ダンボール ハウス 設計 図。 ダンボールハウスの簡単な作り方~子供に人気の遊び方も!

たためるから場所をとらない。親子で作る、簡単かわいい段ボールハウス — 0・1・2 歳向け

ダンボール ハウス 設計 図

段ボール工作してますか?これから始めますか? 僕は、上の子供が生まれてから、子供のためにせっせと段ボール工作に励んでおります。 そのせいか、5歳になる子供も一人で段ボールを切って、なにか勝手に作ったりするようになりました(笑) 今回ご紹介するのは、家なのか、秘密基地なのか、牢屋なのかよく分かりませんが、子供がユーチューブ動画を見て、欲しいとリクエストしてきたものです。 実はこれ、楽天やAmazonで7~8,000円くらいで売られている「アドベンチャーベースキャンプ」という段ボール秘密基地作成キットを参考につくりました。 買えば組み立てるだけで済みますが、8,000円・・・う~ん、高い!!(笑)これは買えません!• 1 準備するもの• カッター、はさみ• ガムテープ、のり• クレヨンまたは色鉛筆 2 作り方 はじめにお断りしておきますが、見よう見まねで作っていますので、設計図のようなものはありません。 また、入手される段ボールの大きさ、数によっては同じように作れないかもしれませんので、あくまでも参考にしていただくのがよいかと思います。 2-1 段ボールを合わせる 大きな段ボールを4個すべてガムテープでつなぎ合わせます。 反対側も同じように、2個の段ボールを上下につなぎます。 2個ずつつないだ段ボールを合体させて図のようにして基本形を作ります。 右側に軽くカッターを入れてあげるとドアが開きやすくなります。 ここは段ボールが重なっているところなので、ちょっと切りにくいですが頑張りましょう。 これで、両側から行き来が可能となります。 上の格子状のものはあとから取り付けたものですので、ここでは一旦ごっそりと切り抜きます。 上のふたもあとから取り付けたものです。 上に乗っかっているものはあとから取り付けたものです。 中から開けられるように、一辺だけガムテープで本体に固定してください。 中から開けられるように、一か所だけガムテープで本体に固定してください。 もう少し拡大するとこんな感じです。 緑色に色を塗って、だいたいそれらしくできればOKです! 2-6 装飾品をつける 子供が段ボールを自分の好きな形に切って、クレヨンなどで塗っていきます。 また、チャイム(呼び鈴)を描いたり、表札なんかも貼り付けたりしていました。 そこは子供のセンスに任せてどんどん貼り付けていきましょう。 2-7 完成 大人が入るとちょっときついですけど、子供だけなら楽しい秘密基地の完成です!! 作成時間は、正確には測っていませんが、 4時間くらいだったと思います。 3.遊び方 はっきり言って自由ですが、うちの子供の遊び方を紹介しますね。 家として遊ぶ お姉ちゃんが左側の部屋、弟君が右側の部屋と決めて、自分でカギとかチャイムを作って、家として遊んでいました。 また、中にぬいぐるみやらおもちゃやらを並べて、おままごとのようなことをしても遊べます。 秘密基地として遊ぶ 左側の部屋で立つと、上の目の穴から覗けるようになっています。 (これは僕のオリジナルです) 子供は秘密基地っていう響きが大好きですね。 ここに隠れたり、姉弟2人でコソコソ遊んだりしていました。 また、かくれんぼの隠れ場所としても使えますよ!ちなみに大人でも入れます。 牢屋として遊ぶ 右側の格子が牢屋みたいになっていますね。 悪いことをした子はそこに閉じ込めて、牢屋して使ったりできます。 (すぐ出れちゃいますけどね) まとめ これは1年前につくったものですが、子供にかなり喜ばれました。 でも、結構場所を取るので 邪魔っちゃ邪魔なんですよね(笑) 一時使わなくなったときがあったので、壊して捨ててもいいかと聞いても、「絶対ダメ!」といっていまだにリビングに君臨しております。 格子の部分も取れて、ボロボロなんですが、中にぬいぐるみなどが並べられており、捨てるに捨てられません。。。 まあでもそこまで使ってくれるなら、作った甲斐があったというものです。 こんな面倒くさそうなもの作りたくないよ~と思われた方は、楽天やアマゾンでも買えます。

