時とうむいちろう。 時透無一郎(ときとうむいちろう)のプロフィール!若干14才にして最速で柱になった逸材!記憶が霞みがかったように忘れてしまう霞柱の少年【鬼滅の刃ネタバレ】

【悲報】時透無一郎が死亡!理由とシーンについて解説!【鬼化はしていません。】

時とうむいちろう

こんにちは! 今日は鬼殺隊の柱の中で最年少、剣を握ってたった2年で柱となった天才、無一郎について書いていくよ。 天才の天才たる所以はその血筋にあるようだが、 その血筋とは…?! また可愛らしい少年とは思えない辛辣な言葉が次々に飛び出すその性格。 炭治郎とのふれあいでどう変化していくのか…? ではどうぞ! 目次• 無一郎の人物像• 無一郎の強さの秘密• 無一郎の過去と痣の出現• 無一郎の変化• まとめ 無一郎の人物像 無一郎は一見感情の起伏がないように見える少年だ。 瞳には輝きがなく表情も乏しい。 その無表情に似合わず口から出る言葉は辛辣で、 他人を慮ることはしない。 無駄・回り道もしない。 しかしこの極端に起伏の少ない性格は 実は記憶喪失などに起因しているのであった。 無一郎は鬼殺隊に入る前に家族を亡くしており、 それ以来記憶をなくし、また日々のこともあまり記憶しておけない様子。 常にぼんやりと物事を見ているようである。 そんな口の悪さだけの目立つぼんやり少年だった無一郎だが、 炭治郎と関わり合い、また上弦とのギリギリの戦いの中で ハッキリと記憶を取り戻す。 本来の無一郎はとても優しく、 自分ではない誰かのために無限の力を出せる選ばれた人間だ。 (と、亡くなった双子の兄が回想で言ってた) 無一郎の強さの秘密 無一郎は柱の中で最年少であり、 恐らく炭治郎より年下である。 宇瑞によると 剣士になって2カ月で柱になったというから驚きである。 しかしその若さで柱になるには相当な努力と鍛錬を要したはずだが、 そもそもその血筋が特別なものであったようだ。 無一郎が連れている鎹鴉(かすがいガラス・まつ毛の長いメス・ 嫌味)が言うには、 『日の呼吸の使い手の子孫』らしいのだ。 しかしながら使うのは 『霞の呼吸』だが、 戦闘センスは受け継いだものも大きいようである。 無一郎は高速移動を得意とし、動きに緩急をつけることで残像を見せたり霞のように消えたりと敵を翻弄する。 作中で出てくる技としては、 壱(いち)の型 垂天遠霞(すいてんとおがすみ) 弐(に)の型 八重霞(やえかすみ) 参(さん)の型 霞散の飛沫(かさんのしぶき) 肆(し)の型 移流斬り(いりゅうぎり) 伍(ご)の型 霞雲の海(かうんのうみ) 陸(ろく)の型 月の霞消(つきのかしょう) 漆(しち)の型 朧(おぼろ) 他の柱に比べ無一郎はたくさんの技が作中に出てくる。 また見た目も美しく迫力がある。 しかしながら柱最年少にして『上弦の伍』をたった1人で倒してしまう戦闘力。 ヤバすぎる。 無一郎の過去と痣の出現 無一郎は鬼殺隊に入る前の記憶が無く、後遺症で現在の記憶もあまり止めておけない。 しかし、炭治郎と関わる中で、上弦とのギリギリの戦いの中で、 徐々にその記憶を取り戻していく。 『人のためにすることは、巡り巡って自分のためにもなっているもの』 この言葉を炭治郎から聞いた時、 いつも霞がかった無一郎の瞳にかすかに輝きが戻る。 実はこの言葉は鬼殺隊に入る前、 まだ穏やかな性格だった無一郎が双子の兄・有一郎に自らかけた言葉だった。 上弦の伍との戦いの最中、水獄鉢(すいごくばち)という技で水の中に閉じ込められた無一郎。 薄れゆく意識の中、誰かにかけられた言葉が蘇る。 それをきっかけにだんだんと記憶が戻っていく。 無一郎は鬼殺隊に入隊する前は杣人(そまびと・きこり)の父を手伝い生活していた。 