うんこちゃん なぜ人気。 うんこちゃん|絵本ナビ : のぶみ みんなの声・通販

高田健志の一体何が面白いのか、なぜ人気がないのか考察してみた

うんこちゃん なぜ人気

高田健志が獲得したもの 高田健志はこれまで数々の才能、スキル、実績を積み上げてきました。 まずは高田健志の顔をご覧ください。 とてもイケメンですね。 何をかくそう、昔はジャニーズジュニアに所属していて、嵐のバックダンサーを務めていたこともあるのです。 時代が違えば嵐に高田健志が入ったのかもしれませんね。 しかも高田健志は芸人の卵としてとても期待されていたのです。 NSCの27期生として前坂淳平という人と「プリティプリンセス」というコンビを組んで、コンテストで結果を出すなど期待されていたのですが、前坂淳平が大会決勝の当日に失踪したことで、芸人活動を諦めてしまいました。 現在、前坂淳平はものまねタレントとして、ゴールデンタイムのテレビ番組に多数出演しています。 もし高田健志と前坂淳平のコンビが続いていたら、今頃オリエンタルラジオの枠は高田健志だったかもしれません。 さらに高田健志は俳優にも挑戦しており、あの半沢直樹にも出演しています。 上の画像の一番左奥にいる人が高田健志です。 チョイ役どころか単なるエキストラですが、このときはまだ俳優を志してから10ヶ月しか経っていないのです。 10ヶ月目にして半沢直樹に出演できる人が一体どれだけいるでしょうか。 この時ゼルプロダクションという芸能事務所に所属していたのですが、残念ながらゼルプロダクションが倒産したことで俳優としての道は絶たれてしまいます。 もしかしたら高田健志は管田将輝のような人気俳優になっていたのかもしれないのです。 何より高田健志にとっての代名詞はニコニコ動画で人気ゲーム実況者だったことです。 無双OROCHIやドラクエ5の実況では数十万再生を獲得しており、一世を風靡したゲーム実況者だったのです。 このように高田健志の才能は留まることを知りません。 言い忘れていましたが、運動神経も抜群です。 これからは誇張ではなく全て事実です。 疑っている方はwikipediaを見れば全て事実だとわかるはずです。 高田健志は公人なのでwikipediaのページがあります しかし一方で、なぜこんなにも才能豊かなのに全く世間には知られていないのかと感じる人もいるかもしれません。 なぜなら高田健志は大して人気がないからです。 でも熱狂的なファンはたくさんいます。 これって凄く矛盾しているように見えますよね。 この矛盾こそが高田健志の魅力なんです。 ですから冒頭で私は高田健志のことを「全てを獲得したが、何も持っていない男」と表現したのです。 この言葉が高田健志のすべてを表していると思います。 高田健志はなぜ人気がないのか 高田健志を象徴する画像として以下の様なものがあります。 これは高田健志が地球を操っている神だということを意味する画像なのですが、もしもこの画像をみて面白いと感じるのならば高田健志のファンになる資質があります。 