うディスプレイのことです。 渋谷の駅前の交差点に面したビルの側面にあるLEDディスプレイ、あるいはスタジアムのLEDディスプレイなどの、LEDをずっと小さくして、高精細にしたものと思っていただければ良いでしょう。 一般的にはマイクロLEDディスプレイの一つの画素を構成する赤・緑・青のLEDは、それぞれ100ミクロン(=0. 1 mm)角以下です(*より詳細な技術的説明はこちらの記事「」をご覧ください)。 マイクロLEDディスプレイを世界に先駆けて開発したのはソニーです。 米国ラスベガスで開催された「2012 International CES」において「Crystal LED Display」として参考展示しました。 翌年以降、ソニーから関連の発表はしばらく無く、水面下で研究開発が続けられ、2016年5月にマイクロLEDディスプレイ技術を使った大型のディスプレイ「CLEDIS」(クレディス)を発表しました。 144個並べれば横9. 7m、縦2. 7mの巨大な8K2Kディスプレイを作ることができます。 2億円と言われています(*正確な価格はソニーにお問い合わせ下さい)。 これが製品化・事業化された世界初のマイクロLEDディスプレイで、業界に衝撃が走りました。 なぜなら、現在のディスプレイは液晶ディスプレイが主流で、最近、有機ELが急成長し、これらを製造するメーカーが業界の主要な地位を占めていますが、マイクロLEDディスプレイの価格が下落し、本格的に普及が始まったら業界構造が大きく変わってしまう可能性があるからです。 マイクロLEDディスプレイでサムスンが追随 業界に大きな衝撃を与えたソニーのマイクロLEDディスプレイ。 現在、ディスプレイ業界トップの韓国サムスンが黙って見ているはずは無く、早速、追随して研究開発を進めました。 すでに406インチ・4Kのシネマスクリーンとして韓国内の映画館に納入されています。 さらに米国ラスベガスで開催された「2018 International CES」において、サムスンは146インチ・4KのマイクロLEDディスプレイを「The Wall」という名称で展示し、同社のマイクロLEDディスプレイへの取り組みをアピールしました。 大型テレビ用には韓国LGが有機EL(OLED)に注力しているのに対し、サムスンは有機ELの大型化を断念したこともあり、将来はマイクロLEDディスプレイに注力していくものと見られています。 日本経済新聞(朝刊、2018年4月14日)によれば、サムスンは2018年後半に88インチ以上の大型マイクロLEDディスプレイを3000万円前後の価格で発売する見込みです。 主に北米や中東の富裕層向けにプロジェクター市場の代替を狙うとのことです。 スポンサードリンク 中国・韓国・台湾ではMini LEDディスプレイの開発が進んでいる マイクロLEDディスプレイは、0. 1 mm角以下の微細な赤・緑・青のLEDを製造し、それを配列させる工程が非常に大変でコストがかかります。 これがマイクロLEDの価格を下げるための課題の一つとなっています。 しかし、冒頭で触れたようなビルの壁面などにあるLEDディスプレイと同じようなLED素子を、その技術の延長上でできる範囲で小さくし、素子の間隔を狭くするだけでも、現状のLEDディスプレイよりも高精細のディスプレイを作ることが可能です。 これをMini LEDディスプレイなどと呼んで、中国・韓国・台湾では開発が進んでいます。 画素の大きさが0. 1 mm角以上なので、マイクロLEDと区別してMini LEDと呼んでいるわけです。 Mini LEDでも121インチ・FHDのディスプレイは680万円程度でできると言われ、広い会場でのサイネージ等の用途には十分な画質があります。 また0. 9 mmピッチでLEDを並べた147インチ・4Kディスプレイも展示されており、着実に技術が進展し、価格も下がっていくと期待されます。 大型のディスプレイはLEDディスプレイが主流になっていくと考えて良いでしょう。 マイクロLEDディスプレイの価格は下がるか? マイクロLEDディスプレイは、製造コストを下げることが最大の課題です。 多くの製品の経験則から言えることですが、まずは製品が発売開始となり、継続して売り続けることができれば、通常は価格が下がっていくものです。 2億円(*報道等による推測価格です。 正確な価格はソニーのお問い合わせください)で 、発売を開始したことは大きいです。 そしてサムスンの記事で報道されている「88インチ以上の大型マイクロLEDディスプレイを3000万円前後の価格」。 スペックが分かりませんが、サイズと用途から考えて少なくとも4Kの解像度ではないかと思います。 ソニーの価格から考えても、これだけの期間でかなり価格が下がった感があります。 直接的な比較にはなりませんが、例えばシャープは2015年10月30日に業務用の85型の8K液晶ディスプレイ「LV-85001」を実売価格1,600万円で発売しました。 2017年6月30日に業務用の70型の8K液晶ディスプレイ「LV-70002」を800万円、2018年12月1日に世界初の8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K LC-70X500」を約100万円で発売しました。 8Kの液晶テレビとは部材構成もコスト構造も異なりますが、「88インチ以上で3000万円前後」という価格設定は5-6年で1000万円以下が視野に入りそうな出発点です。 用途的にはテレビよりもプロジェクターが最も影響を受けそうです。 まとめ ソニー、サムスンが開発したマイクロLEDディスプレイの動向について紹介しました。 ディスプレイの研究開発は熾烈ですね。