しかし父は病気の母に薬草を持ち帰るため嵐の日に出かけ崖から落ち死亡。 母も肺炎で亡くなった。 遺されたのは双子の兄弟だけだったが、有一郎は言葉がきつく無一郎にもきつく当たっていた。 そんな息が詰まるような二人だけの生活。 ある日の夜、余りの暑さに戸を開けて寝ていたところ鬼が侵入してきた。 兄の腕を切り落とされ、「いてもいなくても変わらないつまんねえ命」と言われたことに激昂した無一郎。 気付くと鬼をメッタメタに倒しており、顔を潰され身体中を木と刃物で刺され動けない鬼は朝日で塵となった。 鉛のような身体を引きずり家に戻ると、兄はまだ意識があったが朦朧としていた。 「神様仏様どうか弟だけは助けてください。 弟は俺と違う心の優しい子です。 バチを当てるなら俺だけに。 わかっていたんだ。 無一郎の無は無限の無なんだ。 」 『お前は自分ではない誰かのために無限の力を出せる選ばれた人間なんだ』 (実際は息も絶え絶え言ってます) 兄は本当は弟を想い、守りたくてついきつい言葉で危険から遠ざけていたのだった。 兄の本当の想いを知り涙した無一郎。 しかし無情にも兄は生き絶え、無一郎も兄の手を握ったまま動くことさえ出来なくなった。 兄に蛆が湧き、腐っていくのを見た。 自分にも蛆が湧き始め、死の淵を見た。 日の呼吸の使い手の子孫と知り、何度も鬼殺隊へ勧誘しに訪れていたあまね(鬼殺隊のボス・産屋敷の妻)が来なければそのまま死んでいた。 全ての過去を思い出した無一郎。 あの時の煮えたぎるような怒りを思い出し、鬼を根絶やしにするための血の滲むような努力を思い出したとき、 無一郎の頰に、手に、足に、雲のような痣が出現したのだった。 痣の出現により形成逆転し見事上弦の伍をたった一人で倒した無一郎。 限界を超え倒れた無一郎の目には、父と母、そして兄の姿が見えた。 「頑張ったなあ」微笑む兄。 無一郎の目に涙が溢れた。 (筆者の目はすでに涙で滝だった) 無一郎の変化 無一郎は炭治郎と出会い、関わるうちにどんどんと変化を遂げる。 初めの頃はとにかく冷たく、感情の起伏も無く、 無駄を省くためなら他人を慮ることも全くしない。 炭治郎曰く、 『正しいかもしれないが配慮がなく残酷』。 刀鍛冶の里が襲われた際にも とにかく効率と助ける者の優先順位のみに着目していたが、 炭治郎と関わりその優しさに触れ、また上弦との緊迫した戦いの中で 欠けていた記憶が蘇り、 如実にその感情と思考に変化が生じた。 瞳には輝きが戻り、表情も変化に富むようになってきた。 刀を打ってくれた刀鍛冶の鉄穴森(かなもり)さんに対しお礼を述べたり (今までは刀鍛冶の方が価値が低いと思っていたしそう扱っていた。 鉄穴森さんホロリ。 それ見て筆者もホロリ。 ) 今までは見捨てていた子どもを助けに戻るよう指示したり。 口の悪さは変わらないが、そこには冷たさでは無くユーモアが加わり軽快になった。 何より炭治郎に対しめっちゃくちゃ優しくなった。 (懐いた) 上弦との戦い後、炭治郎が遅れて参加した柱稽古では、 もちろん炭治郎が素直で優秀なのもあるが、ニッコニコで指導。 (他の隊士には冷ややか、出来てないからってのがあるけど) 今後は鬼滅のキャラの中で新たな分野の笑いを運ぶキャラとして活躍が期待出来そうだ。 まとめ 最初こそ扱い辛そうなキャラであったが、 記憶を取り戻した今、確固たる強さと意志を持ち、笑いを誘う毒舌へと進化した無一郎。 筆者も登場当初はイラッとさせられることが多かったが(マンガに振り回されがちな人生)、 今では可愛いわ〜ヨシヨシ!という気持ちで見守っている(単純)。 また柱最年少にしてめちゃくちゃ強いし冷静なので、 連載中の本編がクライマックスを迎える中、 大きな活躍を期待している!頑張れ無一郎!! ではまた別記事で。

