ドトール コーヒー。 ドトールコーヒーショップの歴史と特徴

ドトールコーヒー

ドトール コーヒー

ドトールコーヒーは、利用しやすい雰囲気とお手頃な価格帯、女性人気も高いコーヒーチェーン店です。 今回は、ドトールコーヒーショップの歴史と特徴についてお話ししていきます。 ドトールコーヒーショップついて ドトールコーヒーショップは、株式会社ドトールが日本で展開する、セルフ式コーヒーショップチェーンです。 1980年にヨーロッパの立ち飲みスタイルを取り入れた、第一号店を開業。 現在は、全店舗に座席が設けられていますが、気取らないカジュアルな雰囲気を取り入れたお店となっています。 ドトールコーヒーショップの歴史 コーヒー豆の焙煎・卸売業として1962年に設立された、有限会社ドトールコーヒーは、1976年に株式会社に変更した後、1980年にドトールコーヒーショップを出店。 ドトールコーヒーショップを全国へと拡大するべくフランチャイズオーナー向けに、経営ノウハウと実務を身につけられるIRP経営学院を発足し、積極的にFC展開を推し進め、2019年4月現在国内外に1111店舗を展開しています。 ドトールコーヒーショップのスローガン ドトールコーヒーショップは「ドトール、のち、はれやか。 」というブランドスローガンを掲げています。 これは、ドトールコーヒーショップを経由する多くのお客様がはれやかな気分になってほしいという想いを込めて生まれたスローガンで、接客サービスの向上、店舗環境のブラッシュアップ等に取り組み、全てのお客様をはれやかにすることで日本全体を活気づけたい!と壮大な願いと目標が込められています。 ドトールコーヒーショップの特徴 ドトールのコーヒーはSサイズが一杯220円からとなっていて、フードと合わせても660円と低価格なのが特徴です。 また、ブレンドコーヒー・アメリカンコーヒー・アイスコーヒーと、サンドウィッチなどのレギュラーフードをメイン商品として展開しているほか、お客様を飽きさせない季節限定メニューなども随時展開しています。 新鮮なコーヒーへのこだわり ドトールコーヒーでは、フレッシュローテーションと呼ばれるシステムを採用しています。 「完全受注生産システム」を導入し、工場で豆の作り置きをせず、売れ残りがあっても週3日で新しい豆に取り替えることでいつも新鮮なコーヒーを提供することを心がけています。 また、ドトールコーヒーショップはエクソンモービルとの提携事業でガソリンススタンド併設店や、郊外のショッピングモールへの出店も多いのも特徴のひとつです。 ドトールコーヒーショップの歴史と特徴 まとめ ドトールコーヒーショップは、1980年に開業した株式会社ドトールが展開するセルフ式コーヒーショップで、現在1111店舗を展開しています。 コーヒーが220円からと低価格で、気取らないカジュアルなショップスタイルが特徴です。 気軽に利用できるカフェ、ドトールコーヒー。 歴史や特徴に触れることで、より愛着を持って足を運ぶようになるのではないでしょうか。

次の

ドトールコーヒーショップ 札幌エスタ地下店 (DOUTOR COFFEE)