しかし大抵の人は意味がわからなかったり気味が悪いと思うでしょう。 それが通常の反応です。 つまり変な嗜好を持っていて、それが高田健志にフィットするものであれば熱狂的なファンになるし、その他大勢の一般の人からすれば何が面白いのか分からない、というように二極化しているのです。 高田健志の盟友としてうんこちゃん 加藤純一 と、もこうがいます。 うんこちゃんともこうは高田健志と違い、一般層もファンに取り込んでいますが、高田健志は熱狂的なファン以外は全く受け付けず、いつまで経っても人気が出ないのです。 しかも高田健志のファンの人も、「高田健志って偉いよなぁ!?」といった感じのいじりをする空気自体を楽しんでいるのであって、決して高田健志自身の才能に惹かれているわけではありません。 ですから愉快犯的な人が多く、高田健志が真剣に投稿した動画などは視聴してくれないのです。 高田健志の収入実態 今やゲーム実況はそれ自体が職業となる時代で、年収1億円近く稼いでいる実況者も存在します。 その最たる例が、キヨという実況者で、彼はニコニコチャンネルという有料チャンネルの会員数が1万人以上存在し、推定の年収が1億円前後だと言われています。 ゲーム実況を知らない人からしたらニワカに信じがたいかもしれませんが、試しに「キヨ 年収」と検索してみれば、そのような情報が多数見つかると思います。 YouTubeでもお馴染みのHIKAKINさんや赤髪のともさんなど、チャンネル登録者を100万人以上抱えるゲーム実況者はそれ以上に稼いでいると言われています。 一方、高田健志も負けじとYouTubeチャンネルを開設しており、収入試算ツールにかけてみた所、このような結果になりました。 しかも高田健志はうんこちゃんやもこうと違い、個人のニコニコチャンネルを持っておらず、ニコニコ動画においても収益化ができていません。 その一方で、頻繁に長時間のニコ生を行なっており、正社員をしているようには見えないのですが、一体どのように生活をしているのかは全くもって不明です。 それにしても高田健志ほどの存在であってもゲーム実況や配信で食べていけないほど、動画サイトというのは厳しい世界なのです。 思いつきでYouTuberになって生計を立てたいと思っても、一般人ではとても無理なのがわかります。 高田健志は今後どうなっていくのか これは高田健志 神 のみぞ知るといったところでしょうか。 新規のファンはほとんど獲得できておらず、また獲得するチャンスにあっても途中で動画投稿を諦めてしまってそれを自らふいにしてしまっている所があります。 新規で現れたころのような熱を高田健志自身から感じないのです。 現在シャドーバース実況が微妙にヒットしていますが、しっかりとランクをあげて王道的な楽しみ方ができる存在になればまた風向きが変わってくるかもしれません。 是非とも高田健志には我慢という言葉を覚えていただき、それを貫いてほしいと思います。