次の

時透無一郎の刀の色は?特徴は?

時とうむいちろう

「だけどな無一郎 どれだけ善良に生きていたって神様も仏様も結局 守ってはくださらないから 俺がお前を守らなければと思ったんだ」 概要 の双子の兄。 享年11歳。 双子だけあって無一郎と見分けがつかない正に瓜二つな容貌をしており、腰に届くほどの髪を伸ばした小柄で中性的な少年。 髪色は黒から毛先にかけて青のグラデーションになっている。 のような妙な髪型だが、なのか、そういう癖なのかは不明。 人物 弟の無一郎に比べ冷酷とも言える程厳しい性格で、正論ながら何かとキツイ物言いが目立つ少年。 しかしそれは全て家族や弟を思いやり、人の為に身を削りがちな彼らを守りたいと思うからこその言動であり、本人もひどい物言いが多い自分を気にしていた。 だった無一郎の「概ね正しくも残酷」と評される言動は彼に似ていたらしく、兄弟の死を無意識に忘れたがった無一郎が有一郎と自分を同一視したがった為とも取れる。 最期 本編の時間では既に死亡している為、全ては無一郎の回想となる。 十歳の頃、体調が悪いのを黙って働き通した母が風をこじらせて肺炎で死亡し、父もまた嵐の中を薬草を探しに出て崖から転落死した。 有一郎は母に何度も休むよう言い、嵐に構わず出ていこうとする父を止めたが、そんな息子の心配を余所に両親は死んでしまった。 どれだけ善良に生きても神も仏も助けてくれない。 なら自分が弟を守るしかないと、無一郎への態度はキツくなり、鬼殺隊に二人を勧誘しに来たあまねのことも「なにか企んでるに決まっている」と追い返した。 しかしある日、夏の夜にとを開けて寝ていた兄弟を鬼が襲い、有一郎は左腕を切り落とされ致命傷を負ってしまう。 無一郎は怒りのままに鬼を殺し続け朝日で灰にした後、瀕死の体で兄の元へ戻り、必死で手を伸ばす。 既に命もろとも意識も失おうという有一郎は今際の際に 「無一郎の無は無限の無」「お前は自分ではない誰かのために無限の力を出せる選ばれた人間なんだ」と言い残し、弟の目の前で果てた。 無一郎は兄を冷酷な人で自分を嫌っていると思い込んでいたが、有一郎は優しくしてやれないことを申し訳なく思いながらも、それでも家族を守りたかったのだ。 余談 単行本14巻のおまけにて、幼い有一郎がべそをかく無一郎と手を繋いでいる様子を、洗濯中の母が笑みを浮かべて見守っている様子が描かれている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【悲報】時透無一郎が死亡!理由とシーンについて解説!【鬼化はしていません。】