ドトール コーヒー

, Ltd. )は、主にを扱うの(卸業)である。 の、加工並びに販売および、の経営や事業を展開している。 社是は「1杯のおいしいコーヒーを通じて人々に安らぎと活力を提供する」。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年8月)• 創業者・:• :星野正則(就任)• 所在地:1-10-1(1Fは) 沿革 [ ]• 1962年(昭和37年)4月 - 東京都にて、コーヒーの焙煎会社として設立• 1972年(昭和47年)7月 - に1号店を出店• 1976年(昭和51年)1月 - からへ変更• 1980年(昭和55年)4月 - 1号店を前(渋谷区)に出店• 1987年(昭和62年) - IRP経営学院(オーナー向け)を設立、ドトールコーヒーショップ100店舗• 1993年(平成5年)8月 - に株式を店頭登録• 1998年(平成10年)7月 - へドトールブランド製品を出荷• 1999年(平成11年)5月 - 本社を東京都渋谷区に移転• 2000年(平成12年)11月 - 市場第1部に株式を上場• 2003年(平成15年)11月 - との提携により、(現・ジェイティ飲料)がDOUTORブランドのドライ飲料を販売開始する。 2004年(平成16年)4月 - ドトールコーヒーショップ1,000店舗達成• 2007年(平成19年)10月 - と経営統合し、共同「」を設立。 ドトールコーヒーは上場廃止。 2009年(平成21年)11月25日 - の発行・取り扱いを開始。 2010年(平成22年)5月 - のユニマットキャラバンから珈琲店「カフェラミル」・紅茶専門店「ニナス」を、ユニマットクリエイティブから店「オーバカナル」を、それぞれ。 2015年(平成27年)• 4月 - DOUTORブランドのドライ飲料の一つである「ドトール カフェ・オ・レ」をリニューアル発売。 これまではジェイティ飲料から発売されてきたが、同年9月をもって日本たばこ産業の飲料事業部並びにジェイティ飲料が手掛けてきた飲料部門撤退発表に伴い、販売元がに変更となった。 10月 - に「ドトールコーヒーショップシャミネ松江店」を出店し、47都道府県すべてに出店を達成。 10月 - ドトールバリューカードの利用を開始、これにより従来の「ドトールポイントカード」と「ドリンクチケット」は廃止になった。 2019年(平成31年)4月19日 - Tポイント取り扱いを終了。 2019年(令和元年)6月3日 - の取り扱いを開始。 2020年(令和2年)3月2日 - この日よりクレジットカード決済を開始。 名称の由来 [ ] 「ドトール」()とは、で、「・」を意味する。 つまりの「doctor」に相当する。 創業者の鳥羽がのコーヒー農園で働いていた時の下宿先がの「ドトール・ピント・フェライス通り85番地( Rua Doutor Pinto Ferraz, 85 フア・ドウトール・ピントゥ・フェハス)」であったことに由来する。 なお、ポルトガル語の発音では「ドウ トール」に近い。 2012年現在、商業登記しているドトールの店舗数は正式には日本国内に約90店舗しか存在しない。 店舗展開 [ ] ドトールコーヒーの主な店舗展開は、6つの業態によるフランチャイズチェーンである。 11月末現在、全都道府県に1,346店舗を出店しており、コーヒーチェーンとしては日本最大の店舗数を持つ。 またなど海外へも進出している。 大手コーヒーチェーンの中ではコーヒー販売価格が比較的安価に設定されている。 フランチャイズ店・直営店 [ ] カフェ コロラド [ ] 詳細は「」を参照 エクセルシオール カフェはをメインとするイタリアンバールを意識し、ドトールコーヒーショップのワンランク上を目指したカフェ。 1999年(平成11年)より営業を開始した。 第1号店は東京都港区()。 「本日のコーヒー」Sサイズ280円、Sサイズ310円とドトールコーヒーショップよりも高価格に設定している。 当初、エクセルシオール カフェのが緑を基調とするのマークと似ているため、を起こされたこともある。 その後青を基調とするマークに変更された。 メニューの「本日のコーヒー」は1週間で7種類の豆をローテーションしている(店舗によっては1種類の豆のみ)。 やなどを販売する店舗も存在する。 2007年10月時点での店舗数は、フランチャイズが35店、直営が136店である。 店内には、コーヒー豆、エスプレッソマシン、、各種コーヒー関連用品も取り揃えている。 店舗により取り揃えられている用品は異なる。 インテリアなどもドトールコーヒーよりも高級感を出し、席のゆとりもある。 やといったがほとんどの店舗に導入されており、ゆっくりくつろぐといったことが基調となっている。 エクセシオールカフェ [ ] ル・カフェ・ドトール 銀座店 ドトールの最高級カフェ。 「最高のコーヒーを、最高のお店で、しかも気軽に楽しんでいただきたい」というショップコンセプトを元に誕生した、超一等地のドトールの最高級業態。 メニューは、エスプレッソベースのコーヒーが中心で、価格は400円ほど。 10月現在の店舗数は、直営のみ3店である。 ドトールコーヒーハウス [ ] 形態はドトールコーヒーショップだが、メニューはカフェ コロラドに近い。 公式サイトに記述は無いが、ドトールコーヒーの系列である。 カフェ レクセル [ ] 『最高の一杯』がショップコンセプト。 梟書茶房 [ ] 『選りすぐりの本』と『その本のための珈琲』との出会いを楽しめるコンセプトカフェ。 その他の事業 [ ] ル・ブーケ ドトール [ ] フラワー(花)の販売。 主にやの販売を手掛ける。 また、等も取り扱っている。 東京都4丁目交差点に直営店を出店。 2006年に銀座三愛フラワーに改称された。 かつて存在した業態 [ ] サロンド テ マドレーヌ [ ] 客を主なターゲットに据えたティーサロン。 2000年(平成12年)より営業を開始した。 2005年時点では店、店の2店舗があったが、6月30日に自由が丘店が閉店したことで全店舗が閉店された。 事業所 [ ] 工場 [ ]• 関東工場()• 関西工場() 子会社 [ ]• 連結子会社• 非連結子会社(持分法非適用会社)• 『ドトールコーヒー「勝つか死ぬか」の創業記』(鳥羽博道著、日経ビジネス文庫、2008年、7p)• 2015年10月16日. 2015年10月16日閲覧。 株式会社ドトールコーヒー 2019年4月19日. 2020年2月23日閲覧。 株式会社ドトールコーヒー 2020年2月21日. 2020年2月23日閲覧。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

