お教え願えますか。 あなたの願望実現にきっと役立つ「エイブラハムの教え」の4つの魅力とは?

「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文

お教え願えますか

「教えてください」を敬語で何通り言い表すことができますか 社会に出ると今まで知らなかったことが山のように待ち構えています。 最初は面食らってしまいますが、ひとつひとつ知識を積み重ねていかなければいけません。 自分の知らないことや疑問に思っていることを経験のある先輩や上司に教えてもらいたい時、皆さんはどのくらい敬語の種類が思い浮かびますか?! ビジネスシーンでは顔の見えない相手に何かを教わる、アドバイスをもらう依頼をしなくてはいけません。 そんな時にでも大人の礼儀をわきまえた上で、「教えてください」の敬語を使いこなしたいところです。 ここでは仕事をしていると必ず使う敬語「教えてください」の4つの言い方と使い方をご紹介します。 例2)「子供に昨日の宿題をお教え願いませんか」 担任の先生に自分の子供に宿題の内容を教えてあげて欲しいと親御さんからの伝言です。 こちらは「教えてください」と「お願いします」が一緒になった敬語ダブルタッグです。 「教えてください」よりも相手の人をより一層敬っている感じが伝わります。 使う自分と相手の好みにもよるので、「教えてください」と「ご指導ください」を状況と相手を選んで使い分けましょう。 目上の人で専門分野に従事している人や文面で伝えたい場合は「ご指導ください」、一般的なことや仕事内容などを教えて欲しい時や口頭で伝えたい場合は「お教えください」がスマートで自然な印象を与えます。 しかし気を付けなければいけないのが、「ご教授ください」には似た表現「ご教示ください」というものがあるということです。 2つとも似たような響きを持っていますが、それぞれが持つ意味を理解して正しい使い方をしましょう。 「ご教授ください」は、何か特定の専門分野(学問・芸術など)を教えて欲しい場合やそのような専門分野に従事している人に対して使うのに適当な敬語です。 この言葉は「長期間」「継続的」に身に着けるべく事柄に対して使うことができます。 ご指導してくれている先生にも、「引き続きご教授よろしくお願いします」と伝えましょう。 芸術などを小さなお子さんに習わせているお母さんが先生に「子供をよろしくお願いします」という意味合いを込めて使うこともできます。 前項で挙げた「ご教授ください」の方が一般的に多く使われていますが、実際のビジネスシーンなどではこちらの「ご教示ください」を使うのが適しているのです。 専門的かつ長期継続的な事柄を教えて欲しい時に使う「ご教授ください」とは変わり、「ご教示ください」は「教えて欲しいこと」全般を指す時に使えます。 例1)「今月の業務内容をご教示お願い致します」 会社で取り扱われるような内容はほぼ「ご教示お願い致します」でOKです。 一般的な知識を得たい場合は「ご教示」、専門性が高く長期継続型のものは「ご教授」ということを覚えておきましょう。 「教えてください」の敬語はたくさん身に着けておこう ビジネスシーンでも大切なのが人との繋がりです。 顔見知りの人や目上の人と接する機会が多い社会人に大切なのは、相手に好印象を持ってもらえる敬語テクニックです。 特に自分が誰かから何かを得たいと思っている時には、適切な「教えてください」の敬語を使い分けて良い関係づくりを心がけましょう。