時とうむいちろう

Contents• 上弦の壱を倒す 上弦の壱、黒死牟はもう再生しませんが、攻撃を止めようとしない不死川(しなずがわ) 悲鳴嶼(ひめじま)は不死川の体を抑えて止めます。 上弦の壱は倒した、戦いは終わったと不死川に伝える悲鳴嶼。 ここでやっと不死川は止まり、その場でガクッと崩れます。 意識を失ってなお動き続ける不死川に信じられないと悲鳴嶼。 悲鳴嶼は玄弥と時透を心配します。 体が縦に両断された玄弥。 玄弥は悲鳴嶼に兄・不死川と時透のことを聞きます。 悲鳴嶼は玄弥に駆け寄り、自分達は生きているが、時透は・・・と伝えます。 自分はいいから時透さんの手当をと玄弥は言います。 この状態でも生きている幻夜に、鬼を取り込んだためかと考える悲鳴嶼。 しかし、その効力も出血と共にほとんど抜けており、稀血の不死川を傍らに置いても差し障りはないと、不死川を玄弥の隣に寝かせます。 兄が生きていることに安心する玄弥。 時透無一郎が死亡 悲鳴嶼は、時透の側へ行き、お前たちのお蔭で勝てたと感謝と尊敬をします。 若い身空で本当に最後まで立派だったと。 必ず無惨(むざん)を倒しそちらへ行くから安心して眠れと、時透の瞳を閉じる悲鳴嶼。 ここで場面は時透の意識の世界へ。 意識の中で兄と対面した無一郎。 兄からは、こっちに来るな、戻れと言われます。 自分は頑張ったのにどうして?褒めてくれないの?と無一郎は言いますが、無一郎はまだ十四、逃げればよかったんだと涙を流す兄。 仲間を見捨てて逃げられないと無一郎は言いますが、無一郎が死ぬことはなかったと兄は言います。 こんなところで死んでどうする?無駄死にだ。 これでは何のために無一郎が生まれたのかわからないと兄。 兄が死んだのは十一、自分より兄の方がずっと可愛そうだと無一郎は言います。 自分が何のために生まれたかは、自分でちゃんとわかっていると無一郎。 自分は幸せになるために生まれてきた、それは兄さんも同じでしょう?と無一郎は聞きます。 家族四人で暮らしていた時も、一人ぼっちになってから、辛いことや苦しいこともたくさんあったが、仲間ができて楽しかった。 幸せと思う瞬間が数え切れないほどあったと無一郎は言います。 仲間のために命をかけたことを後悔していないので、無駄死になんて言わないでと無一郎。 他の誰かになら何と言われてもいいが、兄だけはそんなふうに言わないでほしいと無一郎は涙を流します。 無一郎に謝る兄。 わかっているが、無一郎には死なないでほしかった、無一郎だけにはと兄は無一郎を抱きしめます。 玄弥が死亡 意識を取り戻した不死川。 目の前の玄弥が鬼のように体が崩れていくことに絶叫を上げます。 大丈夫だ、なんとかしてやる、兄ちゃんがどうにかしてやると涙を流して叫ぶ不死川。 不死川に謝る玄弥。 あのとき、兄ちゃんを責めてごめんと玄弥は謝罪します。 さらに、迷惑ばかりでごめんと。 迷惑なんてひとつもかけていない、自分より先に死ぬなと叫ぶ不死川。 守ってくれてありがとうと玄弥は涙を流しますが、守れていないだろうと泣いて悔しがる不死川。 兄が自分を守ろうとしたように、自分も兄を守りたかった、同じ気持ちだった、兄弟だからと玄弥は言います。 つらい思いをたくさんした兄には、幸せになって欲しい、死なないで欲しい、自分の兄はこの世で一番優しい人だから、ありがとう、兄ちゃん。 弟を連れて行かないでと、泣きながら神様にお願いする不死川ですが、玄弥は鬼のように消滅してしまいます。 泣きながら玄弥の名前を叫ぶ不死川。 悲鳴嶼は不死川に、行かねばならぬと言います。 顔を上げろ、無惨を倒すまで終わりではないと。 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで鬼滅の刃の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 さらに鬼滅の刃のアニメも 全て「見放題」です!! アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!.

次の