ドトールコーヒーショップ 札幌エスタ地下店 (DOUTOR COFFEE)

ドトール コーヒー

ドトールコーヒーは、利用しやすい雰囲気とお手頃な価格帯、女性人気も高いコーヒーチェーン店です。 今回は、ドトールコーヒーショップの歴史と特徴についてお話ししていきます。 ドトールコーヒーショップついて ドトールコーヒーショップは、株式会社ドトールが日本で展開する、セルフ式コーヒーショップチェーンです。 1980年にヨーロッパの立ち飲みスタイルを取り入れた、第一号店を開業。 現在は、全店舗に座席が設けられていますが、気取らないカジュアルな雰囲気を取り入れたお店となっています。 ドトールコーヒーショップの歴史 コーヒー豆の焙煎・卸売業として1962年に設立された、有限会社ドトールコーヒーは、1976年に株式会社に変更した後、1980年にドトールコーヒーショップを出店。 ドトールコーヒーショップを全国へと拡大するべくフランチャイズオーナー向けに、経営ノウハウと実務を身につけられるIRP経営学院を発足し、積極的にFC展開を推し進め、2019年4月現在国内外に1111店舗を展開しています。 ドトールコーヒーショップのスローガン ドトールコーヒーショップは「ドトール、のち、はれやか。 」というブランドスローガンを掲げています。 これは、ドトールコーヒーショップを経由する多くのお客様がはれやかな気分になってほしいという想いを込めて生まれたスローガンで、接客サービスの向上、店舗環境のブラッシュアップ等に取り組み、全てのお客様をはれやかにすることで日本全体を活気づけたい!と壮大な願いと目標が込められています。 ドトールコーヒーショップの特徴 ドトールのコーヒーはSサイズが一杯220円からとなっていて、フードと合わせても660円と低価格なのが特徴です。 また、ブレンドコーヒー・アメリカンコーヒー・アイスコーヒーと、サンドウィッチなどのレギュラーフードをメイン商品として展開しているほか、お客様を飽きさせない季節限定メニューなども随時展開しています。 新鮮なコーヒーへのこだわり ドトールコーヒーでは、フレッシュローテーションと呼ばれるシステムを採用しています。 「完全受注生産システム」を導入し、工場で豆の作り置きをせず、売れ残りがあっても週3日で新しい豆に取り替えることでいつも新鮮なコーヒーを提供することを心がけています。 また、ドトールコーヒーショップはエクソンモービルとの提携事業でガソリンススタンド併設店や、郊外のショッピングモールへの出店も多いのも特徴のひとつです。 ドトールコーヒーショップの歴史と特徴 まとめ ドトールコーヒーショップは、1980年に開業した株式会社ドトールが展開するセルフ式コーヒーショップで、現在1111店舗を展開しています。 コーヒーが220円からと低価格で、気取らないカジュアルなショップスタイルが特徴です。 気軽に利用できるカフェ、ドトールコーヒー。 歴史や特徴に触れることで、より愛着を持って足を運ぶようになるのではないでしょうか。

次の