次の

日の丸液晶JDIもマイクロLEDに参入、透明液晶は20年度に量産開始へ

マイクロ led ディスプレイ

公開された1. 6型マイクロLEDディスプレイ。 高い輝度と極めて広い視野が特長 (クリックで拡大) 開発中のマイクロLEDディスプレイは、JDIのコア技術であるLTPS(低温ポリシリコン)バックプレーン技術を用い、同バックプレーン上にマイクロLEDを実装したもの。 マイクロLEDチップは、米国に本社を置く新興企業gloのチップを採用している。 この日、公開したマイクロLEDディスプレイは、精細度265ppi、1. また、視野角も178度超と、極めて広い。 JDIのマイクロLEDディスプレイの特長 (クリックで拡大) 出典:ジャパンディスプレイ JDIでは、高輝度という特長から、車載ディスプレイなど「太陽光が入り込むような用途での応用を見込んでいる」とし、用途開拓を進めていく方針。 ディスプレイサイズの大型化については「問題ない」としつつ、「(製品化は)最大で10型程度にする方向で検討中。 10型を上回るサイズについては、(複数のパネルをつなぎ合わせる)タイリングで対応していくことも検討している」という。 量産技術の構築状況については、「もう1つ(乗り越えるべき)ハードルがあると思っている」としながらも、「できるだけ早期に量産へ移行したい」と量産に向けて一定のメドがついていることを示唆。 「量産する際は、国内の既存工場を活用して実施する量産に向けた投資規模は、有機ELディスプレイなどに比べ、低く抑えられるだろう」とした。 3型透明液晶ディスプレイも公開 JDIは同日、2017年に発表した透明液晶ディスプレイの改良版を公開するとともに、2020年から透明液晶ディスプレイの量産を開始することも明らかにした。 公開した透明液晶ディスプレイは、2017年当時4型だったディスプレイサイズを12. 3型に拡大。 材料や液晶構造の見直しなども図り、オフ時の透過率を80%から87%に高めた。 関連記事• マイクロLEDディスプレイパネルの関連特許出願動向や各メーカーの研究開発動向を紹介していく。 ジャパンディスプレイ(JDI)は、曲げても割れない静電容量式フレキシブル指紋センサーを開発した。 IHSマークイットでシニアディレクターを務める早瀬宏氏は2019年1月23日に行ったディスプレイ市場動向の説明会で、市場動向や、今後の注目ポイントについて語った。 今回は、次世代フラットパネルディスプレイのキーデバイスを解説する「2. 2 マイクロLED」を取り上げる。 マイクロLEDパネルの強みとは何だろうか。 産業技術総合研究所(産総研)と東北大学は、低電流密度でも発光効率を維持できるGaN(窒化ガリウム)マイクロLEDを開発した。 米国カリフォルニア州サンノゼで開催された「Display Week 2019」(2019年5月14〜16日)では、研究機関のLetiが、GaN(窒素ガリウム)マイクロLEDディスプレイを、CMOSプロセスで製造する新しい技術について説明した。

次の