次の

ゲーム実況者“うんこちゃん=加藤純一”はなぜ人気なのか? 視聴者を巻きこむ魅力の源泉を探る|Real Sound|リアルサウンド テック

うんこちゃん なぜ人気

加藤純一 うんこちゃん について 彼のゲーム実況のスタイルは「 生配信垂れ流しスタイル」。 YouTubeのライブ配信機能やニコニコ動画の生放送機能を使って、視聴者と一緒にライブ感を楽しむのが特徴。 時に 長時間配信では 10時間以上、公式放送では平気で 2日間ぶっ続けでゲームをし続ける規格外のゲーム実況者です。 うんこちゃんのゲーム実況はライブだからこその臨場感であったり、盛り上がりは他に類を見ません。 そして、うんこちゃんが面白いと言われる最大の武器が「 沼プレイ」と呼ばれるゲームのプレイスタイル。 知的障害者を表すインターネットスラング「 池沼 いけぬま 」が縮まって「 沼」となりました。 そして、そんなプレイをすることから「 沼プレイ」と呼ばれるようになりました。 これについては私が解説するよりうんこちゃんのゲームプレイを見る方が早いです。 本人が至って真剣にゲームをやっているのが更に面白さを加速させています。 そんな彼ですが、2020年3月に放送された「」では配信の 同時接続数が11万9千人を超えました。 そして、その勢いのままTwitterのトレンドで「 加藤純一」で一位を獲得しました。 実はうんこちゃんはゲーム実況界隈だけでなく、多方面で活躍する人だったりします。 昨年の夏には銀座で「 」と呼ばれる企画を開催し、 人が集まりすぎて警察まで出動する騒ぎとなりました。 他にも、2018年のでは幕張メッセで歌手の大石昌良氏と共にステージに上がり、会場を沸かせました。 どちらにしても規格外の化物配信者です。 今回はそんな加藤純一氏 うんこちゃん の面白い動画について紹介します。 今回紹介するのは彼が生み出した伝説の中のほんの一握りです。 興味を持った人は是非YouTubeチャンネル やニコニコ動画 のチャンネル登録をしてくださいね。 「」と呼ばれるうんこちゃん公認のサブチャンネルもあります。 そちらではうんこちゃんのニコニコ動画の生放送の転載を中心に動画UPしています。 それでは、早速これまでのうんこちゃんの面白かった配信動画について紹介します。 ベスト1に輝いたのは 2019年1月8日に放送された【】。 甲子園Vは1997年に発売されたプレイステーション専用ソフト。 地方高校の野球部を一つ選択し、甲子園の優勝を目指すというゲーム。 高校は実在する高校を基にしたもので、放送ではうんこちゃんは地元の高校の安房水産高校を使っています。 ゲームの操作が非常に難しく、その部分とうんこちゃんの操作の下手さが相まって非常にクオリティの高いお笑いに仕上がっています。 単発動画ですが、一時間半という中に素晴らしいボリュームを感じます。 投球フォームを調整できるのですが、上手く調整できずにフォームがグチャグチャニなるところ。 味方が言うことを一切聞かないこと。 こちらの動画は終始面白いです。 ゲームに愛されたうんこちゃんだからこそ魅せられる沼プレイの連続です。 最後の最後にはびっくりのオチが待っていますよ。 第2位 バーガーバーガーをついにやる ベスト2に輝いたのは 2018年10月10日に放送された【】。 バーガーバーガーはハンバーガーショップの経営シミュレーションゲーム。 プレイヤーがハンバーガーショップのオーナーとなり、バーガーの開発やお店の経営など意外と本格的なシミュレーションゲームです。 この放送の面白さは何と言っても「 うんこちゃんが繰り出す奇抜なバーガーの数々」と「 次第に調子に乗るうんこちゃんの姿」です。 どういう発想をしていれば出てくるのか分からないアイデアの宝庫のハンバーガーの数々。 「 バンプオブチキンのバグ」や「 むかしさいてたバグ」などユニークなハンバーガーが売れる世界を体験してみませんか? こういった経営系のゲームは「 想像力」と「 トーク力」が試されます。 うんこちゃんの動画を見ると、他のゲーム実況者が見られなくなるくらいうんこちゃんの「 トーク力」に圧倒されることになるでしょう。 第3位 ホラゲーの影廊やる。 べスト3は 2019年8月1日に放送された【】。 Youtubeのサムネイルから既に不穏な空気を発している本動画。 「 夏だ、ホラーをやろう」ということで放送されたこちらの放送。 しかし、うんこちゃんのリアクションや沼プレイで全くホラーを感じさせません。 うんこちゃんの手にかかるとどんなゲームも面白おかしく料理されます。 ホラーゲームなのに面白く見れるのは ホラーゲーム実況の神髄だと思います。 影廊は脱出ゲームで、迫りくる異形の徘徊者から逃げながら、アイテムを駆使してダンジョンのゴールを目指すというもの。 一度でも徘徊者に接触すると即ゲームオーバーでダンジョンの最初からやり直しになります。 徘徊者を「しゃんしゃんガイジ」や「とことこガイジ」とネーミングしたり、パニックになって逃げ惑う姿には笑ってしまいます。 「 怖いけどめげずに頑張るうんこちゃんの姿」と「 怖すぎて次第に壊れてゆくうんこちゃんの姿」をとくとご覧あれ。 また、番外編で同じゲーム実況者でうんこちゃんとプライベートでも交流があるもこう氏がプレイしている影廊もおすすめですよ。