次の

4/4 小さな家を親子でつくろう!日本流レイキモッキ [工作・自由研究] All About

ダンボール ハウス 設計 図

家事を終えた るい。 さんは、完成した「段ボールハウス」を見てビックリ!予想をはるかに超える立派な「段ボールハウス」ができていたそうです。 「段ボールハウス」のクオリティが凄いと反響を呼び、Twitterを中心に瞬く間に拡散しました。 DIY好きなファミリーまた、 るい。 さんは「段ボールハウス」を作る際に必要な材料についても投稿。 よくある質問の回答だけ ・材料は段ボールと両面テープのみです。 ・旦那の脳内設計図にて作成されてます。 ・旦那は大工仕事経験者です。 ・ハウスの内側に、柱や、角に三角形の補強がしてありかなり丈夫です。 — るい。 蛇口やガスの調節つまみも、本物のようにくるくると回るそうです。 家族全員で楽しめる!ネット上では「段ボールハウス」を絶賛する声が多数よせられています。 こういうことできるお父さんになりたい — ふうくん jtpjdXgdxjm 瓦と明かり取りの窓に設計者の個性が…。 こんな旦那さん羨ましい😂💕 子供のためにすること。 自分も楽しんでできること。 カウンターどうなってるんだろう。 下から発泡スチロールとかあて木?して支えてるんだろうか — Misato F mf0805 おっ!!! クオリティ高っ!!!笑 わても、昔やったがここまで立派なものは作れなんだ。 さんのTwitterアカウントを参考にしてみてはいかがでしょうか?.

次の

室内遊具をDIY!ダンボールすべり台の作り方と設計図を公開!

ダンボール ハウス 設計 図

トランポリン• 《メリット》・・・体を思い切り動かしながら、バランス感覚や体幹が鍛えられそう。 耐荷重のしっかりしたものを選べば、自分のエクササイズとしても使える!• 《デメリット》・・・バランスを崩したり、力の加減で思い切り飛んでいったりが考えられるので、周りのものを片づけたりマットをひくなど安全対策が必要。 マンション住まいだと階下への振動や騒音などの配慮もいる。 未就園児にはやや危険。 う~ん、どれも一長一短ですが、子どもってそもそも新しいおもちゃでもすぐに飽きてしまったり、長期的に遊んでくれるかどうかは、はなはだ疑問。 思い切って大型遊具を投入して、すぐに飽きられてしまったらどうしよう(汗) また子どもの年齢を考えると、せいぜい使っても2,3年? 幼稚園にあがれば、そんなに使わなくなってしまうかも・・・と考えると、大型遊具には二の足を踏んでしまいます。 室内遊具はすべり台に決定! というわけで、我が家が最終的に選んだ遊具はすべり台! 一番場所をとらずに設置でき、周りを片付けたりマットをひいたりする手間がないのは助かります。 高齢出産のため、お譲り先がなかなか見つからないんですよね(笑) ダンボールすべり台をDIY!作り方と設計図 すべり台に決めたものの、使わなくなったときに処分することを考えると、なかなか購入には踏み切れませんでした(笑) 夫はいつももったいないと物をなかなか捨てさせてくれないので、ちゃんとした製品だと捨てづらいんですよね。 というわけで、 DIYすれば捨てやすいんじゃない?という結論になりました! 子どもの反応と室内遊具のメリット すべり台をDIYし、子どもに見せたときの反応ですが、それはもうめちゃくちゃ喜んでいました!! 何度も連続ですべったり、頭からすべったり、下からかけあがったり。 公園のすべり台だと、 「そんなすべり方したら危ないよ!」 「早くすべらないと次の子が待ってるよ!」 「下から登るのはマナー違反だからやめておきなさい!」 なんてうるさく注意してしまうことも、室内のすべり台だと誰に気兼ねすることなく自由に遊ばせられるので、私もその間に家事をすませることができるようになりました。 このダンボールすべり台を作ったのは、息子が未就園児だった3年前。

次の