次の

「教えてください」は失礼?ビジネスメールでの敬語や英語表現も解説

お教え願えますか

まずは前半部分。 「お教えいただける」の意味は… 「教えてもらえる」と解釈できます。 「いただける」の部分は謙譲語「いただく」の可能表現をつかっています。 可能の表現をつかっているので意味としては「〜してもらえる」となります。 どれも「〜できる」という意味になりますね。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。 たとえば、• 【例文】つまり、私をクビにするということ でしょうか?• ちなみに、 「お教えいただけましたでしょうか?」と 過去形にすると「すでに教えてもらえただろうか?」という催促・確認のフレーズになります。 あわせると意味は「教えてもらえるだろうか?」• お教え = 教えること• お(ご)~いただける = 「〜してもらえる」の意味の敬語(謙譲語)• すると「お教えいただけますでしょうか」の意味は… 「教えてもらえるだろうか」 「教えてもらえるでしょうか」 のように解釈できます。 ようするに「 教えてほしい!」「 教えてください!」というあなたの希望をあらわしているのですが、このままではあまりにストレート過ぎて目上や上司に使うにはイマイチです。 そこで遠まわしに「~してもらえますでしょうか?」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 なお表記は、 「いただけますでしょうか」と平仮名にしても、漢字表記「お教え頂けますでしょうか」としても構いません。 すでに見てきたとおり正しい敬語なのですが…その根拠についても解説しておきます。 ただし答えは「二重敬語ではない」です。 二重敬語とは「 ひとつの語におなじ種類の敬語を二回つかうこと」であり敬語のマナー違反です。 たとえば「お伺いいたします」「お伺いする」などが二重敬語の例。 「行く」の謙譲語「伺う」をつかっているのに、さらに「お〜いたす」「お〜する」という謙譲語をつかっているためです。 つまり敬語は以下のような構成です。 ちなみに、 「お・ご」には尊敬語としての使い方もあるため、 ややこしければ 「お(ご)〜いただく」セットで「〜してもらう」の謙譲語だと覚えておくと良いでしょう。 丁寧語「ますでしょうか」も二重敬語ではない あるいは「ます」は丁寧語であり、さらに「でしょうか」という丁寧語をくみあわせるから二重敬語だ、という意見もあります。 ただしこちらについても答えは「二重敬語ではない」です。 (二重敬語とは ひとつの語におなじ種類の敬語を二回つかうこと) よくよく考えてみると… 「お教えいただけますでしょうか」が二重敬語になるのでしたら、ビジネスメールの結びで必ずといっていいほど使う「お願い致します」や「お願い申し上げます」も二重敬語になるはずですよね。 「教えてもらえるだろうか?」を敬語にしているため正しい 二重敬語かどうかをチェックする時はもともとの文章を考えるとすぐにわかります。 「お教えいただけますでしょうか?」 のもとになる文章は… 「教えてもらえるだろうか?」です。 これまで見てきたように、それぞれの単語に敬語をつかっているため二重敬語にはならないのです。 そもそも二重敬語とは?よくある間違い敬語 で先ほど、 よくある二重敬語のたとえとして「お伺いする」「お伺いいたす」があるとしました。 なぜ二重敬語といえるのか?これらのもとになる文章を考えてみましょう。 「伺う」は「行く・聞く・たずねる」の謙譲語ですので、これらが原文となります。 「お伺いする」の元になる文章は 「行く・聞く・たずねる」• 謙譲語「伺う」• さらに 謙譲語「お~する」「お~いたす」 もとになる語「行く・聞く・たずねる」に謙譲語を2回つかっていますね。 ひとつの語に同じ種類の敬語を2回つかうことが二重敬語であり、敬語のマナー違反になります。 【使い方】教えてほしい!と伝えるビジネスシーン 「お教えいただけますでしょうか」の使い方は… 意味のとおりで何かしら「 教えてほしい!」と言いたいビジネスシーンに使います。 だからと言ってメールにつかったら失礼とかではなく、ビジネスメールでもまぁ違和感はありません。 ようするに 上司や目上・社外取引先に「教えてほしい!」と言いたいビジネスシーンであればたいていは使えます。 そこで、• 【例文】お教えくださいませ• 【例文】お教えいただきたく存じます• 【例文】お教えいただきたく、お願い致します• 【例文】お教えいただければと存じます• 【例文】お教えいただければ幸いです など、自分の意思や願望をつたえる敬語を代わりにえらびます(下の例文ほど丁寧な敬語になります) いっぽうで電話対応や会話では「〜いただけますでしょうか?」や「〜いただけますか?」を多用します。 これは好みで分かれるところ。 おっさん営業マンのたわ言だと思ってスルーしてもらっても構いません。 まぁとにかく、 「〜いただけますでしょうか?」はシーンをえらばずに使える、とても便利な敬語フレーズ。 上司や目上など社内に限らず、取引先など社外にも使える丁寧な敬語ですね。 きわめて初歩的なことですが… 「お教えいただ きますでしょうか?」は使えません。 そう考えると「教えてもらうだろうか?」という 意味不明な敬語になってしまいます。 相手にお願いしたいのに「教えてもらう」ことを前提にして話を進めてしまっています… 敬語としては正しいのですが日本語としておかしなことになりますね。 そこで、 「お教えいただ けますでしょうか?」というように「教えて もらえるだろうか」という意味の敬語にする必要があるのです。 ちなみに、 「お(ご)〜いただきます」をどうしても使いたいのでしたら「お教え いただきますようお願い致します」とすれば正しい敬語になります。 ここでは過去形にしたときの意味の違いについて簡単に。 お教えいただけますでしょうか?は依頼・お願いフレーズ すでに見てきたとおり、• 「お教えいただけ ますでしょうか?」は現在形であるため 「 教えてもらえるだろうか?」という お願い・依頼のフレーズになります。 なんども説明しているとおりで要するに「 教えてほしい」「 教えてください」と言いたいときにつかう丁寧な敬語フレーズですね。 お教えいただけましたでしょうか?は確認・催促フレーズ いっぽうで、• 「お教えいただけ ましたでしょうか?」と過去形をつかうと「 すでに教えてもらえただろうか?」「 もう教えてもらえただろうか?」という 催促や確認の意味でつかわれます。 過去形にすると「 すでに教えてもらえたか?」「 教えてもらえたのか?」と言いたいときにつかう丁寧な敬語フレーズになります。 ということで、それぞれまったく違う意味になりますのでご留意ください。 「お教えいただけますでしょうか」だけでなく… 「 お教えいただけますか?」という敬語もよくつかいますね。 そこで、 「お教え いただけますか?」vs「お教え いただけますでしょうか?」の意味と違いについてわかりやすく解説しておきます。 どちらも言いたいことは結局のところ「 教えてほしい!」なのですが… 敬語と意味の違いあり。 意味と敬語の違い• が、 結局のところ言いたいことはどちらも全く同じなわけです。 で、どちらを使うかは結局のところあなたの好み。 「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧な表現ではありますが、バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」でも差し支えありません。 理由は意味を考えるとよくわかるのですが、• いっぽうで、• ビジネスでは回りくどい敬語であればあるほど丁寧だとみられる傾向にあります。 (本質的には間違っているのですが事実なので仕方ないですね…) ということでどちらが丁寧かは明白です。 ホントに些細なことなので誰も気にしないのでしょうけど… まぁ結論としては、 敬語の使い方や意味に違いはあれど、 どちらもひとしく丁寧な敬語であり目上・上司・社外取引先につかえるフレーズです。 可能形にして「お教えいただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 ただしビジネスメールでは「ご教示」に言い換える なお繰り返しにはなりますが… ビジネスシーンで上司や目上・取引先になにか教えてもらいたいときには「ご教示=教えること」をつかって言い換えるのが一般的です。 とくにビジネスメールにおいては「お教えください」というフレーズはほとんど使いません。 ここでは「お教えいただけますでしょうか?」の使い方をビジネスメール例文でご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 ビジネス会話の例文:xxを教えてもらえますか?• 【例文】製品の仕様を教えていただけますでしょうか?• 【例文】スペックをお教えいただけますでしょうか?• 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します。 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 ご多忙のところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒よろしくお願い致します。 ︎︎︎• ︎ 他にもある丁寧な言い換え敬語.