次の

うんこちゃん【みんなの声・レビュー】

うんこちゃん なぜ人気

加藤純一 うんこちゃん について 彼のゲーム実況のスタイルは「 生配信垂れ流しスタイル」。 YouTubeのライブ配信機能やニコニコ動画の生放送機能を使って、視聴者と一緒にライブ感を楽しむのが特徴。 時に 長時間配信では 10時間以上、公式放送では平気で 2日間ぶっ続けでゲームをし続ける規格外のゲーム実況者です。 うんこちゃんのゲーム実況はライブだからこその臨場感であったり、盛り上がりは他に類を見ません。 そして、うんこちゃんが面白いと言われる最大の武器が「 沼プレイ」と呼ばれるゲームのプレイスタイル。 知的障害者を表すインターネットスラング「 池沼 いけぬま 」が縮まって「 沼」となりました。 そして、そんなプレイをすることから「 沼プレイ」と呼ばれるようになりました。 これについては私が解説するよりうんこちゃんのゲームプレイを見る方が早いです。 本人が至って真剣にゲームをやっているのが更に面白さを加速させています。 そんな彼ですが、2020年3月に放送された「」では配信の 同時接続数が11万9千人を超えました。 そして、その勢いのままTwitterのトレンドで「 加藤純一」で一位を獲得しました。 実はうんこちゃんはゲーム実況界隈だけでなく、多方面で活躍する人だったりします。 昨年の夏には銀座で「 」と呼ばれる企画を開催し、 人が集まりすぎて警察まで出動する騒ぎとなりました。 他にも、2018年のでは幕張メッセで歌手の大石昌良氏と共にステージに上がり、会場を沸かせました。 どちらにしても規格外の化物配信者です。 今回はそんな加藤純一氏 うんこちゃん の面白い動画について紹介します。 今回紹介するのは彼が生み出した伝説の中のほんの一握りです。 興味を持った人は是非YouTubeチャンネル やニコニコ動画 のチャンネル登録をしてくださいね。 「」と呼ばれるうんこちゃん公認のサブチャンネルもあります。 そちらではうんこちゃんのニコニコ動画の生放送の転載を中心に動画UPしています。 それでは、早速これまでのうんこちゃんの面白かった配信動画について紹介します。 ベスト1に輝いたのは 2019年1月8日に放送された【】。 甲子園Vは1997年に発売されたプレイステーション専用ソフト。 地方高校の野球部を一つ選択し、甲子園の優勝を目指すというゲーム。 高校は実在する高校を基にしたもので、放送ではうんこちゃんは地元の高校の安房水産高校を使っています。 ゲームの操作が非常に難しく、その部分とうんこちゃんの操作の下手さが相まって非常にクオリティの高いお笑いに仕上がっています。 単発動画ですが、一時間半という中に素晴らしいボリュームを感じます。 投球フォームを調整できるのですが、上手く調整できずにフォームがグチャグチャニなるところ。 味方が言うことを一切聞かないこと。 こちらの動画は終始面白いです。 ゲームに愛されたうんこちゃんだからこそ魅せられる沼プレイの連続です。 最後の最後にはびっくりのオチが待っていますよ。 第2位 バーガーバーガーをついにやる ベスト2に輝いたのは 2018年10月10日に放送された【】。 バーガーバーガーはハンバーガーショップの経営シミュレーションゲーム。 プレイヤーがハンバーガーショップのオーナーとなり、バーガーの開発やお店の経営など意外と本格的なシミュレーションゲームです。 この放送の面白さは何と言っても「 うんこちゃんが繰り出す奇抜なバーガーの数々」と「 次第に調子に乗るうんこちゃんの姿」です。 どういう発想をしていれば出てくるのか分からないアイデアの宝庫のハンバーガーの数々。 「 バンプオブチキンのバグ」や「 むかしさいてたバグ」などユニークなハンバーガーが売れる世界を体験してみませんか? こういった経営系のゲームは「 想像力」と「 トーク力」が試されます。 うんこちゃんの動画を見ると、他のゲーム実況者が見られなくなるくらいうんこちゃんの「 トーク力」に圧倒されることになるでしょう。 第3位 ホラゲーの影廊やる。 べスト3は 2019年8月1日に放送された【】。 Youtubeのサムネイルから既に不穏な空気を発している本動画。 「 夏だ、ホラーをやろう」ということで放送されたこちらの放送。 しかし、うんこちゃんのリアクションや沼プレイで全くホラーを感じさせません。 うんこちゃんの手にかかるとどんなゲームも面白おかしく料理されます。 ホラーゲームなのに面白く見れるのは ホラーゲーム実況の神髄だと思います。 影廊は脱出ゲームで、迫りくる異形の徘徊者から逃げながら、アイテムを駆使してダンジョンのゴールを目指すというもの。 一度でも徘徊者に接触すると即ゲームオーバーでダンジョンの最初からやり直しになります。 徘徊者を「しゃんしゃんガイジ」や「とことこガイジ」とネーミングしたり、パニックになって逃げ惑う姿には笑ってしまいます。 「 怖いけどめげずに頑張るうんこちゃんの姿」と「 怖すぎて次第に壊れてゆくうんこちゃんの姿」をとくとご覧あれ。 また、番外編で同じゲーム実況者でうんこちゃんとプライベートでも交流があるもこう氏がプレイしている影廊もおすすめですよ。

次の