次の

「ご教授ください」の意味と使い方は?気になる例文も教えて?

お教え願えますか

「教えてください」を敬語で何通り言い表すことができますか 社会に出ると今まで知らなかったことが山のように待ち構えています。 最初は面食らってしまいますが、ひとつひとつ知識を積み重ねていかなければいけません。 自分の知らないことや疑問に思っていることを経験のある先輩や上司に教えてもらいたい時、皆さんはどのくらい敬語の種類が思い浮かびますか?! ビジネスシーンでは顔の見えない相手に何かを教わる、アドバイスをもらう依頼をしなくてはいけません。 そんな時にでも大人の礼儀をわきまえた上で、「教えてください」の敬語を使いこなしたいところです。 ここでは仕事をしていると必ず使う敬語「教えてください」の4つの言い方と使い方をご紹介します。 例2)「子供に昨日の宿題をお教え願いませんか」 担任の先生に自分の子供に宿題の内容を教えてあげて欲しいと親御さんからの伝言です。 こちらは「教えてください」と「お願いします」が一緒になった敬語ダブルタッグです。 「教えてください」よりも相手の人をより一層敬っている感じが伝わります。 使う自分と相手の好みにもよるので、「教えてください」と「ご指導ください」を状況と相手を選んで使い分けましょう。 目上の人で専門分野に従事している人や文面で伝えたい場合は「ご指導ください」、一般的なことや仕事内容などを教えて欲しい時や口頭で伝えたい場合は「お教えください」がスマートで自然な印象を与えます。 しかし気を付けなければいけないのが、「ご教授ください」には似た表現「ご教示ください」というものがあるということです。 2つとも似たような響きを持っていますが、それぞれが持つ意味を理解して正しい使い方をしましょう。 「ご教授ください」は、何か特定の専門分野(学問・芸術など)を教えて欲しい場合やそのような専門分野に従事している人に対して使うのに適当な敬語です。 この言葉は「長期間」「継続的」に身に着けるべく事柄に対して使うことができます。 ご指導してくれている先生にも、「引き続きご教授よろしくお願いします」と伝えましょう。 芸術などを小さなお子さんに習わせているお母さんが先生に「子供をよろしくお願いします」という意味合いを込めて使うこともできます。 前項で挙げた「ご教授ください」の方が一般的に多く使われていますが、実際のビジネスシーンなどではこちらの「ご教示ください」を使うのが適しているのです。 専門的かつ長期継続的な事柄を教えて欲しい時に使う「ご教授ください」とは変わり、「ご教示ください」は「教えて欲しいこと」全般を指す時に使えます。 例1)「今月の業務内容をご教示お願い致します」 会社で取り扱われるような内容はほぼ「ご教示お願い致します」でOKです。 一般的な知識を得たい場合は「ご教示」、専門性が高く長期継続型のものは「ご教授」ということを覚えておきましょう。 「教えてください」の敬語はたくさん身に着けておこう ビジネスシーンでも大切なのが人との繋がりです。 顔見知りの人や目上の人と接する機会が多い社会人に大切なのは、相手に好印象を持ってもらえる敬語テクニックです。 特に自分が誰かから何かを得たいと思っている時には、適切な「教えてください」の敬語を使い分けて良い関係づくりを心がけましょう。

次の